暮らしの達人 > クレジットカード > 株式会社ジェーシービー > JCB一般法人カードのメリットデメリットは?審査やポイントの使い道に要注意

JCB一般法人カード

JCBの法人・事業主向けビジネスカード。従業員カードの発行枚数制限がなく、年会費もリーズナブル

JCB一般法人カード
発行会社 株式会社ジェーシービー
年会費(税込)1,375円
最短発行期間公式サイト参照 ポイント還元0.49%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険

キャンペーン実施中おすすめ法人カード、海外キャッシングOK、JCB、Oki Dokiポイント従業員へカード発行できるETCカードを発行できる海外旅行保険付帯国内旅行保険付帯ショッピング保険付帯

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会+使用者の追加で最大29,000円分プレゼント!さらに初年度年会費が無料に!

  1. 新規入会でもれなくJCBギフトカード3,000円分プレゼント
  2. 入会翌々月末までに10万円(税込)以上のカード利用でJCBギフトカード17,000円分プレゼント
  3. キャンペーン期間中に追加カードを申し込みのうえ、キャンペーンに参加登録すると、 使用者1名様につきJCBギフトカード3,000円をプレゼント(最大9,000円)

2021/09/30まで

カードのお申込みはこちら

ここがポイント

JCB一般法人カードはどんな人におすすめ?

従業員にもカードを持たせたい法人経営者におすすめ

JCB法人カードは、年会費を支払えば従業員用の法人カードを追加で発行できます。

年会費は1枚1,375円(税込)に設定されていて、法人カードの中では標準的なものです。

複数の従業員を抱えている場合でも、そこまでコストをかけることなく従業員名義の法人カードを多数発行できます。

なお、法人カードの公式サイトを見てみると、発行枚数は審査によって決定されるとされています。ただ、発行されている実績をみると、従業員の人数に応じて必要な枚数が発行されています。

特定の枚数しか発行できないケースは少ないようですので、従業員名義のカードは何枚でも発行可能だと考えておきましょう。

複数の従業員を抱えている法人におすすめです。

目次へ戻る

自分一人が持てばOKならJCB CARD Bizがおすすめ

従業員に法人カードを持たせる必要がなく自分だけが持ちたい場合は、同じくJCBが発行するJCB CARD Bizがおすすめです。

法人カードの年会費は1枚1,375円(税込)でJCB一般法人カードと同様ですが、審査の対象が個人となっています。

つまり、法人の経営状態は審査に関係せず、個人の信用情報にだけ基づいて審査されるのです。

結果、会社を設立してすぐでも法人カードの審査に通過したり、審査の手間が小さくなり発行スピードが上がったりするメリットがあります。

どちらもJCBの法人カードとして十分なサービスが提供されていますので、現在の利用人数やこれから先の利用人数を踏まえて選択しましょう。

目次へ戻る

JCB一般法人カードのメリット

従業員カードを複数枚発行可能

上記でもご説明したとおり、JCB一般法人カードは従業員カードを複数枚数発行可能です。

多くのクレジットカード会社は発行枚数に上限を待たせていますが、JCBの場合は発行枚数を審査で決定するとしています。

会社の規模に対して極端に多い枚数は許可されませんが、従業員ぶんの枚数は審査が通過するケースが大半です。

そのため、従業員数が比較的多い場合でも、全従業員に発行できる法人カードだと言えます。

ただ、法人カードの限度額は全社で共有ですので、発行枚数によってはすぐに上限に達する可能性はあります。

目次へ戻る

ETCカードも複数枚発行可能

支払いに利用するクレジットカードだけではなく、ETCカードも複数枚数発行可能です。

従業員用の追加カードに対してETCカード発行できますので、クレジットカードとETCカードをセットで持たせられます。

法人カードの種類によっては、ETCカードの発行枚数が制限されている場合があります。このような法人カードを利用すると、営業が多い会社や輸送会社などETCカードを多く発行したい場合に不便を感じます。

それに対してJCB一般法人カードであれば、枚数の上限を意識する必要はありません。

ETCカードを多数利用するような会社でも、何の心配をする必要はないメリットがあるのです。

目次へ戻る

ポイント優待店ではポイント2倍以上

JCBカードには特定のお店で利用するとポイント還元率が高まるサービスがあります。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれ、様々な業種の様々なお店が対象に選ばれています。

ポイント還元率は自動的に高まる場合と、事前に公式サイトで登録が必要な場合があります。

登録と聞くと手間かもしれませんが、公式サイトから1数分で終わる作業です。ポイント還元率を高めるための作業ですので、忘れずに対応しましょう。

実際にポイント還元率が高まるお店と、その時のポイントを例で挙げると以下のとおりです。

  • スターバックス:ポイント10倍
  • アマゾン:ポイント5倍
  • セブンイレブン:ポイント3倍

目次へ戻る

年間カード利用額に応じてポイント還元率アップ

年間のクレジットカード利用金額に応じてポイント還元率がアップする「JCBスターメンバーズ」が適用されます。

これは段階的にポイント還元率が高まるもので、法人カードで支払いをすればするほど多くのポイントが獲得できます。

どの程度のポイントが獲得できるのかは事前に定められていて、段階別にまとめると以下の通りです。

JCB一般法人カードの年間カード利用額に応じたポイントレートアップ制度

年間カード利用額 メンバーランク名 翌年度のポイントレート 還元率
30万円以上 スターe PLUS 1,000円→1.1ポイント付与(10%UP) 0.55%
50万円以上 スターβ PLUS 1,000円→1.2ポイント付与(20%UP) 0.6%
100万円以上 スターα PLUS 1,000円→1.5ポイント付与(50%UP) 0.75%


金額は集計期間が定められていて、12月16日から翌年の12月15日を1年としています。

この1年間の利用金額でボーナスポイントえの割合が決定されます。

目次へ戻る

QUICPayとして利用可能!Apple PayとGoogle Payにも対応

QUICPayに対応しているクレジットカードです。

事前に利用できるように登録をしておくと、後払い式の電子マネーとして利用できます。

また、QUICPayに対応していることから、Apple PayとGoogle Payにも登録できます。

スマートフォンなどで支払いができるようになりますので、利用している人は登録しておきたいサービスです。

目次へ戻る

JCB一般法人カードのデメリット

審査に時間がかかる

法人格だけではなく個人格も審査するクレジットカードですので、審査に時間がかかる点がデメリットです。

申し込みをしてから審査結果が出るまでにも時間がかかります。

また、そもそも申し込みにあたり、法人を審査してもらう為の書類を個人文とは別に用意しなければなりません。準備の段階で時間がかかってしまいます。

加えてネットから申し込みができるものの、その後に送付されてくる「JCB法人カード入会申込書(自署・捺印届)」に記入して返送する必要があります。

こちらの記入に手間が掛かったり郵送に時間がかかったりしますので、さらに審査に時間がかかります。

目次へ戻る

設立直後の法人は審査に落ちる可能性が高い

設立直後の法人は審査に落ちてしまう可能性が高いです。

一般的に法人向けのクレジットカードは、個人向けのクレジットカードよりも踏み倒されるリスクが高いものです。

そのため、倒産する可能性がないかなどより慎重な審査が行われます。

法人設立直後の場合は審査をしても信用力の高さが確認できませんの審査に落ちる可能性が高くなるのです。

法人設立直後で法人カードを発行したい場合は、何かしら信用できる実績ができるまでしばらく待ちましょう。

もしくはJCB CARD Bizのような、個人の審査対象とした法人カードに申し込みをしましょう

目次へ戻る

貯まったポイントは他社ポイントやマイルに移行不可

JCB法人カードでは貯まったポイントを他社のポイントやマイルに交換できません。

個人で利用するJCBカードはこれらの交換ができますが、法人カードでは交換ができないのです。

これは獲得できるポイントが、個人と法人とで異なるからです。

ほとんど同じようにポイントが貯められるものの、ポイントの使い道は異なっています。

なお、法人カードの中でもJCB CARD Bizは個人向けのクレジットカードと同じポイントが貯まります。そのため、クレジットカードの利用で貯めたポイントを他社のポイントやマイルに交換可能です。

目次へ戻る

JCB一般法人カードとJCB CARD Bizの違いをよく比較して選ぼう

JCB一般法人カードとJCB CARD Bizには上記のとおり違いがあります。

これらの違いを理解しよく比較をして、どちらが適しているかを選択しなければなりません。

特にポイントの交換先や審査の方法など、法人カードの発行や利用にあたり大きく影響する違いがあります。

これらを中心に比較することをおすすめします。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2017/09/26現在

JCB一般法人カード
カード名JCB一般法人カード
発行会社 株式会社ジェーシービー

基本情報

入会資格
  • 法人または個人事業主。
  • カード使用者は18歳以上に限る。
年会費
(基本会員・税込)
初年度 無料
次年度以降 1,375円
年会費
(追加カード・税込)
初年度 無料
次年度以降 1名につき1,375円
ETCカード
(税込)
発行手数料 無料
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー QUICPay
最短発行期間 公式サイト参照

ポイント関連

ポイント名称 Oki Dokiポイント
ポイント付与レート
  • 国内加盟店での利用:1,000円→1ポイント
  • 海外加盟店での利用:1,000円→2ポイント
ポイント還元率
国内加盟店での利用
0.49%(JCBギフトカード5万円分と交換した場合)
海外加盟店での利用
0.98%(JCBギフトカード5万円分と交換した場合)
ボーナスポイント
年間カード利用額に応じて、翌年度のポイント利率がアップ
30万円利用:翌年度のポイントレート10%アップ
50万円利用:翌年度のポイントレート20%アップ
100万円利用:翌年度のポイントレート50%アップ
JCBオリジナルシリーズ特典
Amazon、昭和シェルなど 、さまざまなジャンルの優待店でポイントが2~5倍。
OkiDokiランド
JCBのオンラインモール「OkiDokiランド」経由で買い物をすると最大20倍のポイントが貯まる。
ポイントが貯まる電子マネー なし
金券への交換
JCBギフトカード
1,050ポイント→5,000円分
2,050ポイント→10,000円分
3,050ポイント→15,000円分
4,050ポイント→20,000円分
5,050ポイント→25,000円分
6,050ポイント→30,000円分
7,050ポイント→35,000円分
8,050ポイント→40,000円分
9,050ポイント→45,000円分
10,050ポイント→50,000円分
iTunes Card
500ポイント→1,500円分
スターバックスカード、MOS CARD、ぐるなびギフトカード、全国共通お食事券 ジェフグルメカード、モンテローザグループ お食事券&ドリンク券、すかいらーくご優待券
650ポイント→2,000円分
JCBプレモカード カラフル グリッド、JCBプレモカード ブラック グリッド
670ポイント→3,000円分
ベルメゾンお買い物券
950ポイント→3,000円分
nanacoカード
550ポイント→2,000円分
1,050ポイント→5,100円分
キャッシュバック/カード利用代金に充当
申込日の翌々月のカード請求金額から差し引き
500ポイント→1,500円
1,000ポイント→4,500円

付帯保険

海外旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療費 最高100万円
疾病治療費 最高100万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害 最高1旅行につき20万円
救援者費用 最高100万円
渡航便遅延保険 なし
追加カード会員 公式サイト参照
国内旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
入院費用 なし
通院費用 なし
手術費用 なし
渡航便遅延保険 なし
追加カード会員 公式サイト参照
ショッピング保険 補償額 最高100万円/年間(海外利用分のみ)
補償期間 購入日より90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 1事故につき1万円

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 なし
海外
利用可能ラウンジ数
0ヶ所
プライオリティ・パス 発行不可
旅行・レジャー関連
チケットレス国内出張
飛行機・東海道新幹線・じゃらん等のチケットをオンライン上で予約でき、チケットレスで利用できる。
福利厚生サービス
保養所・スポーツクラブや資格取得・育児サポートなどを格安料金で提供。
エンターテイメント関連
ゴルフエントリーサービス
全国約1,200か所の有名ゴルフ場のプレー予約を手数料無料で代行。
その他特典
アスクルサービス
事務用品やオフィス家具などの仕事場の必需品をオンライン上で注文可能。
JCBタクシーチケット
主要タクシーをサインひとつで利用できる。乗車料理金はビジネスカードから自動引き落としで経費清算が簡略化。

カード会社情報

商号 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立 1961年1月25日
カード会員数 123,004,000人(2018年9月末日時点)
貸金業者登録番号 ご要望により非表示
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号 0120-794-082(通話料無料/24時間/年中無休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント