暮らしの達人 > クレジットカード > 株式会社ジェーシービー > ミライノカードはポイントを現金化できる メリットを徹底調査

ミライノカード

年会費実質無料で還元率1%、さらに貯まったポイントを現金化できる、珍しいクレジットカード

ミライノカード
発行会社 株式会社ジェーシービー
年会費(税別)900円
最短発行期間
  • 住信SBIネット銀行口座あり:10日
  • 住信SBIネット銀行口座なし:4週間
ポイント還元0.5〜1%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険

年会費実質無料、JCB、QUICPayApple Pay対応

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会のうえ、引き落とし口座を住信SBIネット銀行に設定&30,000円以上のカード利用で3,000円相当のスマプロポイントプレゼント!

カードのお申込みはこちら

ここがポイント

ポイントの現金化が可能 キャッシュバック還元率は1%

ミライノカード最大のメリットは、カード利用で貯まったポイントを現金に交換できることです。しかも還元率は1%で、1,000円の支払いにつき10円返ってくるイメージです。これほど高い還元率で、しかも手元に現金が戻ってくる形式のキャッシュバックに対応しているクレジットカードは少ないでしょう。したがってミライノカードは「貯めたポイントを現金に換えたい!」という人におすすめするクレジットカードです。

キャッシュバック方法について詳しく説明していきます。

まず、カード利用額1,000円につき、ミライノポイントが5ポイント貯まります。ミライノポイントは1,000ポイント貯まると、スマプロポイント2,000ポイントに交換できます。そしてさらにスマプロポイントは2,000ポイントで2,000円分として、住信SBIネット銀行口座にキャッシュバックすることが可能です。

ミライノポイント現金キャッシュバックの流れまとめ
ミライノポイント:1,000円の支払いで5ポイント獲得
ミライノポイント→スマプロポイント:1,000ポイントで2,000ポイントと交換
スマプロポイント→現金:2,000ポイントで2,000円と交換

ミライノポイント

画像引用元:ミライノ カード(JCB)|クレジットカード(2018年11月22日取得)

ミライノポイントは1,000円の支払いで5ポイント貯まりますが、1ポイントは2円分の価値を持つので、1,000円で10円相当のポイントが戻ってくる計算になります。つまり還元率は1%になると言えます。

このような他のクレジットカードにはないメリットがある一方で、ミライノカードにはデメリットもあります。それは現金化するまでに手間と時間がかかってしまうことです。特にミライノポイントを獲得してから現金でキャッシュバックを受けるまでに大体9日程度は必要になるので、覚えておきましょう。

ミライノポイント現金キャッシュバックにかかる期間まとめ
ミライノポイント→スマプロポイント:約1週間
スマプロポイント→現金(キャッシュバック):申請日の翌々日

なお、ミライノポイントの有効期限は2年間です。つまり2年間の内に1,000ポイント貯めなければポイントを現金化することができないのでお気をつけください。1,000ポイント貯めるには20万円分のカード利用が必要になるので、入会目安にしてください。

また、ミライノポイントはスマプロポイントに変えずとも、翌月のカード利用額から値引きする方式のキャッシュバックも利用できます。しかしこの場合は還元率が0.5%に下がってしまうので、あまりおすすめしません。

目次へ戻る

年会費は条件クリアで無料に

ミライノカードの年会費は初年度無料で、2年目から900円(税別)がかかります。しかし、年間10万円(税込)以上のカード利用があれば、翌年度の年会費が無料になります。月に1万円以上利用する人なら、毎年年会費無料で維持することができるでしょう。

ミライノカードは年会費実質無料で還元率1%なので、カードスペック的には楽天カードYahoo!JAPANカードにも負けないクレジットカードです。

目次へ戻る

SBIスマートプログラムのランクアップ条件が優遇

ミライノカードに入会すると、住信SBIネット銀行の会員ランク「スマートプログラム」が、より上位になりやすい特典があります。

「スマートプログラム」とは、住信SBIネット銀行ユーザーに適用される4段階のランク制度です。ランクが高くなると、ATM出金時や他行宛の振込の手数料が2回まで無料から最大15回まで無料に増えます。

スマートプログラム

画像引用元:スマートプログラム – ランク|住信SBIネット銀行(2018年11月22日取得)

このランクを上げるには、住信SBIネット銀行の預金残高や貸出金残高、その他の商品や取引内容に基づきランクが判断されるようになっています。そしてそのランクアップ条件の1つに、ミライノカードの月間利用金額が含まれています。月間利用金額が1万円以上であれば条件を1つ満たしたことになり、5万円以上であれば条件を2つ満たしたことになります。

この2つの条件を満たしつつ、例えばSBIハイブリッド口座に1円でも残高があれば、3つの条件を満たしたことになり、簡単にランク3を維持できます。

スマートプログラムランク判定条件

画像引用元:スマートプログラム – ランク判定条件|住信SBIネット銀行(2018年11月22日取得)

目次へ戻る

カード利用額5万円以上で住信SBIネット銀行から引き落とされると100円相当のポイントが貯まる

ミライノカードで月間5万円以上カード利用したうえで、住信SBIネット銀行から利用額が引き落とされると、スマプロポイントが100ポイント貯まります(100円相当)。

目次へ戻る

海外旅行・国内旅行保険が付帯 家族も補償対象に

ミライノカードには海外旅行保険と国内旅行の2種類の旅行保険が付帯されています。付帯条件は利用付帯なので、事前に旅費の一部をミライノカードで支払う必要があります。

旅行保険がついているクレジットカードは特に珍しくはありません。目を引くのは家族特約がついていることです。家族特約とは、クレジットカード会員本人だけでなく、その家族も旅行保険の対象となる特別な制度のことです。自分が同行していない旅行でも補償対象となるので、海外旅行保険加入料金を節約できるメリットがあります。家族特約によって補償を受けることができる家族は、以下の通りに規定されています。

  • 本会員の配偶者
  • 本会員か本会員の配偶者と生計を共にする同居している親族
  • 本会員か本会員の配偶者と生計を共にする別居かつ未婚の子ども

家族特約は通常、年会費が1万円を超えるゴールドカードに見られる特典です。それが年会費実質無料のミライノカードにもついているので、目を引くわけです。ただし、ミライノカードの海外旅行保険は、カード会員も家族特約も、疾病治療費用が補償対象外です。つまり怪我をした場合の治療費は補償されますが、病気で治療を受けた場合、ミライノカードでは補償を受けることができません。ご注意ください。

ミライノカードの海外旅行保険

補償項目 カード会員 家族特約
死亡・後遺障害治療費用 最高2,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高200万円 最高100万円
疾病治療保険 なし なし
賠償責任費用 最高1,000万円 最高500万円
携行品損害費用 なし なし
救援者費用 最高100万円 最高50万円

ミライノカードの国内旅行保険

補償項目 カード会員 家族特約
死亡・後遺障害治療費用 最高2,000万円 最高1,000万円
入院費用 3,000円/日 1,500円/日
通院費用 2,000円/日 1,000円/日

目次へ戻る

電子マネーのQUICPayを利用可能 Apple Payにも対応

ミライノカードは電子マネーのQUICPay機能を無料でつけることができます。機能をつければ、ファストフード店や自販機など、通常はクレジットカード払いができないお店でもQUICPayで支払いできるようになります。

QUICPayはポストペイ型の電子マネーであり、Suicaや楽天Edyのように事前にチャージする必要がありません。また、QUICPayで支払うとミライノカードの利用金額と合算されるので、通常のカード払い金額と一緒に計算されてミライノポイントが貯まります。

また、ミライノカードは電子マネーのApple Payにも対応しています。Apple Payに登録すると、QUICPayとして利用できるようになります。

QUICPayを搭載したり、QUICPayで支払うことに関して全くデメリットはありません。したがって、ミライノカード発行時にはQUICPay一体型で発行し、Apple Payにも登録することをおすすめします。

ApplePay

画像引用元:ミライノ カード(JCB)|クレジットカード(2018年11月22日取得)

目次へ戻る

無料でETCカードを発行できる

ミライノカードはETCカードを完全無料で発行することができます。ETCカードの中には発行するのに手数料を取ったり、年会費が必要だったりするものがあります。しかし年会費が有料のETCカードと無料のETCカードを比較しても、何か違いがあるわけではありません。単なる余計なコストなので、もしもETCカードを手に入れたい場合は、完全無料のミライノカードに入会して追加発行すると良いでしょう。ただし、ETCカードを紛失するなどして再発行する場合には1,000円(税別)の再発行手数料が必要かかります。

ミライノカードで発行したETCカードを利用した場合も、利用額はクレジットカード利用料と合算されます。そのため、ETCの利用でもミライノポイントが貯まります。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2018年11月22日現在

ミライノカード
カード名ミライノカード
発行会社 株式会社ジェーシービー

基本情報

入会資格 高校生を除く18歳以上の方
年会費
(基本会員・税別)
初年度 無料
次年度以降
  • 900円
  • 年間10万円以上のカード利用で翌年度無料
ETCカード
(税別)
発行手数料 無料
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー QUICPay
最短発行期間
  • 住信SBIネット銀行口座あり:10日
  • 住信SBIネット銀行口座なし:4週間

ポイント関連

ポイント名称 ミライノポイント
ポイント付与レート 1,000円→5ポイント
ポイント還元率
  • 0.5%(ポイントをキャッシュバックした場合)
  • 1%(スマプロポイントに交換してからキャッシュバックした場合)
ポイントが貯まる電子マネー
QUICPayでの支払い
1,000円→5ポイント
キャッシュバック/カード利用代金に充当
次回のカード利用額から値引き
1,000ポイント→1,000円分
補足
ミライノポイントからスマプロポイントに交換
1,000ポイント→2,000ポイント
1,000ポイント以上、100ポイント単位
スマプロポイントは2,000ポイント→2,000円として住信SBIネット銀行口座に振り込みキャッシュバック可能(還元率1%)

付帯保険

海外旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費 最高200万円
疾病治療費 なし
賠償費用 最高1,000万円
携行品損害 なし
救援者費用 最高100万円
渡航便遅延保険 なし
家族会員 家族カードの発行なし
家族特約
  • カード本会員の配偶者
  • カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
  • カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
国内旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
入院費用 3,000円/日
通院費用 2000円/日
手術費用 なし
渡航便遅延保険 なし
家族会員 家族カードの発行なし
家族特約
  • カード本会員の配偶者
  • カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
  • カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
ショッピング保険 補償額 最高50万円/年間
補償期間 購入日から90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 10,000円

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 なし
海外
利用可能ラウンジ数
0箇所
プライオリティ・パス 発行不可
その他特典
スマートプログラムのランク判定優待
月間利用金額が1万円以上であれば、ランク判定条件の1つ満たしたことになり、5万円以上であれば条件を2つ満たしたことになります。
カードローン金利が年0.1%引下げ
住信SBIネット銀行を引落口座に設定すると、住信SBIネット銀行のカードローン金利が0.1%引下げられる。

カード会社情報

商号 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立 1961年1月25日
カード会員数 89,584,000人(2015年3月末日)
貸金業者登録番号 ご要望により非表示
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号 0120-794-082(通話料無料/24時間/年中無休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード2018 アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント