暮らしの達人 > クレジットカード > イオンフィナンシャルサービス株式会社 > イオンカード(WAON一体型)の特徴まとめ!イオンカードセレクトとの違いはWAONチャージでのポイントの有無

イオンカード(WAON一体型)

電子マネーのWAONと合体したイオンカード。年会費無料ながらポイントアップ特典が多いお得なカード

イオンカード(WAON一体型)
発行会社 イオンフィナンシャルサービス株式会社
年会費(税別)無料
最短発行期間1週間 ポイント還元0.5~1.0%
付帯保険 ショッピング保険

キャンペーン実施中おすすめの年会費無料カード家族カード発行ETCカード発行、VISA、Master、JCB、電子マネーが使えるWAONiDApple Pay対応ときめきポイントJALマイルが貯まる、ショッピング保険付帯

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会+条件クリアで最大6,000円相当のときめきポイントプレゼント!

  1. 新規入会でもれなく500円相当のポイント付与
  2. イオンカード公式アプリ「AEON WALLET」の登録でもれなく500ポイント付与
  3. 2019年8月10日までに20,000円(税込)以上のカード利用で1,000円相当のポイント付与
  4. 2019年8月10日までに50,000円(税込)以上のカード利用で3,000円相当のポイント付与

2019/06/30まで

カードのお申込みはこちら

目次

イオンカード(WAON一体型)とは

国際ブランドはJCB・VISA・マスターカードの3種類から選択可能

イオンカード(WAON一体型)の国際ブランドは、JCB・VISA・MasterCardの3種類から選択可能です。日本で幅広く利用されている国際ブランドに対応していますので、どの国際ブランドを選択しても利便性には大差ありません。

ただ、海外でクレジットカードを利用したいと考えている場合にはVISAかマスターカードをおすすめします。なぜならJCBは国際ブランドの中でも、世界的にはまだ普及していない国際ブランドだからです。JCBは日本で生まれた国際ブランドです。そのため日本で利用する場合には何ら不便を感じることなく利用できます。しかし、海外ではまだJCBが普及していない地域もあるのです。

日本人観光客が多く訪れるような地域であれば多くは利用可能です。しかし、そうではない地域では利用できないこともあります。海外でもクレジットカードを利用したいと考えている場合には、念のためにJCB以外を選択しておくことをおすすめします。

関連記事:
クレジットカードの国際ブランドとは何か?気になる6大ブランドの特徴とカード選びのポイントを解説

目次へ戻る

イオンカード(WAON一体型)の利用で貯まる「ときめきポイント」の特徴

イオンカード(WAON一体型)を利用すると200円(税込)につきときめきポイントが1ポイント貯まります。ときめきポイントは1ポイント1円相当ですのでクレジットカードの還元率を計算すると0.5%です。

ポイントはWAONポイントに交換して利用する人が多いです。1,000ポイント以上であれば500ポイント単位でWAONポイントに交換できます。交換で貯まったWAONポイントはWAONのチャージに利用できますので、ときめきポイントを貯めるとWAONのチャージができます。

ときめきポイントの使い道として多いのがWAONポイントへの移行です。それ以外にもイオンの商品券に交換したりJCBギフトカードにも交換したりできます。ときめきポイントの使い道は下記関連記事にまとめてあるので、参考にしてみてください。

関連記事
ときめきポイントが貯まるクレジットカード、使い道、交換レート情報のまとめ

目次へ戻る

電子マネーのWAONとしても利用可能

イオンカード(WAON一体型)にはその名の通りWAONが付帯されています。そのためクレジットカードの機能に加えてWAONの機能も利用できます。

WAONはプリペイド型電子マネーですので、利用する前にチャージしておく必要があります。クレジットカードのチャージも現金でのチャージも可能です。クレジットカードのWAONにチャージしておけば、後は通常のWAONを利用するときと何も違いはありません。クレジットカードをWAONの読み取り端末にかざすだけでWAON支払いが可能です。

ただし、イオンカード(WAON一体型)からWAONにチャージしてもポイントは貯まりません。現金でチャージした場合と全く変わらないので注意してください。もしもWAONを頻繁に使う可能性があるのなら、WAONチャージでポイントが貯まる唯一のイオンカードである、イオンカードセレクトをおすすめします。

目次へ戻る

年会費は無料

イオンカードシリーズですので年会費は無料です。イオンでお得な特典が受けられるクレジットカードですが、年会費が発生しませんので使ったぶんだけお得になります。また仮にイオンカード(WAON一体型)を年間1度も使わなかったとしても、年会費は無料ですので損をすることありません。

また、クレジットカードの発行にあたり手数料は発生しません。クレジットカードの解約費などもありませんので完全無料で利用できます。

関連記事
WAONの利用でお得なクレジットカード

目次へ戻る

ディズニーデザインのカードを発行可能(JCBのみ)

JCBブランドを選択した場合のみではありますが、ディズニーデザインのイオンカード(WAON一体型)を発行可能です。ディズニーデザインのイオンカードシリーズはイオンモールなどで目にしたことがある人も多いことでしょう。このデザインのクレジットカードにイオンカード(WAON一体型)であれば対応しています。

なお、ディズニーデザインのイオンカード(WAON一体型)を発行しても年会費は無料です。発行の手数料も発生しませんので安心して申込みできます。

目次へ戻る

イオンカード(WAON一体型)のメリット

「お客さま感謝デー」で、毎月20日、30日はイオン、マックスバリュなどで5%オフ

イオンはイオンカードシリーズを利用することで割引が受けられる「お客様感謝デー」を開催しています。お客様感謝デーに該当する毎月20日、30日はイオンやマックスバリュなどでの買い物でイオンカード(WAON一体型)支払いをすると5%オフで買い物できます。

買いだめできるようなものはこのタイミングで購入すると5%オフのメリットを大きく受けられます。購入するタイミングを考えて節約に繋げられると良いでしょう。

目次へ戻る

「お客さまわくわくデー」で、毎月5のつく日はイオン、マックスバリュなどでのショッピングでポイント2倍

WAONでの支払いがお得になる「お客さまわくわくデー」もあります。お客さまわくわくデーは毎月5のつく日、つまり5日・15日・25日にWAONで支払いをすると、ショッピングで獲得できるポイントが2倍になります。

通常はWAONでの支払い額200円(税込)につき1ポイントですが、お客様わくわくデーでは200円(税込)につき2ポイントが貯まるので、還元率は1%です。なお、一部の商品はお客さまわくわくデーでもポイント2倍の対象外です。対象外になる商品は公式サイトで確認しておくと支払い後に後悔することはなくなります。

目次へ戻る

「ときめきWポイントデー」で、毎月10日はどこでもポイント2倍

ときめきWポイントデーは毎月10日に開催されていて、イオングループだけではなくどこで支払いをしてもイオンカード(WAON一体型)のポイントが2倍獲得できます。

ほとんどの場所での支払いでポイントが2倍になります。ただ、金券類の購入や公共料金の支払いなど一部はポイント2倍にならないものも存在しています。こちらもどのような支払いはポイント2倍にならないのかを公式サイトで確認しておきましょう。

目次へ戻る

「ときめきTOWN」経由での買い物でポイント倍増

イオンはときめきTOWNと呼ばれるネットモールを提供しています。ネットモールとは多くのネットショッピングサイトが掲載されているサイトのことです。このときめきTOWNを経由してショッピングサイトでイオンカード(WAON一体型)での支払いをすると、通常よりも多くのポイントが獲得できます。ときめきTOWNに掲載されているサイトとその時獲得できるポイントは以下の通りです。

  • Amazon:2倍(1%)
  • ヤフオク!:2倍(1%)
  • じゃらんパック:4倍(2%)

ときめきTOWNを経由するだけで、同じイオンカード(WAON一体型)支払いでも多くのポイントを獲得できます。掲載されている先のサイトを利用されている人は、直接アクセスするのではなくときめきTOWN経由でアクセスするようにして効率よくポイントを稼ぎましょう。

目次へ戻る

ETCカードが無料さらにETCゲート車両損傷お見舞金制度が付帯

イオンカード(WAON一体型)ではETCカードを無料で発行できます。ETCカードは年会費が必要なものも無料なものも機能に差はありません。そのため年会費無料で利用した方がお得にETCカードが手に入ります。

それだけではなくイオンカード(WAON一体型)にはイオンカードシリーズ独自のお見舞金制度も付帯されています。「ETCゲート車両損傷お見舞金制度」はETC通過時にゲートが開かないなどのトラブルで車両が損傷した場合、1年に1回まで一律5万円のお見舞金が支給される制度です。

お見舞金が支給されるのはイオンカード(WAON一体型)の契約者本人だけではなく家族が運転している場合もあるなどいくつかの適用条件があります。ETCカードを発行する人はこの条件を公式サイトで確認しておきましょう。

目次へ戻る

55歳以上の会員限定特典:「G.G感謝デー」で、毎月15日はイオン、マックスバリュなどで5%オフ

55歳以上の会員限定ですが「G.G感謝デー」も存在しています。毎月15日に開催されていて、イオンやマックスバリュなどで5%オフが受けられます。

ただこちらはクレジットカードの支払い時ではなく、請求時に5%オフされる仕組みです。そのため支払い時には通常価格で支払いをしなければなりません。15日に利用していれば請求時に割引されますので、割引が適用されていないと勘違いしないようにしなければなりません。

目次へ戻る

イオンカード(WAON一体型)を使ってキャッシングできる

イオンカード(WAON一体型)はキャッシングにも対応しています。国内、国外ともにキャッシングを利用可能です。

キャッシングとはクレジットカードを利用して現金を借りる仕組みのことです。キャッシングを利用する場合にはキャッシング枠が付帯されていることが条件です。なおキャッシング枠はクレジットカード会社の審査によって決定されます。利用したい場合にはイオンカード(WAON一体型)の申し込みに合わせて申請しておきましょう。

キャッシングは限度額の範囲内であれば自由にお金を借りたり返したりできます。借りる場合にはATMでの借り入れや銀行振込での借り入れが可能です。返済時はクレジットカードの支払いと同時に請求されます。また、各国際ブランドに対応したATMでは、海外でもキャッシングが可能です。海外でキャッシングは、両替するよりもお得に現地通貨を手に入れられる可能性もあります。

目次へ戻る

おサイフケータイがあればイオンiDを利用可能

イオンカード(WAON一体型)自体にはiDの機能は付帯されていません。しかし、おサイフケータがあればイオンiDを利用可能です。おサイフケータイとイオンiDを連携させる手続きをすれば簡単に利用できるようになります。

iDは後払い式の電子マネーです。事前にチャージしなくても支払いができますので、チャージする手間がないメリットがあります。また利用金額はクレジットカードで支払ったものと合計して請求されます。そのため、iDで使用した分もポイントの対象になるなどのメリットもあります。

目次へ戻る

イオンゴールドカードへのインビテーションが来る場合も

イオンゴールドカードのインビテーションが来る場合もあります。イオンゴールドカードとはイオンカード(WAON一体型)の上位に位置するクレジットカードです。発行するためにはイオンカードからのインビテーションを受けるしか方法がありません。

インビテーションとは、クレジットカード会社がクレジットカードをよく利用しているお客様などに上位のクレジットカードを利用してほしいと案内を送ることです。イオンカードの場合には日頃からイオンカード(WAON一体型)などのクレジットカードをよく利用しているお客様に対して、上位のクレジットカードであるイオンゴールドカードの利用案内することをインビテーションと呼んでいます。

イオンゴールドカードは全国のイオンでイオンラウンジが利用できたり羽田空港のラウンジが利用できるなどのメリットがあります。また、海外旅行保険が付帯されることも魅力的です。そして、なんといってもイオンゴールドカードは年会費無料で所有できます。ゴールドカードのうち年会費無料であるものは非常に珍しく、年会費無料とは思えない特典が手に入ります。

カードのお申込みはこちら

目次へ戻る

イオンカード(WAON一体型)のデメリット・注意点

WAONチャージでポイントを貯めたいならイオンカードセレクトの方がおすすめ

先にも紹介しましたが、イオンカード(WAON一体型)はWAONが付帯されているものの、クレジットカードからWAONをチャージしてもポイントが貯まりません。クレジットカードでチャージをしても現金でチャージをしても、どちらもポイントがたまらない点がデメリットです。

クレジットカードからWAONチャージをしてポイントを貯めたいのであれば、唯一ポイントの貯まるクレジットカードであるイオンカードセレクトがおすすめです。WAONをクレジットカードでチャージして、なおかつポイントも貯めたいと考えている場合には、イオンカードセレクトも検討してみましょう。

目次へ戻る

イオングループ以外ではポイント還元率が0.5%と低い

イオングループでの還元率は1%以上とお得なクレジットカードですが、イオングループ以外では還元率が0.5%と低いです。イオンカード(WAON一体型)と同様に年会費無料のクレジットカードで還元率が1%以上のクレジットカードはいくつも発行されています。例えば人気のクレジットカードには楽天カードヤフーカードがあります。

クレジットカードでの支払いがイオングループ中心である場合にはイオンカード(WAON一体型)で何ら問題はありません。しかしイオングループ以外での支払いも多いのであれば、場合によっては還元率0.5%で損をしてしまう可能性もあります。このときはイオングループで支払うクレジットカードとそれ以外で支払うクレジットカードの2枚持ちも考えてみましょう。

関連記事:
おすすめクレジットカードまとめ【2019】ポイント還元率が高いカードなど、メリットが大きいカードを紹介

目次へ戻る

WAON POINTカードとの併用は不可

ちょっとした注意ですが、イオンカード(WAON一体型)はWAONポイントカードとの併用ができません。イオンカード(WAON一体型)で支払って、WAONポイントカードの提示でポイントを獲得することはできません。

目次へ戻る

まとめ:イオンカード(WAON一体型)はイオン銀行口座を作りたくない人におすすめのイオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)

カードのお申込みはこちら

以上、イオンカード(WAON一体型)のメリットデメリットを見てきました。これを踏まえて、イオンカードセレクトの記事もご覧ください。実は、イオンカード(WAON一体型)もイオンカードセレクトも、カードの特典は全く変わりません。唯一の違いは、イオンカードセレクトだけは、WAONにチャージするとポイントが貯まることです。

つまり、イオンカードセレクトの方が優れており、完全な上位互換です。ただしイオンカードセレクトに入会するには、イオン銀行口座を開設しなければいけませんし、引き落とし口座もイオン銀行しか選ぶことができません。そのため「イオン銀行口座なんて作りたくない!めんどう!」という人にのみ、イオンカード(WAON一体型)をおすすめします。

関連記事
イオンカードセレクトはイオンカードの中で最もおすすめ!メリット・デメリット・審査を徹底解説

目次へ戻る

イオンカード(WAON一体型)の審査基準

イオンカード(WAON一体型)の申し込み資格は

公式サイトによるとイオンカード(WAON一体型)の申し込み条件は以下の通りです。

18歳以上で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます(高校生は除きますが、卒業年度の1月1日以降であればお申込みいただけます)。

引用元:イオンカード(WAON一体型)|暮らしのマネーサイト(2019年2月4日取得)

この条件からもわかるようにイオンカード(WAON一体型)は申し込みに特別な条件はありません。他のクレジットカードへの申し込みと同じような簡単条件でお申し込みが可能です。

またクレジットカードの発行実績を見ても、フリーターや主婦に対しても発行されている実績があります。審査が甘いかどうかの判断はできませんが、他のクレジットカード比較すると比較的申し込みしやすいクレジットカードであると考えられます。

目次へ戻る

イオンカード(WAON一体型)は即日発行できる?

イオンカード(WAON一体型)は最短で即日発送が可能です。ネットから申し込みをした場合にはイオンモールにあるカウンターでクレジットカードを受け取りますし、イオンモールなどの店頭で申し込みをした場合にも、審査が完了するとその場でクレジットカードを受け取れます。

注意しておかなければならないのは、即日発行されるイオンカード(WAON一体型)は通常のクレジットカードではなく仮カードと呼ばれるものです。これは通常のクレジットカードと異なり、利用できる範囲などに制限があります。

例えばクレジットカードの支払いはイオングループでしか利用できません。また、WAONのチャージにも利用できない制限もあります。イオンカード(WAON一体型)の場合にはWAONにチャージしてもポイントがつきませんし、仮カードの間は現金でチャージするようにしましょう。

逆にお客様感謝デーなどの特待日は仮カードでも特典が受けられます。お客様感謝デー当日にイオンカード(WAON一体型)に申し込みをして、仮カードが発行されたならば、その日から5%オフで買い物は可能です。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2015/12/25現在

イオンカード(WAON一体型)
カード名イオンカード(WAON一体型)
発行会社 イオンフィナンシャルサービス株式会社

基本情報

入会資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡できる方。
年会費
(基本会員・税別)
初年度 無料
次年度以降 無料
年会費
(家族会員・税別)
初年度 無料
次年度以降 無料
ETCカード
(税別)
発行手数料 無料
年会費 無料
国際ブランド VISA Master JCB
電子マネー WAON iD
最短発行期間 1週間

ポイント関連

ポイント名称 ときめきポイント
ポイント付与レート
  • 通常時:200円→1ポイント
  • お客さまわくわくデー(毎月5・15・25日)、ときめきWポイントデー(毎月10日):200円→2ポイント
ポイント還元率
通常時
0.5%(提携ポイントと交換した場合)
お客さまわくわくデー、ときめきWポイントデー
1.0%(提携ポイントと交換した場合)
ボーナスポイント
お客さまわくわくデー
5のつく日は全国のイオン、マックスバリュー、ミニストップなどでポイント2倍。
ときめきWポイントデー
毎月10日は利用場所問わずいつでもポイント2倍!
ときめきTOWN
イオンカードのオンラインモール「ときめきTOWN」経由で買い物をすると、最大21倍のポイントが貯まる。
ポイントが貯まる電子マネー
iDでの支払い
200円→1ポイント
金券への交換
ワタミグループお食事券
1,000ポイント→1,000円分
イオンコンパス海外パッケージ旅行利用権
2,000ポイント→3,000円分
4,000ポイント→6,000円分
6,000ポイント→9,000円分
イーハートお食事券
2,700ポイント→3,000円分
4,500ポイント→5,000円分
イオン商品券、JCBギフトカード、カスミ商品券、ツーリスト旅行券
1,250ポイント→1,000円分
キャッシュバック/カード利用代金に充当
イオンのショッピングサイト「イオンスクエア」で支払代金に充当
1ポイント→1円
提携ポイントへの
移行
提携ポイント dポイント WAONポイント
移行レート 1ポイント→1ポイント
移行単位 1,000ポイント以上、500ポイント単位
マイレージへの移行 提携マイレージ JALマイレージバンク 
移行レート 1ポイント→0.5マイル
移行単位 1,000ポイント以上、500ポイント単位
移行手数料(税別) 無料

付帯保険

海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 補償額 最高50万円
補償期間 購入日より180日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 公式サイト参照
その他保険
カード紛失・盗難保険
カード紛失・盗難により被害を受けた場合、届出日から61日前までさかのぼって損害を全額補償。

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 なし
海外
利用可能ラウンジ数
0ヶ所
プライオリティ・パス 発行不可
ショッピング関連
お客さま感謝デー
毎月20・30日は全国のイオン、マックスバリュなどで5%引きに。
G.G感謝デー
毎月15日は全国のイオン、マックスバリュなどで5%引きに。(55歳以上限定)

カード会社情報

商号 イオンフィナンシャルサービス株式会社
所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1 イオンタワー
設立 2012年11月29日
カード会員数 22,240,000人(2012年)
貸金業者登録番号 -
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号 0570-079-110(24時間/年中無休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント