暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > ビットコインは積立購入がおすすめ!その理由と積立方法を解説

ビットコインは積立購入がおすすめ!その理由と積立方法を解説

公開年月日 : 2021/03/03

ビットコインは積立購入がおすすめ!その理由と積立方法を解説

爆上げしているビットコイン。今から購入するのは怖いはず。そんな人におすすめな購入方法が、あえて一括ではなく分散して購入する積立投資です。そのため、例え1BTC=500万円の時点で購入して、その後暴落し二度と同じ価格にならなかったとしても、積立投資なら儲かる可能性もあります。

ビットコインの積立購入をおすすめする理由

ビットコインの購入方法として、積立購入を推奨する理由3つをご説明します。

詳しい分析ができなくても儲かる可能性がある

ビットコインを始めとした仮想通貨は取引が開始されてから歴史も浅く、過去のチャートから分析するテクニカル分析は通用しないと言われています。また、特定の国に所属している通貨ではないため、各国の要人発言や経済指標などから分析するファンダメンタル分析もしにくいとされています。つまりビットコインの取引で分析するのは、プロのトレーダーでも簡単なことではありません。実際に多くのトレーダーは感覚で仮想通貨の取引をしています。

そこで積立投資の出番になります。積立投資は、もはや分析を放棄した投資方法です。一定間隔で、一定額を自動的に購入し続けます。重要なのは、ルールをひらすら遵守した投資を続けることです。さらに途中で辞めないことも大切です。

積立投資であれば、たとえ購入時点よりも価格が下がったとしても、再び上がってくれば儲かる可能性があります。1BTC=500万円の時に一括購入をした場合は、500万円を超えない限りは儲けは出ません。仮に500万円台が天井だとすると、二度と価格が戻らないことさえ考えられるのです。

しかし積立投資の場合は、長期間に渡りビットコインを購入し続けることになります。仮に3ヶ月前は1BTC当たり500万円で購入したとしても、先月は400万円、さらに今月は300万円で購入していれば1BTCあたりの平均購入価格は400万円になります(500万円+400万円+300万円÷3ヶ月)。つまりこの場合は500万円を超えるのを待っている必要はなく。400万円を超える価格に戻ってくれば利益があげられるわけです。平準化された価格さえ超えれば儲かるため、積立購入はよりリスクが少ないビットコインの購入方法と言えます。

目次へ戻る

資金を一度に用意する必要がない

1BTC購入しようとすると、2021年2月25日現在で530万円程度必要になります。いきなり500万円を超える資金を用意できる方は限られるでしょう。しかし積立購入は、毎月少しずつ購入するものです。例えば月に5万円の積立購入ができるのであれば、100ヶ月後(約8年後)には500万円相当のビットコインを購入していることになるわけです。

また積立投資自体は毎月継続することが大切なので、続けられる範囲の資金では始めればOKです。例えばいま手元に50万円の余剰金がなくても、毎月の給料から1万円を投資に回せば、50ヶ月(約4年間)続ければ50万円を投資したことになります。毎月赤字になることがない方であれば、半永久的に積立購入できる、と言っても過言ではありません。

ちなみに1BTCあたりの価格は高額ですが、最低取引単位は1通貨ではありません。多くの業者では、0.001BTCと小数点以下でも取引ができるのです。最低購入額を500円に設定している業者も多いので、無理する必要は一切ありません。あなたの生活に合わせて、毎月一定額を購入しつけていけばよいのです。1万円も難しいのであれば5,000円や1,000円でもOK。もちろん毎月の購入金額が少なければ利益が出ても少額になるわけですが、積立購入に無理は禁物です。

目次へ戻る

対応業者なら一度設定しておけばほったらかしでOK

積立購入は自分で行うのもOKです。たとえば、毎月15日の午後9時に1万円分のビットコインを購入する、と決めておき実践するだけです。しかし直前に大幅な価格の上下があると、怖くなり購入を控えることも考えられます。そもそも購入することをど忘れしてしまうこともありえるわけです。積立購入はルールを守ることが大前提であり、毎月の購入に医師が介入してしまうと全く意味がなくなるので注意してください。

そこで活用してほしいのが、自動積立サービスです。仮想通貨交換業者のの中には、自動で積み立ててくれるところもあります。毎月10日の午前10時など日時が決まっているので、あとはあなたが金額を決めればよいのです。1,000円から5万円の範囲内で1,000円刻み、などと決まっているので毎月の余剰資金の範囲内で無理のない金額を設定しましょう。

自動積立なら、資金が不足しない限りはどんな時も積み立ててくれます。中には、金融機関口座と連動して仮想通貨の口座資金がなくなっている場合には、自動的に口座振替して自動積立サービスを継続させてくれるところもあります。手動で積立するよりも圧倒的に楽なので、興味のある方はぜひ活用してください。

以下、ビットコインを自動的に積み立て購入できるおすすめの業者を2つご紹介します。

目次へ戻る

ビットコインを積立購入できるおすすめ業者

コインチェックおよびGMOコインであれば、ビットコインを始めとした仮想通貨の自動積み立て購入が可能です。毎月自分で手続きする必要はなく、勝手に購入し続けてくれるのです。

それぞれの積立購入のシステム、および仮想通貨交換所としての特徴を明らかにするので、口座開設先の検討に役立ててもらえたら幸いです。

目次へ戻る

コインチェック:月々or毎日1万円から積立可能

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)(2021年1月8日取得)

コインチェックの積み立てサービスは「Coincheckつみたて」と呼ばれるもので、月々1万円から利用できます。積み立てプランは2つ用意されており、月に一度仮想通貨を購入する「月イチつみたてプラン」と月々の積立額を日割り計算で毎日つみたててくれる「毎日つみたてプラン」があります。どちらのプランを利用するかで頭を悩ませる方もいるかも知れませんが、仮想通貨は日々価格が変動するため毎日積み立てのほうがリスクが少なく有利とされています。

Coincheckつみたてで大きなメリットとされているのが、銀行口座直結なところです。コインチェックの口座に資金がなかったとしても、お客様銀行口座より自動引き落としで対応してくれるので、資金管理についてもそれほど気を使う必要はありません。

積立できる仮想通貨も豊富でありビットコイン以外にも ETH, ETC, LSK, XRP, LTC, BCH, XLM, XEM, QTUM, BAT, IOST, ENJに対応しているため、全部で13種類もの仮想通貨を積み立てられます。

積み立てたビットコイン等の仮想通貨ですが、すぐに売ることを考えていないのであればコインチェック側に貸し出してみるのもおすすめです。コインチェックでは「Coincheck貸仮想通貨サービス」と呼ばれる貸仮想通貨サービスを実施しているのです。最大で年率5.0%にもなるので仮に1BTCを保有している場合には、1年で最大1.05BTCになる計算です。「1BTCでも年間で0.05BTCしか増えないのか…」とがっかりしている方もいるかも知れませんが、ビットコインの場合は1通貨あたりの額が大きいです。1BTC=500円とすると、0.05BTCは25万円にもなる計算です。年間で25万円も儲けられたら嬉しくありませんか?

ただ利率については、貸し出し期間によって変わってくるので注意してください。5.0%になるのは365日間の期間設定で貸し出した場合のみです。他にも14日間・30日間・90日間・180日間の設定で貸し出せますが、利率は365日間に比べ低くなります。

また指定された期間が経過するか、コインチェックが返却するまでは、売却および他への送信はできません。貸仮想通貨サービスを利用している最中は解約できないので要注意です。

以下、コインチェックのその他の特徴を簡単にまとめます。

コインチェックでは取引所と販売所の両方が用意されているため、お得なレートで取引できる取引所の利用も可能です。手数料もお得であり、取引所手数料はTaker 手数料・Maker 手数料ともに一切かかりません。販売所の手数料も無料ですが、手数料相当額として0.1%から5.0%が価格に反映されます。入金手数料に関しては、銀行振込の場合は手数料無料です。コンビニ入金とクイック入金は手数料が発生するので注意してください。出金時には、1回あたり407円の手数料が発生します。小刻みに何度も出金すると手数料が負担になるので、なるべくまとめて引き出したほうがお得ですよ。

コインチェック
  • 取引手数料無料!
  • 販売所・取引所両方あり!
  • 最短即日での口座開設に対応
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 407円
BTC取引手数料
販売所 取引所(買) 取引所(売)
無料 無料 無料

これから仮想通貨を取引するならまずおすすめなのがコインチェック。その理由は、取引所が使えてさらに取引手数料が無料だから。つまりコインチェックは仮想通貨交換業者の中で最もコストに優れた環境で仮想通貨を取引できる。また、自動積立や貸仮想通貨にも対応しているので抜け目ない。

お申込み

目次へ戻る

GMOコイン:月々1,000円から積立可能

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン

画像引用元:ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン(2021年1月21日取得)

GMOコインでは、「つみたて暗号資産」とのネーミングで貸仮想通貨サービスを実施中です。コインチェックと異なり、月々1,000円から積立可能です。「毎月1万円の出費は厳しい」と感じている方にもおすすめできる仮想通貨交換所になります。ただ毎日積立には対応していないので、月イチの積立プランを利用することに。銀行口座直結でもないので、仮想通貨口座の資金管理は自分で行わなければなりません。

積み立てサービスではビットコイン以外にも、ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUMに対応しています。非常に豊富なので、ビットコイン以外も積み立ててみたい、と感じている方は是非利用を検討してみましょう。

コインチェックと同様に、積み立てた仮想通貨をGMOコイン側に貸し出して利息を得ることも可能です。最大年率は3.0%であり、契約期間の途中でも解約できるのが大きな魅力になります。貸出期間によって年率が異なっており、年率3%は3ヶ月コースを選択する必要があります。一方で、年率1%の1ヶ月コースも用意されているのでお好きな方を選んでくださいね。中途解約に関しては、コストが掛かります。償還時に受取予定の貸借料の10%を支払うことになり、解約するまでの利息も発生しません。

以下、GMOコインのその他の特徴を簡単にまとめます。

コインチェックと同様に、販売所と取引所の両方が用意されているためレートがお得な取引所を使った取引も可能です。入金手数料および出金手数料も発生しません。出金手数料を無料に設定している業者はかなり珍しいと思います。最低出金額は1万円ですが、小刻みに資金の出し入れを行いたい、と考えている方でも安心して利用できます。取引手数料については、販売所は無料であり取引所はTaker 手数料が0.05%でMaker 手数料が-0.01%になります。手数料のマイナス表記ですが、こちらは受け取れることを意味しています。つまりGMOコインでは取引所の取引手数料は発生しますが、売るときに一部は戻ってくるのです。

レバレッジ取引に対応している点もGMOコインの魅力の一つです。あなたが保有している資金よりも大きな取引ができ、レバレッジは最大4倍まで設定できます。ただ、ロスカット手数料として建玉ごとに0.5%のコストが掛かります。レバレッジ手数料として、建玉ごとに1日あたり0.04%発生する点も頭に入れておきましょう。

GMOコイン
  • 申し込みから取引開始までがわずか10分
  • 販売所と取引所両方あり
  • 自動積立購入や仮想通貨レンディングが可能
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 無料
BTC取引手数料
販売所 取引所(買) 取引所(売)
無料 0.05% -0.01%

取引所あり。ただし購入時は取引手数料が0.05%かかるので、コインチェックには劣るが、それ以外の会社と比較すると優れている。自動積立は月々1,000円から利用可能なので、より少額での積立が可能。貸仮想通貨も利用できる。

キャンペーン情報

新規口座開設でもれなく3,000円相当のTRXプレゼント!

お申込み

目次へ戻る

注意:自動積立だと販売所レートとなる

自動積立を行う際の注意点として、コインチェックもGMOコインも販売所のレートに基づいて行われる、というものがあります。双方ともにトレーダー同士がお得なレート取引を行う取引所を儲けていますが、業者側と取引するレバレッジが広く設定された販売所レートで購入しなければならないのです。確かに販売所の手数料は無料ですが、実質的な手数料が上乗せされているため、短期間で利益を上げるのは難しいです。

GMOコインの2021年2月25日における販売所のレートをご紹介します。売却価格は523万6,002円であり、購入価格は544万9,775円でした(ビットコインのケース)。つまりスプレッドとして、状況によっては20万円以上が設定されるのです。仮に儲けようとすると、購入時よりも数十万円値上がりしなければならないことになります。もちろん積立なので、購入価格が平均化されるため、それほど気にならなくなることも事実ですが、しばらくは利益が出ない状態が続く可能性が高い点は覚えておきましょう。

目次へ戻る

ベストな積立方法は「取引所での手動積立」

自動積立は便利な取引方法ではありますが、レートが不利です。そこでベストになるのが、取引所を活用して自分で積み立てることです。ただ、自分で積み立てる場合には鉄のハートが必要不可欠になります。メンタルにも左右されて、前もって決めたルールを守れなくなることも考えられるからです。また取引所の場合は自分でレートと数量を決定するので、注文が成り立たないことも考えられます。

販売所の手数料は基本的にどこも無料ですが、取引所の場合はGMOコインのように有料化されていることもあるので注意してください。

その点、コインチェックであれば取引所でも取引手数料が無料なので、購入コストが最も安くおすすめです。

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ