暮らしの達人 > クレジットカード > 三菱UFJニコス株式会社 > MUFGカード ゴールドのメリット/デメリットまとめ!国内渡航便遅延保険が付帯する格安ゴールドカード

MUFGカード ゴールド

最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯。年会費は1,905円(税別)の格安ゴールドカード

MUFGカード ゴールド
発行会社 三菱UFJニコス株式会社
年会費(税別)1,905円
最短発行期間翌営業日 ポイント還元0.5~0.7%
付帯保険 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険

キャンペーン実施中スピード発行(1週間以内お届け)ゴールドカード家族カード発行ETCカード発行、海外キャッシングOK、空港ラウンジ利用可、Master、Apple Pay対応グローバルポイント、複数のマイルが貯まる、JALマイルが貯まるマイレージプラスが貯まる海外旅行保険付帯、国内旅行保険付帯、ショッピング保険付帯

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会+入会日から3ヵ月後の末日までにキャンペーン登録で最大2,000ポイントがもらえる!

  1. MUFGカードWEBサービスID登録で100ポイント付与
  2. 期間内に50万円以上のカード利用で最大1,000ポイント付与
  3. 期間内に5万円以上のカード利用の上、メールマガジン登録で200ポイント付与
  4. 期間内に5万円以上のカード利用の上、WEB明細チェックの登録で200ポイント付与
  5. 期間内に5万円以上のカード利用の上、「楽Pay」登録で200ポイント付与
  6. 期間内に5万円以上のカード利用の上、携帯電話・PHS料金の支払いで100ポイント付与
  7. 期間内に5万円以上のカード利用の上、電気・ガス料金の支払いで100ポイント付与
  8. 期間内に5万円以上のカード利用の上、家族カードの申し込みで100ポイント付与
カードのお申込みはこちら

MUFGカード ゴールドの特徴

年会費わずか1,905円(税別)の格安ゴールドカード

MUFGカード ゴールドは年会費1905円(税別)で持てる格安のゴールドカードです。一般的なゴールドカードの年会費の相場は10,000円(税別)ですので、かなりの低価格で持てるゴールドカードです。

ただ他社のゴールドカードと比較すると格安のゴールドカードですので、その分特典も最低限のものです。つまりゴールドカードの入門的な位置づけのクレジットカードです。

以下ではMUFGカード ゴールドのサービスを詳しくご説明していきます。

目次へ戻る

カード利用で「グローバルポイント」が貯まる

クレジットカードのショッピング利用で1,000円(税込)につき「グローバルポイント」が1ポイント貯まります。グローバルポイントは主に1ポイント5円相当で利用できますので還元率は0.5%です。お得なクレジットカードと呼ばれる基準は還元率1%ですので、MUFGカード ゴールドは「ショッピングでポイントを貯めてお得に買い物したい」と考えてる人には不向きのクレジットカードです。ポイントを貯めてお得に買い物をしたいと考えているのであれば、年会費無料で還元率1%以上の「楽天カード」や「Yahoo!JAPANカード」などのクレジットカードを検討するべきです。

ただし、航空会社のマイルである「クリスフライヤー」や「スカイパス」に交換できる珍しい特徴を持っています。クレジットカードのポイントの中で、これら海外航空会社のマイルに交換できるものは多くはありません。そのためクレジットカードの利用でポイントを貯めて、これらのマイルに交換するという目的がある場合にはMUFGカード ゴールドを利用するのも悪くはありません、

関連記事:
グローバルポイントが貯まるクレジットカード、使い道、交換レート情報のまとめ

目次へ戻る

MUFGカード ゴールドアメックスとの比較

MUFGカード ゴールドには2種類あります。1つ目はこのページでご紹介している「MUFGカード ゴールド」です。もう1つは「UFGゴールド アメックス」と呼ばれるクレジットカードです。後者は選択できる国際ブランドがアメックスのみに限定されています。

選択できる国際ブランドの違いはありますが、年会費やポイント還元率など基本的なクレジットカードのスペックはどちらも変わりません。しかし、MUFGゴールド アメックスは入会後1年間ポイントが1.5倍獲得できたり、海外利用であればポイントが2倍獲得できたりするなどの特典が付帯されています。また、アメックスブランドのクレジットカードですので提携しているホテルで割引などの優待を受けられる特典もあります。そのためポイント面・特典面で比較するとMUFGゴールドアメックスの方が優れています。

ただし、海外で利用することを想定しているのであれば国際ブランドはアメックスよりもVISAやマスターカードを選択しておくべきです。確かにアメックスを選択した方が特典面ではお得です。しかしクレジットカードの加盟店数はVISAやマスターカードの方が圧倒的に多いのです。そのため特典面ではアメックス、利便性ではVISAかマスターカードという選択時のジレンマがあります。 どちらの国際ブランドを選択したとしても大きく後悔することはないでしょう。そのため、それぞれのクレジットカードに少し違った特徴があることは頭の隅に置いておくことをおすすめします。

関連記事:
クレジットカードの国際ブランドとは何か?気になる6大ブランドの特徴とカード選びのポイントを解説

目次へ戻る

MUFGカード ゴールドのメリット

最短翌営業日のスピード発行

MUFGカード ゴールドはゴールドカードでありながら最短よく営業日発行のスピード発行クレジットカードです。一般的にゴールドカードの発行には一週間以上必要ですので、短時間で発行されることはメリットです。

クレジットカードのスペックで比較するとアメックスの方が若干優れてはいます。しかし、こちらは最短で翌営業日に発行してもらうことが可能です。そのため、「可能な限り早くゴールドカードを手に入れたい」と考えている人であれば、こちらに申込みをした方が早く受け取れる可能性は高いです。早くクレジットカードが欲しい人はもちろんのこと、海外への旅行などを控えていて素早く海外旅行保険を手に入れた人もこちらのクレジットカードに申し込みするべきです。

ただし、MUFGカード ゴールドを最短翌営業日に発行してもらうためには以下の注意点があります。

  • オンライン入会で申し込み完了時間が9:00まで
  • 国際ブランドはVISAかマスターカードを選択する

オンラインで申込みをする人が大半だとは思いますが、9:00までに申込みを完了させておく必要があります。朝起きてすぐに申込みをしたり、夜中寝る前に申込みをしておくとその日の朝一から審査などを進めてもらえるということです。ただし、クレジットカード会社も24時間営業ではありませんし土日祝日などは会社がお休みですので審査は実施されていません。翌日の発行ではなく翌営業日の発行ですので連休前に申込みをした場合には、発行まで時間が必要となる可能性もあります。

また、国際ブランドの選択肢にはJCBもありますがJCBブランドのクレジットカードは最短2営業日での発行です。翌営業日には発行されませんので、選択する国際ブランドには注意しましょう。 また、クレジットカードは最短翌営業日に発行されるもののETCカードは翌営業日発行ではありません。クレジットカードが発行されてから、遅れてETCカードも発行されます。クレジットカードと同時にETCカードは届きませんので、ETCカードもスピード発行したいと考えている人は勘違いしないように注意しましょう。

関連記事:
今すぐ作れるクレジットカードはこれだ!最短即日発行に対応したカードの作り方・おすすめカードまとめ

目次へ戻る

国内6空港とダニエル・K・イノウエ空港(ハワイ)でラウンジを無料利用できる

国内6空港と海外のダニエル・K・イノウエ空港で空港ラウンジを無料利用できます。国内で空港ラウンジが無料で利用できるのは以下の空港です。

  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

無料利用の対象ラウンジは国際線のラウンジに限られています。国内線のラウンジは利用できませんので注意しておきましょう。

ゴールドカードの中には、国内線のラウンジも含めてもっと数多くの空港ラウンジが利用できるものもあります。そのようなゴールドカードと比較すると利用できる空港数もラウンジ数も少ないですので見劣りしてしまうかもしれません。

ただ重要なことはこれだけ低価格な年会費で空港ラウンジが利用できるクレジットカードであるということです。飛行機の利用は国際線が中心であり、国際線の空港ラウンジのみ利用できれば問題ないと考えてる人であれば、この年会費で空港ラウンジが無料利用できることは大きなメリットです。

関連記事:
空港ラウンジの基本からラウンジに無料アクセスできるおすすめクレジットカードまでわかりやすく解説

目次へ戻る

年会費のわりに海外旅行保険が充実

ゴールドカードですので海外旅行保険が付帯されています。海外旅行保険は自動付帯なのでクレジットカードを持っているだけで自動的に海外旅行保険が適用されます。ゴールドカードの中にも条件を満たすことで海外旅行保険が適用される「利用付帯」と呼ばれるもので海外旅行保険が付帯されているものもあります。これらと比較すると自動的に付帯される自動付帯であることはメリットです。

しかも低価格な年会費でありながら海外旅行保険の補償額も高額であることが特徴です。ただ、2年目以降は年間のクレジットカード利用金額が20万円(税込)未満になると海外旅行保険の補償額が大幅に下がってしまいます。年間の利用金額とその時に適用される海外旅行保険の補償額をまとめると以下の通りです。

MUFGカード ゴールドの海外旅行保険

保険金の種類 初年度または前年のカード利用額が20万円以上の場合の補償額 前年のカード利用額が20万円未満の場合の補償額
傷害死亡・後遺障害保険金 2,000万円 100万円
傷害治療費用保険金 200万円 20万円
疾病治療費用保険金 200万円 20万円
賠償責任保険金 2,000万円 100万円
携行品損害保険金 1回の旅行につき最高20万円 1回の旅行につき最高10万円
救援者費用保険金 200万円 50万円

条件付きではありますが、この年会費でそれなりに充実した海外旅行保険が付帯されているのは嬉しい特典です。ただ海外旅行保険を目当てにしているのであれば、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しているエポスカードの方がおすすめです。年会費無料で自動付帯であるだけではなく、保障額も高額ですのでしっかりとした保険を手に入れられます。

関連記事:
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ前に最低限おぼえておきたい6つのポイント

目次へ戻る

国内線限定だが、渡航便遅延保険が付帯

国内線限定ですか渡航便遅延保険が付帯されています。渡航便遅延保険とは搭乗予定の国内便が欠航や遅延した場合に適用される保険のことです。具体的には以下のような保険が付帯されています。

MUFGゴールドカードの国内航空便遅延保険の保険金の種類と補償内容

出航遅延費用等保険金 飛行機が遅延や欠航をした場合に、宿泊料金や食事代の実費を支払います。 1万円まで
乗継遅延費用保険金 飛行機が遅れたことで乗継便に乗れなかった場合に、宿泊料金や食事代の実費を支払います。 2万円まで
寄託手荷物遅延費用保険金 預けた手荷物が目的地に運搬されなかった場合に、目的地で購入した生活必需品などの購入費用の実費を支払います。 1万円まで
寄託手荷物紛失費用保険金 預けた手荷物が紛失した時に、目的地で購入した生活必需品などの購入費用の実費を支払います。 2万円まで

保険金の名前は難しいかもしれませんが、欠航や遅延、手荷物の紛失などで損害が出た場合に保険が適用されます。一律で支給されるのではなく、自己負担金額の範囲内で保険が適用されます。例えばと幸便遅延費用等保険金の対象となった場合、自己負担金額が8,000円であれば8,000円が支給されますし、30,000円だったとしても10,000円しか支給されません。

また、保険の請求時には領収書など支払い内容の証明ができるものを添付しなければなりません。国内ですので領収書は簡単にもらえると思いますし、忘れないように受け取っておきましょう。

カードのお申込みはこちら

目次へ戻る

MUFGカード ゴールドのデメリット・注意点

ボーナスポイント制度があるもののポイント還元率は平凡

MUFGカードシリーズには「アニバーサリーポイント」と「グローバルPlus」と呼ばれるポイントレートがアップするサービスがあります。これらのサービスを活用するとポイント還元率は最大で1%までアップしますが、それでも1%が上限です。

そのため条件を満たして還元率1%にするぐらいであれば、最初から還元率1%以上のクレジットカードを利用した方がマシです。特に今では年会費無料で還元率1%以上のクレジットカードが多数発行されています。そのようなクレジットカードがある状況ですので、「クレジットカードで支払いをしてポイントをお得に貯めたい」という要望を叶えるのには向いていないクレジットカードです。

ただクレジットカードの還元率0.5%は標準的な還元率です。決してMUFGカード ゴールド利用すると他のクレジットカードと比較して損をするわけではありません。むしろお得に使えるとは言えないものの、ボーナスポイントが用意されていますので標準よりは少しお得です。

目次へ戻る

まとめ:ゴールドカードがどんなものか試してみたい人におすすめ!

MUFGカード ゴールド

カードのお申込みはこちら

年会費の安いクレジットカードですが、ゴールドカードですので空港の無料ラウンジサービスや海外旅行保険が付帯されています。そのためコストパフォーマンスの高いクレジットカードの一つではあります。

ただ国際線を頻繁に利用するなど、メリットをしっかりと活用できる人であれば手荷物無料宅配サービスなどが付帯されたMUFGカード ゴールド アメリカンエキスプレスの方がおすすめです。国際線のフライトを積極的に利用する人であれば活用できる特典が多数付帯されています。

また海外旅行保険も年会費に対して充実しているものではあります。しかしこちらも年会費無料のエポスカードを利用した方がさらに優れていますので海外旅行保険を目当てに入会することはおすすめできません。

特典面では特筆しておすすめできるものはありませんが、「国際線の空港ラウンジを試しに使えたら良い」と考えている人や「国内線の渡航便遅延保険が手に入れば良い」などピンポイントに求めている特典がある人にはおすすめです。

また、この低価格な年会費で高級感のあるゴールドカードを持てることは、他のクレジットカードにはない強みです。そのためゴールドカードに入会して所有欲を満たしたい人や、人前でクレジットカードを使う時に恥をかかないように持っておきたいと考えている人にもおすすめします。

目次へ戻る

MUFGカード ゴールドの審査基準

申し込み資格

MUFGカード ゴールドの申し込み資格は公式サイトによると以下の通りです。

18歳以上で安定した収入のある方。

引用元:MUFGカード ゴールド | ゴールドカード(MasterCard・Visa・JCB)なら三菱UFJニコス(2019年3月8日取得)

格安のゴールドカードであることからか、10代でも申し込みが可能です。一般的にゴールドカードの申し込みは20歳以上や30歳以上と設定されていることが多く、18歳から申し込みができるものは少ないです。

MUFGカードにはより上位のゴールドカードである「MUFGカード ゴールドプレステージ」もあり、こちらは年会費10,000円(税別)です。他社が発行する一般的なのゴールドカードと同じ価格帯となりますし、特典内容も他社のゴールドカードと引けを取りません。

つまり、MUFGカード ゴールドは一般カード以上ゴールドカード未満の位置に存在するクレジットカードであると考えられます。そのことから、18歳から申し込みが可能であり、審査のハードルに関しても一般カード並か少し厳しい程度であると考えられます。

目次へ戻る

MUFGカード ゴールドのキャンペーン

MUFGカード ゴールドでは現在、最大で現金6,000円が獲得できる入会キャンペーンが実施されています。キャンペーンの内容は以下の通りです。

  • 入会後2ヵ月後までにショッピング利用3万円以上:1,000円(マスターカード・JCBブランドであれば2,000円)
  • 携帯電話・PHS料金の支払い or 「楽Pay」の登録:1,000円
  • MUFGカードWEBサービスへの登録:500円
  • Web・アプリからの入会で入会後2ヵ月後までにショッピング利用5万円以上:2,500円

Webから申込みする人が多いと思いますので、この申込みで入会後2ヵ月後までに5万円以上利用することで最低でも3,500円を獲得できます。マスターカードやJCBブランドであれば4,500円です。

楽Payは自動リボ払いのサービスですので、キャンペーンの対象ではあるものの使いこなす自信が無い人にはおすすめできません。キャンペーンでお得になってもリボ払い手数料で損をしてしまう可能性があります。そのため基本的には携帯電話の支払いをMUFGカード ゴールドに変更することをおすすめします。

目次へ戻る

関連記事:MUFGカードシリーズの違いまとめ

MUFGカードにはカードだゴールドカードけでなく、ゴールドプレステージカードもあります。さらにVISA・JCB・マスターカードとアメックスブランドではカードの特徴が異なります。これらのカードにはどのような違いがあるのでしょうか?下記の関連記事内で、複数種類あるMUFGカードシリーズの特徴の違いをまとめました。関連記事を読めば、他のMUFGカードとの違いが明確になると思います。

関連記事:
MUFGカード7種類を徹底比較 特徴・違いを一覧表でわかりやすく解説

目次へ戻る

カードのお申込みはこちら

2017/01/11現在

MUFGカード ゴールド
カード名MUFGカード ゴールド
発行会社 三菱UFJニコス株式会社

基本情報

入会資格 学生を除く18歳以上で、本人または配偶者に安定した収入のある方。
年会費
(基本会員・税別)
初年度 無料
次年度以降
  • 1,905円
  • 「楽Pay」登録と年1回以上のリボ払い手数料の支払いで半額
年会費
(家族会員・税別)
初年度
  • 1名まで無料
  • 2名以降も初年度無料
次年度以降
  • 1名まで無料
  • 2名以降は1名につき400円
ETCカード
(税別)
発行手数料 無料
年会費 無料
国際ブランド Master
電子マネー なし
最短発行期間 翌営業日

ポイント関連

ポイント名称 グローバルポイント
ポイント付与レート
  • 一般加盟店での利用:1,000円→1ポイント
  • 入会後1年間、アニバーサリーポイント対象期間:1,000円→1.5ポイント
ポイント還元率
一般加盟店での利用
0.5%(提携ポイントと交換した場合)
アニバーサリーポイント対象期間
0.75%(提携ポイントと交換した場合)
ボーナスポイント
アニバーサリーポイント
入会時に好きな月を指定し、その月にカード利用するとポイント1.5倍。
1年間のカード利用額によって翌年度のポイントレートが以下の通りにアップする(グローバルPLUS)
50~100万円未満:20%アップ(1,000円→1.2ポイント)
100万円以上:50%アップ(1,000円→1.5ポイント)
Point名人.com
MUFGカードのオンラインモール「Point名人.com」経由で買い物をするとボーナスポイント付与。
ポイントが貯まる電子マネー なし
金券への交換
三菱UFJニコスギフトカード
850ポイント→3,000円分
1,550ポイント→6,000円分
MOS CARD
650ポイント→2,000円分
Amazonギフト券、図書カード、iTunes Card、全国共通お食事券ジェフグルメカード、JAL旅行券
350ポイント→1,000円分
キャッシュバック/カード利用代金に充当
次回、またはその次の請求金額から差し引き
500ポイント→2,000円
提携ポイントへの
移行
提携ポイント ビックポイントサービス 楽天スーパーポイント dポイント Tポイント Pontaポイント WALLET ポイント ベルメゾンポイント nanacoポイント Suicaポイントクラブ リクルートポイント
移行レート
Tポイント、Suicaポイント
1ポイント→4.5ポイント
その他
1ポイント→5ポイント
移行単位 500ポイント以上、100ポイント単位
マイレージへの移行 提携マイレージ JALマイレージバンク マイレージプラス 
移行レート 1ポイント→2マイル
移行単位 500ポイント以上、100ポイント単位
移行手数料(税別) 無料

付帯保険

海外旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 自動付帯(カードの利用で一部補償額が増額)
死亡・後遺障害 最高2,000万円*1
傷害治療費 最高200万円*1
疾病治療費 最高200万円*1
賠償費用 最高2,000万円*1
携行品損害 最高1旅行につき20万円*1
救援者費用 最高200万円*1
渡航便遅延保険 なし
家族会員 なし
家族特約 なし
国内旅行保険
(金額は最高補償額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
入院費用 3,000円/日
通院費用 2,000円/日
手術費用 最高3,000円×(10~40倍)
渡航便遅延保険
  • 乗継遅延費用保険金:1回につき最高2万円
  • 出航遅延費用等保険金:1回につき最高1万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:1回につき最高1万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:1回につき最高2万円
家族会員 なし
家族特約 なし
ショッピング保険 補償額 最高100万円/年間
補償期間 購入日より90日以内に生じた破損・盗難に適用
自己負担額 1事故につき3,000円
補足 *1.2年目以降は年間のカードが20万円未満になると海外旅行保険の補償額が以下の通りになる。
  • 死亡・後遺障害:最高100万円
  • 傷害治療費:最高20万円
  • 疾病治療費:最高20万円
  • 倍賞費用:最高100万円
  • 携行品損害:1旅行につき最高10万円
  • 救援者費用:最高50万円

空港サービス・その他

空港ラウンジ 利用できる国内空港 新千歳空港 成田国際空港 羽田空港 中部国際空港 関西国際空港 福岡空港
国内
利用可能ラウンジ数
14ヶ所
海外
利用可能ラウンジ数
1ヶ所
プライオリティ・パス 発行不可

カード会社情報

商号 三菱UFJニコス株式会社
所在地 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX
設立
  • 1951年6月7日(創業)
  • 2007年4月1日(設立)
カード会員数 17,244,547人(2015年9月30日)
貸金業者登録番号 ご要望により非表示
カードの紛失・盗難時問い合わせ番号
  • MUFGカード:0120-107542(通話料無料/24時間/年中無休)
  • DCカード:0120-664476(通話料無料/24時間/年中無休)
  • NICOS:0120-159-674(通話料無料/24時間/年中無休)
カードのお申込みはこちら

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント