アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人・個人事業主向けのゴールドカード。特典や保険内容がより充実。ステータスも高く、人前で積極的に使いたい

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
年会費(税別)31,000円
最短発行期間1週間 ポイント還元0.3~1.0%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険

キャンペーン実施中ゴールドカード法人カード、AMEX、Apple Pay対応メンバーシップ・リワード事前入金サービスポイント高還元従業員へカード発行できるETCカードを発行できる電子マネー搭載ステータスが高いANAマイルが貯まる空港ラウンジが使える海外旅行保険付帯国内旅行保険付帯ショッピング保険付帯

キャンペーン情報

新規入会+1年間で200万円(税別)以上のカード利用で30,000ボーナスポイントをプレゼント!

カードのお申込みはこちら

ここがポイント

目次

ゴールドカードとグリーンカードの違いは特典の豊富さ ポイント還元率に違いはない

アメックスが発行している法人カードへの入会を考えている方で、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード(通称グリーンカード、またはアメックスグリーン)とゴールドカードのどちらに入会しようか迷っている方も多いと思います。両者のカードの主な違いはステータス、特典の豊富さの2点です。

ステータスについては言わずもがな、グリーンよりもゴールドカードの方が上です。見た目的にも緑色よりも金色の方が高級感がありますよね?人前でカードを使う機会があるならば、「この人は社会的に認められる地位にある人なんだな」と思われるゴールドカードに入会した方が良いでしょう。特典の豊富さについては、グリーンカードよりもゴールドカードの方が、特典の質も数も上回っています。ただし上質な特典が多数付帯しているとはいえ自分に合ったものでなければ意味がないので、この記事をしっかり読んで特典を使いこなせるかどうかをよく検討しましょう。

逆にグリーンとゴールドで変わらないのは、ポイント制度です。ポイントの付与レートや交換レートに違いはないので、ポイントを有効活用してお得に経費を支払うことが法人カードの入会目的であれば、より年会費が安いグリーンカードで十分でしょう。

目次へ戻る

事前入金制度で限度額が無制限に 限度額を気にせず利用できる貴重な法人カード

扱う金額が高額になりがちな法人カードは、個人向けカード以上に限度額を気にしてカードを選ぶ方も多いでしょう。限度額が高い法人カードに入会しないと高額な決済ができなかったり、すぐに利用停止されてしまったりで、入会した意味がなくなってしまいます。限度額が高いと言われている法人カードに入会したとしても、そもそもカードの利用限度額はカード会社が決めるものなので、自分が希望する金額未満で設定されてしまう場合がほとんどです。

ところがアメックスならば、事前承認と事前入金の2つの制度のおかげで、決められた限度額を超えて利用できます。事前承認とは、カード決済前に限度額を超えて使用しても良いか相談ができて、承認されれば限度額を超えて利用できる制度です。事前入金は、決済前に指定口座に入金しておくことで入金額だけ利用額を増やせるものです。つまり設定された限度額が30万円でも、500万円を振り込んでおけば530万円までカード決済できます。この2つの制度は他社にはないアメックスオリジナルのものなので、「限度額を気にせずカードを利用したい」と考えている方にとっては、アメックス以外の選択肢はありません。

【関連記事】 法人カードの利用枠を簡単・確実に引き上げられるアメックスの事前入金サービス

目次へ戻る

空港ラウンジだけでなく、京都特別観光ラウンジも無料利用可能

グリーンカードと同様に国内28空港のラウンジと、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、韓国の仁川国際空港のラウンジを同伴者1名含めて無料利用できます。ゴールドカードはそれだけでなく、「ミーティング・スクエア」と「京都特別観光ラウンジ」の2つの国内ラウンジの利用資格を得られます。

「京都特別観光ラウンジ」は京都の圓徳院(京都府京都市東山区高台寺下河原町530)にあるアメックス会員限定のラウンジです。こちらは圓徳院の拝観券売場でカードを提示すると、同伴3名を含めて無料利用できます。ラウンジ内は京都らしく畳の間も用意されていて、お茶を飲みがらゆっくりと休めます。周囲には清水寺や、豊臣家vs徳川家の発端となった方広寺の鐘銘もあり、まさに京都観光の休憩にもってこいのラウンジでしょう。

目次へ戻る

帝国ホテル東京の「ミーティング・スクエア」利用資格を獲得

ビジネス・ゴールド・カードに入会すると、帝国ホテル東京 本館5階にあるビジネス用ラウンジの「ミーティング・スクエア」の利用資格を得られます。利用するためには、月会費20,000円(税別)を払って会員登録をする必要があります。同伴者は1名無料で2名以降は1名につき500円(30分)で、3名まで利用できます。事前予約制で、最大2時間までの利用制限があります。ラウンジではフリードリンクやパスワード付きの無料Wi-Fi、経済紙などが揃っており、一人での作業にも向いてますし、人を招いての打ち合わせにも最適です。高額な会費ですが、逆にそれが質の悪い利用者を寄せ付けないメリットでもあります。

目次へ戻る

接待用のお店選びをコンシェルジュが代行してくる「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」

接待や会食などで利用する飲食店を選ぶ際、どのようなお店がふさわしいのか迷ったり、場合によってはふさわしい場なのかをチェックするために下見に行く必要があったりで時間がかかってしまうこともあるでしょう。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードなら、接待にふさわしいレストランを、エリア、予算、人数などを元にコンシェルジュが無料でピックアップしてくれます。しかも、お店の予約までコンシェルジュが済ませてくれます。なお、紹介されるお店はぐるなび加盟店に限られます。

目次へ戻る

エアポート送迎サービスで、空港と指定地域間のタクシー料金を優待料金で利用可

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードなら、海外出国・帰国時に、空港と自宅間を提携タクシー会社にて格安定額料金で送迎してもらえる「エアポート送迎サービス」を利用できます。このサービスを利用するにはH.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクにて、日本発着の国際航空券または海外パッケージ・ツアーを購入した場合に限られます。また、対象空港は成田、関西、中部の3空港です。

料金は指定地域によって異なりますが、主に5,000円〜10,000円です。例えば成田国際空港と東京23区内間は、10,000円で利用できます。

目次へ戻る

手荷物宅配サービスは空港-自宅間だけでなく、東京駅から指定ホテルへも無料配送

海外渡航時に限り、羽田、成田、中部、関西の4空港と自宅間でスーツケース1個分の手荷物を無料で配送してくれます。自宅から空港に届ける場合には、事前予約をすると自宅まで引き取りに来てくれます。空港から自宅に届ける際にはJAL エービーシーカウンター、または中部国際空港のみ手荷物サービスカウンターで依頼できます。このサービスはグリーンと同じですが、ゴールドカードなら更に東京駅から指定ホテルへも無料配送できます。

荷物の引渡しは、東京駅八重洲北口の佐川急便東京サービスセンターで行います。対象ホテルは東京23区内に限られます。発送から到着までは数時間かかりますが、当日内に配送を完了させてくれるため、「ホテルにチェックインしたはいいけど荷物がない」といった事態も回避できます。

目次へ戻る

海外旅行保険は付帯条件が一部自動付帯になり、カード決済に関わらず補償対象

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードとグリーンカードの海外旅行保険を比較すると、補償額に関しては死亡・後遺障害が最高5,000万円から最高1億円に上がっている以外違いがありません。一方で付帯条件は利用付帯から一部自動付帯に変わります。グリーンカードの場合は旅費を事前に決済することで補償対象となりますが、ゴールドカードは事前に決済しなくても補償対象になります。ただし、事前決済がない場合の傷病治療費補償額は最高200万円となります。事前決済を行なった場合は最高300万円にアップします。最終的な補償額はグリーンカードと変わりませんが、事前決済がなくても補償対象になる、という点で優れています。

また、補償の対象者はカード会員だけでなくその家族も含まれます。例えば家族との海外旅行の際に、子供が熱を出して病院で治療を受けた際にも事前決済の必要なく、最高200万円の補償を受けられます

目次へ戻る

飛行機の遅延・欠航や、手荷物の遅延・紛失時に補償を受けられる国内航空機遅延保険が付帯

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードで特徴的な特典が、国内航空機遅延保険です。これはグリーンカードだけでなくプラチナカードにも付いていない、ビジネスゴールドカードだけの特典です。カード決済で予約購入した航空便で、遅延や欠航によって宿泊費や飲食費が発生した場合に、その費用を最高2万円まで補償してくれます。また、手荷物の遅延や紛失によって、衣類や生活必需品の購入が発生した場合にも、最高4万円まで補償されます。

目次へ戻る

ショッピング保険、リターン・プロテクションだけでなく、出張のキャンセルで発生したキャンセル費用も補償

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードで購入した商品を落として破損させたり水没させた場合に、購入額または修理費を補償してくれるショッピング保険が付帯しています。補償額は年間500万円までと他社と比較して高額であり、何度も高額な商品を破損させない限りは十分な金額でしょう。ただし、補償1回につき1万円分の自己負担が発生します。

また、リターンプロテクションと呼ばれるアメックスならではの保険制度もあります。これは商品を返品する際に、購入店が受け付けなかった場合に、アメックが代わりに受け付けてくれ、返金してくれるサービスです。購入から90日以内で未使用品に限られるなど、細かい規定はありますがもしもの時に役立つサービスでしょう。

更にゴールドカードならではの保険制度で、病気や怪我による入院等によってカード決済済みの切符や演劇やコンサートチケット、ホテル代をキャンセルせざるを得なくなった際に、キャンセル費用を補償してくれる「キャンセル・プロテクション」が付帯しています。キャンセルの原因がカード会員本人または会員の配偶者や親・子の病気や怪我による入院などの場合は最高10万円(年間)、通院の場合は最高3万円まで補償されます。

目次へ戻る

カード利用でポイントが貯まり、15社のマイル等に交換できる メンバーシップリワードプラス登録なら還元率1%

アメックスのポイント制度はメンバーシップリワードと呼ばれるもので、カード利用100円につき1ポイントが貯まります。1ポイントは0.3円分としてAmazonギフト券や提携ポイントに交換できます。他にANAマイルを始め15社のマイルとの交換もできます。ポイント還元率は0.3%と他社の法人カードと比較すると低水準ですが、一度ポイントを交換するとその後に貯めたポイントは有効期限が無期限になるという他社にはないメリットもあります。

還元率の低さをカバーするには、年会費3,000円(税別)を別途払って、メンバーシップリワードプラスに登録しましょう。商品交換やキャッシュバック時のポイントレートが高くなります。特にマイルの交換レートが高くなり、ANAマイルは1ポイント=1マイル、その他のマイルは1ポイント=0.8マイルで交換できます。JALマイルへの交換はできませんが、同じワンワールド加盟のブリティッシュエアウェイズのAviosポイントには交換できます。AviosポイントならJALマイルよりもお得にJALの特典航空券に交換できる可能性もあるので、JALユーザーにもおすすめです。

関連記事
メンバーシップ・リワードが貯まるクレジットカード、使い道、交換レート情報のまとめ
ブリティッシュエアウェイズ・Aviosポイント:JAL特典航空券にいつでも好条件で交換できる

目次へ戻る

東海道新幹線をネット予約でき、改札をチケットレスで通れるプラスEXサービスを利用可能

東海道新幹線(東京〜新大阪間)の改札をSuicaのようにチケットレスで通行できるプラスEXカードを年会費500円(税別)で発行できます。プラスEXカードを発行すると、東海道新幹線をネット上から予約できます。しかも発車前なら無料で何度でも時間や座席の変更ができます。さらに、運賃も通常価格から400円〜500円程度やすくなるため、年に2、3回乗れば簡単に年会費の元が取れます。料金の支払いはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードで行われるため、ポイントも貯まります。

この「プラスEX」サービスは、2017年9月2日に「エクスプレス予約」に変更されます。年会費が1,000円(税別)に値上げされますが、その代わり運賃の割引額も1回1,000円程度にアップします。さらに3日前までの予約で料金がさらに割引になる「EX早特」なども利用可能になります。また、対象新幹線は東海道新幹線だけでなく山陽新幹線も加わるため、東京から博多まで予約可能です。

目次へ戻る

法人カードの中では珍しく、Apple Payに対応 QUICPay加盟店で支払い可能

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはiPhone7/7Plusや第二世代Apple Watchで使えるApple Payに対応しています。法人カードの中でApple Payに対応しているのは珍しいでしょう。登録すると、QUICPayとして利用可能になります。コンビニや自販機など、QUICPayで支払い可能なお店で支払うことができ、ポイントも貯まります。なお、SuicaアプリやモバイルSuicaに対しては、チャージ可能ですがポイントは貯まりません。

目次へ戻る

ビジネスに役立つ特典が多数

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードと個人向けのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの大きな違いは、ビジネスに役立つ特典の有無です。例えば「四半期管理レポート」では3ヶ月ごとのカード利用記録を利用内容の業種別などにまとめてくれます。経費の照合や利用用途の確認い役立つでしょう。「ビジネス・コンサルティング・サービス」では、経営コンサルタントの紹介、簡単な経営相談窓口の利用やビジネスセミナー料金優待などの特典を利用できます。

目次へ戻る

追加カードを発行すれば従業員にもビジネスカードを発行でき、特典も利用できる

個人向けカードに家族が使用できる家族カードがあるように、法人カードでは従業員が使用できる追加カード(従業員カード)と呼ばれるものがあります。年会費は1枚につき12,000円(税別)です。追加カードでも旅行保険が付帯していますし、ラウンジも利用できます。特にアメックスはプライベートでも利用できる特典が多いため、従業員に持たせてあげると喜んでもらえる可能性も高いでしょう。もちろん追加カードを発行することで、立替の必要がなくなり、経費精算が簡略化されるなどのメリットもあります。

【関連記事】 追加カードの発行で従業員の立替えも不要

目次へ戻る

プラチナビジネスカードへのインビテーションあり

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードに入会してカードを継続利用すると、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードへの招待状が届くことがあります。プラチナカードの年会費は13万円(税別)と、クレジットカード全体の中でもトップクラスの金額です。しかしそれも納得の特典が多数付帯しており、コンシェルジュデスクによるホテルやレストランの手配や、デルタ航空専用ラウンジの無料利用などを利用できます。また入会後に登録するだけで高級ホテルグループの上級会員として扱われ、部屋のアップグレード特典などを受けられます。

目次へ戻る

個人向けカードとの2枚持ちが可能

アメックスは個人向けのカードも発行しています。もしも個人向けカードも使いたい場合は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードへの入会も検討してください。個人向けカードと法人向けカードは2枚持ちすることが可能なので、カードを使い分けることでプライベートの支払いと事業費の支払いを区別することができます。貯まったポイントは合算できるので、まとめて利用することが可能です。

また、個人向けカードと法人カードは、それぞれ新規入会キャンペーンが適用されます。つまり、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードもアメリカン・エキスプレス・カードも初年度無料で利用できます。もちろん、アメリカン・エキスプレス・カードに入会した場合も同様です。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2018/08/06現在

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

基本情報

入会資格 公式サイト参照
年会費
(基本会員・税別)
初年度 31,000円
次年度以降 31,000円
年会費
(追加カード・税別)
初年度 1名につき12,000円
次年度以降 1名につき12,000円
ETCカード
(税別)
発行手数料 無料
年会費 500円
国際ブランド AMEX
電子マネー なし
最短発行期間 1週間

ポイント関連

ポイント名称 メンバーシップ・リワード
ポイント付与レート 100円→1ポイント
ポイント還元率
メンバーシップ・リワード・プラス未登録
0.33%(Amazonギフト券と交換した場合)
メンバーシップ・リワード・プラス登録済
1.0%(航空会社でカード利用後にキャッシュバックした場合)
ボーナスポイント
メンバーシップ・リワード・プラスに登録でポイント制度が充実
登録料3,000円(税別/年)を払ってメンバーシップ・リワードプラスに登録すると、ポイント有効期限が無期限になり、ポイント交換レートもアップする。
ボーナスポイント・パートナーズ
ボーナスポイント・パートナーズ提携店でカードを使うと、最大ポイント10倍に。
ポイントが貯まる電子マネー なし
金券への交換
百貨店ギフトカード
3,000ポイント→1,000円分
9,000ポイント→3,000円分
15,000ポイント→5,000円分
30,000ポイント→10,000円分
60,000ポイント→20,000円分
90,000ポイント→30,000円分
150,000ポイント→50,000円分
IKEAギフトカード
3,000ポイント→1,000円分
モスカード
3,000ポイント→1,000円分
全国百貨店共通商品券
3,000ポイント→1,000円分
高島屋商品券(店頭での交換)
3,000ポイント→1,000円分
キャッシュバック/カード利用代金に充当 【メンバーシップ・リワード・プラス未登録】
3,000ポイント→900円

【メンバーシップ・リワード・プラス登録済】
航空会社での支払いに利用
3,000ポイント→3,000円
旅行代金の支払いに利用
3,000ポイント→2,400円
カード請求金額から差し引き
3,000ポイント→1,500円
提携ポイントへの
移行
提携ポイント 楽天スーパーポイント Tポイント Hオナーズポイント スターポイント
移行レート 【メンバーシップ・リワード・プラス未登録】
楽天スーパーポイント、Tポイント
1ポイント→0.3ポイント
Hオナーズポイント
1ポイント→0.625ポイント
スターポイント
1ポイント→0.495ポイント
【メンバーシップ・リワード・プラス登録済】
楽天スーパーポイント、Tポイント
1ポイント→0.5ポイント
Hオナーズポイント
1ポイント→1.25ポイント
スターポイント
1ポイント→0.99ポイント
移行単位 【メンバーシップ・リワード・プラス未登録】
楽天スーパーポイント、Tポイント
3,000ポイント以上、300ポイント単位
Hオナーズポイント、スターポイント
2,000ポイント以上
【メンバーシップ・リワード・プラス登録済】
楽天スーパーポイント、Tポイント
3,000ポイント以上、300ポイント単位
Hオナーズポイント、スターポイント
1,000ポイント以上
マイレージへの移行 提携マイレージ ANAマイレージクラブ フライング・ブルー ミッレミリア フライングクラブ エティハド・ゲスト スカイワーズ プリビレッジクラブ アジア・マイル クリスフライヤー ユーロボーナス ロイヤルオーキッドプラス ダイナスティ・フライヤー デルタスカイマイル フィンエアープラス エグゼクティブクラブ(Aviosポイント) 
移行レート
メンバーシップ・リワード・プラス未登録
2ポイント→1マイル
メンバーシップ・リワード・プラス登録済
ANAマイル:1ポイント→1マイル
その他:1ポイント→0.8マイル
移行単位
メンバーシップ・リワード・プラス未登録
2,000ポイント以上、2,000ポイント単位
メンバーシップ・リワード・プラス登録済
ANAマイル:1,000ポイント以上、1,000ポイント単位
その他:1,250ポイント以上、1,250ポイント単位
移行手数料(税別)
ANAマイレージクラブ
5,000円(税別/年間)
その他のマイレージ
無料
補足 ANAマイルへの移行は年間80,000マイルまでとなります。

付帯保険

海外旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 自動付帯(カードの利用で一部補償額が増額)
死亡・後遺障害 最高1億円*1
傷害治療費 最高300万円*2
疾病治療費 最高300万円*2
賠償費用 最高4,000万円
携行品損害 最高1旅行につき50万円
救援者費用 最高400万円*3
渡航便遅延保険
  • 乗継遅延費用:1回につき最高2万円*4
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用:1回につき最高2万円*4
  • 寄託手荷物遅延:1回につき最高2万円*4
  • 寄託手荷物紛失:1回につき最高4万円*4
追加カード会員 自動付帯(補償額は公式サイト参照)
家族特約
  • カード会員(家族カード会員を含む)の配偶者
  • カード会員と生計を共にする親・子などの親族
国内旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円*1
入院費用 なし
通院費用 なし
手術費用 なし
渡航便遅延保険 なし
追加カード会員 利用付帯(補償額は公式サイト参照)
家族特約
  • カード会員(家族カード会員を含む)の配偶者
  • カード会員と生計を共にする親・子などの親族
ショッピング保険 補償額 最高500万円/年間
補償期間 購入日より90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 1事故につき1万円
その他保険
オンライン・プロテクション
インターネット上での不正使用による損害を全額補償。
リターン・プロテクション
カードで購入した商品の返品時に購入店が受け付けなかった場合、購入から90日以内ならアメックスが返品を受付て購入金額を補償。
キャンセル・プロテクション
急な出張、病気、怪我などにより予約していた旅行やコンサートにいけなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償。
補足
  • *1.航空券などの旅費をカード決済しなかった場合は最高5,000万円
  • *2.航空券などの旅費をカード決済しなかった場合は最高200万円
  • *3.航空券などの旅費をカード決済しなかった場合は最高300万円
  • *4.付帯条件は利用付帯

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 成田国際空港 羽田空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 関西国際空港 山口宇部空港 広島空港 米子空港 岡山空港 徳島空港 高松空港 松山空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
国内
利用可能ラウンジ数
39ヶ所
海外
利用可能ラウンジ数
1ヶ所
プライオリティ・パス 発行不可
手荷物宅配サービス 海外旅行の際に、自宅と空港間を手荷物1個まで無料で配達してくれる。(成田、羽田、関空、中部限定)
空港送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシーを手配し、利用可能地域内の指定の場所と空港間を割安定額料金で利用できる。(成田、羽田、関空、中部限定)
無料ポーターサービス 出発時には空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時には到着ロビーから駅改札口やバス停まで、荷物をスタッフが無料で運んでくれる。
旅行・レジャー関連
海外旅行先での日本語サポート
海外旅行先でのレストランの予約や医療機関の紹介を24時間日本語で受け付け。
海外用レンタル携帯電
海外用レンタル携帯電話がレンタル料半額。通話料も10%引き。(成田、関空限定)
レンタカーの国内利用
指定のレンタカー会社に限り、基本料金が5%引き。
トラベル・サービス・ロケーション
世界中のサービス拠点で旅をサポート。
京都特別観光ラウンジ
圓徳院の会員専用ラウンジを同伴3名まで利用できる。
エクスペディア
国内外のホテルや旅行ツアーを予約できる「エクスペディア」を優待価格で利用できる。
福利厚生プログラム「クラブオフ」
75,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録料が無料。
エンターテイメント関連
コットンクラブ
東京・丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTON CLUB(コットンクラブ)」にて限定特典を提供。
新国立劇場
新国立劇場で様々な特典を受けられる。
チケット・アクセス
各種イベントチケットを一般販売に先駆けて入手できる。
アメリカン・エキスプレス・セレクト
ショッピングやレストランなど、国内外のあらゆる店舗・施設で優待・特典を受けられる。
その他特典
四半期管理レポート
3ヶ月毎の利用集計と利用明細の2種類のレポートを届けてくれる。
ビジネス・コンサルティング・サービス
中小企業経営者・個人事業主向けの経営相談が可能。
G-Search(ジー・サーチ)の年会費無料
帝国データバンク企業情報や東京商工リサーチ企業情報などから、ビジネス情報をオンライン入手できるサービスを年会費無料利用可能。
ビジネス情報調査代行サービスの年会費無料
国内・海外企業の与信概要情報調査、信用情報調査、企業スクリーニングなどの調査結果をレポート形式にまとめて無料で報告。

カード会社情報

商号 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
設立 1917年
カード会員数 -
貸金業者登録番号 関東財務局長(11)第00405号(2017年3月31日時点)
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号 03-3220-6100(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント