暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > コインチェック取引所の使い方を初心者向けに解説!販売所を卒業して利益を狙おう

コインチェック取引所の使い方を初心者向けに解説!販売所を卒業して利益を狙おう

更新年月日 : 2022/12/27

コインチェック取引所の使い方を初心者向けに解説!販売所を卒業して利益を狙おう

コインチェックには販売所と取引所の2つの仮想通貨売買窓口があります。この両者を比較すると、間違いなく取引所の方が良いレートで取引できます

そのため取引所を使って取引することおすすめしますが、最初は使い方がわかりにくく手間取るでしょう。公式サイトにも説明がありますが、ちょっと不十分でわかりにくい部分もあります。そこでこの記事では、コインチェックの取引所の使い方を、初心者にもわかりやすく解説していきます。

\BTC預け入れで最大年利5%がもらえる/

コインチェックに申し込む

おすすめ仮想通貨交換業者3選

少額からレンディング可能

コインチェック コインチェック

貸暗号資産に通貨を預ければ、最大年利5%の利息付与(ただし2%までしか受け付けてないことも多い)。最低1万円相当から預けられるので少額から利用可能。

申込み

現金1,000円もらえる

ビットバンク ビットバンク

今なら新規口座開設のうえエントリーと1万円の入金で現金1,000円がもらえる。取引所の銘柄はかなり豊富。取引手数料は有料だが、PostOnly注文なら約定がくの0.02%の手数料がもらえる。

お申込み

入出金手数料無料

GMOコイン GMOコイン

入出金手数料が無料。出金スピードも最短翌営業日なので、万が一のリスクを軽減できる。また指値注文の際にPost-Onlyオプションを使うと、約定金額の0.01%相当の取引手数料がもらえる。

申込み

準備:本人確認書類を提出して入金を行おう

本人確認書類の提出

取引の前に、まずは準備を済ませておきましょう、口座開設完了した後、本人確認書類の提出を完了させ、その後に入金手続きを行う必要があります。

本人確認はコインチェックアプリを使うことで、運転免許証と自撮り撮影を行うだけで、すぐに完了します。

入金手数料はコインチェック側ではかかりません。お使いの銀行口座によって無料だったり有料だったりします。だいたい500円あれば取引できる計算なので、1,000円もあれば取引を始めることができます。ただし流石に1,000円だけではほとんど増えも減りもしないので、1万〜10万円程度入金することをおすすめします

なお、出金時には手数料407円がかかります。

\BTC預け入れで最大年利5%がもらえる/

コインチェックに申し込む

目次へ戻る

コインチェックの取引所は「ホーム」にあり

コインチェック取引所

ではコインチェックの取引所の使い方を解説していきます。コインチェックにログインすると、最初に出てくるその画面が取引所です。サイドバーで言う「ホーム」が取引所なのです。

販売所は「販売所」ときちんと明記されているけど、取引所は明記されていないのでわかりにくいね

補足の達人

目次へ戻る

コインチェック取引所の使い方

現物取引の場合

取引所の入力項目

取引所の画面にある「現物取引」から注文を行います。この時、「レート」と「注文量」を決めて注文します。それぞれ言葉の意味は以下の通りです。

  • レート:1BTC=いくらの価格にするか
  • 注文量:そのレートでいくらの数量の通貨を取引するか

販売所の場合は1BTCがいくらなのかは業者によって決められていますが、取引所では自分で決定します。

例えばレートを「4000000」で、注文量を「0.01」とすると、「1BTC=4,000,000のレートで0.01BTC分購入する」意味になり、概算(最終的な必要金額)は「40,000」と表示されます

レートを自分で決めることができるものの、例えば1BTC=500円みたいな実際の価格からの乖離が大きい注文はできません(実勢価格の±50%)。また、取引所での注文は、あくまでも相手が見つからなければ成立しません。例え1BTC=500円みたいな注文ができたとしても、そんな条件で売ってくれる人はまずいないので、注文は成立しません。

注文を成立させるには現実的な価格で注文を出す必要があります。この時役立つのが、現物取引の次にある「買い板/売り板」です。赤と緑の数字が動いているこちらの表示は、他のトレーダーのリアルタイムの注文状況を示しています。

板取引

例えばこの注文は、1BTC=4,133,482円の価格で0.0346BTC分を売却する注文を意味します。この時自分も1BTC=4,133,482円の価格で、0.0346BTC以内の数量で買い注文を出せば、注文が成立する可能性があります。

しかし板の情報は移り変わりが激しいので追い切れません。あくまで自分が注文する際、いくらで設定するかの目安として使うのが良いでしょう。例えば1BTC=4,133,482円の価格で売られているということは、今後1BTC=4,100,000円まで下がる可能性もあります。そこで、1BTC=4,100,000円の価格で注文を出しておけば、そのうち誰かがこのレートで売却してくれて、注文が成立するかもしれません。

注文の有効期限は?:

コインチェックの場合、注文の有効期限がありません。注文が成立するまで残り続けます。もしも不要になれば注文をキャンセルしましょう。また、実際の価格から離れると自動的にキャンセルされることもあります。

目次へ戻る

トレードビューの場合

コインチェックホーム画面

取引所で取引する方法はもう一つあります。サイドバー下部にある「トレードビュー」を押すと、まるでFXのような難しい画面が表示されます。

ただしやることは同じ。右側に「レート」「注文量」の入力欄があるので、「ホーム」と同じようにこちらに入力すると取引できます。

トレードビュー

「トレードビュー」ならではの機能が、「成行注文」です。取引所での取引は、これまで見てきたように自分で価格を指定する「指値注文」が一般的です。しかしトレードビュー内にある取引所では、成行注文が可能です。

成行注文は販売所での注文と似ていて、注文量だけを指定します。注文を出せばすぐに成立するのですが、問題なのがその価格です。

買いの成行注文を出した場合、価格は「その時最も高く売られている注文」と成立します。つまり一番悪い条件で注文が成立してしまうのです。

成行注文を使いこなすためには、相場を分析する力が必要です。初心者のうちは使うべきではないと思います。ただコインチェックの取引所でも成行注文は可能と言うことだけ覚えておくと今後役立つでしょう。

成行注文はどんな時に便利?:

成行注文のメリットは、すぐに注文が成立することです。例えば暴落した時、多くの人が売ろうとするので、買い手が見つからず損切りできないこともあります。しかし成行ならいち早く売り抜けることができるので、損切りを成功できます。

このように、早く注文するメリットが金銭的なメリットを上回った時に成行注文が役立ちます。

\BTC預け入れで最大年利5%がもらえる/

コインチェックに申し込む

目次へ戻る

注意:コインチェックアプリは販売所しか使えない

コインチェックにはアプリもあります。しかしこのアプリでは販売所での取引しかできません。スマホから取引所を使って取引する際には、ブラウザからログインして使う必要があるのでご注意ください。なお、ブラウザ上での操作方法は上記で紹介した方法とほぼ同じです。

目次へ戻る

補足:取引所と販売所の違い

取引所と販売所の違い

取引所 販売所
取引相手 他のトレーダー 業者
取引価格 自分で決める 業者が決める
取引手数料 有料(無料のこともあり) 無料
取扱通貨種類 少ない 多い

冒頭の通り、販売所よりも取引所を使った方がより良いレートで取引することができます。その理由を解説します。

販売所と取引所で大きく異なるのが、取引相手の違いです。

これまで説明してきた通り、取引所では取引相手が他のトレーダーです。そのため、自分で価格を自由に決めて、他の買い手や売り手が見つかるまで待つことができます。業者の役割は取引場所を提供するだけです。

一方で販売所では、業者が取引相手になります。例えばコインチェックならコインチェック自身が取引相手となります。そのため、コインチェックが定めた価格で売買することになります。

このように取引所と販売所では業者の役割が異なります。そしてこのような違いから「価格」と「手数料」の2つの違いが生まれます

まず価格について説明します。上記の通り、取引所では自分で価格を決められるのに対して、販売所では業者が価格を決めます。取引所ではたくさんトレーダーが参加していて、需要と供給や競争によって価格が決まります。そのため、少なからず買い手と売り手がWIN-WINになれる価格が落とし所となります。しかし販売所では業者が独断で価格を決めます。したがって、価格の時点で業者側が有利な価格です。WIN-LOSEとなってしまうわけです。また、業者が直接取引に参加してくるということは、トレーダーが損すれば業者が得する、とも言えます。

しかし販売所では手数料が無料で、取引所は手数料が有料なことが多いので、販売所の方がお得だと思いがちです。また、販売所の方が簡単に取引できるので、初心者の人は販売所で取引してしまい、結果的に「養分」となってしまうのです。

ただし、取引所と販売所の取引銘柄数を比較すると、販売所の方が種類が多いことがほとんど!

補足の達人

目次へ戻る

取引所の使い方を覚えればどれだけ有利?

取引所と販売所比較

実際に販売所と取引所の価格を比較してみましょう。これはコインチェックの取引所と販売所を同じタイミングで見てみた時のスクリーンショットです。

まず取引所では、ここ10件の内で最も高額な売り注文でも1BTC=3,989,560円です。一方で販売所の購入レートでは1BTC=4,107,500円です。

その差はなんと約10万円!販売所ではなく取引所を使うことで、10万円近くも安く購入できるのです。コインチェックは取引所の取引も手数料無料なので、間違いなく取引所を使った方が有利なレートで売買できると言えます。

以上の通り、コインチェックの取引所の使い方を覚えれば、10万円分有利に取引できるわけです。ぜひ挑戦してみてください。

目次へ戻る

コインチェックの取引所で取引しよう!

コインチェックは仮想通貨交換業者の中でも珍しく、取引所の取引手数料が無料です。そのため他社と比較しても、優れた環境で取引できます。

ユーザーも多いので注文が成立しやすいというメリットもあります。少しずつ少額で取引所取引に慣れて、仮想通貨で利益を出せるよう経験を積みましょう。

コインチェック
  • 取引手数料無料!
  • 販売所・取引所両方あり!
  • 最短即日での口座開設に対応
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 407円
BTC取引手数料
販売所 取引所(Taker) 取引所(Maker)
無料 無料 無料

「取引所あり」「取引手数料無料」「ユーザー多数で注文が成立しやすい」まさに取引環境が最強の仮想通貨交換業者だ。これから仮想通貨を取引するのなら、コインチェックの取引所を使うのがおすすめ。

\年利最大5%でレンディング可能/

お申込み

目次へ戻る

おすすめ仮想通貨交換業者

仮想通貨交換業者 おすすめポイント 口座開設
コインチェック
取引所が使えて、さらに取引所手数料が無料の貴重な業者。知名度が高く注文が多いのも魅力。販売所では27銘柄の取り扱いがあり種類も豊富。まずはここで良いだろう。
GMOコイン
取引所ではMakerになると手数料を払うのではなくもらえる。出金手数料も無料なので取引するだけでプラスになる珍しい業者だ。
ビットバンク
こちらも取引所取引でMakerになると手数料がもらえる。手数料率は-0.02%なのでGMOコインよりも高い。新規口座開設+エントリーで現金1,000円がもらえる

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

おすすめ業者 キャンペーン 取引所の使い方 即日口座開設 手数料比較 積立購入