暮らしの達人 > クレジットカード > 今ならLINE Payで公共料金を払うと、実質最大17%オフ!固定費を節約したい人におすすめの方法を解説!

今ならLINE Payで公共料金を払うと、実質最大17%オフ!固定費を節約したい人におすすめの方法を解説!

公開年月日 : 2019/04/26

公共料金の節約ってなかなか難しいですよね。例えばエアコンはつけっぱなしにした方が良いのか、こまめに消した方が良いのか…。色々と試してみても、そもそも料金の請求は月に1回なのでその頃にはどうでもよくなっていたり。

そんな公共料金節約指向の方に朗報です。スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」を使うことでめっちゃ簡単に公共料金を節約する方法があります。

家計の節約はまず固定費から!というわけでLINE Payによる公共料金節約方法を紹介していきます。

LINE Payで支払うことが可能な公共料金まとめ

どんな公共料金でも払えるのかというと、残念ながらそうではありません。あくまでもLINE Payに対応した公共料金のみが支払い可能です。まずは対象業者をまとめたのでご覧ください。

  • 東京電力エナジーパートナー
  • 九州電力株式会社
  • 東北電力株式会社
  • 関西電力株式会社
  • 阿久根市 水道課
  • 熊本市上下水道局
  • 島田市水道課
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 宮崎ガス株式会社
  • 千葉県市川市
  • 大阪市水道局
  • 京都市上下水道局
  • 東京ガス株式会社

LINE Payが使えるお店

数としてはそこまで多くありませんが、いずれかの会社と契約している場合は、LINE Payで支払った方がお得になります。

LINE Payでの支払では、「請求書払い」を利用します。通常、LINE PayはPayPayなどと同じように、アプリを立ち上げるとスマホの画面にバーコードが表示され、それをお店で読み取ってもらうことで決済が完了します。

請求書払いはこの逆で、公共料金の請求書に記載されているバーコードをスマホで読み取ることで決済します。これによってコンビニに払い込みに行く必要がなく、自宅にいながらでも支払いを行うことができるわけです。

目次へ戻る

LINE Payで公共料金を払うメリット

0.5〜2%のポイント還元がある

LINE Payにはポイント制度があり、公共料金の支払いでも利用額の0.5〜2%分のLINEポイントが貯まります。貯まったLINEポイントは1ポイント=1円として、LINE Payの残高に交換することもできます。

ポイント還元率は月間のLINE Pay利用額に応じて以下の通りに変化します。

マイカラー 判断基準 還元率
ホワイト 1万円未満 0.5%
レッド 1万円以上5万円未満 0.8%
ブルー 5万円以上10万円未満 1%
グリーン 10万円以上 2%

月間10万円以上はまだしも、1万円以上なら達成しやすいラインだと思います。もしもマイカラーがレッドになった場合は、LINE Payで公共料金を支払うだけで0.8%分のポイントが返ってくることになります。例えば水道代が4,000円であれば、32円分のポイントが返ってきます。まぁ決して大きな金額ではないのですが、それでも公共料金を簡単に節約できたことには変わりありません!

目次へ戻る

請求書払い+Payトクキャンペーンで実質17%引き

で、さらにすごいのが「Payトク」と呼ばれるキャンペーンとの合わせ技です。LINE Payでは時々、最大で利用金額の20%を還元するキャンペーンを行なっています。そう、PayPayのキャンペーンみたいなやつです。このキャンペーンを適用させれば、なんと実質最大17%引きで公共料金を払うことが可能なのです。

まずPayトクはそもそも期間限定のキャンペーンで、時々開催されます。今回は4/18〜4/30の間で開催されています。

この期間中にLINE Payで支払うと、利用金額の15%がキャッシュバックされます。ただし、還元上限は5,000円なので注意してください。なお、期間中にLINE Pay決済専用アプリを使って1回以上買い物しておくと、還元上限が10,000円にアップします。簡単な条件なので確実にクリアしておきましょう。

さらに先に紹介したマイカラーも適用されるため、マイカラーに応じて0.5〜2%のポイント還元も行われます。合計するとPayトク期間中は15.5〜17%の還元を受けられるわけです!

キャンペーンへのエントリーなどは必要ありません。ただ対象期間内に、LINE Payを使って対象の公共料金を払うだけです。それだけでこんなにもお得なのです。素晴らしい!

キャッシュバックやポイント付与は後日行われます。料金が割引されて請求されるわけではないのでご注意ください。

15%分のLINE Pay残高は、2019年6月30日頃に、お支払いされた本人のLINE Payアカウントに付与される予定です。決済履歴に表示される獲得予定ポイントは、適用されたマイカラーに応じて、お支払いの数日後に付与させて頂きます。残高付与時点でLINE Payアカウントを解約していると付与されません。LINE Pay残高還元の上限は、複数回、全てのお支払い方法の合計で、期間中5,000円分までです。尚、期間中に1回でもLINE Payアプリでのお支払いをされたお客様は、上限が10,000円分となります。

引用元:Payトク(2019年4月25日取得)

目次へ戻る

LINE Payでの公共料金支払いに関するその他の注意点

手数料は原則無料

「LINE Payで公共料金を支払うことに関して、手数料はかからないの?」と不安に思う人も多いでしょう。

しかしご安心を!LINE Payで支払うことによって、別途手数料が発生することは原則ありません。現金払いよりも損することはなさそうです。

目次へ戻る

領収書が出ない

請求書払いで払った場合、領収書が出ません。もちろん領収済みの判子も押されないので、きちんと管理しておかないと、その請求書がすでに払ったものなのかどうかがわからなくなります。

請求書は支払いが完了してしまえばもう不要なものなので、すぐに捨てる、もしくは自分で支払い済みのサインを記載するなどの対策を行いましょう。

目次へ戻る

おすすめカード2019 アップルペイ ゴールドカード プラチナカード 学生カード ポイント