暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > 仮想通貨はすぐ取引可能!申し込んだその日に取引できる最短即日取引所を紹介

仮想通貨はすぐ取引可能!申し込んだその日に取引できる最短即日取引所を紹介

公開年月日 : 2021/01/21

口座開設のご案内(最短10分でお取引開始) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

画像引用元:口座開設のご案内(最短10分でお取引開始) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン(2021年1月21日取得)

最近再び話題に挙がることが多くなった仮想通貨。この流れに乗って「仮想通貨を購入したい!いますぐに!」と思ってる方に向けて、すぐに取引を始める方法を解説します。

前提:スマホで「かんたん本人確認」を使って対象の会社に申し込もう

ビットコインが急上昇しています。この波に乗れたら、お小遣い稼ぎどころではなく、ひと財産築けるかも知れません!たった1年で価格が数倍にもなっているのですから、チャレンジしたくなるのも当然です。

思い立ったが吉日といった言葉もありますが、どうせ始めるなら少しでも早いほうが良いでしょう。そこで注目してほしいのが、すぐに取引するための方法です。

まず大前提として、仮想通貨の取引を始めるためには仮想通貨交換所で口座開設する必要があります。以前の口座開設手続きでは、申込後に書類を受けとることで本人確認が完了するのが普通でした。

しかし、現在では「かんたん本人確認」などの名称で提供されているサービスを使えば、即座に済ませられます。方法はスマホで自撮りを行い、その上で本人確認書類を撮影して画像を送るだけです。たったそれだけで数日かかっていた書類の受取り自体を省くことができ、即日または翌日の取引ができるようになったのです(早い業者になると、申込みから最短10分で口座開設が完了します)。

かんたん本人確認を利用する場合は、申込み時にかんたん本人確認を選択する必要があります。あとはサイト側から指示があるので従えばOKです。口座開設が完了すると、メールでお知らせがあります。

本人確認書類については以下の書類のうち、いずれかで対応してもらえるのが一般的です。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(顔写真ありのもの)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

目次へ戻る

申し込んだその日にすぐ取引できるおすすめ仮想通貨取引所

申込み即日から取引できる仮想通貨取引所の中でも、特におすすめのところを2つご紹介します。申込方法だけではなく、業者としての特徴にも迫るので業者選びに役立ててもらえたら幸いです。

目次へ戻る

コインチェック:すぐ取引+使いやすい画面やその他サービスが魅力

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)(2021年1月8日取得)

本人確認については「iOS/Androidアプリからでのお申し込み」を利用することで、最短即日で終了します。「Webからのお申し込み」を選択してしまうと、審査後にコインチェック側からハガキが郵送されその受取りで本人確認が完了となるため即日取引はできません。したがって、即日取引したい場合の本人確認は必ずスマホアプリから実施しましょう

申し込みの流れ自体はシンプルであり、まずはアカウント登録を実施しSMS認証を行います。その上で情報入力を実施し、本人と本人確認書類の画像を撮影して提出します。そして審査が実施され、通過すると口座開設となるのです。

コインチェックの審査自体はそれほど難しいわけではありません。CICなどの個人信用情報機関をチェックされるわけではないので、借金があってもブラックリスト化されていたとしても特に影響は受けないので安心してください。つまり申込情報などに不備がなければ、基本的には口座開設できると考えられます。

コインチェックで対応している本人確認書類は以下のものになります。

  • 運転免許証(表面と裏面を撮影)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面を撮影、2012年4月1日交付以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面を撮影)
  • 個人番号カード(表面のみ撮影、通知カードは本人確認書類としての利用は不可)
  • パスポート(顔写真ページおよび住所記録ページを撮影)
  • 在留カード(表面と裏面を撮影)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面を撮影)

コインチェックは即日口座開設に対応している取引所の中でも取引手数料が無料であるため、低コストで取引できるメリットがあります。さらあに取引画面がわかりやすく、直感的に操作できる点にも人気が集まっています。

口座開設が済んだら、後は入金を実施するだけです。コインチェックの入金方法は、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金の3つが用意されています。一番スタンダードな入金方法は銀行振込であり、入金手数料は無料です(金融機関の振込手数料はかかります)。入金は即時反映されるシステム(モアタイムシステム)が導入されているので、24時間いつでも取引が開始できます。ただ年末年始については対応していないこともあるので、ご確認の上振込を実施してください。

コンビニ入金は、コンビニに設置されている端末等を利用して入金する方法です。金額を指定して入金しますが、一定の手数料が発生するので注意してください。3万円未満は1回あたり770円が発生し、3万円以上30万円以下については1,018円がかかります。

クイック入金はペイジー決済とも呼ばれるものであり、パソコンや携帯電話、さらにはATMから入金できるサービスを指しています。金融機関の営業時間には関係なく24時間365日の決済が可能です。仮想通貨の価格が乱高下した場合など急な事態に対応したい時に便利な入金方法ですが、手数料が発生します。3万円未満の入金には1回あたり770円、3万円以上50万円未満の入金には1,018円、50万円以上の入金の場合は「入金金額×0.11%+495円」の手数料が発生します。

入金さえ済んでしまえば、あとはお好きな仮想通貨に注文を出すだけです。注文を出す際は、通貨数量や価格等の確認も忘れないでくださいね。

コインチェック
  • 最短即日での口座開設に対応
  • 取引手数料無料!
  • 自動積立購入や仮想通貨の貸し付けがサービスが利用可能

コインチェックはアプリを利用して申し込むことで、オンライン本人確認が利用可能。これを利用すれば最短で申し込んだその日に口座開設を完了させることが可能。コインチェックはすぐ取引できるだけでなく、仮想通貨取引所としても優れている。特に自動積立が利用できたり、購入した仮想通貨をコインチェックに貸し付けて利息を得るサービスがあったり、充実している。

お申込み

目次へ戻る

GMOコイン:申し込みから取引開始まで最短10分!

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン

画像引用元:ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン(2021年1月21日取得)

スピードを求めている方におすすめしたいのがGMOコインです。公式サイト上に、申込みから取引開始まで最短10分を公表しています。申込みから取引開始までの公表時間で言えば、おそらく仮想通貨取引所の中でも最短でしょう。

GMOコインの口座開設は、たった3ステップで完了します。

まずは口座開設の申込を実施します。こちらではメールアドレスおよび本人情報の登録をするだけです。本人情報に誤りがあると、審査が長引いたり、否決されてしまったりする恐れもあるので確認した上で情報を送信しましょう。

次のステップは、本人確認書類の提出です。「かんたん本人確認」「画像アップロード」「配達員への掲示」の3つの選択肢がありますが、ここで必ず選択してほしいのがスマホ限定サービスである「かんたん本人確認」です。

最短当日取引が開始でき、輸送物の受け取りも不要です。かんたん本人確認とは、スマホで本人確認書類とあなたの顔写真を撮影することで口座開設時の本人確認をオンライン上で完結できるものです。撮影については、全て指示されるのでそちらに従えばOKです。本人確認書類については、以下のいずれかのものを用意してください。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(顔写真ありのもの)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

ちなみにその他の本人確認書類の提出方法を選択すると、対応する本人確認書類も変化します。即日にこだわりがない方は、「画像アップロード」「配達員への掲示」に対応している書類もチェックしておくと良いでしょう。

最後のステップになるのが、口座開設手続きです。本人確認書類が提出されると、GMOコイン側で審査が実施されます。コインチェックと同様に、個人信用情報機関の情報は審査では利用されないため滞納などの経験がある方でも特に問題はありません。審査が完了すると、GMOコイン側から口座開設コードが送られてくるので、公式ページにてそちらを入力すれば口座開設は完了です。

GMOコインでは手数料が販売所であれば無料に設定されています。一方の取引所は有料であり、現物取引の場合はMakerが-0.01%、Takerが0.05%になります。レバレッジ取引の場合の取引手数料は無料であり、ロスカット手数料が建玉ごとに0.5%、レバレッジ手数料が建玉ごとに1日あたり0.04%になります。

入金方法には振込入金および即時入金の2つが用意されています。

振込入金は、ログイン後の会員ページから【入出金】-【日本円】-【振込入金】を選択して行います。ただ、振込先口座は「GMOあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」の2行のみなので注意してください。振込手数料は、実費負担となります(GMOコインに対する手数料は発生しません)。

即時入金は【入出金】-【日本円】-【即時入金】画面から行えるもので、金融機関を選択し、額を指定して行います。即時入金は提携金融機関に対応しており、みずほ銀行やりそな銀行、住信SBIネット銀行や三菱UFJ銀行も利用できます。こちらの手数料は無料となります。

入金が済んだらいよいよ注文を出すだけです。ここまでで最短10分で終わるとされているので、スピード感を持った取引を検討されている方はぜひGMOコインをご利用ください。

GMOコイン
  • 申し込みから取引開始までがわずか10分
  • 販売所と取引所両方あり
  • 自動積立購入や仮想通貨レンディングが可能

「申し込みから取引開始まで最短10分」と宣伝している通り、スピード口座開設できるのが魅力の仮想通貨交換業者。そのスペックは先に紹介したコインチェックと同じくらい優れており、自動積立や仮想通貨レンディングにも対応。よりたくさん儲けたい人はレバレッジをかけた取引もできるので、よりリスクはあるが大きな儲けを期待できる。

お申込み

目次へ戻る

仮想通貨をすぐに購入する方法

仮想通貨の取引をすぐに始める流れを解説します。ここまでの説明と若干重なる部分もありますが、一つずつ確認していきましょう。

目次へ戻る

スマホで申し込み、本人確認書類と自撮りする

まず必要不可欠になるのが、本人確認の方法を「かんたん本人確認」にすることです。他の方法を選択してしまうと、本人確認の方法が郵送対応などになるため即日取引はできなくなります。

かんたん本人確認は、ブラウザまたは各社の提供するアプリを使います。本人確認書類とともに自撮り画像を撮影し提出することで確認が完了します。

一般的なかんたん本人確認の流れは、口座申込で本人情報を入力します。そのご本人確認の方法で「かんたん本人確認」を選択します。本人確認書類と自身お顔の写真を撮影し提出すると、審査が開始されます。審査を突破すると、口座開設に必要なコードなどの情報が送られてくるため、口座手続きを完了させて終了です。

目次へ戻る

審査完了後に入金する

審査に通過できても、即取引ができるわけではありません。口座にお金がなければ、仮想通貨の購入はできないからです。

入金方法は仮想通貨取引所によって若干異なりますが、一般的に利用できるのが銀行振込になります。銀行振り込みする場合は、対応金融機関を調べた上で自身が保有している銀行口座に対応しているか確かめましょう。

振込金額については、いきなり数十万円や数百万円必要になるわけではありません。確かに2021年1月現在のビットコインの価格は、1通貨あたり300万円から400万円と高額です。しかし0.0001ビットコインから取引できる業者が多く、500円から取引も可能としているところもあるため、まずは1万円程度で様子を見てはいかがでしょうか?何度か取引してみて儲けがあまりに少ないと感じたのであれば、10万円や20万円を追加で入金すればよいのです。

入金時には手数料が発生することもありますが、基本的に発生するのは金融機関に対して支払われる振込手数料の実費のみです。ネットバンクなどの振込無料の対応をしている業者を利用するのもおすすめですよ。

目次へ戻る

すぐ取引したいなら「販売所」での購入がおすすめ

当記事で紹介したコインチェックおよびGMOコインも販売所と取引所の2種類の購入窓口を用意しています。どちらで取引したら良いのか悩むところではありますが、早く購入したいのであれば販売所をおすすめします。より有利なレートで購入できる取引所も魅力的ですが、スピード感のみを比較すると販売所にはおよびません。

取引所の場合は、ユーザー同士が取引するため双方の希望がマッチしなければ取引できません。特に初心者の場合は、適切な価格がわからず、少しでもお得に購入したいと思い、実際のレートよりもかなり低い金額で注文を出すケースが多いのです。当然売る側としても儲けが大きいほうが良いので、そういった注文は避けられてしまい、注文がなかなか成立しないことが考えられます。

一方の販売所については、仮想通貨取引所と直接取引を行います。事前に売り買いするレートが決まっているため、あとは数量を決定して注文を出せば仮想通貨が購入できるので簡単です。

経験を積んで、より高い利益を望むようになってきたら、取引所にも手を出してみましょう。取引所の場合は、売りたい側と解体側の価格差が出にくい仕組みになります。より利益が出しやすいので、指値注文などを駆使してみるのもおすすめですよ。

目次へ戻る

仮想通貨でも今すぐ取引できる!

仮想通貨は10分もあれば購入可能です。

すぐに取引したい場合に注目してほしいのが、本人確認の方法です。郵送対応になると即日取引は不可能なので、必ず「かんたん本人確認」をご活用ください。あとは流れに沿って口座開設手続きおよび入金手続きを行えばOKです。

とても簡単なので拍子抜けしたのではありませんか?

目次へ戻る

新着記事一覧

仮想通貨のスプレッド広すぎ!?儲からない人は取引方法に問題あり!仮想通貨のスプレッド広すぎ!?儲からない人は取引方法に問題あり! ビットコインはどうやって買う?購入方法からおすすめの買い方まで詳しく解説 ビットコインはどうやって買う?購入方法からおすすめの買い方まで詳しく解説 仮想通貨の口座開設は早い!最短即日ですぐ取引できる取引所を紹介 仮想通貨の口座開設は早い!最短即日ですぐ取引できる取引所を紹介 ビットコインは積立購入がおすすめ!その理由と積立方法を解説 ビットコインは積立購入がおすすめ!その理由と積立方法を解説 コインチェックの評判は?特徴やメリットデメリットを徹底解説 コインチェックの評判は?特徴やメリットデメリットを徹底解説 ビットコインは今からでも儲かる?これから始める人が知っておくべき投資方法 ビットコインは今からでも儲かる?これから始める人が知っておくべき投資方法 コインチェックの評判は?特徴やメリットデメリットを徹底解説 コインチェックの評判は?特徴やメリットデメリットを徹底解説 ビットコインは積立購入がおすすめ!その理由と積立方法を解説 ビットコインは積立購入がおすすめ!その理由と積立方法を解説 口座開設時間が早い仮想通貨取引所はここ! 口座開設時間が早い仮想通貨取引所はここ! 親にバレずに仮想通貨取引所で口座開設する方法 親にバレずに仮想通貨取引所で口座開設する方法 DMMビットコインの審査に落ちた人へ!その理由と対策方法を解説 DMMビットコインの審査に落ちた人へ!その理由と対策方法を解説 仮想通貨を今から買うなら知っておくべき基礎知識や選び方 仮想通貨を今から買うなら知っておくべき基礎知識や選び方 仮想通貨は少額でもOK!500円でビットコインを買う方法を解説 仮想通貨は少額でもOK!500円でビットコインを買う方法を解説 親にバレずに仮想通貨取引所で口座開設する方法 親にバレずに仮想通貨取引所で口座開設する方法 審査なしの仮想通貨交換業者はある!しかし抜け道より正攻法で口座開設しよう 審査なしの仮想通貨交換業者はある!しかし抜け道より正攻法で口座開設しよう ビットコインを買うタイミングはいつ?その答えはこれ ビットコインを買うタイミングはいつ?その答えはこれ ビットコインはいくらから買える?必要な最低資金額を解説 ビットコインはいくらから買える?必要な最低資金額を解説 コインチェックで審査落ちする理由と対策方法を解説! コインチェックで審査落ちする理由と対策方法を解説! 仮想通貨はすぐ取引可能!申し込んだその日に取引できる最短即日取引所を紹介 仮想通貨はすぐ取引可能!申し込んだその日に取引できる最短即日取引所を紹介 無職・フリーターでも仮想通貨口座開設の審査に通る?そう言える理由を解説 無職・フリーターでも仮想通貨口座開設の審査に通る?そう言える理由を解説 即日で仮想通貨が買える!今すぐ口座開設できるおすすめ取引所を紹介 即日で仮想通貨が買える!今すぐ口座開設できるおすすめ取引所を紹介 仮想通貨の始め方教えます!おすすめ口座やスマホ取引、必要資金を解説 仮想通貨の始め方教えます!おすすめ口座やスマホ取引、必要資金を解説 仮想通貨取引所は手数料で比較!最も安く売買できる口座を使おう 仮想通貨取引所は手数料で比較!最も安く売買できる口座を使おう 仮想通貨の買い方・売り方を解説!知らないと損するビットコインの売買方法 仮想通貨の買い方・売り方を解説!知らないと損するビットコインの売買方法 仮想通貨取引所の審査基準は?どんな人が審査に通る/落ちるのかを解説 仮想通貨取引所の審査基準は?どんな人が審査に通る/落ちるのかを解説 仮想通貨の審査に落ちた人は要チェック!その理由と対策方法を解説 仮想通貨の審査に落ちた人は要チェック!その理由と対策方法を解説 仮想通貨取引所のキャンペーンまとめ!今口座開設するとお得な会社はここだ! 仮想通貨取引所のキャンペーンまとめ!今口座開設するとお得な会社はここだ!

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ