暮らしの達人 > クレジットカード > 株式会社NTTドコモ > dカードの特徴まとめ!dポイントが貯まりやすくローソン利用者におすすめの年会費実質無料クレジットカード

dカード

カード利用で貯まったポイントでドコモ携帯料金を払える。ローソンの利用でもお得に

dカード
発行会社 株式会社NTTドコモ
年会費(税別)1,250円
最短発行期間5日 ポイント還元1.0~4.0%
付帯保険 ショッピング保険

家族カード発行ETCカード発行、海外キャッシングOK、VISA、Master、電子マネーが使えるiDApple Pay対応dポイントJALマイルが貯まる、ショッピング保険付帯

カードのお申込みはこちら

dカードとは

ドコモが発行するクレジットカードで、ドコモユーザー以外も入会可能

dカードはドコモが発行するクレジットカードで、ドコモユーザー以外でも発行することが可能です。今までのクレジットカードはDCMXカードと呼ばれ、ドコモユーザー以外は発行できないクレジットカードでした。しかし、今までのクレジットカードとは異なり、どこもユーザー以外でも発行できるように見直されています。

ドコモユーザー以外でも発行できるようになったことで、利用者の選択肢が広がりました。しかも、クレジットカードの特典はドコモユーザー以外でも使いやすいものが付帯されるように変化しました。

目次へ戻る

カード利用でdポイントが貯まる!還元率は1%

dカードを利用するとdポイントが貯まります。クレジットカードのショッピング利用で、還元率1%のポイントを獲得することが可能です。クレジットカードの中でも還元率1%以上は高還元率のクレジットカードと言われています。そのためdカードは高還元率のクレジットカードの一つと言えます。

まだクレジットカードの利用で貯まるdポイントをご存知ない方もいることでしょう。dポイントとは株式会社NTTドコモが提供する共通ポイント制度のことです。共通ポイントとは、ひとつのクレジットカードやお店だけで貯まるポイントではなく、幅広いお店で貯めたり使ったりできるポイントのことです。また、どこのお店に利用しても1ポイントが1円であるという分かりやすい点も特徴です。dカードで貯まるポイントの共通ポイントですので、ポイントがわかりやすく1ポイント1円で幅広く利用できるという点がメリットです。

目次へ戻る

「dポイントカード」としても使える

dカードにはdポイントカードの機能も備えられています。dポイントカードとは、上記でご説明したポイントを貯めるためのポイントカードのことです。dポイント加盟店でポイントカードを提示することによって、クレジットカードで支払いができない場合でもポイントを貯めることができます。

dポイントカードの提示の場合でも基本的には100円につき1ポイントが貯まります。1ポイントは1円で利用できますので、この場合にも還元率は1%です。また、クレジットカード支払いできるお店で利用するとdポイントカードの提示で貯まるポイントと、dカードの支払いで貯まるポイントの両方を獲得できます。つまりポイントの二重取りができますので合計の還元率は2%です。

dポイントが利用できるお店など馴染みが無いと感じる人も居るかもしれません。しかし、dポイントは今では幅広い利用先が存在する共通ポイントです。例えばコンビニ大手のローソンで利用できますし、ファストフードのマクドナルドで利用できます。クレジットカードで支払いができないお店に行っても、dポイント加盟店であればdポイントカードの提示でポイントを貯めることができます。クレジットカード支払いでポイントを貯められないお店でもdポイントカードがあればお得に支払いができるのです。

マクドナルドの場合にはクレジットカードは利用できませんが電子マネーであれば利用できます。電子マネー支払いでもdポイントカードを提示すればポイントが貯まりますので、dカードを提示することでスムーズにお得な支払いをすることが可能です。

目次へ戻る

電子マネー「iD」での支払いが可能

dカードには電子マネーのiDが付帯されています。iDが付帯されていることで、クレジットカード加盟店だけではなくiD加盟店でも支払いをすることが可能です。 iDとは後払い式の電子マネーです。電子マネーのイメージで持たれている人が多いのは事前にチャージをしておく前払い式の電子マネーでしょう。これはチャージした範囲内でのみ支払いが可能な電子マネーです。後払い式の電子マネーはこれらの電子マネーとは異なり、クレジットカードと連携することでチャージをせずとも電子マネーを利用することが可能です。電子マネーでの支払いはクレジットカードの利用料金と合わせて請求されます。

チャージが不要であることで、dカードを端末にかざすだけで簡単に支払いを済ませることができます。iDで支払いをした分もポイント付与の対象ですので、電子マネーで支払いをしたからといって損をすることもありません。

目次へ戻る

年会費は実質無料

dカードの年会費は初年度無料で2年目からも前年度に1回でも支払いをしていれば年会費無料です。つまり、dカードを利用し続ける限り実質的には年会費無料です。 ただし、前年度にもし一回も利用していなければ年会費が1,250円(税別)必要とはなってしまいます。dカードを年会費実質無料で持ち続けるためにも、少なくとも一回はコンビニなどで少額の支払いに利用しなければなりません。

目次へ戻る

ETCカードも年会費は実質無料

dカードに入会すると、ETCカードを1枚発行することが可能です。ETCの利用でも100円につきdポイントが1ポイント貯まります。

ETCカードの年会費は初年度無料で、翌年度から500円(税別)がかかりますが、前年に1回でもETCの利用があれば年会費は無料になります。そのため年に1回は高速道路に乗るのであれば、実質無料で持ち続けることができます。

なお、発行手数料は無条件で無料です。

カードのお申込みはこちら

目次へ戻る

dカードのメリット

ローソンでの還元率は最大5%最もお得に買い物できるクレジットカード

dカード利用することのメリットに、ローソンでの還元率が最大5%になることがあります。実は dカードはローソンと相性の良いクレジットカードです。ローソンでの還元率が最大5%になる内訳は以下の通りです。

  • dカード決済で請求時に支払額を3%引き
  • dカード決済で1%のポイント還元
  • dポイントカード提示分で1%のポイント還元

上記の通り、ローソンではポイント還元と割引で最大5%の還元を受けられます。dカードで支払いをすれば自動的にdポイントカード提示分のポイントも還元されますので、基本的には自動的に5%の還元率が適用され非常にお得です。

なお、ローソンは自社でも独自にクレジットカードを発行しています。PontaとJALマイルの貯まるクレジットカードも存在しています。しかし、こちらのクレジットカードを利用しても最大還元率5%には届きません。厳密にはマイルの使い道によって左右されるのですが、dカードを利用した方がローソンでお得に支払いができる可能性は高いです。

目次へ戻る

dカード特約店での利用でポイント還元率倍増

dカードにはdカード特約店と呼ばれるものが存在しています。この特約店で支払いをすることで、dポイントの獲得数が倍増します。dカード特約店とは簡単に説明すると、dポイントの獲得数が増加するお店のことです。dカード特約店には以下のお店が挙げられます。

  • ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル
  • JAL
  • JTB
  • 高島屋
  • スターバックスカード(スターバックス専用電子マネーへのチャージ)

これらのお店で支払いをすることによって、通常のクレジットカード支払いよりも多くのポイントを獲得できます。ポイント還元率が高まるのではなく、dカード特約店で支払いをすることでボーナスポイントが得られる仕組みです。dポイント特約店で買い物する場合には、他のクレジットカードではなくてdカードで支払い確実にポイントを獲得しておきましょう。

目次へ戻る

dカードポイントUPモール経由でのショッピングでポイント1.5~10.5倍

dカード会員はdカードポイントUPモールを経由することで、ネットショップ利用時に多くのポイントを獲得することが可能です。このdカードポイントUPモールとは、多くのネットショップが掲載された一つのWebサイトのことです。

このサイトに掲載されているネットショップを経由してネットショップのサイトへアクセスし、そのアクセス先でdカードでの支払いをすると獲得ポイントが倍増します。例えば人気ネットショップの「楽天市場」や「Amazon」へアクセスすると1.5倍のポイントを獲得できます。通常は100円(税込)につき1ポイントですが、経由することで100円(税込)につき1.5ポイント獲得できるようになる計算です。

利用するネットショップによっては獲得できるポイントが10.5倍になることもあります。つまり、100円(税込)の支払いにつき10.5ポイント獲得できる計算です。ネットショップの利用が多いのであれば、経由するだけでポイントが増えるdポイントUPモールを利用するべきなのです。

目次へ戻る

dカードケータイ補償

ドコモユーザーであればdカードケータイ補償を受けることが可能です。これはdカードと紐付いているドコモの携帯電話端末が、購入後1年以内に偶然の事故によって紛失・盗難または修理不能となってしまった場合に買い替えの費用を一部負担してもらえるものです。公式サイトには詳しく以下の説明がなされています。

dカードケータイ補償とは、ご利用中の携帯電話端末が、ご購入から1年以内に、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップ等で、ご契約中のdカードを利用してご購入いただいた場合にご購入費用の一部を補償する、dカードの会員向けの特典です。なお、補償にあたり、当社所定の審査があります。

引用元:dカードケータイ補償(2019年1月18日取得)

適用されるかの審査はありますが、dカードで端末を購入しておくことで1年以内は補償してもらえると記載されています。通常1年間はメーカーによる補償もありますが、水濡れなどのトラブルはメーカー補償の対象外であることが多いです。そのようなメーカーでは対応してくれない場合でも、dカードケータイ補償があれば買い替え時に全てを自己負担する必要はなくなります。

目次へ戻る

dポイントをJALマイルに交換できる

dポイントは5,000ポイントを2,500マイルのレートでJALマイルに交換できます。2ポイントを1マイルに移行するレートのクレジットカードは多くdカードのレートは低いものではありません。 dポイントはクレジットカードの利用で貯めることができますし、dポイントカードの提示分やdカード特約店での利用分などで効率よく貯めることが可能です。つまり、実質的にはJALマイルも貯めやすいクレジットカードです。

5,000ポイント単位で交換しなければならない点は気になる人も多いかもしれません。しかし、dカードを利用しているとざくざくポイントは貯まりますし、意外と気になるものではありません。

目次へ戻る

ドコモの携帯電話回線契約者限定で、dポイントをPontaに高レートで交換できる

ドコモの携帯電話回線を契約している人限定ですが、dポイントをPontaに高レートで交換できます。このときのレートはdポイント5,000ポイントでPonta5,000ポイントです。ただし、別途手数料が250ポイント必要ですので、実質的にはdポイント5,250ポイントでPonta5,000ポイントです。

ポイント間の交換はレートが悪くなってしまうことも多いです。しかし、dポイントとPonta間はドコモユーザーであれば高レートで移行することが可能です。dポイントも使い勝手の良いポイントですが、Pontaも利用していてまとめて利用したい人もお得に使えます。

ただし、交換できるのは同一年度内で2口のみです。つまり、年間で10,000ポイントをPontaに交換することが可能です。

目次へ戻る

dカードのデメリット・注意点

ドコモユーザーならdカードGOLDの方が特典が豊富

dカード申し込みする時に注意しなければならないのは、ドコモユーザーであればdカードよりもdカード Goldの方がお得であるということです。dカードGOLDを利用した方が特典が豊富なのです。

例えばドコモユーザーがdカード Goldを利用してドコモの携帯電話料金やネット回線などの料金支払いをすると、ポイント還元率が10%になります。dカードの場合には還元率が上がりませんがdカード Goldでは大きく還元率が高まります。dカード Goldは年会費10,000円(税別)のクレジットカードではあります。ただ、ドコモでの支払いが月9,000円(税込)を超えている場合、獲得できるポイントと相殺されますのでdカード Goldを利用したほうがお得で多くの特典を手に入れられます。

関連記事:
dカードGOLD

目次へ戻る

まとめ:dポイントを貯めている・貯めたい人におすすめのクレジットカード

dカード

カードのお申込みはこちら

dカードはdポイントを貯めている人やdポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカードです。日ごろからdカードを利用することでdポイントが貯まりますし、dポイントカードを提示したりdカード特約店を利用したりすることでもポイントが貯まります。

また、ネットショップを利用する機会が多い人でもdカードポイントUPモールを利用することで、dポイントを効率よく獲得できます。

それ以外にも、ローソンで最大5%の還元を受けることも可能です。dポイントの獲得だけではなく、支払い金額の割引も適用されます。ローソンを頻繁に利用する人にも強くおすすめするクレジットカードです。

目次へ戻る

dカードの審査基準

dカードの申し込み資格

dカードの公式サイトを確認してみると、dカードの申し込み資格は以下のように定められています。

満18歳以上であること(高校生を除く)
個人名義であること
ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
その他当社が定める条件を満たすこと

引用元:dカードのご紹介(2019年1月18日取得)

これらの情報から判断できることは、クレジットカードの申し込み資格に特別な条件は無いということです。他のクレジットカードの申し込み条件と大きな差はありません。ただし注意しなければならないのは、dカードの申し込み前にはドコモの会員制度であるdポイントクラブに登録する必要があります。まだドコモを利用していない状態でdカードの申し込みをするのであれば、クレジットカードの申し込み前にdポイントクラブの会員登録も済ませておく必要があります。

目次へ戻る

土日含め9:00〜19:50までの申し込みなら、審査期間は最短5分

dカードのメリットには審査の速さもあります。通常クレジットカードの審査には時間が必要です。しかしdカードの場合には土日を含めて9:00から19:50までの申し込みならば、審査期間は最短5分という高速審査です。

審査が早いクレジットカードだからといって審査が適当であったり甘いものであったりというわけではありません。クレジットカード審査が高速化されているのは、審査をスムーズにする仕組みが導入されているからです。決して簡単で適当な審査が実施されているわけではありませんので、その点は勘違いしないようにしておきましょう。

目次へ戻る

dカードのキャンペーン

新規入会キャンペーンでボーナスポイントが貯まる

dカードの新規入会キャンペーンを利用することで、最大6,000円相当のiDキャッシュバックを受けることが可能です。内訳は以下の通りです。

  • 新規入会で1,000円分キャッシュバック
  • ドコモのケータイ料金をdカード支払いにすることで1,000円分キャッシュバック
  • 入会翌月末までに20,000円(税込)以上のクレジットカード利用で4,000円分キャッシュバック

新規入会するだけでもれなく1,000円分のキャッシュバックを受けられます。もしドコモユーザーの場合には、支払いをdカードに設定することでさらに1,000円分のキャッシュバックを受けられます。また、これとは別にクレジットカードを翌月末までに20,000円(税込)以上利用すると4,000円分のキャッシュバックが受けられます。ただ、20,000円(税込)にはドコモのケータイ料金支払いは含まれませんので注意が必要です。

また、キャンペーンの適用を受けるためには入会の翌月までにキャンペーンへの登録が必要です。クレジットカードを発行すると自動的にキャンペーンに登録されるわけではありませんので、その点は気をつけましょう。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2019/01/18現在

dカード
カード名dカード
発行会社 株式会社NTTドコモ

基本情報

入会資格
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他株式会社NTTドコモが定める条件を満たすこと
年会費
(基本会員・税別)
初年度 無料
次年度以降
  • 1,250円
  • 年1回のカード利用で翌年度無料
年会費
(家族会員・税別)
初年度
  • 無料
  • 2人目以降400円
次年度以降
  • 無料
  • 2人目以降400円
  • 年1回のカード利用で翌年度無料
ETCカード
(税別)
発行手数料 無料
年会費
  • 500円
  • 年1回以上のカード利用で無料
国際ブランド VISA Master
電子マネー iD
最短発行期間 5日

ポイント関連

ポイント名称 dポイント
ポイント付与レート
  • 一般加盟店での利用:100円→1ポイント
  • dカード特約店での利用:100円→2~4ポイント
ポイント還元率
一般加盟店での利用
1.0%(提携ポイントと交換した場合
dカード特約店での利用
4.0%(提携ポイントと交換した場合)
ボーナスポイント
dカード ポイントUPモール
ドコモのオンラインモール「dカード ポイントUPモール」経由で買い物をするとポイント最大1.5~10.5倍。
特約店でポイントアップ
dカード特約店なら、通常のポイントに加えて更にポイントが貯まる。例えばスターバックスカードへのチャージなら、更に100円で3ポイント貯まるので、合計100円で4ポイント。
ポイントが貯まる電子マネー
iDでの支払い
100円→1ポイント
金券への交換
VJAギフトカード
8,000ポイント→5,000円分
キャッシュバック/カード利用代金に充当
iD利用料金に充当
2,000ポイント→2,000円
ドコモの携帯電話料金に充当
3,000ポイント→3,000円
提携ポイントへの
移行
提携ポイント Pontaポイント
移行レート 5,000ポイント→5,000ポイント(手数料250ポイント)
移行単位 公式サイト参照
マイレージへの移行 提携マイレージ JALマイレージバンク 
移行レート 1ポイント→0.5マイル
移行単位 5,000ポイント以上、5,000ポイント単位
移行手数料(税別) 無料

付帯保険

海外旅行保険 なし
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 補償額 最高100万円/年間
補償期間 購入日より90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 1事故につき3,000円
その他保険
dカードケータイ補償
dカードで利用中の携帯電話が購入から1年以内に偶然の事故により紛失・盗難・修理不能に陥った場合に、購入費用の一部をサポート。

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 なし
海外
利用可能ラウンジ数
0ヶ所
プライオリティ・パス 発行不可
旅行・レジャー関連
VJデスク
世界各地で現地情報に精通したスタッフが日本語で旅をサポート。
カードのお申込みはこちら

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント