暮らしの達人 > クレジットカード > デビットカードの特徴・メリットからおすすめのカードまでわかりやすく解説

デビットカードの特徴・メリットからおすすめのカードまでわかりやすく解説

公開年月日 : 2016/10/18 更新年月日 : 2016/10/20

VISAブランドのロゴを中心としたカードたち

「デビットカード」という言葉は知っていても、詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。銀行口座を作った時にすすめられるがままにとりあえず作ったものの、使用しないまま引き出しに眠らせている方も多いかもしれません。

デビットカードとは銀行が発行するクレジットカードのようなもので、現金の代わりの決済手段として利用できます。クレジットカードとの違いは、デビットカードで買い物をしたときには利用した金額がその場で銀行口座から引き落としがされるため、自分の預金額までしか利用できないということです。海外ではクレジットカード以上に利用されていますが、日本ではクレジットカードと比較するとまだまだ普及が遅れているのが現状です。

日本での普及が遅れている原因の1つに、「デビットカードはメリットが少ない」と誤解されていることがあげられます。デビットカードの登場した2000年から近年まで主流だったJ-debitと呼ばれるキャッシュカードタイプのデビットカードは、利用できる店舗が少なくポイントも一切たまらないもので、実際にそのメリットは少なく、その頃にデビットカードを知った人には「デビットカードはメリットが少ない」と今でも思いこまれてしまっています。しかし最近では、ネット銀行や大手銀行がVISAやJCBといった国際ブランドのついたデビットカードを発行するようになりました。この新しいデビッドカードは、多くの店舗やサービスで利用できるうえに、ポイント特典もついていたりと、使い方によってはクレジットカード以上に便利で使いやすいものになります。

この記事では、「デビットカードって結局クレジットカードと何が違うの?」「デビットカードってイケてないんでしょ?」と思っている方々のために、今話題の「国際ブランドつきのデビットカード」の特徴や種類を紹介していきます。

国内で発行されているデビットカードの種類

デビットカードの種類は2つ

以前は、デビットカードと言えば国際ブランドがついていないものが主流でした。このタイプのデビットカードのことを「J-Debit」と呼びます。これに対して、国際ブランドがついているものについては、「ブランドデビットカード」と呼びます。

  • 国際ブランドがないデビットカード:J-Debit
  • 国際ブランドがあるデビットカード:ブランドデビットカード

J-Debitとは、みなさんがお持ちの銀行のキャッシュカードのことで、実は、ほとんどの銀行のキャッシュカードはJ-Debit加盟店でデビットカードとして利用可能なのです。たとえば小田急百貨店やヨドバシカメラなどはJ-Debit加盟店ですので、みずほ銀行やUFJ銀行などのキャッシュカードで買い物ができます。J-Debitは2000年から提供が開始されて、ブランドデビットカードに比べると歴史が古く、「デビットカード」と聞くとこちらを思い浮かべる方が多いかもしれません。J-Debit=キャッシュカードなので普及率は高いのですが、ポイント制度などの特典がないこと、海外で利用できないこと、国内での加盟店が伸び悩んでいること、そもそもキャッシュカードとしての機能しか知られていないことなど、そのメリットの少なさから使用されることは少なく、ほとんど過去の遺産となっています。

一方、ブランドデビットカードは新しく登場した今話題のデビットカードです。キャッシュカードに国際ブランドであるVISAやJSBのロゴが描かれ、クレジットカードに近い見た目をしています。J-Debitとは違い、ポイント制度などの特典があり、クレジットカードが使える店舗であればほぼ利用でき、海外でも利用可能です。

2つのデビットカードの大きな違いがわかったところで、ブランドデビットカードについて掘り下げて紹介していきます。なお、以降では「ブランドデビットカード」のことを「デビットカード」と省略して呼びます。

目次へ戻る

国際ブランドはVISA、JCB、銀聯の3種類

デビットカードについている国際ブランドは、VISA・JCB・銀聯(Union Pay)のうち、どれか1つになります。それぞれのブランドに対応した加盟店でカードを利用できます。たとえばVISAブランドが描かれたデビットカードは、VISAブランドのクレジットカードが使える加盟店であれば利用できるということになります。

国際ブランドがあることにより、デビットカードの利用できる店舗はクレジットカードとほぼ同じと言えます。コンビニ、タクシーはもちろん、Amazonや楽天などのネット通販や、Huluなどの月額有料配信サービス、公共料金の引き落としなど、日常の様々な場面でデビットカードを使うことができます。もちろん海外でも決済可能ですし、対応しているATMなら現地通貨でのキャッシングもできます。

では、デビットカードを作るときには、どの国際ブランドを選べば良いのでしょうか?国内で利用するのなら、VISAかJCBの2択になります。海外でも利用したい場合は、加盟店が多いVISAブランドが最適でしょう。ただし、JCBでも、ハワイやアジア圏なら利用できる店舗も多いと言われています。銀聯ブランドについては、加盟店が中国に集中しているので、中国での利用が多い方におすすめします。

目次へ戻る

発行会社は銀行のみ

現在国内で流通しているデビットカードは、全て銀行が発行しています。銀行と言っても、都市銀行、地方銀行、ネット銀行などの様々な種類の銀行がありますが、特におすすめしたいのが、ネット銀行の発行しているデビットカードです。なぜなら、ネット銀行の発行しているデビットカードには、決済機能以外にもクレジットカードに近いメリットを持っているものが多いからです。たとえば電子マネーが付帯していたり、ポイントカードとしても使えたり、対象店舗での利用で割引やポイントアップ特典があったり、という具合です。

また、ネット銀行なら必ずインターネット申し込みができるので、自分の好きなタイミングで気軽に入会できます。都市銀行・地方銀行のデビットカードでもほとんどのカードがネット申し込みに対応していますが、未だに窓口や電話での受付のみとなっているところもあります。

目次へ戻る

デビットカードを発行している銀行一覧

ネット銀行
ジャパンネット銀行・ソニー銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行・セブン銀行
都市銀行
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・あおぞら銀行
地方銀行
スルガ銀行・近畿大阪銀行・琉球銀行・北國銀行・西日本シティ銀行・千葉銀行・大垣共立銀行・北洋銀行・東邦銀行・もみじ銀行・山口銀行・北九州銀行・愛媛銀行

目次へ戻る

デビットカードの特徴とメリット

デビットカードの種類がわかったところで、次はいよいよデビットカードの特徴やメリットを紹介していきます。

利用金額は銀行口座から即時出金

デビットカード最大の特徴は、決済時に銀行口座から即時出金されることです。つまり、たとえば1,000円の商品をデビットカードで買うと、その場で銀行口座から1,000円が引き落とされるわけです。クレジットカードの場合は決済したその日ではなく、決済日からおよそ1ヶ月後に、前月の利用をまとめた金額が一度に銀行口座から引き落とされます。

  • デビットカードで1,000円の物を購入:購入する度に、銀行口座からすぐに引き落とされる
  • クレジットカードで1,000円の物を購入:約1ヶ月後に、前月に利用した金額がまとめて銀行口座から引き落とされる

月1回まとめての請求であるクレジットカードの場合、どうしてもお金を使っている実感が薄くなってしまいます。1カ月にクレジットカードでいくら買い物をしたのか合計額を正確に把握している人は少ないでしょう。その点、デビットカードなら利用のたびにお金が無くなっていくので利用を実感しやすく、「今月は残高が厳しいから利用を控えよう」「今週は節約できたから、週末は豪勢にいこう」と、予定を見通しやすいというメリットがあります。

目次へ戻る

口座残高の範囲内で利用できる

デビットカードの前に、まずクレジットカードの限度額について説明します。クレジットカードは、カード会社によって利用限度額が決められています。たとえば限度額が100万円のカードを持っている場合、90万円利用すると、残り10万円までしか使えません。カードの引き落とし日が来て90万円を支払えば、また100万円まで使えるようになります。

デビットカードの場合は利用限度額ではなく、自分の銀行口座の残高の範囲内で利用可能です。使えば使った分だけその場で引き落とされて銀行の口座残高が減っていきますが、再度入金して残高を増やせばいくらでも利用できます。発行元の銀行によっては、1日の利用限度額を50~200万円程度までと設定している場合もありますが、あくまでも1日の利用限度額ですので、よほど豪遊する人でなければ、限度額についてはクレジットカードほど気になるものではないでしょう。

デビットカードとクレジットカードの仕組みをまとめると、デビットカードは自分の持っているお金の範囲内で買い物するものであり、クレジットカードは一時的にカード会社からお金を借りて買い物するものであるということです。「今すぐ買いたいけど手元にも銀行口座にもお金がない」という場合は、クレジットカードを使って買い物をすることはできますが、自分の口座残高までしか利用できないデビットカードでは買い物できないことになります。

これはデビットカードが劣っているということにはなりません。クレジットカードの利用は、いわば借金であり、一時的とはいえクレジットカードを使ってお金を借りることになるのが不安だという人にはデビットカードの方が優れているとも言えます。銀行口座にお金がなくても使えるクレジットカードは、裏を返せば自分の支払い能力以上にお金を使ってしまう危険性があります。皆さんの中にも、クレジットカードの請求額がその月の給料を大きく超えてしまい途方に暮れた経験をしたことがある人もいるでしょう。ひどい例だと、クレジットカードを使い込みすぎたために、返済不可能になって破産してしまうこともあります。デビットカードの場合は、何度も言うように自分の銀行口座の残高までしか利用できませんので、少なくとも自分の支払い能力を超えることがありません。もちろん、口座残高がゼロになるまで使ってしまう危険性はありますが、そこが心配な人は自分で1日の利用限度額を設定することができます。多くのデビットカードでは、自分で1日の利用限度額を変更することができるのです。使いすぎの防止にもなりますし、万が一の盗難・不正利用があった時にもその被害を最小限に抑えることができます。また、利用のたびに利用明細をメールで教えてくれる機能を持つデビットカードもありますので、使いすぎや不正利用が心配な方はこちらもチェックしましょう。

目次へ戻る

15歳以上から入会できる

ほとんどのデビットカードは、中学生を除く15歳以上から入会できます。クレジットカードの場合は最低でも高校生を除く18歳から入会可能になりますので、デビットカードの方が若いころから持つことができます。特にクレジットカードを持つことのできない高校生にとって、デビットカードは重宝されることでしょう。先に紹介したように、デビットカードは店頭での買い物だけでなく、ネット通販やアプリ・ゲームなどの課金に使えます。いちいちコンビニでプリペイドカードを買う必要がなくなりますし、クレジットカード決済にしか対応していないサービスを利用することもできます。

また、デビットカードがあれば現金を持ち歩くことが減るので、防犯にもなります。治安の悪い地域では、高校生を対象とした恐喝が頻繁に発生します。恐喝対策としては、必要以上の現金を持たないことが有効です。しかし、現金を持っていなければ、部活のあとの買い食いもできないでしょう。そこで有効なのがデビットカードです。デビットカードなら多くのコンビニやスーパーで利用できるので、現金を持たずに買い物できます。さらに、万が一デビットカードを盗られたとしても、電話一本ですぐに利用停止できます。治安の悪い地域では恐喝が毎日のように発生するので、警察や先生も真剣に話を聞いてくれない恐れがありますし、真剣に話を聞いてくれたとしても盗られたお金が戻ってくる可能性はあまり高くありません。自分の身を自分で守るためにも、このように、現金を持たないでデビットカードを持つという対策をしておくことをおすすめします。デビットカードを作る際には、保護者の同意はいらない場合がほとんどなので、未成年者であっても自身の意志だけで簡単に申し込めます。

また、この記事を読んでいる、年頃の子供を持つ親のみなさまにも、子供を犯罪から守るためにデビットカードを持たせてほしいと思います。子供にデビットカードを持たせることには、防犯以外のメリットもあります。自分にお小遣いとして入金された、毎月決まった額の中でやりくりをさせるという将来の役に立つ練習ができるうえに、通帳や利用明細を見ればカードをどのように利用したかがわかりますので、お金の使い方について親子で話をするきっかけになるかもしれません。

高校生くらいの時期は多感な時期なので、子供は親におさえつけられることを嫌います。したがって、デビットカードを渡そうと思っても、素直に受け取らないかもしれません。そこで、高校入学をきっかけに、「お前も高校生になったのだから、Amazonの利用やスマホの課金は自分の口座で、このカードを使って管理してみろ」などと言いながら渡してやれば、大人の階段を登る後押しになるでしょう。ただし、その後、口座に入金してあげるまでが親の務めです。

目次へ戻る

入会審査がない/個人信用情報をチェックされない

クレジットカードは入会するときに、審査が行われます。審査に落ちてしまえば、どんなに魅力的なカードも持つことができません。しかし、デビットカードなら入会審査がないので、年齢資格さえ満たせば誰でも入会できます。つまり、誰でも作ることができるカードなのです。今までクレジットカードの審査に落ちて悔しい思いをした人も、デビットカードさえ持てば現金を持たずに買い物できるようになります。もうネット通販の代引きのために、1円単位でお金を揃えて宅配便の到着を待っている必要はありません。

では、なぜデビットカードには審査がなくてクレジットカードにはあるのでしょうか?そもそもクレジットカードで審査が行われる理由は、その人の返済能力を調べるためです。カード会社は、クレジットカードを通じて一時的に利用者にお金を貸すことになりますので、カードを発行しても問題ない人物なのかを確認するため、個人信用情報機関(CIC)にアクセスし、申込者の滞納履歴や返済履歴、割賦契約商品の状況、キャッシングの利用状況などを確認して、お金を貸しても大丈夫な人かどうかを調べるのです。個人信用情報に滞納履歴がある人や、重度のキャッシング残債がある人は、クレジットカード会社から敬遠され、審査に落とされてしまいます。

一方デビットカードの場合は、利用者自身が預けている銀行口座の残高の分しか利用できませんので、利用者の返済能力を調べる必要がありません。そのため、個人信用情報を参照する審査が行われないのです。したがって、過去に滞納や債務整理などを起こしたことがある、いわゆるブラックと呼ばれる人でも、デビットカードなら簡単に発行できます。属性も問われないので、公務員や正社員はもちろん、フリーターでも無職でも専業主婦でもニートでもデビットカードなら持つことが可能です。まさにデビットカードは、クレジットカードを持てない人たちの救世主となるわけです。

目次へ戻る

利用ごとにポイントが貯まる・キャッシュバックがある

デビットカードにも、クレジットカードと同様にポイントやキャッシュバック制度があります。記事前半でも紹介したように、デビットカードと言えば、元々はポイント制度がないJ-Debitのことを指していましたが現在主流となっているデビットカードにはポイント制度やキャッシュバック制度があり、現金よりもお得に決済できるようになりました。過去にはクレジットカードの専売特許だったポイント制度やキャッシュバック制度が、デビットカードでも利用できるようになったことで、クレジットカードの審査に通らない人や高校生でも、ポイントを貯める楽しみを実感できます。

デビットカードのポイント制度やキャッシュバック制度は、クレジットカードと同様にカードごとに異なります。したがって、貯まるポイントはどんなポイントなのか、ポイント還元率はいくらなのかなど、ポイントを重視してカードを選ぶのも良いでしょう。

目次へ戻る

【まとめ】クレジットカードとデビットカードの違い一覧表

クレジットカード デビットカード
発行会社 カード会社 銀行
支払い方法 一括・分割・リボ払い・ボーナス一括払いなど 一括払い(利用のたびに即時引き落とし)
年会費 無料/有料 無料/有料
家族カード ある ある
最低対象年齢 18歳以上 15歳以上
個人信用情報の調査 必ず行う 行わない
ポイント・キャッシュバック制度 ある ある

目次へ戻る

厳選:おすすめのデビットカード

三菱東京UFJ-VISAデビット

三菱東京UFJ-VISAデビット 現在発行されているデビットカードの中でも特におすすめしたいのが、日本の誇るメガバンクである東京三菱UFJ銀行が発行している三菱東京UFJ-VISAデビットです。その名の通り国際ブランドにはVISAがついていますので、国内外のVISA加盟店で利用できます。

このカードの魅力は、大手銀行が発行しているカードだけあって、保険やサービスが充実しているということです。まず、ショッピング保険が付帯しています。これは三菱東京UFJ-VISAデビットを使って購入した商品が、事故や火災により破損したり、盗難されたりなどの被害にあった場合に、その損額を年間100万円まで補償してくれるという保険です。対象期間は購入日から60日間で、1事故あたり5,000円の自己負担が必要となります。デビットカードにはショッピング保険がついていないものが多い中、年間100万円まで補償してくれるこの三菱東京UFJ-VISAデビットはとても優れていると言えます。現金で買うよりも安心という点でも、持っておく価値があるでしょう。

他にも、故意や過失を除いた不正利用時にも年間100万円まで被害額を補償してくれる不正利用補償や、ショッピング・キャッシング利用時にその都度お知らせメールを送ってくれるサービスもあります。

続いて紹介するのは、自動キャッシュバック制度です。三菱東京UFJ-VISAデビットの月間利用金額に対して0.2%を、決済口座に毎月キャッシュバックしてくれます。キャッシュバック率は以下の条件を満たすことでアップすることもあります。

  • 入会後3ヶ月間:+0.2%/月
  • 誕生日がある月:+0.1%/月
  • 前年に20万円以上の利用:+0.05%/年
  • 前年に30万円以上の利用:+0.05%/年

以上の条件は、1つ満たす度に加算されます。たとえば前年に30万円以上を利用した人なら、「前年に20万円以上の利用」も達成していますので、その年のキャッシュバック率は0.2%+0.05%+0.05%=0.3%になります。更に誕生月には0.1%が加算されるので、その月に限っては0.4%にまで上昇します。

最後に、このカードは1日あたりの利用限度額がありません。もちろん任意に設定できますが、銀行口座に残高がある限り100万円の商品でも1億円の商品でも購入できます。普通のクレジットカードでは決済できないような高額商品も三菱東京UFJ-VISAデビットなら決済可能なので、キャッシュバックも逃さずゲットできます。

年会費は初年度無料で、2年目から1,000円(税別)がかかりますが、以下のいずれかの条件を満たしていれば、2年目以降も無料になります。

  • 前年1年間の利用額が10万円以上
  • 年会費請求月末の時点で23歳以下

これらの条件のうち、1年間の利用額が10万円というのは、1カ月8,333円になりますので、公共料金や携帯電話代金の支払いに利用したり、メインカードとして利用したりすれば無理な額ではないと思われます。毎年10万円を利用していれば、ずっと年会費無料で持つことが可能です。

もちろん申し込みにあたっての審査はなく、中学生を除く15歳以上なら誰でも入会可能です。安心できる補償からお得な特典まであり、利用しやすさでは群を抜いているデビットカードです。

目次へ戻る

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカード ネットバンクの大手、楽天銀行が発行するデビットカードです。国際ブランドはJCBとVISAから選択できますがブランドによってカードのスペックやポイント還元率が大きく異なるので、国際ブランド選びを間違えないようにそれぞれを紹介していきます。

まずどちらのブランドのカードにも共通した特徴は、カード利用で楽天スーパーポイントが貯まる点です。このポイントは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービス内で1ポイント1円として使えるだけでなく、最近は楽天ポイントカードを持っていれば、出光・大丸・松坂屋・ミスタードーナツ・ダイコクドラッグなどの実店舗でも1ポイント1円として利用できるようになり、汎用性の高いポイント制度として人気です。ポイント付与レートはブランドによって以下のようになります。

  • JCBブランド:月間利用金額に対し、1,000円毎に10ポイント付与
  • VISAブランド:月間利用金額に対し、1,000円毎に2ポイント付与

年会費もブランドによって異なります。JCBなら永年無料ですが、VISAは1,029円(税込)です。先ほど海外利用を見込むなら海外でも利用可能なお店が多いVISAブランドをおすすめすると書きましたが、年会費やポイント還元率がこれだけ違うと楽天銀行デビットカードにおいてはVISAブランドをおすすめするわけにはいきません。ポイントの貯まりやすさやコストの安さを重視するなら、JCBブランドで作るほうがおすすめです。

大人気のクレジットカードである楽天カードと比較しても、利用限度額がない点などの利点があります。預金額があればあるだけ利用できるので、楽天スーパーポイントを貯めている方なら、楽天カードとセットで持っておくと良いかもしれません。楽天銀行デビットカードの入会資格は16歳以上で、もちろん審査はありません。元々楽天カード自体も審査が甘いと言われているカードですので、楽天カードの審査に落ちる人はあまりいないかもしれませんが、楽天カードの審査に落ちた人でも楽天銀行デビットカードならば入会できます。

目次へ戻る

デビットカードでよくある質問

デビットカードで「キャッシュアウト」が使えるようになると聞きました。これはなんですか?

対象の店舗のレジをATM代わりにできる新サービスのことで、2017年から利用可能になる予定です。

現在、「キャッシュアウト」というサービスの導入が積極的に議論されています。これは、お店でデビットカードを使うときに、支払いと同時に現金を引き出せるサービスです。

たとえば、お店で1,000円の商品を購入します。そのときに1万円のキャッシュアウトをレジの人に伝えると、レジから1万円が渡されます。デビットカードの決済金額は11,000円となります。デビットカードに対応しているレジがあればどこでも出金できるので、ATMが近くにない地域では重宝しそうなサービスです。

しかし、手数料が加盟店負担になるうえ、レジ金の不足に陥ったり、売上金額の相違が起きたりなどの課題もあり、実現したとしても少数店舗でしか利用できない恐れもあります。

デビットカードにはゴールドカード的なものはないの?

一部の銀行ではゴールドカードも発行しています。金色に輝くカードを審査なしで入手できるので「一度でいいからゴールドカードを持ってみたい!」という方におすすめです。

実はデビットカードにもゴールドカードがあります。当然、券面が金色に輝き、カード名にも「ゴールド」の文字が含まれているため、パッと誰かに見られた時には「ゴールドカードだ!素敵!」と思われるかもしれません。一般クラスのデビットカードと比較すると、特典が多い、ポイント還元率が高い、といったスペック面での優れた特徴もあります。もちろん特典が充実している分、年会費も多少は高額です。

普通ならゴールドカードを持つことができないブラックな人や高校生であっても、クレジットカードのゴールドカードと同じ見た目のカードを入手できてしまうわけです。

ゴールドクラスのデビットカード一覧
山口銀行ワイエムゴールドデビットJCBカード
もみじ銀行ワイエムゴールドデビットJCBカード
北九州銀行ワイエムゴールドデビットJCBカード
東邦Alwaysデビットカード<JCB>ゴールド
楽天銀行ゴールド デビットカード(VISA)
ちばぎんスーパーカード<デビット>ゴールド
  • クレジットカードのゴールドカード:入会審査が若干厳しく、ステータス性がある
  • デビットカードのゴールドカード:入会審査がないので、誰でも持てる
  • 共通していること:一般クラスカードに比べて特典が充実していて、年会費もその分高額

目次へ戻る

アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード デビットカード ポイント