暮らしの達人 > クレジットカード > 電子マネー > Suicaの利用でお得なクレジットカード

Suicaの利用で得するクレジットカード

公開年月日 : 2016/07/22 更新年月日 : 2017/01/19

電子マネーのSuicaを利用するなら、ビューカードと呼ばれるクレジットカードに入会することをおすすめします。その理由は、ビューカードはSuicaと連携できる唯一のクレジットカードで、Suicaをお得に利用するための機能が豊富だからです。たとえばクレジットカードの中で唯一カード払いによるオートチャージを利用できるので、いちいちチャージする手間も、改札で止められて恥ずかしい思いをすることもなくなります。 さらにオートチャージの利用でSuicaに還元できるビューサンクスポイントが貯まるので、交通費の節約にも繋がります。

これまで、ビューカードからSuicaにチャージするには主に関東地方の券売機や改札が必要だったので、関東圏在住者しかメリットを受け取れないのがネックでした。しかし、ビューカードとおサイフケータイ対応Android、またはApple Pay対応のiPhone、Apple Watchがあれば日本全国どこでもオートチャージを活用できるようになったので、今では地方在住者でもSuicaをお得に活用できます。

ビューカードには20種類以上のカードがありますが、どのカードもSuicaチャージのポイント還元率は1.5%と変わりません。しかし、それ以外でのカード利用時のポイント還元率や、年会費、カードの特典内容は異なります。自分に合ったベストな1枚を選ぶためには、これらのカードを1つ1つ比較検討しなければいけません。そこでこの記事では、ポイント還元率やカードの特典を考慮したうえで、本当におすすめできるビューカードを厳選して紹介します。

多くのSuica利用者に最もおすすめなビューカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード ビューカードの中でも特におすすめなのが、ビックカメラSuicaカードです。なぜならこのカードは、一般加盟店で利用したときのポイント還元率がビューカードの中で最も高く、そのうえ年会費が実質無料だからです。

冒頭でも紹介した通り、Suicaチャージのポイント還元率は他のビューカードと変わりません、しかし、コンビニやネットショップ、webサービスの引き落としなどで普通にクレジットカードを使用した場合、他のビューカードであればポイント還元率が0.5%のところ、ビックカメラSuicaカードは1%となり、2倍の差がつきます。 これは、このカードを利用するとビューサンクスポイントに加えて、ビックカメラのビックポイントも同時に貯まるからです。

ビックポイントは通常、ビックカメラでしか使えないので、「ビックカメラなんて利用しなから、ビックポイントが貯まっても嬉しくないよ」と思われるかもしれません。しかし、ビックカメラSuicaカード会員であれば、ビックポイント1,500ポイントでSuica1,000円分に交換できます。したがって、全くビックカメラを利用しない人であっても貯めたポイントが無駄になりません。なお、ビックカメラでこのカードを使って支払うと、最大で購入金額の10%分のビックポイントが貯まります。せっかくなので、家電製品を購入するときはビックカメラを選ぶようにすると良いでしょう。

ビックカメラSuicaカードは、ポイント還元率が高いという強みだけでなく、年1回以上カードを利用すれば年会費が無料になるという魅力もあります。つまりカードを使い続ける限りは年会費無料で維持できるので実質無料のカードと言えるのです。このように年会費無料で保有できるビューカードは、全ビューカードの中でも半数以下しかありません。また、たとえ年会費が発生してしまったとしてもわずか477円(税別)ですので、もしも有料になってしまったとしても大きな負担にはならないでしょう。

以上のように、ビックカメラSuicaカードはポイント還元率でも年会費でも、群を抜いておすすめできるビューカードなのです。より詳しい情報は、カード紹介ページや公式サイトをお読みください。

ビックカメラSuicaカード(公式サイト)

マイルを貯めている人におすすめなビューカード

もしもあなたがANAやJALのマイルを貯めているのであれば、ビューカードの中でも、Suicaチャージで貯めたポイントをマイルに交換できるカードがおすすめです。JALマイラーならJALカードSuica、ANAマイラーならANA VISA Suicaカードに入会しましょう。どちらのカードもSuicaを活用することでマイルが貯まる唯一のクレジットカードです。それぞれの詳しい特徴を紹介していきます。

JALカードSuica

JALカード Suica(JCB) JALカードSuicaは、JALカードとSuicaが1枚に合体したビューカードです。このカードからSuicaへのチャージで、1,000円につき5マイル相当のポイントが貯まります。さらに年会費3,000円(税別)を払ってJALカードショッピングマイル・プレミアム会員になることでレートがアップし、1,000円につき10マイル相当のポイントが貯まるようになります。この強みを活かして、カード払いはできないけどSuica払いができるお店や自販機などでは、積極的にSuica払いしましょう。Suicaを利用して残高を減らし、JALカードSuicaからたくさんチャージすることで着実にマイルを貯められます。

JALカードSuicaはJALカードの一種でもあるので、カード入会時のボーナスマイルや一般加盟店での利用で貯まるマイルのレート、年会費などは他のJALカードと変わりません。Suicaをよく使うJALマイラーならばこのカード以外の選択はありえないでしょう。

JALカードSuica(公式サイト)

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード ANAユーザーにおすすめなのが、ANAカードとSuicaが1枚に合体したANA VISA Suicaカードです。このカードでSuicaチャージした場合に、1,000円ごとに5マイルが貯まります。さらに年会費6,000円(税別)を上乗せすることで、マイル付与レートは1,000円で10マイルになります。

このカードもJALカードSuicaと同様に、Suicaで払えるお店では積極的にSuica払いし、ANA VISA Suicaカードを使ってたくさんチャージすることで、他のANAカードよりもマイルを貯められます。また、ボーナスマイルや年会費等のスペックは、他のANAカードとほとんど違いありません。Suicaをよく使うANAマイラーはこのカード一択です。

ANA VISA Suicaカード(公式サイト)

ルミネやアトレなど駅ビル商業施設利用者におすすめなビューカード

ビューカードには駅直結の商業施設で割引やポイント還元率アップなどの特典があるものもあります。以下に紹介しているどのカードも、一般加盟店での還元率は0.5%ですが、Suicaチャージでは1.5%、そして各施設での利用なら下記の特典が受けられます。また、貯めたポイントをSuicaに還元するのではなく、各施設の商品券に交換することもできるので、該当する施設を頻繁に利用する方は、ここから選んで入会するのもおすすめします。

  • ルミネをよく利用する方:ルミネでいつでも5%オフ、年に数回10%オフのルミネカード
  • アトレをよく利用する方:アトレでの利用でポイント還元率1.5%のアトレビューSuicaカード
  • 盛岡駅ビル「フェザン」をよく利用する方:フェザンでいつでも5%オフ、年に数回10%オフのフェザンカード
  • 千葉駅ビル「ペリエ」をよく利用する方:ペリエでの利用でポイント還元率1.5%のペリエカード
  • 水戸駅ビル「エクセル」をよく利用する方:エクセルでいつでも5%オフ、年に数回10%オフのweビュー・スイカカード
  • 仙台駅ビル「エスパル」をよく利用する方:エスパルでの利用でポイント還元率5%のエスパルカード

以上に紹介するお店を頻繁に利用する方であれば、これらのビューカードを選ぶのも良いでしょう。

アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード デビットカード ポイント