暮らしの達人 > クレジットカード > マイル > チャイナエアラインユーザーにお得なクレジットカード

チャイナエアラインユーザーが得するクレジットカード

更新年月日 : 2019/12/26

チャイナエアラインユーザーにおすすめするクレジットカードには、「入会することで搭乗時に優待を受けられるもの」と「支払いでダイナスティフライヤーが貯まる(またはそれに交換できるポイントが貯まる)」の2種類のものがあります。

それぞれの特徴をよく比較して、自分の環境にあったカードを選びましょう。

おすすめクレジットカード3選

入会で上級会員に

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド デルタアメックスゴールド

入会するだけでスカイチームのエリートプラス会員になれる。スカイチームラウンジや有線チェックインなどの特典が使えてお得に。年間150万円以上の決済があれば翌年度も会員ステータス継続。

カードのお申込み

航空券購入でマイル量産

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード スカイトラベラー

航空券購入時のマイルレートが100円で3マイル。フライトを中心にマイルをお貯めるならコレ。

カードのお申込み

普段の買い物でマイル量産

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード SPGアメックス

カード利用100円につき1.25マイルが貯まる。普段の買い物をこのカードで決済すればどんどんマイルが貯まっていく好カード。年に1度マリオット系列ホテルを無料で宿泊できる特典もあり。

カードのお申込み

チャイナエアライン・ダイナスティ・フライヤー会員におすすめのクレジットカード

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド

デルタ・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

カードのお申込みはこちら

チャイナエアラインユーザーはもちろん、すべてのスカイチームユーザーに最もおすすめしたいのは、アメックスが発行する年会費28,600円(税込)のデルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド(デルタ・アメックス・ゴールド)です。その理由は、カードに入会するだけでチャイナエアラインが加盟しているスカイチームの最上級会員である「エリートプラス」が取得できる唯一のクレジットカードだからです。

通常、「エリートプラス」を取得するためには、1年間にチャイナエアラインに何度も搭乗するなど厳しい条件が設定されています。しかしデルタ・アメックス・ゴールドに入会すれば、ハードルの高い資格も簡単な手続きのみで取得できます。「エリートプラス」になると、チャイナエアラインをはじめ、デルタ航空大韓航空エールフランス、などスカイチームに所属する航空会社にフライトする時に以下の豪華特典を受けられます。特にラウンジの利用や優先アクセス・優先搭乗は嬉しい特典です。

  • チェックイン時の優先レーンの利用
  • 保安検査場でのセキュリティライン優先アクセス
  • 優先搭乗
  • 手荷物優先受取
  • スカイチームラウンジの利用
  • 座席の優先指定

毎年、年会費28,600円(税込)を支払うだけで、スカイチームでの快適なフライトが保障されます。デルタ航空を利用しない人も、「ダイナスティ・フライヤー(Dynasty Flyer) 」会員でなくてもスカイチームユーザーなら入会すべき素晴らしいカードです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

暮らしの達人経由での新規入会+条件クリアで最大33,000マイルをプレゼント!

カードのお申込みはこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

カードのお申込みはこちら

チャイナエアラインを頻繁に利用する人におすすめしたいのは、アメックスが発行する2種類のカード、年会費11,000円(税込)のアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードと、年会費38,500円(税込)のアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードです。その理由は、チャイナエアラインの航空券の購入で「ダイナスティ・フライヤー」が最も貯まりやすいカードだからです。

チャイナエアラインを含む提携27社の航空会社の航空券を購入すると、スカイ・トラベラー・カードは100円=3ポイント、プレミア・カードなら100円=5ポイントが貯まります。通常のカード利用では100円につき1ポイント。貯めたポイントは「ダイナスティ・フライヤー」へ1ポイント1マイルのレートで移行できます。つまり、以下の通り、フライトで他のカードよりも高いレートでマイルが貯められます。

さらに、入会するとボーナスポイントとして3,000~5,000マイル分のポイントがもらえます。また、入会して最初の渡航は「ファーストトラベル・ボーナスポイント」として、スカイ・トラベラー・カードは5,000マイル、プレミア・カードは10,000マイル分のポイントがもらえます。

以上の理由から他のカードと比較すると、アメックス・スカイ・トラベラーはフライトで「ダイナスティ・フライヤー」が最も貯まりやすいカードなのです。詳しくはカード紹介ページや公式サイトをお読みください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

新規入会+航空券購入で最大8,000ポイントプレゼント!

カードのお申込みはこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

新規入会+航空券購入で最大15,000ポイントプレゼント!

カードのお申込みはこちら

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッドプリファードゲストアメックス

カードのお申込みはこちら

普段のカード決済でダイナスティフライヤーを貯めたい人には、やはアメックスが発行する年会費34,100円(税込)のスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめします。

その理由は、カード決済時に、最大で100円につき1.25マイル貯まる計算であり、前述のスカイト・ラベラー カードなど数あるカードの中で最も高いからです。

ただしいくつか条件があるので説明していきます。まず、100円のカード決済でマリオットボンヴォイのポイントが3ポイントが貯まります。3ポイント=1マイルのレートでダイナスティフライヤーに交換できます。このときのマイルレートは100円で1マイルです。しかし、60,000ポイント貯めてからまとめてマイルに交換すると、20,000マイル+5,000マイルのボーナスが貯まり、合計25,000マイルと交換できます。このときのレートは100円で1.25マイルであり、最も高いレートでマダイナスティフライヤーに交換できると言えるわけです。

直接的な魅力は以上の通りですが、それ以外にも、このカードに入会するだけで全世界7,000軒以上のホテルが加盟するMarriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)グループのゴールドエリート資格が与えられ、加盟ホテル宿泊時には、空室状況に応じた無料アップグレードやレイトチェックアウト、宿泊ボーナスポイントなど様々な豪華特典を利用できます。

ゴールドエリートになると宿泊時は1米ドル=12.5ポイントが貯まるので、(1米ドル=100円と仮定すると)宿泊料金をカード払いすれば100円で約5マイル貯まります。宿泊先のホテルをMarriott Bonvoyにすることで、効率良くダイナスティフライヤーを貯めることができるでしょう。

さらに、カード入会後2年目から、年に1回は無料宿泊券(1部屋2名1泊分)がもらえます。対象ホテルには宿泊料金が1泊34,300円以上するホテルも多く、この得点を使えば簡単に年会費の元を取ることも可能です。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

新規入会後、3ヶ月以内に累計10万円以上のカード利用でもれなく30,000ポイントプレゼント!

カードのお申込みはこちら

CAL JCBカード

CAL JCBカード ここまで紹介したアメックスのカードはフライトやショッピングでたくさんのマイルが貯められます。しかし年会費10,000円~35,000円とクレジットカードの中でも高い部類です。そこで、手軽にショッピングでマイルを貯めたい人に向けて、JCBが発行するCAL JCBカードを紹介します。

年会費は1.375円(税込)と比較的安く、ショッピングで「ダイナスティ・フライヤー」が100円につき1マイル貯まります。年会費を考慮すると、カード利用金額や渡航料金が安い人にとってはこちらのカードの方がお得な場合もあります。ライトユーザーはご検討ください。

CAL JCBカード(公式サイト)

提携航空会社のマイレージ会員におすすめのクレジットカード

提携航空会社のマイレージが貯まるカード

チャイナエアラインの「ダイナスティ・フライヤー」会員でなくても、チャイナエアラインでのフライトマイルはスカイチーム加盟会社をはじめ、提携航空会社のプログラムでマイレージ加算することができます。加算されたマイレージは、チャイナエアラインを含む提携航空会社の特典航空券やアップグレード特典に交換できます。

つまり、「ダイナスティ・フライヤー」会員でなくとも、すでに登録している提携航空会社のマイレージに加算すればフライトマイルを無駄にしません。以下の提携航空会社のリストの中ですでにマイレージ会員だったり、入会予定の航空会社があればマイレージ加算を検討してみましょう。

チャイナエアラインの基本情報

基本情報

チャイナエアライン

名称チャイナエアライン/CI/CAL

本拠地アジア・中華人民共和国

マイレージダイナスティ・フライヤー (Dynasty Flyer)

加盟アライアンススカイチーム

日本への就航新千歳空港,成田国際空港,羽田空港,富山空港,中部国際空港,関西国際空港,広島空港,高松空港,福岡空港,熊本空港,鹿児島空港,那覇空港

関連するカード

提携航空会社一覧

チャイナエアラインはスカイチーム加盟会社をはじめ、多くの航空会社とマイレージ提携しています。たとえチャイナエアラインのマイレージの会員でなくても、チャイナエアラインのフライトマイルを以下の提携航空会社のプログラムでマイレージ加算することができます。リンク先のページで気になる航空会社の得するクレジットカードをチェックしてみましょう。

スカイチーム加盟の提携航空会社

スカイチームとは
後発ながら加盟会社を拡大し20の航空会社が加盟、スターアライアンスに次ぐ世界2位のアライアンスです。デルタ航空、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアラインなど日本に就航する航空会社がメンバーです。加盟航空会社はお互いのマイルでお互いの特典航空券を利用できます。

マイレージに関する新着記事

マイル別:マイルが貯まるクレジットカード

航空会社別:お得なクレジットカード一覧

スターアライアンス

ワンワールド

スカイチーム

その他

マイル別:特典航空券との交換に必要なマイル数一覧

スターアライアンス

ワンワールド

スカイチーム

その他

行先別:日本発着特典航空券の必要マイル数を徹底比較

東アジア

東南アジア

南アジア・中東

オセアニア・ミクロネシア

北米

ハワイ

ヨーロッパ

おすすめカード スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント