暮らしの達人 > クレジットカード > マイル > JALマイルが貯まるおすすめクレジットカード

JALマイルが貯まるおすすめクレジットカード

公開年月日 : 2016/11/25 更新年月日 : 2016/11/25

JALのロゴとJALマイルが貯まるクレジットカード

半世紀以上にわたりナショナルフラッグキャリアを守り続けてきた日本航空は、機内設備やサービスに定評があり人気の高い航空会社です。

日本航空のマイレージプログラムである「JALマイレージバンク(以降JALマイル)」を効率良く貯めるには、JALカードに入会すると良いでしょう。

以前はアメックスとダイナースクラブが発行するクレジットカードで貯めたポイントをJALマイルに移行できましたが、提携が終了したことにより、この2社のカード利用で貯めたポイントからJALマイルへの移行ができなくなりました。このため、富裕層を中心としたクレジットカードホルダーのJALマイル離れが加速してしまいました。一方で、JALマイルが好条件で貯まるクレジットカードはJALカードしかないという状態になったため、JALマイラーにとってはカード選びがわかりやすくなった面もあります。

とはいえ、JALカードだけでも20種類以上あるので、自分にあった1枚を選ぶにはしっかり比較検討しなければいけません。そこでこの記事では、JALマイルを貯めたいけれどもどのカードが良いのかわからない方のために、本当に持つべきクレジットカードを厳選して紹介します。

陸マイラーなら「普通カード」トラベルマイラーは「プラチナカード」

JALカードを選ぶ際に、まずJALマイルをどのように貯めるのかを考えてみましょう。JALカードでマイルを貯めるには、大きく分けて2種類の方法があります。1つめがカード決済や電子マネーを駆使して貯める方法、2つめがJAL便に搭乗してマイルを貯める方法です。前者を重視してマイルを貯める人を「陸マイラー」、後者を重視してマイルを貯める人を「トラベルマイラー」と呼びます。

ではそれぞれの人たちに最も適したJALカードとはどんなJALカードなのでしょうか?まず、JALカードには「普通」から「プラチナ」まで4種類のクラスがあり、クラス毎にスペックや特典が異なります。

JALカード・グレード別のスペック一覧

普通カード CLUB-Aカード ゴールドカード プラチナカード
国際ブランド VISA
マスターカード
JCB
AMEX(A)
VISA
マスターカード
JCB
VISA
マスターカード
JCB
AMEX(A)
ダイナース(D)
JCB
AMEX
年会費(税別) 2,000円
A:6,000円
10,000円 16,000円
A:19,000円
D:28,000円
31,000円
ショッピングマイル
プレミアム
別途3,000円/年 別途3,000円/年 無料(自動入会) 無料(自動入会)
一般加盟店でのカード利用 100円で0.5マイル
100円で1マイル※1
100円で0.5マイル
100円で1マイル※1
100円で1マイル 100円で1マイル
航空券・ツアー代金での
カード利用
100円で0.5マイル
100円で1マイル※1
100円で0.5マイル
100円で1マイル※1
100円で3マイル 100円で4マイル
入会ボーナス 1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 5,000マイル
毎回搭乗ボーナス 区間基本マイルの10% 区間基本マイルの25% 区間基本マイルの25% 区間基本マイルの25%
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル

※1:通常のマイル付与レートは100円で0.5マイルですが、年会費3,000円(税別)を上乗せしてJALカードショッピングマイル・プレミアムに登録すると、100円で1マイルのレートでマイルが貯まります。ゴールド以上のカードは最初から無料で登録されています。

陸マイラーならば一般加盟店での利用でマイルがたくさん貯まるJALカードをおすすめしたいところですが、JALカードはどのクラスのカードを選んでも、一般加盟店での利用で貯まるマイルレートに違いがありません。したがって、陸マイラーの場合はマイル付与レートではなくコストで比較して、年会費が最も安い普通カードのJALカードの中から選びましょう

トラベルマイラーなら、重要になるのは搭乗で貯まるボーナスマイル数と、航空券・ツアー代金支払い時に貯まるボーナスマイル数です。搭乗でのボーナスマイル数は普通カード以外では全て横並びですが、航空券購入時のボーナスマイル付与レートは、プラチナカードが最も高くなります

それぞれのおすすめカードのクラスまで絞り込んだなら、あとはそのクラスに該当するJALカードの中でも、自分に合った1枚を選ぶだけです。

とは言えやはりなかなか決めきれないと思いますので、ここからは普通カードのJALカードの中でもおすすめなもの2枚の紹介と、プラチナクラスのカードの選び方ついて紹介していきます。是非JALカード選びの参考にしてください。

目次へ戻る

普通カード:JALカード Suica/JALカード TOKYU POINT ClubQの2択

普通カードのJALカードの中で陸マイラーにおすすめしたいものは、Suicaチャージでマイルが貯まるJAL Suicaカードです。また、もしも東急百貨店や東急電鉄など東急グループを利用することがあれば、各お店での利用で他のカードよりもマイルが貯まるJALカード TOKYU POINT ClubQでも良いでしょう。

各カードの特徴と、これらのカードがおすすめな理由を紹介していきます。

目次へ戻る

JALカード Suica

JALカード Suica

JALカード Suicaは、Suicaへのチャージでポイントがたまり、マイルに交換できる唯一のJALカードです。普通にしていたらただの無駄になってしまう交通費をマイルに変えることができますので、普段から電車・バスを利用する人にとっては、最もマイルを貯める機会が多いJALカードとなるでしょう。

JALカード Suicaでマイルを貯めるためSuicaにチャージするには、手動チャージとオートチャージの2通りの方法があります。いずれの方法でもJR東日本の主要駅や一部のビックカメラにあるビューアルッテを使い、チャージを行ったりオートチャージの事前設定をする必要があります。

ビューアルッテは、ほぼ関東エリアにしかないため、JALカード Suicaを持っていても、関東圏のユーザーしか恩恵にあずかれませんでした。しかし、おサイフケータイ対応携帯電話ユーザーにくわえて、最新のiPhone・Apple Watchユーザーならば、ネット回線だけで日本全国どこにいてもJALカード SuicaからSuicaにチャージできるようになったため、関東圏以外のユーザーにとっても便利でお得なカードになりました。

マイルの付与レートは、手動チャージ・オートチャージのどちらも、1,000円の支払いで5マイル相当のポイントとなります。さらに年会費3,000円(税別)を上乗せして、JALカードショッピングマイル・プレミアムに登録しておけば、1,000円で10マイル相当のポイントが貯まるレートになります。より効率よくマイルを貯めるなら、絶対に登録しておきましょう。

また、電車やバスだけでなく、Suica払いに対応しているお店で利用しても間接的にJALマイルが貯まることになります。クレジットカード払いには対応していないけれどもSuicaが利用できるファストフード店や自販機などで積極的にSuica払いをしていくのがマイルを貯めるコツです。Suicaの残高が減ってきたら、再びJALカード Suicaからチャージしてマイルを貯めましょう。

以上のように、電車やバスを普段から利用している人やSuicaを利用するチャンスの多い人にとって、すべてのJALカードの中で最もマイルを貯める機会が多いものになります。既にSuicaを利用している方はもちろん、ICOCAやSUGOCAなどを使っている方でも、対応携帯電話を持っている場合はJALカード SuicaのSuicaを活用することをおすすめします。

JALカード Suica(公式サイト)

目次へ戻る

JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ

電車やバスを利用してマイルを貯めるなら、JALカード Suicaがおすすめだと先に紹介しました。しかし、電車やバスの中でも東急電鉄グループを利用するならば、JALカード TOKYU POINT ClubQの方がマイルが貯まります。また、東急百貨店での利用でも、他のJALカードと比較してマイルが多く貯まります。

まず、PASMOにオートチャージすることで200円の支払いにつき1マイルが直接貯まります。JALカードショッピングマイル・プレミアム登録者なら100円で1マイルにレートがアップします。さらに、PASMOで東急電鉄・東急バスに乗車した後、東急百貨店などにある専用端末にPASMOをかざすと、1日あたり5マイル相当のポイントが貯まります。つまり、PASMOチャージと専用端末へのタッチで、東急電鉄・東急バスの利用に限ってはJALカード Suicaよりもたくさんのマイルが貯まるのです。

さらに、東急百貨店・東急ハンズなどのTOKYU POINT加盟店では、JALカード TOKYU POINT ClubQで支払うと通常貯まるマイルに加えて0.5〜5ポイント相当のマイルが貯まります。PASMOを使わなくても、これらのお店を頻繁に利用するのであればJALカード TOKYU POINT ClubQに入会する価値があります。

また、VISA/マスターカードブランドの他のJALカードと同様に、電子マネーのWAONも利用できます。WAONでの支払いだけでなくカード決済によるWAONチャージでもマイルが貯まるので、WAONが使えるお店ではカードで払うよりも多くマイルが貯まります。JALカードショッピングマイル・プレミアム登録状況によって付与レートが変化するので、下記にまとめておきます。

項目 JALカードショッピングマイル・プレミアム
未登録 登録済み
カード決済でWAONにチャージ 200円で1マイル 200円で2マイル
WAONで決済 200円で1マイル 200円で1マイル
WAONチャージと利用の合計 200円で2マイル 200円で3マイル

JALカード TOKYU POINT ClubQ(公式サイト)

目次へ戻る

プラチナカード:マイルの貯まりやすさは同じなので、ブランドや保険で選ぼう

2枚のJALプラチナカード

JAL便の搭乗や航空券の購入で最も多くのボーナスマイルが貯まるのはプラチナクラスのJALカードです。したがって、トラベルマイラーにおすすめするのは、JAL・JCBカード プラチナかJAL アメリカン・エキスプレス・カードのどちらかとなります。

ところがどちらのカードも、JAL便搭乗時のボーナスマイル数や年会費などの基本的なスペックでは違いがないので、ユーザーの好み・利用環境によっておすすめできるカードが異なります。国際ブランドによる特徴の違いや、詳細な特典を見比べて、より自分に合ったカードを選ぶと良いでしょう。

目次へ戻る

JALプラチナカードのスペック比較表

項目 JAL・JCBカード プラチナ JAL アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド JCB AMEX
電子マネー QUICPay なし
年会費(税別) 31,000円 31,000円
一般加盟店でのマイル付与率 100円→1マイル 100円→1マイル
航空券・ツアー代金支払でのマイル付与率 100円→4マイル 100円→4マイル
ボーナスマイル 入会ボーナス:5,000マイル
初回搭乗ボーナス:2,000マイル
搭乗ボーナス:区間基本マイルの25%
入会ボーナス:5,000マイル
初回搭乗ボーナス:2,000マイル
搭乗ボーナス:区間基本マイルの25%
海外旅行保険
(最高補償額)
死亡・障害:1億円
傷害・疾病治療:1,000万円
賠償責任:1億円
携行品損害:100万円/1旅行
救援者費用:1,000万円
死亡・障害:1億円※1
傷害・疾病治療:200万円
賠償責任:3,000万円
携行品損害:50万円/1旅行
救援者費用:200万円
国内旅行保険
(最高補償額)
死亡・障害:1億円
傷害入院:1万円/日
傷害通院:3,000円/日
死亡・障害:5,000万円
傷害入院:1万円/日
傷害通院:3,000円/日
家族特約対象者 本会員と生計を共にする家族で、以下の条件に該当する者
  • カードを持っていない19歳未満の子
本会員と生計を共にする家族で、以下の条件に該当する者
  • カードを持っていない配偶者
  • 収入のない同居の両親(義親含む)
  • 収入のない未婚の子
家族特約 海外旅行保険
(最高補償額)
死亡・障害:1,000万円
傷害・疾病治療:200万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:50万円/1旅行
救援者費用:200万円
死亡・障害:1,000万円
傷害・疾病治療:200万円
賠償責任:3,000万円
携行品損害:50万円/1旅行
救援者費用:200万円
家族特約 国内旅行保険
(最高補償額)
なし 死亡・障害:1,000万円
傷害入院日額:1万円
傷害通院日額:3,000円
特典 プライオリティパス
アドオンマイル
グルメ・ベネフィット
JCBプレミアムステイ プラン
JCB Lounge 京都
プライオリティパス
アドオンマイル
スーペリア・エキスペリエンス
ハーツレンタカー
アメリカン・エキスプレス・セレクト

※1:自動付帯分は5,000万円まで。日本出国前に海外旅行代金を支払うと、最高1億円の補償金額となります。

目次へ戻る

国際ブランドによる一番の大きな違いは、カード決済できる店舗の数です。おもに国内で利用する場合は、加盟店数が多いJCBカードの方が使える場面が多く、有利でしょう。JCBなら電子マネーのQUICPayも付帯しているので、カード払いだけでなくQUICPayでの支払いでもマイルが貯まります。つまり、カード払いできないお店でも、QUICPayに対応していればマイルを貯められるのです。一方、アメックスの場合は海外に加盟店が多いので、国内よりも海外での利用が多い方におすすめします。

次に注目したい違いは旅行保険です。海外旅行保険を見ると、全ての補償額において、JCBの方が同等以上になっています。とくに海外旅行でもっとも大切な、傷害・疾病治療費が最高1,000万円まで補償されるのはクレジットカード全体の中でも珍しく、評価されるべき項目です。また、どちらのカードにも家族特約が付帯していますが、JCBが未成年の子供だけしか適用されないのに対して、アメックスは配偶者や両親までも補償対象となります。一人で海外旅行に行くならばJCB一択ですが、家族で海外旅行に行くなら、アメックスの方が便利で安心できるでしょう。

国内旅行保険については、海外の場合とは逆に、補償額・家族特約の対象の全ての面でJCBよりもアメックスの方が充実していると言えます。

その他の特典をみると、どちらのカードでも、世界中の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパス特典と、航空券購入で100円につき2マイルが上乗せされるアドオンマイル特典が利用可能です。これ以外の特典は利用者によって価値が異なるものなので単純に比較できません。公式サイトを見て、自分に合った特典がどちらのカードに多いかを比較検討しておきましょう。

目次へ戻る

マイルに関する新着記事

全日本空輸・ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード

日本航空・JALマイルが貯まるおすすめクレジットカード

デルタ航空・スカイマイルが貯まるおすすめクレジットカード

ユナイテッド航空・マイレージプラスが貯まるおすすめクレジットカード

ブリティッシュエアウェイズ・Aviosポイントが貯まるおすすめのクレジットカード

大韓航空・スカイパスが貯まるおすすめのクレジットカード

チャイナエアライン・ダイナスティフライヤーが貯まるおすすめのクレジットカード

エールフランス-KML フライング・ブルーが貯まるおすすめのクレジットカード

日本-シンガポール便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-タイ・バンコク便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-マレーシア・クアラルンプール便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-フィリピン・マニラ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-インドネシア・ジャカルタ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-ベトナム・ホーチミン便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-カンボジア・プノンペン便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-韓国・ソウル便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-韓国・釜山便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-北京便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-上海便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-香港便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-台湾・台北便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-インド・デリー便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-インド・ムンバイ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-ハワイ・ホノルル便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-グアム便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-ロサンゼルス便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-サンフランシスコ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-ニューヨーク便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-シカゴ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-フランス・パリ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-イギリス・ロンドン便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-ドイツ・フランクフルト便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-ドバイ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-アブダビ便の特典航空券をお得に手に入れる

日本-シドニー便の特典航空券をお得に手に入れる

航空会社別:お得なカード一覧

マイレージ別:特典航空券との交換に必要なマイル数一覧

アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード デビットカード ポイント