暮らしの達人 > クレジットカード > 記事一覧 > 【ポイント投資比較】国内株からFXまで!投資に使えるポイントとおすすめ投資先や手数料を解説!【楽天・LINE・d・T】

【ポイント投資比較】国内株からFXまで!投資に使えるポイントとおすすめ投資先や手数料を解説!【楽天・LINE・d・T】

公開年月日 : 2020/06/15

【ポイント投資比較】国内株からFXまで!投資に使えるポイントとおすすめ投資先や手数料を解説!【楽天・LINE・d・T】

この記事の内容まとめ

  • クレジットカードの利用などで貯まるポイントの中には、国内株、投資信託、仮想通貨、FXに投資できるものがある
  • 国内株:楽天ポイント、LINEポイント(信用取引含む)、dポイント、Tポイントで投資可能
  • 投資信託:楽天ポイント、LINEポイントで投資可能
  • 仮想通貨:楽天ポイントで投資可能
  • FX:Tポイントで投資可能
  • ハイリターンを狙うなら、仮想通貨やFXに投資できる楽天ポイント(楽天証券)、Tポイント(ネオモバイル証券)がおすすめ
  • 堅実に資産運用するなら、投資信託や株をNISA枠で購入できる楽天ポイント(楽天ウォレット)がおすすめ

ポイントと言えばお店で使ったり、金券などに交換したりして消費するのが当たり前でしたが、ここ最近はポイントを使って投資までできるようになってきました。

ポイント投資には、現金の代わりとして実際に株などの金融商品に投資できるものと、東証株価指数などの指標に合わせてポイント数が増減する、いわゆる「投資体験」のものの2種類があります。

  • ポイントで金融商品に投資できるもの:利益が出れば現金が増える
  • ポイントを運用する「投資体験」のもの:利益が出ればポイントが増える

この記事では前者の、実際に金融商品に投資できるタイプのポイント投資について紹介します

目次

金融商品に投資できるポイントを比較

ポイントと投資できる金融商品比較

名称 楽天ポイント LINEポイント dポイント Tポイント
銘柄
  • 国内株
  • 投資信託
  • 仮想通貨
  • 国内株
  • 投資信託
国内株
  • 国内株
  • FX
交換レート 1ポイント→1円 1ポイント→1円 1ポイント→1円 1ポイント→1円
ポイントが貯まるクレジットカード 楽天カード LINE Pay VISAクレジットカード dカード Yahoo!カード

投資に使えるポイントと、投資対象となる商品は以上の通りです。

ではそれぞれのポイントで、実際に投資を行う際の注意点や手数料などを、金融商品ごとに解説していきます。

目次へ戻る

ポイント投資で国内株を買う場合を比較

国内株に投資できるポイントは楽天ポイント、LINEポイント、dポイントの3つです。

ポイントの貯めやすさでは、還元率3%を誇るLINE Pay VISAクレジットカードを擁するLINEポイントが最右翼ですが、手数料を考慮すると楽天ポイントが最もおすすめです。

株式投資できるポイント比較

名称 楽天ポイント LINEポイント dポイント Tポイント
証券会社 楽天証券 LINE証券 SMBC日興証券 ネオモバイル証券
単元未満株取引 不可 可能 可能 可能
信用取引 不可 可能 不可 不可
最低購入額 株価次第 100円 100円 100円
NISA 対応 非対応 対応 非対応
出金手数料 無料 220円 無料 無料

目次へ戻る

楽天ポイント投資:手数料が安く最もおすすめ

【楽天証券】口座開設キャンペーン

画像引用元:【楽天証券】口座開設キャンペーン(2020年6月15日取得)

お申込みはこちら

手数料を考慮すると、最もおすすめなのが楽天ポイントを使った投資です。楽天証券の手数料体系は、「超割コース」と「いちにち定額コース」の2種類があります。

楽天証券国内株の手数料(超割コース)

取引金額 手数料
5万円まで 55円
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで 275円
100万円まで 535円
150万円まで 640円
3,000万円まで 1,013円
3,000万円超 1,070円

楽天証券国内株の手数料(いちにち定額コース)

1日の取引金額合計 手数料
50万円まで 0円
100万円まで 943円
200万円まで 2,200円
300万円まで
以降、100万円増えるごとに1,100円を追加。
3,300円

「いちにち定額コース」の場合、1日50万円までの取引なら手数料が無料です。また、購入した銘柄をその日のうちに売却した場合は「デイ割」が適用され、売却時の手数料が無料になります。

より詳しい情報は下記公式サイト参照してください。

デイトレード割引(日計り取引片道手数料無料) | 手数料 | 楽天証券

また、楽天証券の口座からは手数料無料で出金できます。

さらに楽天証券ではNISAやつみたてNISA口座を開設することができます。これらの口座で投資することで、非課税になるのでさらに好条件で取引できるのが特徴です。

一方で注意したいのが、楽天証券では単元未満株を扱っていないことです。したがって、株式を購入する際には最低でも100株で買い付ける必要があるので、相当数のポイントをお持ちでない限り、ポイント+現金で支払うことになります。

例えば1株1,000円の会社なら、100株単位なので10万円必要になります。

ポイントだけを使って投資を続けるのは少し難しいかもしれません。

目次へ戻る

LINEポイント投資:ポイントは貯めやすいが手数料が割高、信用取引可能なのが強み

LINE証券 | 本格的なのにシンプル。1株数百円から。(株式・ETF/REIT・投資信託)

画像引用元:LINE証券 | 本格的なのにシンプル。1株数百円から。(株式・ETF/REIT・投資信託)(2020年6月15日取得)

LINEポイントはLINE Pay VISAクレジットカードに入会すると、2021年4月まで、利用額の3%分のLINEポイントが貯まります。つまりポイントの貯めやすさで言えば、今圧倒的に優れているポイントです

また、LINE証券では国内株でも単元株、単元未満株、そして信用取引という3種類の取引が可能です。

  • 現物取引(単元株):100株単位での購入
  • 現物取引(単元未満株):1株単位での購入
  • 信用取引:手持ち資金の約3倍での取引が可能

これら3つの取引方法に対して、手数料も3通りに変わるのでご注意ください。

LINE証券国内株(単元株)の手数料

約定代金 買付 売却
5万円まで 無料 99円
10万円まで 無料 176円
20万円まで 無料 198円
50万円まで 無料 484円
100万円まで 無料 869円

LINE証券国内株(単元未満株)の手数料

取引時間 取引手数料 スプレッド
9時-14時50分 無料 0.05%
17時-21時 無料 0.5%

LINE証券国内株(信用取引)の手数料

買付(金利) 売却(貸株料)
2.8% 1.15%

手数料を見ると特別高い低いはなく、他社と同水準です。ただし単元株の現物取引においては、先に紹介した楽天証券のように、「1日50万円までは無料」といったコースがありません。買い付けは無料なので毎日コツコツ積み立てる分には問題ありませんが、売却時には手数料が取られてしまうので少々不利です。

また、 LINE証券から現金を引き出す際にも220円の手数料がかかります。LINE Pay残高と出金する場合は無料ですが、その場合はLINE Payで決済できるお店でしかお金を消費することができません。

LINE Pay残高は出金ではなく銀行振り込みすることが可能で、振り込みの場合は手数料が176円なので、手間はかかりますがLINE Payに出金してから銀行口座に振り込んだほうが、若干手数料を節約できます。

また、NISAには対応していないので、利益確定した際には課税されてしまいます。楽天証券と比較すると、コスト面では劣ってしまうでしょう。

一方でメリットなのは単元未満株に対応していること(対応銘柄は315種類に限られます)。そして信用取引が可能なことです。

楽天証券では商品購入時にポイントを使う方式ですが、LINE証券ではポイントから口座に振り込んで消費します。そのため、LINE証券で取引できる全ての商品に利用できるのです。

信用取引なら約3倍のレバレッジをかけることができますし、空売りすることもできるので株価が暴落している時にも稼ぐことができます。

ただし、信用取引を始めるには30万円以上の入金が必要になります。ポイントだけで資金を用意するのは難しいと思いますので、信用取引においてはポイント投資のメリットがイマイチ発揮されにくいでしょう。

目次へ戻る

dポイント投資:バランスが良く、dポイントをたくさん貯められるならおすすめ

SMBC日興証券

画像引用元:SMBC日興証券(2020年6月15日取得)

お申込みはこちら

dポイントは、SMBC日興証券で「キンカブ」というサービスで株式購入に使うことができます。

キンカブとは金額・株数指定取引のことで、金額か株数を指定して株式を取引します。最低でも100円から取引できるので、つまり100ポイントあれば株を購入することができます

金額指定で取引する場合はNISA口座を使用して購入することもできます。また、手数料も100万円以下なら0円です。ただし売却時には100万円以下でも注文額の0.5%がかかるのでご注意ください。

SMBC日興証券キンカブの手数料

概算注文金額 スプレッド
買付 売却
100万円以下 0.0% 0.5%
100万円超 1% 1%

出金手数料も無料であり、コスト面では楽天証券に次いでおすすめです。

もしもドコモユーザーだったり、ドコモ系のサービスを利用していたりして、dポイントをたくさん貯めているのであれば、楽天ポイントではなくdポイントで投資するのも良いと思います。

目次へ戻る

Tポイント投資:手数料は定額制!1株IPOが面白い

日本初!Tポイントを使って株が買えちゃう!|SBIネオモバイル証券~Tポイントで株取引・資産運用ができる|ネオモバ

画像引用元:日本初!Tポイントを使って株が買えちゃう!|SBIネオモバイル証券~Tポイントで株取引・資産運用ができる|ネオモバ(2020年6月15日取得)

お申込みはこちら

ネオモバイル証券では、Tポイントを使って株の買い付けが可能です。こちらも1株単位での取引に対応しているので、数百ポイントあれば取引が可能です。

ネオモバイル証券の特徴は、手数料体系です。1約定ごとに手数料が発生するのが一般的ですが、ネオモバイル証券では月間の約定金額に応じて手数料が決まります

ネオモバイル証券の手数料

月間の国内株式約定代金合計額 サービス利用料(月額)
0円~50万円 220円
300万円 1,100円
500万円 3,300円
1,000万円 5,500円
以下、100万円ごとに1,100円(税込)が加算されます。(上限なし)

口座を持っている限り常に200円(税別)かかりますが、手数料を払うと200円分のTポイントがもらえるので、実質的には消費税分の負担だけで済むので、かなりの低コストで取引できます

なお、取引しない際にはサービス利用の一時停止手続きを行えば、手数料は発生しないのでご安心ください

もう1つの特徴が、ひとかぶIPOです。1株からIPOに参加することができるので、新規上場株を低価格で手に入れることができます。

Tポイントを元手に大きく儲けられる見込みがあるので、非常におすすめな証券会社です。

目次へ戻る

ポイント投資で投資信託を買う場合を比較

続いて投資信託を購入する場合について比較します。投資信託を購入できるのは楽天ポイントとLINEポイントの2種類です。

投資信託に投資できるポイント比較

名称 楽天ポイント LINEポイント
証券会社 楽天証券 LINE証券
最低購入額 100円 100円
NISA 対応 非対応
買付手数料 無料 無料
出金手数料 無料 220円

こちらも株と同じように、やはりNISA口座が使える楽天証券の方がコスト面で優れているためおすすめです

目次へ戻る

楽天ポイント投資:フルサービスで最もおすすめ

ポイント投資(投資信託) | ポイント投資 | ポイントプログラム | サービス案内 | 楽天証券

画像引用元:ポイント投資(投資信託) | ポイント投資 | ポイントプログラム | サービス案内 | 楽天証券(2020年6月15日取得)

お申込みはこちら

投資信託なら最低100円から買い付けることが可能なので、楽天ポイントが100ポイントあれば十分取引を始めることができます。

また、上述の通りNISA口座に対応しているので、NISA枠を使ってポイントで積み立てていくことが可能です。

取引手数料が無料なのも嬉しい特徴です。少額からコツコツポイント投資するのに向いている金融商品でしょう。

目次へ戻る

LINEポイント投資:NISA非対応と銘柄数が少ないのがデメリット

LINE証券 | 本格的なのにシンプル。1株数百円から。(株式・ETF/REIT・投資信託)

画像引用元:LINE証券 | 本格的なのにシンプル。1株数百円から。(株式・ETF/REIT・投資信託)(2020年6月15日取得)

LINE証券も投資信託の購入が可能で、購入手数料は無料で100円から購入できるなどの特徴は楽天ポイントと共通しています。

しかし楽天ポイントと比較して以下の2つのデメリットがあります。

  • NISA口座が使えない
  • 購入できる銘柄が28種類しかない

このようなデメリットがありながら、一方で楽天証券に優るメリットはないので、下位互換となってしまいます。

目次へ戻る

楽天カードでの購入もおすすめ

楽天カードクレジット決済で投信積立 | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

画像引用元:楽天カードクレジット決済で投信積立 | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券(2020年6月15日取得)

お申込みはこちら

話を楽天に戻します。

楽天証券では、投資信託を楽天カードで購入することも可能です。

楽天カードで購入した場合、100円の支払いで1ポイント貯まります。手数料を払うのではなく、むしろもらえるくらいの気持ちなので、かなりお得です。

楽天証券でつみたてNISA口座を開設して、楽天カードを使って積み立てるとかなり優秀な資産運用方法になると思います。

また、楽天カードの利用で貯まった楽天ポイントは、楽天カードの利用料金に充当することができます。こうすることでよりお得に投資信託を購入できるでしょう。

楽天カード
楽天カード

暮らしの達人経由での新規入会+条件クリアで最大5,000円相当のポイントプレゼント!

カードのお申込みはこちら

目次へ戻る

ポイント投資で仮想通貨を買う場合を比較

楽天ポイント投資:楽天ウォレットでは楽天ポイントで仮想通貨を購入できる

楽天ウォレット|楽天グループの仮想通貨取引所

画像引用元:楽天ウォレット|楽天グループの仮想通貨取引所(2020年6月15日取得)

楽天ポイントは仮想通貨をも購入することができます。この場合は楽天証券ではなく、楽天ウォレットの口座が必要になります。

楽天ウォレットでは、楽天ポイントを1ポイント=1円として、100ポイントから仮想通貨の購入に充てることができます。購入できる銘柄は以下の通り。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)

手数料は一切無料ですが、楽天ウォレットは取引所ではなく販売所なので、スプレッドが販売価格に織り込まれています。

そのため、他の取引所よりも売買価格が不利になってしまうので注意したいところです。

とはいえ、仮想通貨と言えばご存知のように、その価格は大きく変動します。

金融商品の中でもハイリスクハイリターンですが、その元手が現金ではなくポイントなら積極的に手を出したい人も多いはず。

大きなリターンを求めたい人には向いている投資先だと言えるでしょう。

目次へ戻る

Tポイントもビットコインに交換できる

日本初! Tポイントをビットコインに交換できる! - bitFlyer(ビットフライヤー)

画像引用元:日本初! Tポイントをビットコインに交換できる! – bitFlyer(ビットフライヤー)(2020年6月15日取得)

お申込みはこちら

実はTポイントもビットコインに交換することができます。しかしこの場合、レートは100ポイントで85円分のビットコインと交換となります。

Tポイントは通常1ポイント=1円として使えるので、ビットコインと交換する際はポイントの価値が下がってしまうのがネックです。

Tポイントをビットコインに交換するには、仮想通貨取引所のbitFlyerのアカウントが必要になります。

Tポイントの場合、次に紹介するFXで利用する方が個人的にはおすすめです。

目次へ戻る

ポイント投資でFXを行う場合を比較

Tポイント投資:ポイントでFXできるのはここだけ!

日本初!ネオモバならTポイントを使ってFXが始められる!SBIネオモバイル証券

画像引用元:日本初!ネオモバならTポイントを使ってFXが始められる!SBIネオモバイル証券(2020年5月26日取得)

お申込みはこちら

比較と言ってもポイントをFXの証拠金に使えるのは、現状ネオモバイル証券のネオモバFXのみです

ネオモバFXではTポイントを1ポイント=1円として証拠金に使えます。しかも、1通貨での取引に対応しているので、ドル円の取引ならだいたい5ポイントあれば取引を行うことができます。

取り扱い通貨はドル円を含め26種類あります。銘柄数に関してはわりと優秀な方でしょう。

手数料に関しては2種類あります。

まず1つ目がスプレッド。ただし、ドル円で1,000通貨以下で取引する場合はなんとスプレッド0銭であり、全く手数料なしでトレードできます

FXにはレバレッジがあるので、手持ち金額以上に取引することが可能ですが、とは言えTポイントを数万ポイントも持っている人は少ないはず。したがって少額取引になると思いますが、まさに少額取引なら手数料が掛からないので、ポイント投資向きのサービスだと言えます。

2つ目は、ネオモバイル証券のサービス利用料です。株式投資の際にも紹介したように、ネオモバイル証券は口座を持つと毎月システム利用料を払う必要があります。

この手数料は株取引時の月間約定金額に応じて高額になります。株取引を行わない人は手数料の最少額である200円(税別)が必要です。

ただし、これも先に説明した通り、ネオモバイル証券の口座を持っている人は毎月200円分のTポイントがもらえるので、実質的な手数料負担額は消費税の20円だけです。

FXもまた仮想通貨のようにハイリターンが期待でき、しかもこのように手数料がわずかなので非常におすすめです。

なお、証拠金として使用したTポイントは現金化され、現金として無料で引き出すことが可能です。単純にTポイントの現金化システムとしても活用できます

唯一ネックなのは、最近加盟店の間でTポイント離れが進んでいて、Tポイントを貯めにくくなってきていることくらいでしょうか。

Tポイントアプリがあれば各加盟店で開催中のボーナスポイントが貯まるキャンペーン情報などが見れるので、キャンペーンを活用して効率良く貯めましょう。

ネオモバFX
  • Tポイントを1ポイント=1円として証拠金に使える
  • 1通貨での超少額取引が可能
  • 1,000通貨以下の取引ならドル円スプレッドが0銭!
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

まとめ:それぞれのポイントのおすすめ投資先とポイントをたくさん貯める方法

楽天ポイント:投資信託でコツコツ狙いorハイリターンで仮想通貨に投資しよう

新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

画像引用元:新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード(2020年6月15日取得)

楽天ポイントで投資する際には、投資信託か仮想通貨が良いかなと思います。

投資をする際、将来の蓄えとして長期的に積み立て運用するか、お小遣いを稼ぐために短期間で運用するかどちらかを目標に設定すると思います。

長期間で運用する場合は国内株か投資信託が適しています。しかし、国内株は単元未満株に対応していないので、1回の買い付けで数十万円程度の資金が必要になります。一方で投資信託は1回100円から投資できます。

つまり投資信託の方がいわゆるドルコスト平均法を使った投資がやりやすく、より長期運用に適した投資ができます。そのため、長期運用するには投資信託がおすすめです。NISAにも対応しているので、長期投資には強いですね。

長期ではなく短期で利益を狙いたい人は、楽天ウォレットで仮想通貨に投資すると良いでしょう。

言うまでもなく、仮想通貨は値動きが激しいので、うまくいけばお小遣いを稼ぐことが可能です。

ただし、仮想通貨は税金の仕組みが株や投資信託とは異なり、所得に応じて税率が異なります。

特に損失繰越や損益通算ができないので、税金面では少し不利であり、気を付けたいポイントです。

楽天ポイントをたくさん貯めるのにおすすめなのは、言うまでもなく楽天カードを使って決済することです。

個人的にも、楽天カードに楽天モバイルなど楽天のサービスを多用し、買い物もAmazonではなく楽天市場をメインに使うようになりました。おかげで毎月ドンドン楽天ポイントが貯まるので、ポイントを元手に株や仮想通貨などに投資しています。

楽天カード
  • 年会費無料でポイント還元率1%の高コスパ
  • カード利用で貯まるポイントは1ポイント=1円としてカード請求金額から差し引き
  • 楽天証券を通して投資信託の購入も可能
年会費 還元率 国際ブランド
無料 1.0~3.0% VISA, Master, JCB, AMEX

楽天ポイントをたくさん貯めるのにおすすめなのはやはり楽天カード。100円の支払いでポイント貯まるだけでなく、楽天市場での利用ならポイント2倍、さらに楽天ポイントカードとして使えば街の加盟店でもポイントが貯まる。さらに楽天モバイルや楽天銀行など、楽天関係のサービスを利用することで、月に1万円相当のポイントを貯めるのも難しくない。元手を増やしやすいという意味でも、おすすめのクレジットカード。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会+条件クリアで最大5,000円相当のポイントプレゼント!

  1. 新規入会後、「楽天e-NAVI」での受け取り申請でもれなく2,000ポイント付与
  2. 申込日の翌月末までに1回以上のカード利用で3,000ポイント付与(期間限定ポイント)
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

LINEポイント:株式投資でお小遣いを狙おう

Visa LINE Payクレジットカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

画像引用元:Visa LINE Payクレジットカード|クレジットカードの三井住友VISAカード(2020年6月15日取得)

何度も言う通り、LINEポイントはLINE Pay VISAクレジットカードがあれば、2021年4月までは利用額の3%のレートでLINEポイントが貯まるので、ダントツでポイントが貯まりやすいのが大きなメリットです。

一方で投資においては出金手数料が有料なことと、NISA口座を使えないことで他のポイント投資よりも不利です。

ただもしもLINEポイントを貯めて投資するのなら、おすすめは単元未満株の積立投資です。

また、LINE証券では株のタイムセールという独特のキャンペーンを開催しています。

株のタイムセールは不定期に行われていて、開催時には5つの対象銘柄が、通常の3〜7%引きで5株まで購入できます。

タイムセールで購入し、翌日に即売り飛ばすことで、数千円程度の利益を期待できます。

タイムセールは早い者勝ちなので、必ずしも目当ての銘柄を購入することはできません。また、開催期間は不定期なので、あまり期待はできません。

しかし、LINEポイントをガンガン貯めておいて、株のタイムセールが開催されたときに一気に消費するのも良いでしょう。

目次へ戻る

dポイント:投資できるのは国内株のみ!長期投資がおすすめ

dカード 入会特典 | キャンペーン

画像引用元:dカード 入会特典 | キャンペーン(2020年6月15日取得)

dポイントは国内株への投資のみ利用可能です。

ポイント投資の際はSMBC日興証券の口座開設が必要になります。先に使用した通り、NISA口座にも対応していて、金額指定での購入ならNISA枠での購入が可能です。

dポイントはドコモユーザーだけのポイント、というイメージが強かったと思いますが、最近はd払いの登場や加盟店の増加等、ドコモユーザー以外でもポイントをたくさん貯められるようになってきました。

dポイントがたくさん貯まるクレジットカードのdカードも、最近年会費永年無料となり、魅力が増しました。dポイント投資を始める人には必須のカードでしょう。

dカード
  • カード利用100円でdポイントが1ポイント貯まる
  • dポイントカードとしても利用可能
  • 年会費永年無料
年会費 還元率 国際ブランド
無料 1.0~4.0% VISA, Master

dカードはドコモユーザーだけでなく誰でも申し込み可能なクレジットカード。カード利用でdポイントが貯まるうえ、dポイントカードとしても使える。dポイントを貯めたい人には絶対におすすめするクレジットカード。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会で最大8,000ポイント分のdポイント(期間・用途限定)プレゼント!

  1. 新規入会でもれなく1,000ポイント付与
  2. 専用サイトからエントリーのうえ、入会の翌月末までの利用額に対して+25%ポイント還元(上限2,500ポイント)
  3. 専用サイトからエントリーのうえ、入会の翌々月中の利用額に対して+25%ポイント還元(上限2,500ポイント)
  4. 上記特典エントリーのうえ、入会の翌月末までにエントリーの上、「こえたらリボ」の設定で1,000ポイント付与
  5. 上記特典エントリーのうえ、入会の翌々月末までに「キャッシングリボ」の設定で1,000ポイント付与
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

Tポイント:ハイリターン狙いでFXに投資しよう

キャッシュレス決済ならヤフーカード|PayPay残高チャージ対応

画像引用元:キャッシュレス決済ならヤフーカード|PayPay残高チャージ対応(2020年6月15日取得)

Tポイントは国内株かFXに投資できますが、やはりFXに使えるという唯一無二のメリットが大きいでしょう。FXに使うことをおすすめします。

FXに投資できるということは、つまり証拠金取引が可能であり、最大25倍のレバレッジをかけられます。

例えば1,000ポイントあれば、25,000円分の取引が可能です。1ドル=100円ならば、250ドル分の取引ができます。

このように、手持ちのポイント以上の金額のトレードができるため、通常の株式投資より大きいリターンを得ることができます。

また、FXは通常数万円程度入金しなければ取引できませんが、ネオモバFXでは約5円からトレードできるため、少額取引も可能であり、貯まったTポイントをどんどん使ってトレードすることができます。

Tポイントを貯めるにはヤフーカードがおすすめです。このカードなら100円の決済で1ポイント貯まります。

もっとたくさん貯めるためには、Tポイントがたくさん貯まるキャンペーンも活用しましょう。モバイルTカードアプリがあると、キャンペーン開催中の加盟店が観れるので便利です。

ヤフーカード
  • カード利用100円でTポイントが1ポイント貯まる
  • Tポイントカードとしても利用可能
  • 年会費永年無料
年会費 還元率 国際ブランド
無料 1%~3% VISA, Master, JCB

カード利用でTポイントが貯まる。Tポイントをたくさん貯めたい人にはおすすめ。ただし、以前はPayPayでの優遇があったが、現在はなくなったので注意。

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

投資初心者こそポイント投資を始めてみよう!

以上、ポイント投資について解説しました。

ポイントでの投資なら現金よりもリスクをとって投資することもできると思うので、使い道に困るくらいなら投資に使って、家計の助けにすることをおすすめします。

今回4種類のポイントを比較して紹介しました。全てのポイントをたくさん貯めるのは難しいので、いくつかに絞って貯めていくと良いでしょう。

私の場合、株や投資信託は既に行っているので、楽天ポイントとTポイントを基軸に、仮想通貨とFXをポイントに投資することにしました。

特にTポイントを使ったネオモバFXでの投資は、まだまだ元手が少ないので微々たる増減ですが、少しずつ増えています。

投資のハードルが下がると思いますので、ぜひポイント投資を始めてみてください。

目次へ戻る

おすすめカード2020 スマホ決済 ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント