暮らしの達人 > 仮想通貨 > コイン一覧 > ダッシュ(DASH)を購入できるおすすめの取引所を紹介

ダッシュ(DASH)を購入できるおすすめの取引所を紹介

公開年月日 : 2018/04/10 更新年月日 : 2018/04/10

ダッシュ(DASH)はその名の通り、送金スピードが非常に早いのが特徴です。それだけでなく、匿名性の高さも特徴です。ビットコインは透明性を上げるために、コインの送金先や取引履歴に誰でもアクセスできるようになっています。ダッシュはそれを匿名にすることで、個人の財務情報を守っています。

ダッシュを購入できるおすすめ取引所

Binance:取引手数料を抑えてダッシュを購入したい人におすすめ

100種類以上ものコインを扱っている世界最大級の取引所Binanceでは、ダッシュの取引が可能です。Binanceはどのコインの取引でも、取引手数料が取引金額の0.1%分と、比較的安いのが魅力です。

Binanceは海外の取引所であり日本円の入金ができません。したがって、まず国内取引所で日本円からビットコインに交換しましょう。その後Binanceにビットコインを送金してやれば、ダッシュの取引が可能になります。

Binance(公式サイト)

目次へ戻る

BitMEX:ダッシュへの投資で利益を狙う人におすすめ

同じく海外取引所のBitMEXでは、ダッシュを使った先物取引が可能です。先物取引と言っても内容はFXと同じで、単に決済期限が決まっているだけです。決済期限を迎えたら、保有しているポジションが全て強制的に反対決済されます。したがって、ダッシュを手に入れることが目的ではなく、ダッシュを使った投資で利益を狙う人にBitMEXをおすすめします。

おすすめの理由は2つあります。1つ目は、最高20倍のレバレッジをかけることができる点です。つまり1万円の証拠金を預けると、20万円の取引ができるようになります。20万円分のダッシュを購入して、それが30万円に上がれば10万円の利益を獲得できます。逆に15万円に下がれば、5万円分の損失が発生します。

このように、手持ちの資金以上の取引ができるため、ハイリスク-ハイリターンな取引となります。

2つ目の理由は、BitMEXでは証拠金を超える損失額の請求が行われない点です。BitMEXでは証拠金を超える損失額の請求は行われません。つまり上記の例で5万円分の損失が確定しても、実際には証拠金として入金した1万円だけが徴収されます。

しかし証拠金に対して含み損の割合が大きくなると、強制的にポジションが決済される「ロスカット」が発生します。そのため少ない金額で大きな儲けを得るのは簡単ではありません。

また、BitMEXも円入金ができず、ビットコインを証拠金として入金する必要があります。

BitMEX(公式サイト)

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ