暮らしの達人 > クレジットカード > アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド > アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)まとめ!メリット・デメリットから審査基準まで解説

アメリカン・エキスプレス・カード

他社のゴールドカード並の特典・保険が付帯。高級ブランドアメックスの一般カード

アメリカン・エキスプレス・カード
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
年会費(税別)12,000円
最短発行期間非公表 ポイント還元0.3~1.0%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険

キャンペーン実施中家族カード発行ETCカード発行空港ラウンジ利用可プライオリティ・パス、AMEX、QUICPayApple Pay対応メンバーシップ・リワード、複数のマイルが貯まる、ANAマイルが貯まるデルタスカイマイルが貯まるスカイパスが貯まるAviosポイントが貯まるフライングブルーが貯まるダイナスティフライヤーが貯まる海外旅行保険付帯、国内旅行保険付帯、ショッピング保険付帯

キャンペーン情報

新規入会後3ヶ月以内に累計50万円以上のカード利用で合計17,500ポイントプレゼント!

  1. 1万円のカード利用で500ポイント付与
  2. 25万円のカード利用で2,000ポイント付与
  3. 50万円のカード利用で10,000ポイント付与
  4. 50万円利用時の通常ポイントとして5,000ポイント付与
カードのお申込みはこちら

目次

アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスグリーンカード)とは

アメリカン・エキスプレスのスタンダードカード 知名度抜群のステータスカード

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスが発行するスタンダードなカードです。緑色の券面デザインから、「アメックスグリーン」や「グリーンカード」などとも呼ばれています。

アメックスの中ではスタンダードなカードであるものの、他社のゴールドカード並みの特典が付帯しています。また、今では入手難易度が下がっていて、一般的な会社員であれば誰でも持てるようなカードになってきましたが、昔から「アメックスといえば簡単には入会できない、ステータスが高い高級クレジットカード」として昔から認識されています。あまりクレジットカードに詳しくない人なら未だにそのイメージが残っていることもあり、人前で使った時に「すごいじゃん!」と思われることがあります。友人や彼氏彼女の前でちょっとした見栄を張りたい方にもおすすめします。

目次へ戻る

年会費が高額だか特典が豊富

スタンダードなカードとは言え、年会費は12,000円(税別)と、他社のゴールドカードレベルの年会費がかかります。

もちろんただ年会費が高いだけでなく、特典が多数付帯しています。年会費と特典内容を比較検討し、ご自身にとってメリットが大きいようであれば申し込むことをおすすめします。

目次へ戻る

アメックスのポイント制度「メンバーシップ・リワード」の特徴

アメリカン・エキスプレス・カードをショッピングなどで利用すると、100円の支払いごとに「メンバーシップ・リワード」と呼ばれるポイントが貯まります。

メンバーシップ・リワードの有効期限は3年間です。しかし、一度でもポイントを商品に交換すると無期限になります。

メンバーシップ・リワードはだいたい3,000ポイント貯めると商品に交換できます。つまり30万円利用することで、ポイントの有効期限を無効にできます。

メンバーシップ・リワードの使い道は家電商品、提携ポイントやマイル、金券、キャッシュバックなどがあります。

また、年会費3,000円(税別)をカード年会費とは別に払うことで、メンバーシップ・リワードをメンバーシップ・リワード・プラスにアップグレードできます。

メンバーシップ・リワード・プラスになると、一度もポイント交換をせずともポイント有効期限が無期限になります。さらに、提携ポイントやマイルと交換する際に、交換レートがアップします。

メンバーシップ・リワードの使い道や、交換レート等の情報は下記関連記事に詳しくまとめています。そちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:
メンバーシップ・リワードが貯まるクレジットカード、使い道、交換レート情報のまとめ

目次へ戻る

最高峰のクレジットカード、アメックスセンチュリオンカードへの第一歩

このカードに入会して利用実績を積むと、ゴールドカードやプラチナカードと、より上位クラスのカードへの入会を案内されることがあります。そして最終的にはセンチュリオンカードと呼ばれる、年会費35万円の超高級クレジットカードへの案内が届くこともあります。

もちろん決して簡単に届くものではありませんが、センチュリオンカードを目標に、まずはグリーンカードから初めてみるのも面白いと思います。

関連記事:
アメックスセンチュリオンカードを手に入れるには?インビテーションの取得条件や審査基準
カードのお申込みはこちら

目次へ戻る

法人カードとの2枚持ちが可能

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメックスは法人向けのカードも発行しています。もしも法人カードも使いたい場合は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードへの入会も検討してください。個人向けカードと法人向けカードは2枚持ちすることが可能なので、カードを使い分けることでプライベートの支払いと事業費の支払いを区別することができます。貯まったポイントは合算できるので、まとめて利用することが可能です。

また、個人向けカードと法人カードは、それぞれ新規入会キャンペーンが適用されます。もちろん、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードに入会した場合も同様です。

目次へ戻る

アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

貯まったポイントは15社のマイルに高いレートで交換できる

メンバーシップ・リワードの使い道の中でも特徴的なのが、15の航空会社のマイルと交換できることです。

交換可能なマイレージ一覧
ANAマイレージクラブ
ダイナスティ・フライヤー
デルタスカイマイル
フライングクラブ
ロイヤルオーキッドプラス
アジア・マイル
クリスフライヤー
エグゼクティブクラブ(Aviosポイント)
ユーロボーナス
ミッレミリア
フィンエアープラス
エティハド・ゲスト
スカイワーズ
プリビレッジクラブ
フライング・ブルー

マイルの交換レートは2,000ポイント→1,000マイルです。しかしメンバーシップ・リワード・プラスに登録済みであれば、ANAマイルのみ1,000ポイント→1,000マイルで、その他のマイルは1,250ポイント→1,000マイルにアップします。

ポイント獲得レートが100円で1ポイントなので、メンバーシップ・リワード・プラスに登録してANAマイルに交換した場合は100円で1マイル貯まる計算となり、ANAカードに並ぶマイル獲得レートです。

また、ANAマイル以外のマイルは、貯める手段が対象の航空会社を利用するくらいしかありません。しかしアメリカン・エキスプレス・カードがあれば、カード利用でマイルを貯めることが可能になります。

目次へ戻る

アマゾンなどの提携店でポイント3倍

メンバーシップ・リワード・プラスに登録した人限定で、対象店でカード決済すると100円で3ポイントが貯まります。通常の3倍のレート(100円の支払いで3ポイントのレート)でポイントが貯まるため、以下の対象店を頻繁に利用する機会がある人はより強くアメックスをおすすめします。

Amazon
Amazon.co.jpでのショッピング
Amazonマーケットプレイス
Kindle本
Amazon Business
Yahoo
ヤフーショッピング
ヤフオク
ヤフー官公庁オークション
JAL
JAL国内線・国際線航空券
JALPAK国内・海外ツアー商品
APPLE
iTunes Store
App Store
iBooks
Apple Music
アメリカン・エキスプレストラベルオンライン
事前決済で購入のホテル・レンタカー
国内航空券
HIS
海外航空券
事前決済となる海外ホテル
海外航空+ホテル
海外パッケージツアー
海外オプショナル・レンタカー

目次へ戻る

国内主要空港ラウンジが無料利用可能

アメックスなら、国内主要空港内にあるラウンジを無料で利用することができます。利用可能な空港ラウンジは以下の通り。

新千歳空港
スーパーラウンジ
函館空港
ビジネスラウンジ A Spring.
青森空港
エアポートラウンジ
秋田空港
ロイヤルスカイ
仙台空港
ビジネスラウンジ
成田空港
IASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田空港
IASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 国際線ターミナル
Sky Lounge
羽田空港 第1ターミナル
エアポートラウンジ
POWER LOUNGE
羽田空港 第2ターミナル
エアポートラウンジ
POWER LOUNGE
新潟空港
エアリウムラウンジ
富山空港
ラウンジらいちょう
中部国際空港セントレア
プレミアムラウンジ セントレア
小松空港
スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港)
ラウンジオーサカ
関西国際空港
六甲・アネックス六甲・金剛
比叡
神戸空港
ラウンジ神戸
岡山空港
ラウンジマスカット
広島空港
ビジネスラウンジ もみじ
米子空港
ラウンジ DAISEN
山口宇部空港
ラウンジ「きらら」
高松空港
ラウンジ 讃岐
松山空港
ビジネスラウンジ
スカイラウンジ
徳島空港
エアポートラウンジ ヴォルティス
北九州空港
ラウンジ ひまわり
福岡空港
くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
長崎空港
ビジネスラウンジ「アザレア」
大分空港
ラウンジくにさき
熊本空港
ラウンジ「ASO」
鹿児島空港
スカイラウンジ 菜の花
那覇空港
ラウンジ華~hana~
ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)
IASS HAWAII LOUNGE
韓国 仁川国際空港 第1ターミナル
MATINA
韓国 仁川国際空港 第2ターミナル
AIRCAFE

このように空港ラウンジ無料利用特典が付帯しているゴールドカードは珍しくありません。しかし、アメックスなら同伴者1名も無料で利用できる、というメリットがあります。他社の場合は自分1人しか利用できない場合が多いのです。

したがって、同伴者と共に旅行に出かける機会が多い人は、アメックスを持っておくと喜ばれるかもしれません。

なお、ラウンジを利用するためには、アメックスと一緒に当日搭乗予定の航空券を提示する必要があります。

目次へ戻る

事前承認・事前入金でショッピング利用限度額を超えて利用できる

まずアメックスの利用限度額について説明します。「アメックスは限度額が無制限であり、なんでも購入できる」という噂も流れていますが、これは誤りで、もちろんアメックスにも利用限度額が設定されています。

しかし、他社のクレジットカードでは「クレジットカード毎に限度額の最大値が決まっている」のに対して、アメックスは「クレジットカード毎の制限がなく、利用者の信用によって決まる」という違いがあります。

例えば、三井住友VISAカードは最高限度額が80万円と決まっています。学生が入会しても、大富豪が入会しても、最高で80万円までしか使えません。

一方でアメックスの場合は一律の制限がないため、利用者の状況に合わせて数百万円、数千万円もの限度額が設定されることもありえます。

なお、アメックスの利用限度額がいくらに設定されているのかは具体的には公表されておらず、会員専用サイトから利用予定の金額を入力すると、その金額でカード決済できるかどうかが判定される仕組みです。

そしてここからが大事なポイントです。実はアメックスのクレジットカードは、利用限度額を超えて利用することが可能です。

「事前承認」と「事前入金」という2つのサービスがあり、どちらかを利用することで一時的に限度額を超えることができます。詳しい違いは以下の通りです。

  • 事前承認:事前に「XXX円のカード決済をしたいのだが、問題ないか?」とお伺いをたてることで、一時的に利用額を超える方法
  • 事前入金:事前にアメックスの指定口座に入金しておくことで、その入金分だけ限度額を超えて利用する方法

まずは事前承認でお伺いを立て、それが通らなかった場合は事前入金を行い、預金を担保にするわけです。デビットカードのようなイメージです。

事前承認・事前入金の利用方法については、以下の関連記事をご覧ください。法人カード利用者に向けた記事ですが、使い方は同じです。

関連記事:
法人カードの利用枠を簡単・確実に引き上げられるアメックスの事前入金サービス

また、事前承認も事前入金も、もちろん決済額に応じてポイントが貯まります。したがって、「高額な商品をカード決済したかったけど、限度額が足りずにカードが切れず、泣く泣くポイントを見捨てて現金で払うことにした」というような事態を回避できるのがアメックスの魅力です。

目次へ戻る

家族まで補償対象となる旅行保険

このカードには海外旅行保険と国内旅行保険が利用付帯しています。補償対象者は会員本人と、その配偶者、さらに生計を共にする親・子も含まれます。

家族も補償対象となる「家族特約」制度は他社のクレジットカードにもありますが、たいていの場合は、配偶者と18歳未満の子供のみに限られます。

しかしアメックスならば年齢制限がなく、親までも補償対象となるため貴重なカードと言えるでしょう。傷病・疾病の補償額はいずれの対象者でも最高100万円なので、ちょっとした治療ならば十分保険でまかなえるでしょう。

目次へ戻る

アメックスならではの保険制度「リターン・プロテクション」が魅力

アメックスカードにはショッピング保険や不正利用被害の補償など、入会者が安心してカードを利用できる保険制度が整っています。中でも「リターン・プロテクション」はアメックスならではの保険制度です。

これは、アメックスのカードで購入した商品を返品する際に、購入店舗が返品を受け付けなかった場合に、アメックスが代わりに返品を受け付けてくれるサービスです。購入日から90日以内に商品をアメックスに送ると、最高3万円までの補償を受けらます。返品できる商品は未使用で損傷がない状態に限られます。

目次へ戻る

アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットや注意点

年会費が高額

先に紹介した通り、アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は12,000円(税別)です。年会費が安いに越したことはないので、1つのデメリットと言えるでしょう。

しかし、ただ数字だけを見るのではなく、大事なのはコストと特典を天秤にかけることです。ここまでそのメリットを紹介してきたように、アメックスならラウンジが使えたり、高いレートでポイントをマイルに交換できたりします。

自分にとって、コストと特典が見合っているカードなのかをよく検討してください。

目次へ戻る

ETCカードの発行手数料が有料

アメリカン・エキスプレス・カードに入会してETCカードを申し込むと、1枚につき850円(税別)の発行手数料がかかります。ETCカードの年会費は無料なので、コストがかかるのは発行時だけですが、無料でETCカードを発行できるカードも多い中、850円払わなきゃいけないのは少し残念なポイントです。

ETCカードは申し込み後2週間程度で届きます。また、5枚まで発行可能です。

なお、ビジネスカードは年会費500円(税別)がかかりますが、発行手数料は無料です。

関連記事:
アメックスが発行するETCカードの特徴

目次へ戻る

ポイントをマイル以外に交換した場合の還元率が低い

こちらも説明が重複しますが、アメックスのメンバーシップ・リワードは、マイル以外のものと交換すると還元率が0.5%前後となり、世間一般のクレジットカードの中でも低いレベルです。

また、ポイント還元率を上げるには、年会費3,000円(税別)を追加で払って、メンバーシップ・リワード・プラスに加入する必要があります。

「カードを利用してポイントをたくさん貯めて、お得なポイントライフを送るぜ!」という人には不向きなカードだと言えるでしょう。

マイルと交換した場合のレートの高さや、その他の特典を考慮すると、やはりよく海外旅行に出かけるような人に最適なクレジットカードだと言えます。

目次へ戻る

公共料金の支払いでは還元率が下がる

アメックスを使って公共料金を支払うことは可能ですが、公共料金の支払いでは、ポイント付与レートが200円で1ポイントに下がってしまいます。

電力会社
北海道電力
東北電力
東京電力エナジーパートナー
中部電力
関西電力
中国電力
九州電力
沖縄電力
北陸電力
四国電力
ガス会社
北海道ガス
京葉ガス
東京ガス
東邦ガス
広島ガス
西部ガス
長野都市ガス
大阪ガス
水道局
札幌市水道局
東京都水道局
武蔵野市水道部
横浜市水道局
長崎市上下水道局
大阪市水道局
公金・税金・その他
国税
国民年金保険料
都道府県税など(Yahoo!公金支払いを除く)

また、以下の支払いに利用した場合は、全くポイントが付与されないのでお気をつけください。

放送局
NHK
電子マネー
楽天Edy
モバイルSuica
SMART ICOCA

加算対象外・100円=1ポイントとして換算されない加盟店(公式サイト)

目次へ戻る

年会費のわり海外旅行保険の内容がイマイチ

様々な特典が付帯しているアメリカン・エキスプレス・カードですが、唯一海外旅行保険だけは不満な内容です。

まず、付帯条件が利用付帯です。クレジットカードの海外旅行保険には利用付帯と自動付帯という2つの条件があります。

  • 自動付帯:クレジットカードに入会するだけで効力が発生
  • 利用付帯:あらかじめ、旅費をクレジットカードで支払うと効力が発生

以上の通り、自動付帯の方が完全に優れています。

他社のクレジットカードを見ると、年会費が1万円を超えるカードならば大体自動付帯が採用されていますが、アメリカン・エキスプレス・カードにおいては違います。

また、海外旅行保険の中でも大事な傷病治療費用も最高100万円と、この価格域のクレジットカードにしては渋い印象です。

メリットで紹介したように、家族特約が付帯していることだけは歓迎できますが、それ以外の面では不満が残ります。エポスカードなど、海外旅行保険に強みを持ったクレジットカードと併せ持つことをおすすめします。

目次へ戻る

プライオリティ・パスは無料発行できるが、利用料が有料

プライオリティ・パスとは、世界中1,200箇所以上の空港ラウンジが利用できるようになる、世界共通の会員証です。

このプライオリティ・パスを入手するには、通常は3つのプランの内1つを選んで入会します。

  • スタンダード:年会費99ドル+1回の利用料32ドル スタンダード・プラス:年会費299ドル+年10回無料利用可能(11回目から1回の利用料32ドル)
  • プレステージ:年会費429ドル+利用料無料

アメリカン・エキスプレス・カード会員の場合、「スタンダード」プランでプライオリティ・パスを発行することが可能で、しかも99ドルの年会費が無料になります。

しかし、実は他社のクレジットカードには「プレステージ」プランで発行することが可能で、なおかつ年会費429ドルが無料になるものもあります。

プライオリティ・パスだけを考えるのなら、明らかに「プレステージ」を年会費無料で利用できるクレジットカードの方が優れています。

特に楽天プレミアムカードは、クレジットカード自体の年会費が10,000円(税別)であり、「プレステージ」プランのプライオリティ・パスを年会費無料で持つことができます。もしもプライオリティ・パスの入会を検討しているなら、そちらのクレジットカードに入会した方が圧倒的にお得です。

関連記事:
プライオリティパスを無料発行できるクレジットカード おさえておきたい5つのポイント

目次へ戻る

入会直後は分割払い・リボ払いの利用ができない

分割払いやリボ払いはクレジットカードの魅力の1つです。しかし、アメックスの場合は入会してから3ヶ月経過すると初めて申請が可能になり、申請しても審査に通らなければこれらの支払い方法を利用することができません。

他社のクレジットカードとは異なり、分割払いやリボ払いを簡単に利用できないような仕組みになっています。

なぜこのような制限を設けているのか、公式に理由が掲載されているわけではないのでわかりませんが、おそらく簡単に利用できないようにすることで、利用者の使い過ぎの防止や、使い過ぎに伴う貸し倒れのリスク回避などの目的があるのだろうと考えられます。

目次へ戻る

JALマイルとの交換は不可

メンバーシップ・リワードはたくさんのマイルに交換できる、というメリットがありますが、残念ながらANA(全日本空輸)と並ぶ日本の主力航空会社であるJAL(日本航空)のマイルに交換することはできません。

しかし、JALと同じアライアンス、「ワンワールド」に加盟しているブリティッシュ・エアウェイズのAviosポイントには交換できます。そのため、メンバーシップ・リワードをAviosポイントに交換すれば、JALの特典航空券を入手することが可能です。

しかも日本-上海便のように、JALマイルでJALの特典航空券を入手するよりも、AviosポイントでJALの特典航空券を入手した方がお得、という裏技もあります。

関連記事:
航空会社別、日本-上海便 特典航空券のマイル数を徹底比較

目次へ戻る

キャッシングの利用は不可

アメックスが発行するクレジットカードは、いずれもキャッシングを利用することができません。

「いやいや元からお金を借りるつもりなんてないから、別にどうでもいいよ」と思われるかもしれません。しかし、実はクレジットカードのキャッシング機能は海外旅行時にとても便利です。

なぜなら現地においてあるATMにクレジットカードを通すことで、簡単に現地通貨を手に入れることができるからです。日本から現金を持っていく必要がありません。

しかも、場合によっては両替するよりも低コストで現地通貨が手に入る可能性もあります。

海外旅行で役立つ特典が多いアメックスだけに、海外でもキャッシングが使えないのは残念なポイントです。もしも海外キャッシングに興味があれば、初回借入時には30日間の金利が無料になり、さらに海外旅行保険が自動付帯しているエポスカードをおすすめします。

クレジットカードでキャッシングを行う方法や、海外旅行で役立つエポスカードの特徴紹介などは下記の関連記事をご覧ください。

関連記事:
クレジットカードのキャッシングとは?お金の借り方・注意点を徹底解説
エポスカードの海外旅行保険のメリット・補償内容・使い方まとめ

目次へ戻る

コストコでの利用は不可

以前はアメックスこそがコストコで使える唯一のクレジットカードでしたが、2018年1月末に契約が終了し、現在コストコではマスターカードブランドのクレジットカード以外は使うことができません。

「コストコではアメックスで買い物できる!」というのは古い情報ですので、間違えないよう気をつけてください。

目次へ戻る

ICチップ決済はオンラインサービスで事前登録が必要

ICカードについて

画像引用元:ICカードについて(2019年1月17日取得)

クレジットカードを使って買い物するには、実は2種類のやり方があります。

1つは磁気ストライプでの読み取りです。クレジットカードを店員さんに渡すと、カードをレジにシュッとかざすやつで、スーパーマーケットに多い方式です。

もう1つはICチップでの読み取りです。スマホのような小型のリーダーにクレジットカードを半刺しにして、4桁の暗証番号を入力する方式です。

普通のクレジットカードであればどちらのやり方でも決済可能です。しかし、アメックスの場合はICチップで決済を行うためには、会員専用サイトで4桁の暗証番号の登録が必要になります。

カードが届いたら、必ず以下のページから設定を済ませましょう。

ICカードについて(公式サイト)

目次へ戻る

まとめ:アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行が多い人におすすめのクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード

これまでアメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリットを紹介してきました。その上で、どんな人がアメリカン・エキスプレス・カードに申し込むべきなのかをまとめます。

まず真っ先におすすめするのが、頻繁に海外旅行に出かける人です。例えばアメックスがあれば、カード利用で貯まったポイントでANAマイルに交換して特典航空券をゲットし、搭乗前にはラウンジでゆっくり待つことができます。

海外ではH.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクを始め、海外での様々なトラブルや予約代行などを日本語で、なおかつ無料で受け付けてくれます。

帰国時には、手荷物無料宅配サービスによって、無料でスーツケース1個分の手荷物を自宅に配送してもらえます。

以上のように、アメックスが1枚あるだけで、海外旅行がより便利で快適に、そしてお得になります。このような環境で生活している人にはぜひアメリカン・エキスプレス・カードをおすすめします。

カードのお申込みはこちら

ただし、海外旅行保険に関しては優れたものではありません。より安心できる海外旅行保険を希望する場合は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会するか、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しているエポスカードへの入会をおすすめします。

関連記事:
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ前に最低限おぼえておきたい6つのポイント
エポスカードの海外旅行保険のメリット・補償内容・使い方まとめ

目次へ戻る

アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準

アメックスの申し込み資格

残念ながらアメックスは、他社のクレジットカードのように明確な申し込み基準を掲載していません。しかし、申し込みページからある程度推測することが可能です。

例えば、年齢を19歳以下にするとエラーが出てきます。つまりアメックスは「20歳以上」じゃないと申し込めないということがわかります。世の中のクレジットカードは18歳以上なら申し込める場合が多いのですが、アメックスは異なるのでご注意ください。

また、職業を選択する欄もあり、以下の候補から自分に合ったものを選択します。

  • 役員・経営者(自営含む)
  • 会社員(管理職・課長以上)
  • 会社員(一般社員)
  • 公務員(管理職・課長以上)
  • 公務員(一般職員)
  • 医師・歯科医師
  • 弁護士・会計士・獣医師
  • 派遣・契約社員
  • 主婦・主夫
  • 年金・不動産・利子配当による収入

以上を見ると、まず学生が入会することはできないようです。また、パート・アルバイトで生計を立てているフリーターの人も難しいようです。

無職の人は言わずもがなですが、配偶者に収入があったり、不労所得があれば審査に通る可能性があります。

なお、年収欄には入力欄として「500万円」が記載されているため、「年収500万円以上ないと審査に通ることができない」、という噂も耳にします。

しかし、暮らしの達人では年収500万円未満の人でも審査に通った例も確認しています。そのため、年収500万円は必須条件ではないようです。

目次へ戻る

審査期間は1週間前後

アメリカン・エキスプレス・カードに申し込んでから、カードが発行されるまでの期間について、公式サイトでは何も明言されていません。

以前は1週間と明記されていた記憶がありますが、どうやら変わってしまったようです。

しかし現在でも、「アメックスに申し込んだら1週間程度で発行された」という口コミなどを目にします。また、以前「申込数が増えたため、これまで1週間程度で発行していたけど、4週間くらいかかります」という案内が出されたこともありました。

以上を考慮すると、現在でも発行期間は1週間程度だと思われますが、時期や審査状況によってはもっと長くなる可能性があるため、いちいち案内を出さなくても良いように、発行時期を明記しなくなったのだと考えられます。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2019/01/17現在

アメリカン・エキスプレス・カード
カード名アメリカン・エキスプレス・カード
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

基本情報

入会資格 20歳以上で定職がある方。
年会費
(基本会員・税別)
初年度 12,000円
次年度以降 12,000円
年会費
(家族会員・税別)
初年度 6,000円
次年度以降 6,000円
ETCカード
(税別)
発行手数料 850円
年会費 無料
国際ブランド AMEX
電子マネー QUICPay
最短発行期間 非公表

ポイント関連

ポイント名称 メンバーシップ・リワード
ポイント付与レート 100円→1ポイント
ポイント還元率
メンバーシップ・リワード・プラス未登録
0.33%(Amazonギフト券と交換した場合)
メンバーシップ・リワード・プラス登録済
1.0%(航空会社でカード利用後にキャッシュバックした場合)
ボーナスポイント
メンバーシップ・リワード・プラスに登録でポイント制度が充実
登録料3,000円(税別/年)を払ってメンバーシップ・リワードプラスに登録すると、ポイント有効期限が無期限になり、ポイント交換レートもアップする。
ボーナスポイント・パートナーズ
ボーナスポイント・パートナーズ提携店でカードを使うと、最大ポイント10倍に。
ポイントが貯まる電子マネー
QUICPayでの支払い
100円→1ポイント
金券への交換
百貨店ギフトカード
3,000ポイント→1,000円分
9,000ポイント→3,000円分
15,000ポイント→5,000円分
30,000ポイント→10,000円分
60,000ポイント→20,000円分
90,000ポイント→30,000円分
150,000ポイント→50,000円分
IKEAギフトカード
3,000ポイント→1,000円分
モスカード
3,000ポイント→1,000円分
全国百貨店共通商品券
3,000ポイント→1,000円分
高島屋商品券
3,000ポイント→1,000円分
キャッシュバック/カード利用代金に充当 【メンバーシップ・リワード・プラス未登録】
3,000ポイント→900円

【メンバーシップ・リワード・プラス登録済】
航空会社での支払いに利用
3,000ポイント→3,000円
旅行代金の支払いに利用
3,000ポイント→2,400円
カード請求金額から差し引き
3,000ポイント→1,500円
提携ポイントへの
移行
提携ポイント 楽天スーパーポイント Tポイント Hオナーズポイント スターポイント
移行レート 【メンバーシップ・リワード・プラス未登録】
楽天スーパーポイント、Tポイント
1ポイント→0.3ポイント
Hオナーズポイント
1ポイント→0.625ポイント
スターポイント
1ポイント→0.495ポイント
【メンバーシップ・リワード・プラス登録済】
楽天スーパーポイント、Tポイント
1ポイント→0.5ポイント
Hオナーズポイント
1ポイント→1.25ポイント
スターポイント
1ポイント→0.99ポイント
移行単位 【メンバーシップ・リワード・プラス未登録】
楽天スーパーポイント、Tポイント
3,000ポイント以上、300ポイント単位
Hオナーズポイント、スターポイント
2,000ポイント以上
【メンバーシップ・リワード・プラス登録済】
楽天スーパーポイント、Tポイント
3,000ポイント以上、300ポイント単位
Hオナーズポイント、スターポイント
1,000ポイント以上
マイレージへの移行 提携マイレージ ANAマイレージクラブ フライング・ブルー ミッレミリア フライングクラブ エティハド・ゲスト 
移行レート
メンバーシップ・リワード・プラス未登録
2ポイント→1マイル
メンバーシップ・リワード・プラス登録済
ANAマイル:1ポイント→1マイル
その他:1ポイント→0.8マイル
移行単位
メンバーシップ・リワード・プラス未登録
2,000ポイント以上、2,000ポイント単位
メンバーシップ・リワード・プラス登録済
ANAマイル:1,000ポイント以上、1,000ポイント単位
その他:1,250ポイント以上、1,250ポイント単位
移行手数料(税別)
ANAマイレージクラブ
5,000円(年間)
その他のマイレージ
無料
補足 ANAマイルへの移行は年間80,000マイルまでとなります。

付帯保険

海外旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費 最高100万円
疾病治療費 最高100万円
賠償費用 最高3,000万円
携行品損害 最高1旅行につき30万円
救援者費用 最高200万円
渡航便遅延保険 なし
家族会員 利用付帯(死亡・後遺障害は最高1,000万円で、その他の補償額は本会員と同額)
家族特約
  • カード会員(家族カード会員を含む)の配偶者
  • カード会員と生計を共にする親・子などの親族
国内旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院費用 なし
通院費用 なし
手術費用 なし
渡航便遅延保険 なし
家族会員 利用付帯(補償額は最高1,000万円)
家族特約
  • カード会員(家族カード会員を含む)の配偶者
  • カード会員と生計を共にする親・子などの親族
ショッピング保険 補償額 最高500万円/年間
補償期間 購入日より90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 1事故につき1万円
その他保険
オンライン・プロテクション
インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
リターン・プロテクション
カードで購入した商品の返品時に購入店が受け付けなかった場合、購入から90日以内ならアメックスが返品を受付て購入金額を補償。

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 成田国際空港 羽田空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 関西国際空港 山口宇部空港 広島空港 米子空港 岡山空港 徳島空港 高松空港 松山空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
国内
利用可能ラウンジ数
39ヶ所
海外
利用可能ラウンジ数
1ヶ所
プライオリティ・パス 年会費無料で発行可(別途利用料がかかります)
手荷物宅配サービス 海外旅行の際に、自宅と空港間を手荷物1個まで無料で配達してくれる。(成田、羽田、関空、中部限定)
空港送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシーを手配し、利用可能地域内の指定の場所と空港間を割安定額料金で利用できる。(成田、羽田、関空、中部限定)
無料ポーターサービス 出発時には空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時には到着ロビーから駅改札口やバス停まで、荷物をスタッフが無料で運んでくれる。
エアポートミール エアポート・ミール対象の国内線航空券の購入者に、羽田/伊丹空港内の対象レストランで利用できる1,000円分のクーポン券プレゼント。
旅行・レジャー関連
カーシェアリングサービス
アメックス公式サイト経由でタイムズカープラスに申し込むと、通常1,550円(税込)の手数料が無料。
海外旅行先での日本語サポート
海外旅行先でのレストランの予約や医療機関の紹介を24時間日本語で受け付け。
海外用レンタル携帯電話
海外用レンタル携帯電話がレンタル料無料。通話料も10%引き。(成田、関空限定)
レンタカーの国内利用
指定のレンタカー会社に限り、基本料金が5%引き。
トラベル・サービス・ロケーション
世界中のサービス拠点で旅をサポート。
エンターテイメント関連
コットンクラブ
東京・丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTON CLUB(コットンクラブ)」にて限定特典あり。
新国立劇場
新国立劇場で様々な特典あり。
チケット・アクセス
各種イベントチケットを一般販売に先駆けて入手可能。
アメリカン・エキスプレス・セレクト
ショッピングやレストランなど、国内外のあらゆる店舗・施設で優待・特典あり。

カード会社情報

商号 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
設立 1917年
カード会員数 -
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00405号(2017年3月31日時点)
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号 03-3220-6100(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント