暮らしの達人 > 仮想通貨 > コイン一覧 > カルダノ(ADA)とは?特徴とおすすめの取引所を紹介

カルダノ(ADA)とは?特徴とおすすめの取引所を紹介

公開年月日 : 2018/04/10 更新年月日 : 2018/04/10

カルダノ(ADA)は仮想通貨の設計・開発のあり方を変えるために2015年に発足されました。

ビットコインなど一部の仮想通貨では、ハードウォークと呼ばれる分裂騒動が起こります。これは開発者たちの意見の対立によって起こります。ビットコインは非中央集権システムで管理者がいないため、より力の強いコミュニティの意向に従ってしまい、当初の目的からブレてしまうなどの不完全さがあります。

一方カルダノの場合は、カルダノ財団など明確なロードマップと管理者の元、開発が進められています。そのため、カルダノに不具合が起きれば彼らが責任を持って、分裂することなくアップデートを加えることが可能です。

カルダノの開発が順調に進めば非中央集権システムに移行され、「サトシ・ナカモト」の論文に忠実な仮想通貨が誕生する予定です。

カルダノを購入できるおすすめ取引所

残念ながらカルダノは国内の取引所では取引できません。海外の取引所を使いましょう。

目次へ戻る

Binance:取引手数料を抑えてカルダノを購入したい人におすすめ

100種類以上ものコインを扱っている世界最大級の取引所Binanceでは、カルダノの取引が可能です。しかもBinanceの取引手数料は、取引額の0.1%と安いのも魅力的です。

Binanceは海外の取引所であり、日本円の入金ができません。したがって、まず国内取引所で日本円からビットコインに交換しましょう。その後Binanceにビットコインを送金してやれば、カルダノの取引が可能になります。

Binance(公式サイト)

目次へ戻る

BitMEX:カルダノへの投資で利益を狙う人におすすめ

同じく海外取引所のBitMEXでは、カルダノを使った先物取引が可能です。先物取引と言っても、内容はFXと同じで、決済期限が決まっているだけです。決済期限を迎えたら、保有しているポジションが全て強制的に反対決済されます。したがって、カルダノを手に入れることが目的ではなく、カルダノを使った投資活動によって利益を狙う人にBitMEXをおすすめします。

その理由は2つあります。

1つ目は、レバレッジを最高20倍までかけることができることです。1万円の証拠金を預けると、20万円の取引ができるようになります。20万円分のカルダノを購入して、それが30万円に上がれば10万円の利益を獲得できます。逆に15万円に下がれば、5万円分の損失が発生します。

このように手持ちの資金以上の取引ができるため、ハイリスク-ハイリターンな取引となります。

2つ目の理由は、証拠金を超える損失額の請求が行われない点です。つまり上記の例で5万円分の損失が確定しても、実際には証拠金として入金した1万円だけが徴収されます。とはいえ、身の丈にあった取引を心がけるよう、ご注意ください。

証拠金に対して含み損の割合が大きくなると、強制的にポジションが決済される「ロスカット」が発生します。そのため少ない金額で大きな儲けを得るのは簡単ではありません。

BitMEXは日本円の入金に対応しておらず、証拠金はビットコインで入金する必要があります。

BitMEX(公式サイト)

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ