暮らしの達人 > クレジットカード > スマホ決済 > QRコード決済アプリ7社を比較!今最もお得に買い物できるのはコレ!

QRコード決済アプリ7社を比較!今最もお得に買い物できるのはコレ!

公開年月日 : 2019/06/04

このところ〇〇Payと呼ばれるQRコード・バーコード決済アプリの話題を耳にすることが多くなりました。電子マネーと比較すると決済スピードが遅く退化している印象ですが、PayPayの100億円キャンペーンを皮切りに各社大盤振る舞いの還元キャンペーンを行ない続けたことが功を奏し、今やQRコード・バーコード決済アプリ=お得に買い物できるものという構図が出来上がりつつあります。

では、現在世の中にある〇〇Payにはどのようなものがあって、それぞれどうお得、どこでお得に使えるのでしょうか。その辺りが気になる人に向けて、各社のQRコード・バーコード決済アプリの特徴やお得に利用するための方法を紹介していきます。

PayPay:誰でも簡単に還元率3〜10%!やはりPayPayは利用するべき

QRコード・バーコード決済アプリ業界を牽引していると言っても過言ではないPayPayは鉄板です。大きな話題を呼んだ2回の100億円キャンペーンが終了し、そのフィーバーっぷりはひと息ついた感はありますが、今でもなおPayPayでの決済で3〜10%の還元率を望めます。

まず、PayPay残高、Yahoo!マネー、ヤフーカードのいずれかで支払うだけで3%還元されます。ただし還元額には上限があり、「1回の支払いにおける付与上限」は15,000円相当、「1カ月の付与合計上限」は30,000円相当です。とはいえ支払額で言うと、1回の買い物では50万円、1ヶ月では100万円の支払いまでは還元対象となるので、普段使いとするには十分でしょう。

また、6/1からは、20回に1回の確率で最大1,000円相当がキャッシュバックされます。最大1,000円なので、1万円の商品購入時に当たれば1,000円分が、500円の商品購入時に当たれば500円相当が丸々戻ってくる計算です。

さらにこれに加えて、「いつでもどこでもワクワクペイペイ」によって、月によって変わる対象のお店を利用すると、通常3%還元のところ10%還元にアップします。還元上限額は1回1,000円で期間中は30,000円です。支払額で言うと、1回1万円、期間中30万円までです。

以上、PayPayならば普通に使うだけで「誰でも簡単に」「3%〜10%の還元率で決済できる」わけです。この使い勝手の良さ・お得さから言っても、PayPayはQRコード・バーコード決済アプリにおいて最もおすすめできると思います。

目次へ戻る

LINE Pay:還元率は3.5%!さらにお得に使いこなすには「Payトク」がカギ

LINE PayもPayPayのように規模の大きなキャンペーンを行なっています。そして何よりLINEという既に大量のユーザーを抱えるサービスをベースとしているため、最終的にはLINE Payの一人勝ち状態になるのでは、とも予想されています。

LINE Payの還元率は通常0.5%ですが、コード払い時は3.5%にアップします(2019年7月31日まで)。さらに下記の通り月間のLINE Pay利用額に応じて基本の還元率が0.5→2%になりますが、それを維持するためには毎月10万円以上支払わないといけないので、若干条件は厳しめです。

マイカラー 判断基準 還元率
ホワイト 1万円未満 0.5%
レッド 1万円以上5万円未満 0.8%
ブルー 5万円以上10万円未満 1%
グリーン 10万円以上 2%

:2019/7/31までは上記還元率に3%が上乗せされます

とは言えLINE PayはLINEユーザーであればすぐに利用を開始できますし、「Payトク」という毎月開催されているキャンペーン期間中に利用することで、還元率は15.5〜20%を望めます。したがって、Payトク期間に積極的に活用していくようにしましょう。

さらに、LINEデリマというLINEの出前・宅配サイトでLINE Pay支払者限定でキャンペーンが行われているなど、他のLINEのサービスとも跨ってお得に使える可能性があります。

以上を踏まえると、PayPayと双璧をなすQRコード・バーコード決済アプリだと言えるでしょう。また、LINE PayはJCB加盟店で使えるLINE Payカードがあったり、今後はVISAブランドで還元率3%のLINE Payクレジットカードが登場する予定だったり、今後に期待できます。

目次へ戻る

Origami Pay:ローソンや吉野家などで「2%割引」が魅力!Kyashとの連携で還元率5%も望める

Origami PayはPayPayやLINE Payのように、巨大な組織の一部というわけではありません。そのため露出度が低く、馴染みのない方も多いと思いますが、個人的にはPayPayに次いでおすすめしたいQRコード・バーコード決済アプリです。

その理由は、ローソンや吉野家など、対象店で利用するとその場で2割引きになるからです。他社の決済サービスの場合、利用後にポイントなどで還元されるケースがほとんどですが、Origami Payにおいては割引になるため、よりお得を実感しやすいメリットがあります。

さらに還元率2%のVISAブランドプリペイドカード「Kyash」をOrimiga Payに登録することで、Origami Payでの支払いによる還元率が5%を超えることもあります。また、Origami Payユーザーが使えるクーポン券が配信されることもあり、お得に買い物できます。

一方で、Origami Payは全国チェーンの加盟店が少ないというデメリットがあります。どちらかというと個人店で使えるケースが多い印象です。また、海外のキャッシュレス業者との提携に積極的で、今後は海外でもOrigami Payによる決済ができるようになる見込みです。

目次へ戻る

楽天ペイ:イマイチ!楽天カードユーザーなら優遇特典が開催される可能性も

これはもう結論から言ってしまうと、楽天カードユーザー以外にとってはそこまでメリットのある決済方法ではありません。

ポイント還元率は0.5%であり、LINE Payのように還元率がアップする仕組みもありません。使えるお店も特に目立ったものがなく、他社と比較した時の強みがない状況です。

ただし、楽天カードユーザー限定でお得なキャンペーンが開催されていることがあります。楽天カードユーザーや楽天スーパーポイントをたくさん貯めたい人は、利用を検討してみても良いでしょう。

目次へ戻る

メルペイ:メルカリユーザー向けの決済アプリだが、とんでもないキャンペーンが出てくる可能性あり

メルペイのメリットは「メルカリの売り上げを元手に買い物できること」なので、当然メルカリユーザーに最もおすすめします。メルカリユーザーでなくても銀行チャージで利用することができますが、メルペイにはポイント制度がないためお得な買い物ができません。

しかしメルペイは過去にとんでもないキャンペーンを開催した実績があります。まず、セブンイレブンで70%還元というキャンペーンがありました。通常、景品表示法の都合により、どの会社も還元率は「最大20%」に留めています。にも関わらず、メルペイは70%還元キャンペーンを行なったのです。なぜメルペイに限ってこのようなことができたのか、詳細は不明ですが、今後も限界を超えたキャンペーンを行なってくれる可能性があります。

他にも、コンビニ商品が半額になるクーポンや、回転寿司のネタが1品無料になるクーポンなども発行したことがあります。普段使いとしてはおすすめしませんが、メルペイのキャンペーン情報は追っておくと良いでしょう。

目次へ戻る

d払い:ドコモユーザー優遇キャンペーンが多い

d払いも普段の還元率は0.5%であり、加盟店舗も他社と比較してそこまでの違いがないことから、キャンペーン開催時にしか旨味がないQRコード・バーコード決済アプリです。

キャンペーンさえ開催されれば、その期間はお得に買い物することが可能です。しかし、キャンペーンの対象者がどこも契約者限定ということもあります。今の所、ドコモユーザーであれば利用を検討しても良いでしょう、というレベルです。

目次へ戻る

au Pay:auユーザーしか使えず、現状は様子見か

au Payはそもそもau契約者しか利用することができません。利用者がかなり絞られてしまいます。

au Payもキャンペーン開催時はお得に利用することができますが、それもauスマートパスプレミアム会員が優遇されているなど、最大限お得に利用するためには高いハードルが設けられてしまっています。

今後、au契約者以外も利用できるようになる見込みなので、au Payの場合はそうなってからが勝負かもしれません。今はまだスルーしておいて構わないでしょう。

目次へ戻る

おすすめカード2019 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント