暮らしの達人 > クレジットカード > 記事一覧 > イケてるプリペイドカード「Kyash」の作り方からお得な使い方まで徹底解説!常に還元率2%で買い物できる喜びを感じてほしい

イケてるプリペイドカード「Kyash」の作り方からお得な使い方まで徹底解説!常に還元率2%で買い物できる喜びを感じてほしい

公開年月日 : 2019/04/26

Kyashリアルカード

今回は、還元率2%のVISAカードとして、登場直後に話題を呼んだKyash(キャッシュ)というプリペイドカードを紹介します。100億円キャンペーンで大きな話題を呼んだPayPayの陰に隠れてしまい知名度は低いのですが、PayPayとは違ってクレジットカードと同じように使うことができ、それでいて還元率も2%と高く、利便性とお得さを兼ね揃えた素晴らしいサービスです。

Kyash単体でもお得ですが、さらにクレジットカードやスマホ決済サービスと組み合わせることで、よりお得に買い物することができます。Kyashを使うだけで誰でもお得に買い物できるため、増税後の負担軽減策としても覚えておくと役立つかもしれません。使い方を詳しく解説していくので、ぜひKyashに関する理解を深めてください。

Kyashの基礎知識

チャージが必要なプリペイドカード

Kyashとは、見た目こそクレジットカードのようですが実はプリペイドカードであり、Suicaカードと同じように使います。必ず事前にチャージする必要があり、Kyashの残高の範囲内で買い物することが可能です。

チャージはセブン銀行ATM(セブン銀行の講座は不要)や、ファミマ、ローソンに行くことで現金チャージできます。もしくはVISA、マスターカードブランドのクレジットカードからチャージすることも可能です。

目次へ戻る

アプリでカード発行!年会費無料・審査なし

Kyash

Kyashの利用を開始するには、Kyashアプリをインストールしましょう。するとアプリ内でKyashのバーチャルカードを発行することができます。年齢制限はなく誰でも無料で発行することが可能です。

ただし、アプリ上でカードを発行しただけでは、Amazonや楽天市場などのネット通販でしか利用することができません。実店舗でも利用するためには、リアルカードを発行する必要があります。

リアルカードもアプリ内から申し込みが可能で、申し込み後1ヶ月程度で指定住所に届きます。リアルカードが届いたらこれまたアプリ内で有効化手続きを踏むことで、プラスチック上のリアルカードを利用することができます。残高や利用明細はアプリ内からチェック可能です。

目次へ戻る

VISAブランド加盟店で使える

KyashにはVISAブランドのロゴがついており、街中にあるVISAブランド加盟店で決済することが可能です。一部を除き海外での加盟店も利用可能です(海外サービス手数料3%が上乗せされます)。

最近はPayPayやLINE Payなど、還元率が高いけど使えるお店が少ない決済手段が増えてきました。一方でKyashはそこそこ高い還元率を誇りながら、さらに幅広いお店で使うことができるため、利便性においても優れた決済方法だと言えます。

Kyash決済時にサインを求められたら?

通常、クレジットカードの券面にはローマ字で個人名が書いてありますが、Kyashの券面には「KYASH MEMBER」としか書いてありません。決済においてサインが必要になった際には「KYASH MEMBER」ではなく個人名を書きましょう。

目次へ戻る

決済金額に上限がある

Kyashの注意点として、利用金額に上限があることが挙げられます。

バーチャルカード
24時間あたりの利用限度額は3万円以下
1回あたりの利用限度額は3万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで
リアルカード
24時間あたりの利用限度額は5万円以下
1回あたりの利用限度額は5万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

つまり5万円を超える商品はKyashでは購入することはできません。その点だけご注意ください。

また、Kyashにはクレジットカードと同じように5年の有効期限があり、この期限内での利用限度額は100万円です。5年以内に限度額に達してしまった場合は、新たにリアルカードを発行することで新たなKyashを持つことができます。

目次へ戻る

個人間送金が可能

Kyashには個人間送金機能もあります。他にKyashアカウントを持っている人に対して、残高を送金することができます。手数料は無料なので、無駄なくお金をやりとりすることが可能です。

このように残高を送金することは可能ですが、出金することはできません。つまり一度チャージした残高は、買い物や送金によって使い切る必要があります。の、残高の有効期限はありません。

目次へ戻る

Kyashのメリット

決済金額の2%が毎月キャッシュバック

Kyash最大のメリットは、月間のカード利用額に対して2%分がキャッシュバックされることです。例えばひと月に5万円のカード利用があれば1,000円分の残高が戻ってきます。還元率は2%です。一般的なクレジットカードの還元率が0.5%と言われていて、楽天カードやヤフーカードなどの高還元率のクレジットカードと言われるものでも1%です。Kyashはそれらよりも高い還元率であるため、お得に買い物できる方法として人気があります。

目次へ戻る

オートチャージ(自動チャージ)機能でクレジットカードと同じように使える

「いくら還元率が高くても、Suicaみたいにいちいちチャージしなくちゃいけないんじゃめんどくさいよ」と思う方もいると思いますが、ご安心ください。

Suicaにオートチャージがあるように、Kyashにも「自動チャージ」と呼ばれるオートチャージ機能があります。

一度クレジットカードを登録しておくことで、残高を超える買い物をするときには自動的にチャージしてくれます。しかもこのチャージは1円単位で行われます。

残高が0円の状態で759円の買い物をすれば、759円のチャージが自動的に行われます。残高が200円の状態で1万円の買い物をすれば、9,800円のチャージが行われます。

つまり自動チャージの設定をしておけば残高不足の概念がなくなり、クレジットカードとほぼ変わらない利便性を誇ります。

目次へ戻る

クレジットカードからのチャージでポイント二重取り

さらにKyashがすごいのは、クレジットカードからKyashにチャージすると、クレジットカードの利用ポイントも貯まることです。

例えば楽天カードからKyashにチャージした場合、チャージ金額100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。つまり、チャージ時と決済時でポイントの二重取りが可能になるわけです。

合計した還元率は3%です。

目次へ戻る

PayPayや楽天ペイとの組み合わせでポイント三重取り

さらに発展させたのが、PayPayや楽天ペイなどのスマホ決済アプリとの組み合わせです。

PayPayや楽天ペイではクレジットカードを登録して支払うことができます。このとき、プリペイドカードですがKyashも登録することができます。すると、PayPayや楽天ペイのポイントも貯まるため、ポイントの三重取りが可能です。

PayPayにKyashを登録した場合
クレジットカードからKyashへのチャージ(還元率1%程度)+Kyashの決済(還元率2%)+PayPayの利用(還元率0.5%)
合計還元率:3.5%(1回の買い物でクレジットカードのポイント+Kyash残高+PayPay残高が貯まる)
楽天ペイにKyashを登録した場合
クレジットカードからKyashへのチャージ(還元率1%程度)+Kyashの決済(還元率2%)+楽天ペイの利用(還元率0.5%)
合計還元率:3.5%(1回の買い物でクレジットカードのポイント+Kyash残高+楽天スーパーポイントが貯まる)

仕組みは複雑ですが、どれも一度設定しておくだけで自動的に三重取りができるので、ぜひ活用してみてください。

目次へ戻る

利用明細が通知で届く

Kyashで決済するとすぐに決済の詳細がアプリに通知されます。万が一不正利用された際にもこの通知のおかげで気づくことができるでしょう。

目次へ戻る

紛失時にはすぐにカードの一時停止が可能

さらにKyashのリアルカードを紛失した場合は、アプリ上からすぐに利用の一時停止ができます。クレジットカードとは違いあくまでも一時停止なので、見つかればすぐにロックを解除することができます。

  • クレジットカードの紛失時:一時停止はできないので、新規発行してもらうしかない。必ず電話で手続きする
  • Kyashリアルカードの紛失時:一時停止が可能で、見つかったら再開できる。アプリ上から手続きする

目次へ戻る

Kyashのデメリット

見た目のステータス感はゼロ

Kyashの券面デザインは1種類だけです。ブルーを基調とした爽やかな感じこそあれど、カード番号はエンボス加工がされておらずペラペラで、偽造防止のホログラムやICチップがないため、なんとなくおもちゃのカードのようにも見えてしまいます。

デートの時などに使うと、ちょっと財布から出すのをためらうかもしれません。

目次へ戻る

申し込んでから自宅に届くまでは1ヶ月以上を覚悟しよう

バーチャルカードは一瞬で発行することができますが、リアルカードとなると、申し込みから手元に届くまで1ヶ月以上かかります。

すぐに手に入るものではないので、申し込みの際はお気をつけください。

目次へ戻る

まとめ:普段のクレジットカードの還元率を+2%!誰にでもおすすめできる高還元!

ここまで紹介してきたように、Kyashを持つことに対して特別なコストがかかるわけでもないため、少しでも興味があれば発行してみることをおすすめします。特にクレジットカードからチャージすることでクレジットカードのポイントとKyashの2%還元を両立できるため、Kyashを挟むだけで簡単に買い物の還元率を上げることができます。

  • 楽天カードからKyashにチャージして決済:還元率3%
  • ヤフーカードからKyashにチャージして決済:還元率3%
  • イオンカードからKyashにチャージして決済:還元率2.5%

特に今後は増税により、消費税負担が8%から10%に増加します。Kyashを使えばクレジットカードの還元率2%上げることができるため、増税分の負担を簡単に軽減することができます。そういう意味でもおすすめなカードであり、是非入会を検討してみてください。

ウォレットアプリ Kyash – いつものお支払いを2%お得に

目次へ戻る

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント