暮らしの達人 > クレジットカード > マイル > 【2019】ANAカードの新規入会キャンペーンとは?これからANAカードに申し込む人が覚えておくべき注意点まとめ

【2019】ANAカードの新規入会キャンペーンとは?これからANAカードに申し込む人が覚えておくべき注意点まとめ

公開年月日 : 2019/05/27

入って!使おう!ANAカード新規入会キャンペーン│ANAマイレージクラブ

画像引用元:入って!使おう!ANAカード新規入会キャンペーン│ANAマイレージクラブ(2019年5月27日取得)

ANAカード入会の際に気になるのが新規入会キャンペーンだと思います。ANAカードに新規入会した上で条件を満たすと、マイルをたくさんもらうことができます。もちろん、このマイルを元手に特典航空券と交換して、お手軽に海外旅行に行く、なんてことも可能です。

しかし、ANAカードのキャンペーンと一口に言っても、ANAカードがANAが行うキャンペーンと、クレジットカード会社が行うキャンペーンの2種類があったり、入会するカードによって与えられるマイル数や条件が全く違ったりします。そこでこの記事では、ANAカードへの入会を検討している人に向けて、ANAカードのキャンペーンとはどのようなもので、たくさんマイルをもらうにはどうしたら良いか、そして貯まったマイルはどのように使うことができるのかを紹介してきます。

ANAカード新規入会キャンペーンに関して覚えておくべき3つの違い

冒頭でも紹介した通り、ANAカードのキャンペーンと言っても実はいろいろな違いがあるので解説していきます。

目次へ戻る

ANAカードのキャンペーンには、ANAのものとカード会社のものの2通りのキャンペーンがある

まず重要なのが、ANAカードのキャンペーンには2種類あることです。そのため、どちらか一方のキャンペーンだけを見るのではなく、両方のキャンペーンを確認しましょう。時期によってはどちらか片方のキャンペーンしか行われていない場合もあります。

ANAのキャンペーン(2019年)
入って!使おう!ANAカード新規入会キャンペーン│ANAマイレージクラブ
カード会社のキャンペーン(JCB、三井住友、アメックス、ダイナース)
ANA JCBカード 入会キャンペーン | クレジットカードなら、JCBカード
最大10000マイルがもらえる!!ANAカードご入会特典!|クレジットカードの三井住友VISAカード
ANAアメリカン・エキスプレス|アメリカン・エキスプレス
マイルを貯めて至福の旅へ ANAダイナースカード

また、ANAのキャンペーンではANAマイルが直接付与されるのに対して、カード会社のキャンペーンでは原則カード会社のポイントが貯まる、という違いがあります。そのため、カード会社のキャンペーンでは貯まったポイントをマイルに交換する際にマイル移行手数料がかかることがあります。

目次へ戻る

カード発行会社によって適用されるキャンペーンが違う

先に若干紹介したように、カード会社のキャンペーンの中でも、各社によって内容が異なります。例えば記事執筆時点のJCB一般カードとアメックス一般カードのキャンペーンでもらえるマイル数を比較すると、JCBが最大19.600マイルなのに対してアメックスは最大35,000マイルが付与されます。

もちろんJCBとアメックスではそもそも年会費の金額や特典が異なるので簡単に比較はできませんが、このようにカード発行会社によってはもらえるボーナスマイル数が異なるので、こちらもよく比較して検討することが大切です。

目次へ戻る

カードクラスによってもらえるマイル数が違う

さらには1つのカード会社の中でも、どのクラスのカードに入会するかでボーナスマイルのレートが変わります。

例えばJCBの一般カードは最大19,600マイルが貯まりますが、プレミアムカードは最大33,400マイルです。当然ですが上のクラスに行けば行くほどもらえるボーナスマイルの数値も大きくなります。

目次へ戻る

ANAカード新規入会キャンペーンに関する2つの注意事項

ANAカードに関する注意事項を2つ紹介します。

目次へ戻る

注意1:最大○○マイル!と書いてある場合、プラチナカードをさすことが多い

地味ですが勘違いしやすいので注意しておきます。

例えばJCBの公式サイトをみると、「ANA JCBカードにご入会またはアップグレード&各種条件達成で最大33,400マイル相当プレゼント!」と、あります。しかし、この最大33,400マイルとは先ほど紹介したように、プレミアムカードの場合です。公式サイトには気前の良い数字がデカデカと出ていることが多いのですが、いずれも最上位カードの場合ということが多いので、間違えないようにご注意ください。

目次へ戻る

注意2:時期によってキャンペーンの内容や条件は変化する

他のクレジットカードと同様、開催されるキャンペーン内容は時期によって変化します。そもそも、キャンペーン自体が開催されないこともあります。

過去のキャンペーンと比較してもらえるマイル数が減ることもありますが、一方でクリアすべき条件が簡易化することもあります。そもそも過去により条件が良いキャンペーンが行われていたからと言って、再び同じキャンペーンが始まる保証はありません。そのため、もらえるマイル数だけを見て過去のキャンペーンと比較するのはそこまで意味がある行為ではありません。結局、現在行われているキャンペーンを比較して、それが自分にとって魅力的かどうかで判断して入会することが重要です。

目次へ戻る

キャンペーンは特典航空券への近道!ボーナスマイルで海外旅行に行ける

キャンペーンを利用してマイルが貯まったら、もちろんそれを元手に特典航空券と交換することが可能です。

例えば現在JCBブランドのANAカードに入会すると、ANAのキャンペーンとJCBのキャンペーンの合計で35,600マイルが貯まります。これだけのマイルがあれば、ローシーズンのハワイ往復特典航空券と交換できます。レギュラーシーズンだと40,000マイル必要なので、もう少し頑張れば通常期にもハワイに行くことができちゃうわけです(エコノミークラスですけどね…)。

特典航空券との交換に必要なマイル数の一覧は、以下のページにまとまっているので参考にしてください。

目次へ戻る

新規入会キャンペーンでおすすめなのはANAアメックス

「新規入会キャンペーンを利用して手っ取り早くたくさんのマイルをゲットしたい!」という人におすすめなのが、ANAアメックスカードです。ANAアメックスカードは、一般クラスのANAカードですが年会費は7,000円(税別)なので、JCBやVISAブランドのANAカードと比較すると高額ですが、その分ボーナスマイル数も高額なのが特徴です。

また、キャンペーンのクリア条件がわかりやすく、基本的には3ヶ月以内にXX万円以上決済するとボーナスポイント付与、となります。

現在では3ヶ月以内に60万円の決済をすると、合計28,000マイルが貯まります。JCBの場合は、70万円以上達成で17,400マイルが貯まるので、条件的にもマイル数的にもアメックスの方が上です。

目次へ戻る

マイレージに関する新着記事

マイル別:マイルが貯まるクレジットカード

航空会社別:お得なクレジットカード一覧

スターアライアンス

ワンワールド

スカイチーム

その他

マイル別:特典航空券との交換に必要なマイル数一覧

スターアライアンス

ワンワールド

スカイチーム

その他

行先別:日本発着特典航空券の必要マイル数を徹底比較

東アジア

東南アジア

南アジア・中東

オセアニア・ミクロネシア

北米

ハワイ

ヨーロッパ

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント