暮らしの達人 > クレジットカード > 年会費無料のおすすめクレジットカード

年会費無料のおすすめクレジットカード

公開年月日 : 2016/11/15 更新年月日 : 2016/11/15

複数枚のクレジットカード

年会費がかかるクレジットカードを持つなんてもったいない!損だ!と考える方は、年会費無料のクレジットカードを選びましょう。

今や年会費無料のクレジットカードは、大手カード会社を中心にたくさん発行されており、年会費無料であるのに、ポイントがたくさん貯まったり割引優待や保険が付帯していたりと、持っているだけでお得な機能がついているものも多いです。年会費が無料ということは、1枚だけでなく何枚持っても無料。損どころか得ばかりしかありません。

この記事では、どこで使っても比較的ポイントの貯まりやすく、人気の高い年会費無料のクレジットカードを7枚ピックアップしましたので、この中にご自分の生活スタイルにあっているなと思ったものがあれば、迷わずお申し込みください。

厳選:人気の年会費無料クレジットカード7選

エポスカード:全国のレストランやカラオケで優待特典

エポスカード

エポスカードは、百貨店を経営する丸井グループの子会社が発行するクレジットカードで、年数回マルイで10%割引で買物ができるなど、丸井での利用で得する特典が付いています。

そのため丸井ユーザーのためだけのクレジットカードだと思われがちですが、エポスカード最大の魅力は全国7000店のレジャー施設や飲食店での優待がうけられる特典がついていることです

全国7000店の優待加盟店でエポスカードを提示もしくはカード利用するだけで、利用料金の割引や優待が受けられます。優待加盟店には多くの方が利用している有名チェーン店や人気施設も対象となっていて、使いやすい特典内容です。これだけ多くの施設で優待特典が使える年会費無料のカードは、エポスカード以外にありません

以下に紹介する加盟店で特典が使えるようになります。よく利用する店舗があるなら入会を検討してみてはいかがでしょうか。

飲食店
サーティワン、はらドーナッツ、モンテローザグループ、ロイヤルホスト、など
レジャー施設
富士急ハイランド、よみうりランド、東京ドームシティ、ハウステンボス、横浜・八景島シーパラダイス、新江ノ島水族館、サンシャイン水族館、梅田ジョイポリス、さっぽろテレビ塔、吉本興業なんばグランド花月、津軽三味線会館、ねぶたの家 ワ・ラッセ、千歳水族館、神戸布引ロープウェイ・ハーブ園、須磨海浜水族園、沖縄残波岬ロイヤルホテル・マリンレジャー、おきなわワールド、スペースワールド、長崎県美術館、など
リゾート
照葉スパリゾート、天然温泉 花咲の湯、別府温泉 杉の井ホテル、極楽湯 宮崎店、大江戸温泉物語、箱根小涌園、スパリゾートハワイアンズ、川越温泉湯遊ランド、など
カラオケ
シダックス・ビッグエコー、カラオケ館、ジャンカラ、カラオケ CLUB DAM、カラオケ レインボー
映画館
宮崎キネマ館、新宿バルト9、イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ シネプレックス、キネマ旬報シアター、川崎チネチッタ、ヒューマントラストシネマ有楽町

エポスカード(公式サイト)

目次へ戻る

楽天カード:楽天ポイントがたくさん貯まる&審査に甘い

楽天カード

楽天カードマンで有名な楽天カードも年会費無料です。メディアへの露出が功を奏し申込者数は爆発的に増えているようです。知名度の他にも楽天スーパーポイントがたくさん貯まる点や、審査が通りやすいとされる点も人気の理由と言えます。

楽天スーパーポイントが貯まる点においては、通常のカード利用において100円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント、楽天市場をはじめとした楽天グループでの利用なら3倍以上のポイントが獲得できます。

貯めたポイントは、楽天市場などで1ポイントは1円で利用できるので、カード利用額の1%~3%分の楽天スーパーポイントが貯まることになります。楽天スーパーポイントこれほどが貯まるカードは当然楽天カードしかありません。楽天グループでのカードショッピングがおもな用途なら楽天カードがおすすめです

また、2ちゃんねるなどの掲示板にて、楽天カードは審査が甘いと評判になっています。暮らしの達人編集部の人脈を駆使しても、楽天カードの審査に落ちた人を1人も見つけられませんでした。それどころか無職でも入会できた実績を確認済みです。楽天グループの利用は少なくても、とにかくクレジットカードがほしいと言う方におすすめします。(楽天カードがオフィシャルに審査の甘さを宣言しているわけではありません)

楽天カード(公式サイト)

関連記事:
無職でも審査に通ったクレジットカード

目次へ戻る

ビックカメラSuicaカード:チャージや買物でSuicaが貯まる

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、1年目の年会費は無料、さらに年に1回でもカードを利用すれば、次年度の年会費477円(税別)も無料になりますので、実質年会費無料のクレジットカードと言えます。

Suicaとビックカメラポイントカードとクレジットカードカードという3つの機能を持つカードで、JR東日本グループのビューカードが発行するカードだけあってSuicaへのオートチャージが可能です。さらに、チャージした金額に応じてSuicaにポイント還元されるのでとてもお得です。Suicaへオートチャージができるカードは他にもありますが、その中でもビックカメラSuicaカードは一般加盟店でのカード利用でも最もポイントが貯まりやすいSuica搭載クレジットカードとして人気があります

Suicaの利用が多い方やSuica定期券を利用している方でにおすすめしたいカードです。

ビックカメラSuicaカード(公式サイト)

目次へ戻る

Yahoo! JAPANカード:日本一Tポイントが貯まりやすい

Yahoo!JAPANカード

日本一Tポイントが貯まりやすいと公言しているYahoo! JAPANカードも、年会費無料で人気が高いカードです。

Yahoo! JAPANカードの利用100円につきTポイントが1ポイント貯まりますが、このレートはTポイントが貯まるクレジットカードの中では最も高いです(条件次第では他のカードの方が高くなる場合もありますが、基本レートではトップです)。

またTポイントカードとしても使えるので、Tポイント加盟店で利用すると、カード利用とは別でTポイントが貯まります。もちろん貯まるだけでなく、Tポイントでの支払いもこのカードを店員さんに渡すだけで可能です。

このように年会費無料ながらTポイントが貯まりやすく、またTポイントカードとしても使えるため、これからTポイントを貯めようと思っている方にはうってつけのカードでしょう。既に別のカードでTポイントを貯めている方も、日本一Tポイントが貯まりやすいこのカードに乗り換えることをおすすめします。

またお得な入会キャンペーンを頻繁に行っているので、うまく活用すればTポイントがさらにたくさん貯ります。入会時には、必ずキャンペーンを確認しておきましょう。入会キャンペーンで貯まったTポイントは期間固定Tポイントと呼ばれ、Yahoo!ショッピングで1ポイント=1円として利用できます。

Yahoo! JAPANカード(公式サイト)

目次へ戻る

ライフカード:誕生月はポイント5倍

ライフカード

ライフカードは、毎年誕生月の1か月間はポイントが5倍になる特典が付いています。その特徴を活かして、1か月間に集中してたくさんポイントを貯められるカードとして人気があります。

通常はカード利用額のおよそ0.5%分のポイントが貯まります。これはクレジットカードの中では平均的なスペックです。ところが、誕生月の1か月間は通常の5倍のポイントが貯まるため、ポイント還元率はおよそ2.5%になります。これは、年会費無料のクレジットカードの中ではトップクラスのポイント還元率と言えます。

ライフカードを上手に活用している方の多くは、誕生月の1か月間だけに集中してライフカードを利用してたくさんポイントを稼いでます。誕生月以外はメインカードを利用して、ライフカードは1か月限定のサブカードとして利用する方法は、カードマニアの中では有名なテクニックです。コストが一切かからない年会費無料カードならではの活用術ともいえるでしょう。

国際ブランドはVISA、マスターカード、JCBの3種類から選べるので、メインカードとは別のブランドを選んでおけば、メインカードの国際ブランドが使えないお店でも役立ちます。最強のサブカードとしてライフカードを検討してみてください。

ライフカード(公式サイト)

目次へ戻る

P-oneWizカード:わずらわしいポイント交換手続きが不要で楽チン

P-oneWizカード

利用明細を見るだけで思わず笑みがでてしまうのがP-oneWizカードです。その理由は、P-oneWizカードを使って買い物すると、利用料金の引き落とし時に自動で1%割引されるからです。P-oneWizカードの利用明細には、利用金額と共に割引額が併記されます。コンビニで買ったお菓子も、公共料金の引き落としも、奮発して買ったPCも、Amazonも楽天も、全て1%引きです(電子マネーへのチャージなど、対象外の決済も一部あります)。

他社のクレジットカードでは、おもにカードを利用するとポイントが貯まり、貯まったポイントを特典に交換して初めてメリットが得られますが、ポイントには有効期限があることが多く、せっかく貯めたポイントも失効してしまう恐れがあります。P-oneWizカードなら使ったものすべてが値引きされるので、めんどうなポイント交換の手続きをする必要がなく、誰でも自動的に1%引きのメリットを受けられるのです

自動で1%オフになるのでポイント制度は無いと思いきや、なんとポイントも同時に貯まります。そのため、自動1%オフとポイントをあわせて実質的な還元率は1.3~1.5%になる、高還元カードです。

P-oneWizカード(公式サイト)

目次へ戻る

オリコカードザポイント:2つの電子マネーが使えて現金いらず

オリコカードザポイント

オリコが発行するオリコカードザポイントはブラックカードのようなカードフェイスで高級カードを彷彿とさせまるため、財布に入れてチラッと見せるだけで「すごい!」と思われてしまいそうなカードですが、年会費無料です。

iDとQUICPay2つの電子マネーが搭載されているので、このカード1枚にクレジットカード、iD、QUICPayの3つの機能が備わっていることになります。そのため、VISA加盟店の他にもマクドナルドやすき家、さらには自動販売機でまで利用でき、通常はクレジットカードで決済できないようなお店でも電子マネー決済することによりポイントを貯まることができます。

同じように1枚のクレジットカードに電子マネーを複数搭載しているカードは他にもありますが、その中でもオリコカードザポイントは電子マネーとして使えるお店の多さや、ポイント還元率の高さで他のカードよりも優位に立っています

電子マネーにはたくさんの種類がありますが、使える店舗が多いのは、iD、楽天Edy、Suica(交通系ICカード)、QUICPay、の4つです。この中の2つが搭載されているので、当然多くのお店で利用でき、このカード1枚で現金の出番を減らせます。

オリコカードザポイント(公式サイト)

目次へ戻る

アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード デビットカード ポイント