暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > おすすめの仮想通貨取引所まとめ

おすすめの仮想通貨取引所まとめ

公開年月日 : 2018/06/28 更新年月日 : 2018/06/28

仮想通貨の売買を始めるにあたって、まず取引所の開設が必要になります。取引所は国内だけでも数十カ所あり、どの取引所で売買を行うべきか悩む人も多いと思います。1番良いのは、各取引所で取り扱ってる仮想通貨の種類や、手数料、その他特徴をよく比較検討することですが、いくつもの取引所を比較するのは大変な作業になってしまうでしょう。

そこでこの記事では、各取引所の特徴を元に、どの取引所がどんな人におすすめなのかについてまとめました。取引所選びの参考にしてください。

ビットコインを売買するなら:Zaif

仮想通貨の中でも1番の主流であるビットコインを売買するなら、おすすめしたい取引所はZaifです。その理由は2つあります。

まず1つ目は、Zaifでは「販売所」ではなく「取引所」でビットコインを購入することができるからです。「販売所」では、取引業者相手に仮想通貨を取引することになり、Zaifでは「簡単売買」と呼びます。一方「取引所」では他の利用者相手に仮想通貨を取引することになり、Zaifでは「現物取引」と呼びます。

  • 「販売所」のことをZaifでは「簡単売買」と呼ぶ
  • 「取引所」のことをZaifでは「現物取引」と呼ぶ

どちらでもビットコインを売買することは可能ですが、実は「取引所」を利用した方がお得に仮想通貨を取引できます。なぜなら、「販売所」の場合は、スプレッドと呼ばれる手数料を含んだ値段で売買されているからです。そのため、購入する場合は割高に、売却する場合は割安な価格となってしまい、儲けを得ることが難しくなります。より詳しい内容に興味がある方は、下記の関連記事もご覧ください。

関連記事:
仮想通貨「販売所」と「取引所」の違い。販売所を使うと損をする?

2つ目は、Zaifの「取引所」では、ビットコインの売買手数料が無料だからです。手数料は安ければ安いほど利用者にとってメリットがあるので、無料のZaifはビットコインの取引をしたい人がまず検討するべき取引所と言えるでしょう。

Zaif(公式サイト)

目次へ戻る

リップルやイーサリアムなど有名アルトコインを売買するなら:bitbank.cc

ビットコインではなくアルトコイン売買を行うのなら、おすすめしたいのがbitbank.ccです。こちらでも「取引所」形式での取引が可能で、扱っている仮想通貨はビットコイン以外にリップルイーサリアムライトコイン、モナコイン 、ビットコインキャッシュなど、有名どころのアルトコインが揃っています。

さらにどの仮想通貨を取引した場合も、手数料は無料です。ビットコインの手数料が無料の「取引所」や「販売所」はいくつかありますが、「アルトコインを取引所で売買可能で、なおかつ手数料が無料」なのは珍しい特徴と言えます。

bitbank.cc(公式サイト)

目次へ戻る

国内取引所では流通していない仮想通貨(通称草コイン)を売買するなら:Binance

仮想通貨には1,000以上もの種類があり、そのうちの比較的マイナーな仮想通貨は仮想通貨マニアの間では通称「草コイン」と呼ばれています。草コインはビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨と比較して価格が安いため、将来の値上がりに期待して今のうちに大量に購入する、いわゆる草コイン投資を行う人もいます。

このような草コイン投資を行うのであれば、海外取引所のBinanceをおすすめします。Binanceでは100種類以上もの仮想通貨を扱っており、これからに期待できる知名度の低い仮想通貨が売買可能です。

販売形式は「取引所」であり、また、Binanceではどの仮想通貨を売買した場合でも、手数料は売買金額の0.1%なので、比較的低コストで売買可能です。さらに、Binanceが発行している仮想通貨であるBNBを手数料の支払いに使えば、手数料は0.05%に下がります

以上のように、草コインを比較的安い手数料で購入できるため、Binanceは草コイン投資に最適な取引所と言えるでしょう。

なお、Binanceは海外の取引所であり、円入金には対応していません。そのため、まず国内取引所で円を使ってビットコインやイーサリアムなどを購入してからBinanceに送金する必要があります。そのため、Zaifなどの、仮想通貨送金手数料が安い取引所で仮想通貨を購入し、Binanceに送金すると良いでしょう。

Binance(公式サイト)

目次へ戻る

ビットコインFXを行うなら:bitbankトレードまたはZaifまたはBitMEX

現物取引ではなく、ビットコインによるFXを行いたいという方におすすめの取引所は以下の3つです。

  • bitbankトレード
  • Zaif
  • BitMEX

ビットコインFXが利用可能な取引所はたくさんありますが、その中でもこの3つの取引所をおすすめする理由は、追証がないことと、証拠金を超える損失が発生したとしても、利用者に請求されないことです。例えば10万円を元手にレバレッジをかけてビットコインFXを始めた結果、ロスカットが生じて100万円の損失を出したとしても、利用者が失うのは元手の10万円までです。

このようなシステムがない取引所の場合、含み損が膨らんで証拠金維持率が減ると追加で証拠金の入金を請求されますし、100万円の損失が確定すれば100万円を取引所に払わなければいけません。このような差があるため、特に初心者であれば、リスクの少ない取引所でFXを行うことをおすすめします。

関連記事:
「追証なし」で仮想通貨のレバレッジ取引ができる取引所まとめ

上記の3つの取引所の中でも、手数料体系に違いがあり向いている取引方法が違います。bitbankトレードは日をまたぐ長期の取引に、Zaifは1日以内に終わらせる短期の取引に向いています。BitMEXについては手数料よりもレバレッジ最大100倍という大きな特徴があるため、ここだけは後ほど個別に詳しく説明します。

まずbitbankトレードの手数料について紹介します。bitbankトレードのFXで発生する手数料は「取引手数料」と「キャピタルゲインフィー」の2つです。「取引手数料」は新規注文金額に対して0.1%かかり、「キャピタルゲインフィー」は利益を確定させた時に利益に対して0.2%かかります。

続いてZaifの手数料については、「日次手数料」と「スワップ手数料」の2種類があり、どちらも保有しているポジションに対して発生します。「日次手数料」は、ポジションに対して2時間ごとに0.00325%ずつ発生します。「スワップ手数料」は、ポジションに対して偶数時間ごとに±0.375%ずつ発生します。「スワップ手数料」の場合は手数料がもらえる場合もあります。Zaifの手数料については、関連記事も併せてご覧ください。

関連記事:
Zaif(ザイフ)の手数料まとめ。販売所・取引所・コイン積立・AirFX・信用取引を徹底解説

以上のように、bitbnakトレードとZaifの手数料体系は全く別物です。手数料の仕組みを考慮すると、ビットコインFX初心者であれば自分のペースで取引できるbitbankトレードで経験を重ね、経験がついて短期で取引できるようになればZaifのFXに移行するのも良いでしょう。

目次へ戻る

仮想通貨FXで大きなレバレッジをかけるなら:BitMEX

ビットコインFXが利用できる取引所でもう1つおすすめなのがBitMEXです。この取引所では、最大100倍のレバレッジをかけて取引することができます。FXが可能な取引所の多くが最大25倍のレバレッジまでとなっているため、100倍レバレッジはBitMEXの大きな強みと言えます。

例えば10万円の証拠金を入金すれば、1,000万円までの取引を行うことが可能です。しかも先に説明したように、追証や、証拠金を超える損失の発生がないため、証拠金10万円で1,000万円の損失を出したとしても、利用者の負担は10万円までで済みます。

BitMEXの手数料に関しては、Makerが-0.0250%でTakerが0.0750%です。Makerは板に新規の注文を並べる人で、Takerは既に板に載っている注文を約定させる人のことです。

また、ポジションを保有することでも、8時間ごとに手数料が発生します。買いポジションの場合は0.0100%が、売りポジションの場合は-0.0100%が発生します。マイナス表記になっている手数料は、払うのではなく受け取ることができます。つまり、新規の売り注文を出せば手数料がかからないどころか、受け取ることができるわけです。

BitMEXにおいてもBinance同様円入金に対応していないため、別の取引所で日本円を使ってビットコインやイーサリアムを購入し、それをBitMEXに送る必要があります。

BitMEX(公式サイト)

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ