ANAアメリカン・エキスプレスカード

年会費1万円以下で国内空港のラウンジが使えるANAカード。ANAグループで使えば1.5倍のマイルが貯まる

ANAアメリカン・エキスプレスカード
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
年会費(税別)7,000円
最短発行期間1週間 ポイント還元0.5~0.75%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険

キャンペーン実施中マイルが貯まるおすすめカード家族カード発行ETCカード発行空港ラウンジ利用可、AMEX、QUICPayApple Pay対応ANAアメックス・メンバーシップ・リワード、ANAカード、ANAマイルが貯まる海外旅行保険付帯、国内旅行保険付帯、ショッピング保険付帯

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会+条件クリアで最大35,000マイル相当をプレゼント!

  1. 新規入会でもれなく1,000マイル付与
  2. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額合計1万円達成で2,000マイル相当付与
  3. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額合計20万円達成で5,000マイル相当付与
  4. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額合計60万円達成で21,000マイル相当付与
  5. 条件3,4を満たすと、通常のカード利用分として6,000マイル相当付与

2019/09/30まで

カードのお申込みはこちら

ここがポイント

一般クラスのANAカードだが、ラウンジ特典や手荷物無料宅配などゴールドカード並みの特典

ANAアメリカン・エキスプレスカード(ANAアメックス)は、その名の通りアメリカン・エキスプレスが発行しているANAカードです。券面のデザインが他のANAカードとは一線を画す点からも想像がつくと思いますが、ANAアメックスは一般クラスのANAカードでありながら、他の一般クラスのANAカードと比較して特典が豊富で、性能が異なるANAカードです。

ANAアメックスで利用できる特典を紹介すると、国内28空港+韓国の仁川空港&ハワイホノルルのダニエル・K・イノウエ空港のラウンジを無料で利用、傷害疾病も補償対象の海外旅行保険、空港から自宅への手荷物無料配送などがあります。これらの特典は、他のANAカードならば年会費が1万円を超えるゴールクラス以上のカードでなければ付帯してません。ANAアメックスなら年会費7,000円(税別)でこれだけの特典が手に入るため、コストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

ANAカードに入会する目的が「ただマイルを貯めるだけ」であれば他のANAカードで十分ですが、それプラス「空港で便利になる特典が使いたい」「海外旅行保険が欲しい」という目的もあるのであれば、コストパフォーマンスに優れたANAアメックスをおすすめします。

関連記事:
ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード
全日本空輸ユーザーにお得なクレジットカード
ANAカード12種類を徹底比較 特徴・違いを一覧表でわかりやすく解説

目次へ戻る

アメックス限定 ANA航空券購入でマイル付与レートがアップ、マイルの有効期限が実質無期限

このカードが他のANAカードと異なる魅力はマイルを貯める点においても表れます。ANAアメックスでANAの航空券や機内販売、ANAスカイホリデーなどの旅行商品を購入すると、通常100円で1ポイント付与のレートが、100円で1.5ポイント付与にアップします。1ポイントは1マイルに交換できるため、100円で1.5マイル貯まると言えます。ANA航空券購入においてはプラチナカード並みにマイルが貯まるのがメリットです。

また、ANAアメックスにはANAマイルの有効期限がないに等しい、という特徴もあります。そもそも、ANAアメックスを利用して貯まったポイントはそのままではANAマイルに交換できません。しかし、年額6,000円(税別)を払って「ポイント移行コース」に登録すると、1ポイント→1マイルとしてANAマイルに交換可能になります。さらに「ポイント移行コース」に登録することで、ポイントの有効期限が最大3年から無期限に変わります。つまり、「ポイント移行コース」に登録しておけばポイントの有効期限がなくなるため、しばらくはポイントとして貯めておき、必要になったタイミングでANAマイルに交換して使用すれば、ANAマイルの有効期限が実質無期限になると言えます。

なお、ポイント移行コースは1年毎に登録/解約が可能です。登録解除の時点で貯まっていたポイントの有効期限は、そこから新たに3年となります。したがって、3年周期で登録と解除を繰り返せば手間はかかりますが登録料を節約できます

ちなみに他のアメックスカードでは移行できるマイル数に上限がありますが、ANAアメックスには上限がないのでどれだけでもマイルに移行できます。ご安心ください。

また、ANA航空券の購入でたくさんANAマイルを貯めるなら、航空券購入時のマイル付与レートが100円で5マイルのアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードもおすすめします。

目次へ戻る

空港ラウンジが使えるANAカードの中では最も年会費が安い

ANAアメックスには、国内の空港ラウンジを無料利用できる特典があります。他のANAカードの場合、ゴールドカード以上でなければ同特典は付帯していません。したがって、年会費7,000円(税別)で空港ラウンジが使えるANAアメックスは、最も安い年会費でラウンジを無料利用できるANAカードです。しかも同伴者1名も無料になります。同伴者も無料になるANAカードは、ANAアメックスを除けばプラチナANAカードくらいしかありません。

目次へ戻る

旅行保険が付帯 家族カード会員や、会員の家族も補償対象

アメックス以外の一般クラスのANAカードには、どのカードにも最高1,000万円補償の海外旅行保険が付帯しています。しかし、これは死亡時や後遺障害を負った場合の補償額であり、病院で治療を受けたり手術を受けた場合は1円も補償されません。一方でANAアメックスは死亡・後遺障害だけでなく傷害・疾病治療費が最高100万円まで補償されるため、海外で体調を崩したり、怪我を負って、病院で治療を受けた際の費用を補償してもらえます。付帯条件が利用付帯なので、補償を受ける前に旅費をANAアメックスで払っておく必要があります。

また、ANAアメックスの海外旅行保険は家族カード会員や、会員の家族も補償対象です。家族カード会員の場合は基本会員と全く同じ補償を受けられます。さらに基本会員または家族カード会員の配偶者、そして会員と生計を共にする子・親等の親族であっても、死亡・後遺障害以外の項目で同額の補償を受けられます。つまりANAアメックス会員であれば、旅行に同行した子供が熱を出して病院で治療を受けた場合でも、治療費の補償を受けられます。子供だけでなく親や配偶者までも補償を受けられるのは、他社のカード会社にはないアメックスならではの魅力です。

目次へ戻る

ANAカードマイルプラス店での利用で、ポイントとマイル二重取り

ANAカードマイルプラス店でANAカードを使って決済すると、通常貯まるポイントとは別に100円(お店によっては200円)で1マイルが貯まります(QUICPayでの支払いは対象外)。加盟店の中にはセブンイレブン、マツモトキヨシ、スターバックス、ENEOS、出光、ヤマダ電機などがあります。また、ANA航空券も対象となるため、前述のアメックス限定特典と合わせると100円で2.5マイル貯まります。

目次へ戻る

空港内店舗や機内販売が10%オフ

各空港にある「ANA FESTA」にてカードを提示すると、税込1,000円以上の会計の場合に10%オフで買い物できます。さらに国内線・国際線問わず機内販売でも単価1,000円の商品を購入すると10%オフになります。また、どちらもANAカードマイルプラス加盟店なので、100円で1マイルが貯まります。こちらもアメックス限定特典を合わせれば、100円で2.5マイル貯まる計算になります。

目次へ戻る

カード入会だけでマイルが貯まるなど、ボーナスマイルが充実

ANAアメックスにも他のANAカード同様に、様々なボーナスマイル制度があります。まず、カード入会でもれなく1,000マイルが貯まります。さらに入会2年目以降は、年会費が支払われる度に1,000マイルが貯まります。そしてANAカードに入会した状態でANA便に搭乗すると、通常のフライトマイルに加えて、通常フライトマイルの10%分がボーナスマイルとしてさらに加算されます。カードスペックはゴールドカード並ですが、ボーナスマイルは一般クラスなのが少し残念な点でしょう。

目次へ戻る

楽天Edy付帯 支払いでマイルが貯まるが、チャージでは貯まらない

ANAアメックスには電子マネーの楽天Edyが付帯しています。楽天Edyで支払うと、200円につき1マイルが貯まります。楽天Edyなら自販機やファストフード店でも決済できるため、カード払いできないお店でもマイルを貯められるのがメリットです。また、Edyマイルプラス加盟店で利用すれば、200円で2マイル付与と、通常の2倍のマイルが貯まります。主な対象店は紀伊国屋、大丸福岡天神店、ニッポンレンタカーなどと、あまり多くはありませんが覚えておくと役立つでしょう。

なお、ANAアメックスから楽天Edyにチャージはできますが、チャージ金額はポイント対象となりません。

目次へ戻る

アメックスならではの空港特典が付帯 海外からの帰国時は自宅まで手荷物を無料配送

ANAアメックスには、アメリカン・エキスプレスらしい空港特典が付帯しているのも特徴です。特に嬉しいのが、海外からの帰国時に、空港から自宅まで手荷物1個分を無料で送ってくれる手荷物宅配サービスです。サービス対象空港は成田、中部、関西の3空港に限られますが、重たい荷物を預けて帰れるのはありがたい特典でしょう。成田、関西の場合はJALエービーシーカウンターにて、中部の場合は宅配手荷物カウンターにて、カードと搭乗券を提示のうえ手続きを行いましょう。

目次へ戻る

グレード別、ANAカードの基本スペック・特典比較表

グレード別、ANAカードの基本スペック・特典比較表

グレード ANAカード(一般) JCB
一般カード
ANA ワイドカード JCB
ワイドカード
ANA ワイドゴールドカード JCB
ゴールド
ANA JCBカード プレミアム
プレミアム
国際ブランド JCB(J)
VISA(V)
Master(M)
AMEX(A)
JCB(J)
VISA(V)
Master(M)
JCB(J)
VISA(V)
Master(M)
AMEX(A)
Diners(D)
JCB(J)
VISA(V)
AMEX(A)
Diners(D)
年会費
(税別)
2,000円
A:7,000円
7,250円 14,000円
A:31,000円
D:27,000円
J:70,000円
V/M:80,000円
A:150,000円
D:155,000円
ボーナスマイル 新規入会 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
年間継続 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗時 フライトマイルの
10%をプラス
フライトマイルの
25%をプラス
フライトマイルの
25%をプラス
フライトマイルの
50%をプラス
ショッピングでの
マイル付与レート
1,000円→10マイル※1
A:100円→1マイル※1
1,000円→10マイル※1 1,000円→10マイル
A/D:100円→1マイル
J:1,000円→13マイル
V/M:1,000円→15マイル
D:100円→2マイル
A:100円→1マイル
航空券・ツアー代金でのマイル付与レート 1,000円→10マイル※1
A:100円→2マイル※1
1,000円→10マイル※1 1,000円→10マイル
A:100円→2マイル
J:1,000円→13マイル
V/M:1,000円→15マイル
D:100円→2マイル
A:100円→2.5マイル
マイル移行手数料
(税別)/年
6,000円
J:5,000円
6,000円
J:5,000円
無料 無料
海外旅行保険
(金額は最高額)
死亡・後遺障害 1,000万円
A:3,000万円
5,000万円 V/M:5,000万円
J/A/D:1億円
1億円
傷害・疾病治療費用 -
A:100万円
150万円 V/M:150万円
J/A/D:300万円
J:1,000万円
V:500万円
A/D:不明
賠償責任 -
A:3,000万円
2,000万円 V/M:3,000万円
J/D:1億円
A:4,000万円
J/V:1億円
A/D:不明
携行品損害 -
A:30万円
50万円 50万円 J/V:100万円
A/D:不明
救援者費用 100万円
A:200万円
100万円 400万円 J/V:1,000万円
A/D:不明
家族特約 -
A:○
-
D:-

A/D:不明
国内旅行保険
(金額は最高額)
死亡・後遺障害※2 1,000万円
A:3,000万円
5,000万円 5,000万円
D:1億円
J/V:1億円
A/D:不明
傷害入院費用日額※2 - 1万円 J:5,000円
V/D:1万円
A:-
J/V:5,000円
A/D:不明
手術費用※2 - J:40万円
V:20万円
J/D:40万円
V:20万円
A:-
J/D:40万円
V:20万円
A/D:不明
傷害通院費用日額※2 - 2,000円 J/V/M:2,000円
D:3,000円
A:-
J/V:2,000円
A/D:-
渡航便遅延保険 - - J/V/M:○
A/D:-
J/V/A:○
D:不明
ショッピング保険 J/V/M:100万円(海外購入分のみ)
A:200万円
J/V/M:100万円(海外購入分のみ) J:500万円
V/M:300万円
J/A/D:500万円
A:300万円
空港ラウンジ -
A:国内28空港+ハワイ
- J:国内28空港+ハワイ
V/M:国内28空港
A:国内28空港+ハワイ・仁川
D:国内外約600ヶ所
J:国内28空港+ハワイ
V/M:国内28空港
A:国内28空港+ハワイ・仁川
D:国内外約600ヶ所
プライオリティパス - - - J/V/A:無料発行可
D:-
手荷物宅配 J/V/M:-
A:無料
- J/V/M:割引
A/D:無料(帰国時のみ)
J/V:割引
A/D:不明
優先チェックイン -
ビジネスきっぷ
空港内店舗での割引
空港内免税店での割引 5%割引 10%割引 10%割引 10%割引

※1:マイル移行手数料を支払った場合のレートです。
※2:一般カード・ワイドカードにおいては、飛行機搭乗中・飛行場場内にて怪我を被った際に発生した費用が補償されます。ゴールド・プレミアムカードは飛行機だけでなく、公共交通乗用具や宿泊中、ツアー中の怪我も対象となります。

目次へ戻る

ANA一般カードスペック比較表

ANA一般カードスペック比較表

カード名 ANAカード(一般) JCB
ANA JCB
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
ソラチカ
ANAカード(一般) VISA/Master
ANA VISA
ANA VISA Suicaカード
ANA Suica
ANA VISA Suicaカード
ANA nimoca
ANAアメリカン・エキスプレスカード
ANA AMEX
国際ブランド JCB VISA/Master AMEX
年会費
(税別)
基本会員 2,000円 2,000円 2,000円
(1,025円)※1
2,000円
(751円)※1
2,000円
(751円)※1
7,000円
家族会員 1,000円 1,000円 1,000円
(475円)※1
発行不可 1,000円
(475円)※1
2,500円
ETC 無料 無料 500円
(年1回の利用で無料)
500円
(年1回の利用で無料)
500円
(年1回の利用で無料)
無料
(発行手数料850円)
マイル移行手数料(税別/年) 5,000円 5,000円 6,000円 6,000円 6,000円 6,000円
電子マネー 楽天Edy※2 × × ×
QUICPay※3 × × ×
iD※3 × × ×
PiTaPa※4 ×
Suica※5 × × × × ×
PASMO※6 × × × × ×
nimoca × × × × ×
Apple Pay QUICPayとして
利用可
QUICPayとして
利用可
iDとして
利用可
iDとして
利用可
iDとして
利用可
QUICPayとして
利用可
ショッピングでの
マイル付与レート※7
リボ払い以外 1,000円→10マイル 1,000円→10マイル 1,000円→10マイル 1,000円→10マイル 1,000円→10マイル 100円→1マイル
リボ払い※8 1,000円→10マイル 1,000円→10マイル 1,000円→13マイル 1,000円→13マイル 1,000円→13マイル 100円→1マイル
航空券・ツアー
代金での
マイル付与レート※7,9
1,000円→20マイル 1,000円→20マイル 1,000円→20マイル 1,000円→20マイル 1,000円→20マイル 100円→2.5マイル
カード利用額に応じたボーナスポイント あり あり あり あり あり なし
ボーナスマイル 新規入会 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル
年間継続 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル
搭乗毎 フライトマイルの
10%をプラス
フライトマイルの
10%をプラス
フライトマイルの
10%をプラス
フライトマイルの
10%をプラス
フライトマイルの
10%をプラス
フライトマイルの
10%をプラス
貯まるポイント Oki Dokiポイント Oki Dokiポイント
メトロポイント※10
ワールドプレゼント ワールドプレゼント ワールドプレゼント メンバーシップリワード
海外旅行保険
(金額は最高額)
付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 3,000万円
傷害・疾病
治療費用
× × × × × 100万円
賠償責任 × × × × × 3,000万円
携行品損害 × × × × × 30万円
救援者費用 100万円 100万円 100万円 100万円 100万円 200万円
家族特約 × × × × ×
国内旅行保険
(金額は最高額)※11
付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 2,000万円
傷害入院
費用日額
× × × × × ×
手術費用 × × × × × ×
傷害通院
費用日額
× × × × × ×
家族特約 × × × × ×
渡航便遅延保険 × × × × × ×
ショッピング保険 補償範囲 国内:×/海外:○ 国内:×/海外:○ 国内:×/海外:○ 国内:×/海外:○ 国内:×/海外:○ 国内:○/海外:○
補償額
(金額は最高額)
100万円 100万円 100万円 100万円 100万円 200万円
空港ラウンジ × × × × × 国内28空港
+海外2空港
ビジネスきっぷ
パッケージ
ツアー割引
機内
販売割引
空港店舗での割引
優先チェックイン × × × × × ×
手荷物宅配 × × × × × ×
プライオリティパス × × × × × ×
コンシェルジュ
デスク
× × × × × ×

※1:これらのカードは特定の条件を満たすことで、年会費が割引になります。
※2:最初からカードに付帯。支払いで200円につき1マイルが貯まる。カードからチャージ可能だが、マイルは貯まらない。
※3:利用の際には別途申し込みが必要。支払いで最大1,000円で10マイルが貯まる。アメックスはQUICPayのモバイル版のみ使用可。
※4:利用の際には別途申し込みが必要。PiTaPaの利用で貯まるショップdeポイントはANAマイルに移行可能。年1回の使用がないと年会費1,050円(税込)が発生。
※5:最初からカードに付帯。チャージ1,000円につき10マイルが貯まる。Suicaポイントクラブ加盟店での利用では、店舗の規定に応じてSuicaポイントが貯まる。
※6:最初からカードに付帯。チャージ1,000円につき10マイルが貯まる。
※7:マイル移行手数料を払った場合。
※8:PASMOでの東京メトロへの乗車やPASMO定期券の購入でメトロポイントが貯まる。メトロポイントはANAマイルに移行 可能。
※9:飛行機搭乗中・飛行場場内にて怪我を被った際に発生した費用を補償。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2017/07/19現在

ANAアメリカン・エキスプレスカード
カード名ANAアメリカン・エキスプレスカード
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

基本情報

入会資格 20歳以上で定職がある方。
年会費
(基本会員・税別)
初年度 7,000円
次年度以降 7,000円
年会費
(家族会員・税別)
初年度 2,500円
次年度以降 2,500円
ETCカード
(税別)
発行手数料 850円
年会費 無料
国際ブランド AMEX
電子マネー 楽天Edy QUICPay
最短発行期間 1週間

ポイント関連

ポイント名称 ANAアメックス・メンバーシップ・リワード ANAマイレージクラブ
ポイント付与レート 【ANAアメックス・メンバーシップ・リワード】*1
  • 一般加盟店での利用:100円→1ポイント
  • ANAグループでの利用:100円→1.5ポイント
【ANAマイレージ】*1
  • ANAカードマイルプラス店での利用:100円→1マイル
ポイント還元率
一般加盟店での利用
0.5%(提携ポイントと交換した場合)
ANAグループでの利用
0.75%(提携ポイントと交換した場合)
ボーナスポイント 【ANAアメックス・メンバーシップ・リワード】
ANAグループでの利用でポイント倍
ANA航空券や旅行用品、機内販売などANAグループでカードを利用すると、通常の1.5倍のポイントが貯まる。
【ANAマイレージ】
入会ボーナスマイル、毎年のカード継続保有ボーナスマイル
各1,000マイル
ANA搭乗時のボーナスマイル
区間マイルの10%を上乗せ
ANAカードマイルプラス
ANAカードマイルプラス加盟店でカードを利用すると、100円(200円)→1マイルのレートになる。
ポイントが貯まる電子マネー 【ANAアメックス・メンバーシップ・リワード】
QUICPayでの支払い
100円→1ポイント
【ANAマイレージ】
楽天Edyでの支払い
200円→1マイル
キャッシュバック/カード利用代金に充当 【ANAアメックス・メンバーシップ・リワード】
カード請求金額から差し引き(ポイントフリーダム)
3,000ポイント→900円*2
マイレージへの移行 提携マイレージ ANAマイレージクラブ 
移行レート 【ANAアメックス・メンバーシップ・リワード】
1ポイント→1マイル
移行単位 【ANAアメックス・メンバーシップ・リワード】
1,000ポイント以上、1,000ポイント単位
移行手数料(税別) 6,000円(年間)
補足 *1.ポイント毎に条件を満たせば、それぞれのポイントが重複して貯まる。
*2.カードの利用先によって、1ポイントのレートが以下の通りに変化する。
航空会社での支払いで貯まったポイント
1ポイント→1円
旅行関連での支払いで貯まったポイント
1ポイント→0.8円
一般加盟店での支払いで貯まったポイント
1ポイント→0.3円

付帯保険

海外旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療費 最高100万円
疾病治療費 最高100万円
賠償費用 最高3,000万円
携行品損害 最高1旅行につき30万円
救援者費用 最高200万円
渡航便遅延保険 なし
家族会員 利用付帯(付帯条件・補償額は基本会員と同じ)
家族特約 会員(家族カード会員を含む)の配偶者、会員と生計を共にする子・親等の親族。
国内旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
入院費用 なし
通院費用 なし
手術費用 なし
渡航便遅延保険 なし
家族会員 利用付帯(付帯条件・補償額は基本会員と同じ)
家族特約 会員(家族カード会員を含む)の配偶者、会員と生計を共にする子・親等の親族。
ショッピング保険 補償額 最高200万円/年間
補償期間 購入日より90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 1事故につき1万円
その他保険
オンライン・プロテクション
インターネット上の不正使用による損害を全額補償。

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 成田国際空港 羽田空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 関西国際空港 山口宇部空港 広島空港 米子空港 岡山空港 徳島空港 高松空港 松山空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
国内
利用可能ラウンジ数
38ヶ所
海外
利用可能ラウンジ数
1ヶ所
プライオリティ・パス 発行不可
手荷物宅配サービス 帰国時に空港→自宅まで手荷物1個を無料で配送。
対象空港:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
旅行・レジャー関連
海外旅行先での日本語サポート
海外旅行先でのレストランの予約や医療機関の紹介を24時間日本語で受け付け。
空港クロークサービス
乗継便の待ち時間等に、空港内手荷物預り所にて荷物や上着類を2個まで無料で預かってくれる。
対象空港:中部国際空港、関西国際空港
空港パーキング
空港周辺で車を安全かつ低料金で預かってくれる。
対象空港:成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港
国内レンタカー優待
オリックスレンタカー、トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、タイムズカーレンタルで、基本料金から5%オフ。
海外旅行先での日本語サポート
海外旅行先でのレストランの予約や医療機関の紹介を24時間日本語で受け付け。
海外用レンタル携帯電話
海外用レンタル携帯電話がレンタル料無料。通話料も10%引き。
対象空港:成田国際空港、関空国際空港
トラベル・サービス・ロケーション
世界中のサービス拠点で旅をサポート。
エンターテイメント関連
チケット・アクセス
各種イベントチケットを一般販売に先駆けて入手可能。
アメリカン・エキスプレス・セレクト
ショッピングやレストランなど、国内外のあらゆる店舗・施設で優待・特典あり。

カード会社情報

商号 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
設立 1917年
カード会員数 -
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00405号(2017年3月31日時点)
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号 03-3220-6100(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント