暮らしの達人 > クレジットカード > 株式会社ジェーシービー > JCB CARD Biz ゴールドはどんな人におすすめ?特徴を徹底解説

JCB CARD Biz ゴールド

JCBの法人向けゴールドカード。既存の不法人カードと比較すると、より小規模の法人や個人事業主におすすめ

JCB CARD Biz ゴールド
発行会社 株式会社ジェーシービー
年会費(税込)11,000円
最短発行期間公式サイト参照 ポイント還元0.49%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険

法人カード

カードのお申込みはこちら

ここがポイント

目次へ戻る

JCB CARD Bizとの違いまとめ

年会費、利用限度額が違う

法人カードの特徴として大きく異なるのは、年会費と利用限度額です。

一般カードの場合、年会費は1,375円で利用限度額は10万円から100万円です。それに対してゴールドカードの場合、年会費は11,000円で利用限度額は50万円から300万円です。

法人カードの場合、利用限度額が高くなければ利便性が悪くなる可能性があります。

従業員が多いと利用する金額増えますので、限度額が低いとクレジットカードが使えなくなってしまうのです。

そのため、比較的多くの人数で利用する場合は、利用限度額の高額なゴールドカードが良いでしょう。

ただ、クレジットカードの年会費は一般カードとゴールドカードで大きく異なります。

どの程度の金額を許容できるのかも、限度額と合わせて考える必要があります。

目次へ戻る

旅行保険が違う

付帯されている旅行保険の内容が異なります。

どちらも海外旅行保険と国内旅行保険が付帯されていますが、その詳細が異なっているのです。

一般カードの場合は、怪我や疾病の治療に利用できる海外旅行保険が最大で100万円です。

海外の医療費は100万円を超えてしまうケースも多く、クレジットカードの旅行保険だけでは物足りない状況になってしまいます。

それに対してゴールドカードでは、同じ部分の保険内容が最大300万円に設定されています。

海外でも300万円を超える治療費が必要なケースは限られていますので、比較的安心できる金額です。

しかも、ゴールドカードの場合は家族特約が付帯されています。

自分だけではなく、家族に対しても自分のクレジットカードの保険が適用されるのです。

目次へ戻る

優待サービスが違う

付帯されている優待サービスにも違いがあります。

一般カードにはあまり優待サービスがありませんが、ゴールドカードになると優待サービスが増えるのです。

例えばゴールドカードを利用すると、空港ラウンジの無料利用特典があります。

日本中の空港に空港ラウンジがありますので、これらのラウンジを無料で利用できるのです。

ラウンジが利用できれば、飛行機搭乗前などの時間を有意義に使えます。

飲み物が用意されていたりWi-Fiが用意されていたりしますので、仕事などをしたい人も快適な点がメリットなのです。

また、JCBゴールドグルメ優待サービスもあります。

こちらは日本各地の対象店舗で、対象のクレジットカードで支払いをすると飲食代金の割引が適用されるものです。

どのような割引が受けられるのかはお店によって異なりますが、ゴールドカードを利用するからこそのメリットです。

目次へ戻る

逆にポイント還元率は同じ

ポイント還元率はゴールドカードになっても変わりません。

ポイントをどのような用途に利用するかで還元率はやや変化しますが、基本的には還元率0.5%のクレジットカードです。

クレジットカードの種類によっては、ゴールドカードを選択するとポイント還元率が高まります。

そのためJCBのクレジットカードについても、そのような特典がないかと期待したかもしれません。

しかしそのような特典はありませんので、ポイント還元率目当てでゴールドカードを選んではいけないのです。

目次へ戻る

JCB CARD Biz ゴールドはステータスや特典を重視する人におすすめ

ゴールドカードはその見た目から、誰が見てもステータスの高いクレジットカードと分かります。

そのため、ハイステータスなクレジットカードを持ってみたいと考えてる人にまずはおすすめできます。

また、空港ラウンジが無料で利用できたり海外旅行保険が充実していたりします。

そのため、海外へ出向く機会が多いなど、これらの特典に魅力を感じる人にもおすすめです。

ただ、ポイント還元率が高いなどポイント面の違いはありません。

とにかくポイントを貯めてお得になりたいと考えているのであれば、ゴールドカードではなく一般カードで十分です。

目次へ戻る

JCB CARD Biz ゴールドの特徴

審査対象は個人格なので法人設立直後でも審査に通る

個人を対象として審査をしているクレジットカードですので、法人設立直後でも審査に通過する可能性があります

それに対してJCB一般法人カードでは、法人を対象に審査をしています。そのため設立直後や赤字収支など、信用面に不安があると審査に通過しないケースが多いのです。

しかし、JCB CARD Biz ゴールドは個人だけを対象に審査しているクレジットカードです。

つまり、個人の個人信用情報に問題がなければ、法人の経営状態は審査に影響しません。

結果、設立直後であったり赤字収支であったりしても、法人カードの審査に通過する可能性があります

目次へ戻る

申し込みの流れは個人カードと同じ

申し込みの流れは個人のクレジットカードと同様です。

インターネットから申し込みをして、必要な書類をアップロードすれば申し込みを完了させられます。

JCB一般法人カードでは、インターネットから申し込みをしてから送られてくる「JCB法人カード入会申込書(自署・捺印届)」を記入しなければなりません。

記入したものは郵送する必要があり、郵送の時間でどうしても時間がかかってしまいます。

審査に時間がかかると、クレジットカードが届くまでの時間が長くなってしまいます。

審査の時間が短時間で済むJCB CARD Biz ゴールドに申し込みをした方が、素早く手に入れられるのです。

目次へ戻る

他社ポイントとの交換やマイル移行も可能

JCB一般法人カードとは異なり、クレジットカードの利用で貯めたポイントを他社のポイントやマイルに交換ができます。

JCB一般法人カードは、JCBのポイントが貯まるものの他社のポイントやマイルに交換できません。

ポイントの利便性という観点では、JCB CARD Biz ゴールドでポイントを貯めた方がお得なのです。

目次へ戻る

追加カードの発行は1枚まで

追加カードの発行は1枚までです。

JCBは本人カード1枚に対して追加の法人カードを1枚発行できるルールですので、JCB CARD Biz ゴールドもこのルールに従って追加カードが発行できます。

もし従業員が多い場合、追加カード1枚では不足してしまいます。

JCB CARD Biz ゴールドでは1枚しか発行できませんので、その点は考慮しておきましょう。

目次へ戻る

ポイント優待店ではポイント2倍以上

JCBにはポイント優待店が設定されています。

こちらのお店で支払いをすると、通常よりも多くのポイントで獲得できるのです。

獲得できるポイントは利用するお店によって異なっていて、公式サイトに内容が記載されています。

また、お店によっては事前の登録が必要ですので、こちらも公式サイトの内容を確認しなければなりません。

実際に優待店としてポイントが2倍以上になるお店は以下の通りです。

  • スターバックス:ポイント10倍
  • アマゾン:ポイント5倍
  • セブンイレブン:ポイント3倍

目次へ戻る

年間カード利用額に応じてポイント還元率アップ

JCBには「JCBスターメンバーズ」と呼ばれる仕組みがあります。

これは年間の利用金額に応じてポイント還元率がアップするものです。

ポイントは段階的にアップする仕組みとなっていて、使えば使うほど多くのポイントを獲得できます。

具体的にどの程度のポイントを獲得できるのかは、以下の通りです。

年間カード利用額に応じたポイントレートアップ制度

年間カード利用額 メンバーランク名 翌年度のポイントレート 還元率
30万円以上 スターe PLUS 1,000円→1.1ポイント付与(10%UP) 0.55%
50万円以上 スターβ PLUS 1,000円→1.2ポイント付与(20%UP) 0.6%
100万円以上 スターα PLUS 1,000円→1.5ポイント付与(50%UP) 0.75%
300万円以上 ロイヤルα PLUS 1,000円→1.6ポイント付与(60%UP) 0.8%

目次へ戻る

QUICPayとして利用可能!Apple PayとGoogle Payにも対応

QUICPayに登録できるクレジットカードです。

QUICPayは後払い式の電子マネーですので、電子マネーのチャージが手間な人におすすめです。

また、QUICPayとして利用できるだけではなくApple PayとGoogle Payにも対応しています。

最近はこれらの支払手段を利用する人が増えていますので、法人カードでもこれらに登録できるのはメリットです。

目次へ戻る

ETCカードを1枚無料で発行可能

ETCカードを一枚無料に発行可能です。

クレジットカード一枚につきETCカードを1枚無料で発行できますので、法人カードでも問題なくETCカードを発行できます。

ETCカードはクレジットカード会社によっては有料ですが、JCBでは無料ですので安心です。

目次へ戻る

JCB CARD Biz ゴールドはJCBの新しいゴールド法人カード

JCB CARD Biz ゴールドはJCBが発行する新しいゴールド法人カードです。

JCBゴールド法人カードと内容は似たものですが、審査対象が個人となったことで審査が短縮できるなどのメリットがあります。

発行速度などを踏まえると、JCB CARD Biz ゴールドのほうが魅力的なものです。

特徴の違いを理解して、JCB CARD Biz ゴールドの発行を検討してみましょう。

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2020/12/17現在

JCB CARD Biz ゴールド
カード名JCB CARD Biz ゴールド
発行会社 株式会社ジェーシービー

基本情報

入会資格
  • 法人または個人事業主。
  • カード使用者は18歳以上に限る。
年会費
(基本会員・税込)
初年度 無料
次年度以降 11,000円
年会費
(追加カード・税込)
初年度 無料
次年度以降 1名につき3,300円
ETCカード
(税込)
発行手数料 無料
年会費 無料
国際ブランド JCB
電子マネー なし
最短発行期間 公式サイト参照

ポイント関連

ポイント名称 Oki Dokiポイント
ポイント付与レート 国内加盟店での利用:1,000円→1ポイント
ポイント還元率 0.49%(JCBギフトカード5万円分と交換した場合)
ボーナスポイント
年間カード利用額に応じて、翌年度のポイント利率がアップ
30万円利用:翌年度のポイントレート10%アップ
50万円利用:翌年度のポイントレート20%アップ
100万円利用:翌年度のポイントレート50%アップ
300万円利用:翌年度のポイントレート60%アップ
JCBオリジナルシリーズ特典
Amazon、昭和シェルなど 、さまざまなジャンルの優待店でポイントが2~5倍。
OkiDokiランド
JCBのオンラインモール「OkiDokiランド」経由で買い物をすると最大20倍のポイントが貯まる。
ポイントが貯まる電子マネー なし
金券への交換
JCBギフトカード
1,050ポイント→5,000円分
2,050ポイント→10,000円分
3,050ポイント→15,000円分
4,050ポイント→20,000円分
5,050ポイント→25,000円分
6,050ポイント→30,000円分
7,050ポイント→35,000円分
8,050ポイント→40,000円分
9,050ポイント→45,000円分
10,050ポイント→50,000円分
キャッシュバック/カード利用代金に充当
申込日の翌々月のカード請求金額から差し引き
500ポイント→1,500円
1,000ポイント→4,500円
提携ポイントへの
移行
提携ポイント ビックポイントサービス 楽天スーパーポイント dポイント Tポイント WAONポイント ベルメゾンポイント nanacoポイント Joshinポイント ビックネットポイント セシールスマイルポイント JTBトラベルポイント ちょコムポイント
移行レート
Tポイント、dポイント、楽天スーパーポイント
1ポイント→4ポイント
その他のポイント
1ポイント→5ポイント
移行単位 200ポイント以上、1ポイント単位
マイレージへの移行 提携マイレージ ANAマイレージクラブ JALマイレージバンク デルタスカイマイル 
移行レート 1ポイント→3マイル
移行単位 500ポイント以上,1ポイント単位
移行手数料(税込) 無料

付帯保険

海外旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 自動付帯(カードの利用で一部補償額が増額)
死亡・後遺障害 最高5,000万円*1
傷害治療費 最高300万円
疾病治療費 最高300万円
賠償費用 最高1億円
携行品損害 最高1旅行につき50万円
救援者費用 最高400万円
渡航便遅延保険
  • 乗継遅延費用保険金:1回につき最高2万円
  • 出航遅延費用等保険金:1回につき最高2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:1回につき最高2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:1回につき最高4万円
追加カード会員 付帯条件・補償額共に基本会員と同じ。
国内旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院費用 5,000円/日
通院費用 2,000円/日
手術費用 最高20万円
渡航便遅延保険
  • 乗継遅延費用保険金:1回につき最高2万円
  • 出航遅延費用等保険金:1回につき最高2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:1回につき最高2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:1回につき最高4万円
追加カード会員 付帯条件・補償額共に基本会員と同じ。
ショッピング保険 補償額 最高500万円/年間
補償期間 購入日より90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 1事故につき3,000円
補足 *1.航空券などの旅費をカード決済した場合は最高1億円

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港 新潟空港 成田国際空港 羽田空港 富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港 関西国際空港 山口宇部空港 広島空港 米子空港 岡山空港 徳島空港 高松空港 松山空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港
国内
利用可能ラウンジ数
42ヶ所
海外
利用可能ラウンジ数
1ヶ所
プライオリティ・パス 発行不可
手荷物宅配サービス JCBトラベルデスクで海外パッケージツアーをカード払いで購入すると、空港から自宅までをスーツケース1個まで無料配送可。
旅行・レジャー関連
チケットレス国内出張
飛行機・東海道新幹線・じゃらん等のチケットをオンライン上で予約でき、チケットレスで利用できる。
福利厚生サービス
保養所・スポーツクラブや資格取得・育児サポートなどを格安料金で提供。
エンターテイメント関連
ゴルフエントリーサービス
全国約1,200か所の有名ゴルフ場のプレー予約を手数料無料で代行。
その他特典
アスクルサービス
事務用品やオフィス家具などの仕事場の必需品をオンライン上で注文可能。
JCBタクシーチケット
主要タクシーをサインひとつで利用できる。乗車料理金はビジネスカードから自動引き落としで経費精算が簡略化。

カード会社情報

商号 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立 1961年1月25日
カード会員数 123,004,000人(2018年9月末日時点)
貸金業者登録番号 ご要望により非表示
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号 0120-794-082(通話料無料/24時間/年中無休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント