暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > 仮想通貨「販売所」と「取引所」の主な3つの違いを解説!販売所を使うと損します

仮想通貨「販売所」と「取引所」の主な3つの違いを解説!販売所を使うと損します

更新年月日 : 2022/01/25

仮想通貨「販売所」と「取引所」の主な3つの違いを解説!販売所を使うと損します

コインチェックGMOコインなど、いわゆる仮想通貨交換業者には、「販売所」と「取引所」と呼ばれる2つの仮想通貨売買窓口があります。

細かな違いはありますが、少なくとも取引所で売買した方が販売所で売買するよりも有利なレートとなります。そのため、仮想通貨で儲けたいなら取引所で売買するのが鉄則です。

その理由や、取引所の使い方について解説していきます。

おすすめ仮想通貨交換業者3選

現金1,000円もらえる

ビットバンク ビットバンク

今なら新規口座開設のうえエントリーと1万円の入金で現金1,000円がもらえる。取引所の銘柄はかなり豊富。取引手数料は有料だが、PostOnly注文なら約定がくの0.02%の手数料がもらえる。

お申込み

入出金手数料無料

GMOコイン GMOコイン

入出金手数料が無料。出金スピードも最短翌営業日なので、万が一のリスクを軽減できる。また指値注文の際にPost-Onlyオプションを使うと、約定金額の0.01%相当の取引手数料がもらえる。

申込み

少額からレンディング可能

コインチェック コインチェック

貸暗号資産に通貨を預ければ、最大年利5%の利息付与(ただし2%までしか受け付けてないことも多い)。最低1万円相当から預けられるので少額から利用可能。

申込み

「販売所」と「取引所」の主な3つの違い

1つの「取引業者」に「販売所」と「取引所」の両方がある場合もあれば、どちらか1つしかない場合もあります。では販売所と取引所にどのような違いがあるのか、主なものを3つ紹介していきます。

目次へ戻る

違い1:取引相手が違う

「販売所」も「取引所」も仮想通貨の売買が可能ですが、売買を行う相手が違います

「販売所」では「取引業者」を相手に仮想通貨を売買します。つまり利用者はコインチェックやビットフライヤーを相手に仮想通貨の売買を行います。

一方「取引所」では、利用者同士で売買を行います。例えばコインチェックならコインチェックを利用している他のトレーダーと売買します。「取引業者」であるコインチェックは取引場所を提供しているだけで、各取引には関わりません。

  • 販売所:取引相手は業者
  • 取引所:取引相手は他のユーザー

この販売所と取引所の仕組みの違いは、仮想通貨交換業者の利益にも影響を与えます。販売所の場合、業者が取引に関与するため、ユーザーが損すれば業者の利益となります。一方で取引所は取引には関与しません。取引手数料を徴収することで利益を得ます。

  • 販売所:ユーザーが損すれば業者が儲かる
  • 取引所:ユーザーがたくさん取引するほど業者が儲かる

販売所と取引所の価格の違い

業者にとって販売所は損失を出すリスクがあります。そのリスクを軽減するために、ユーザーにとって不利なレートを提示します(いわゆるスプレッド)。これが販売所を使うと損する理由です。

目次へ戻る

違い2:手数料が違う

先の通り、販売所と取引所では業者が利益を得るポイントが異なります。そして販売所を使ってもらった方が業者は儲かります。そのため販売所の手数料は無料で、取引所は手数料が有料のケースが多くあります。

一見すると販売所の方が手数料無料で有利に見えますが、売買レートを考慮すると手数料を払ってでも取引所で取引した方が儲かるのです。

目次へ戻る

違い3:売買できる銘柄が違う

「販売所」と「取引所」では売買できる仮想通貨の種類が異なります。例えばGMOコインの「販売所」ではXTZやATMなどマイナーな通貨含め14銘柄の取引が可能です。しかし取引所で売買できる銘柄は8種類です。

GMOコインに限らず、他社においても販売所の方が多くの銘柄を取引できます。よりマイナーな銘柄を取引したいなら、販売所を使わざるを得ないかもしれません。

目次へ戻る

仮想通貨で利益を得るなら「取引所」を利用するべき

取引所と販売所の違い

取引所 販売所
取引相手 他のトレーダー 業者
取引価格 自分で決める 業者が決める
取引手数料 有料(無料のこともあり) 無料
取扱通貨種類 少ない 多い

以上、違いをまとめると以上の通りです。細かな違いは他にもありますが、少なくともレートが悪い販売所を積極的に使う理由はありません

目次へ戻る

取引所の使い方

EX-ICカード

仮想通貨初心者の場合、多くの人が販売所で取引してしまうと思います。その理由が、販売所の方が注文が簡単だからです。取引所の場合はわかりにくい板取引となり、入力項目も多いのでわかりにくいと思います。

まず「板」は他のユーザーのリアルタイムの注文状況を表示しています。下が買い注文で、上が売り注文です。よって買い注文を出すときは下の情報を参考にし、売り注文を出すときは上の情報を参考にすると良いでしょう。

板のレートから大きく外れた注文を出してしまうと、なかなか注文が成立せず、一定期間後に注文が自動的にキャンセルされます。

誤発注には対策あり:

取引所では売買レートを自分で決めます。例えば1BTC=700万円の時に、誤って1BTC=70万円と入力して売却してしまうとめちゃくちゃ損します。しかしこのようにあまりに市場のレートからかけ離れた注文はそもそも発注できません。そのため極端に大損してしまうようなレートで注文してしまうようなことはないので、安心して発注しましょう。

目次へ戻る

取引所のデメリットは?

取引所のデメリットをまとめると、上記の通り注文方法がわかりづらいことが挙げられます。また、取引相手がなかなか見つからない可能性もあります。

例えば仮想通貨が大暴落した際には、売りが殺到することが考えられます。すると買い手がなかなか見つからず、売りたいのに売れない、ということが起こり得ます。特に急いで損切りしたい場合には、取引所ではなく販売所を利用した方が良いかもしれません。

ちなみに取引所で購入した仮想通貨を販売所で売るなど取引所と販売所を跨ぐことは可能です。

目次へ戻る

取引所があるおすすめ仮想通貨業者

取引所がある業者の中でも、取引手数料で比較することをおすすめします。前述の通り取引所は手数料が有料のことがほとんどですが、中には手数料無料で提供している業者もあります。これから取引するなら、手数料無料で取引所が使える業者が最もおすすめです。

取引所・販売所一覧

会社名 取引所/販売所
マネーパートナーズ -
Liquid by Quoine 取引所
bitFlyer 取引所/販売所
ビットバンク 取引所/販売所
SBI VCトレード 取引所/販売所
GMOコイン 取引所/販売所
フォビジャパン 取引所/販売所
BTCボックス 取引所/販売所
ビットポイント 取引所
DMMビットコイン 販売所
TAOTAO 販売所
Bitgate 販売所
BITOCEAN -
コインチェック 取引所/販売所
楽天ウォレット 販売所
ディーカレット 販売所
BITMAX 販売所
LastRoots 取引所/販売所
FXcoin 販売所
オーケーコイン・ジャパン 取引所
コイネージ 取引所
Kraken 取引所
CoinBest 取引所/販売所
Zaif 取引所/販売所
Xtheta 販売所

目次へ戻る

コインチェック:取引手数料無料で取引所が使える

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)(2021年1月8日取得)

  • 取引所あり!さらに取引所の取引手数料が無料
  • 最短即日で口座開設可能
  • 最小500円から買い付け可能
お申込みはこちら

コインチェックは取引手数料無料で取引所を利用できます。知名度も高く、知ってる方も多いでしょう。

取引所においてはこの知名度の高さも重要です。なぜなら取引所では相手が業者ではなく他のユーザーとなるため、利用者が多ければ多いほど注文が成立しやすくなるからです。

ただし、コインチェックの取引所はちょっとわかりにくいのでご注意ください。コインチェックでの取引所の使い方は下記関連記事で解説しています。参考にしてください。

コインチェック
  • 取引手数料無料!
  • 販売所・取引所両方あり!
  • 最短即日での口座開設に対応
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 407円
BTC取引手数料
販売所 取引所(Taker) 取引所(Maker)
無料 無料 無料

手数料無料で取引所が使えるため、最も良い取引環境で売買できる。ただし出金手数料だけ有料なので注意しよう。購入した仮想通貨はコインチェックに預けることで預金のように利息を受け取ることができる。

\年利最大5%でレンディング可能/

お申込み

目次へ戻る

GMOコイン:取引手数料をもらいながら取引できる

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン

画像引用元:ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン(2021年1月21日取得)

  • 取引所での取引が可能
  • Post-Onlyを使えば手数料をもらい続けることが可能
  • 申し込みから取引開始まで最短10分
お申込みはこちら

GMOコインも取引所が使えます。取引手数料は独特で、Takerは注文金額の0.05%、Makerは-0.01%となります。つまりMakerになれば手数料を払うのではなくもらうことができます。

TakerとMakerの違いは割愛しますが、状況に応じてどっちかになります。ただし、注文時にPost-Onlyというオプションを使うと、常にMakerになるように注文が成立します。したがって、常に手数料をもらいながら取引できます。

GMOコインの取引所やPost-Onlyの使い方は下記関連記事を参考にしてください。

GMOコイン
  • 取引所あり!手数料を払うのではなく受け取ることも可能
  • Post-Onlyを使って注文すれば常に手数料をもらえる
  • 自動積立購入や仮想通貨レンディングが可能
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 無料
BTC取引手数料
販売所 取引所(Taker) 取引所(Maker)
無料 -0.01% 0.05%

GMOコインの取引所は、誰でも簡単に手数料をもらいながら売買することが可能。注文金額の0.01%なので金額は微々たるものだが、払うのともらうのでは大違いだ。さらにGMOコインは出金手数料も無料。コスト面では最も良い環境で取引できる業者だろう。

目次へ戻る

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設のうえ、「販売所」または「つみたて暗号資産」において、暗号資産を1回以上購入すると、毎日抽選で10名に現金1,000円をプレゼント!

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

おすすめ仮想通貨交換業者

仮想通貨交換業者 おすすめポイント 口座開設
コインチェック
取引所が使えて、さらに取引所手数料が無料の貴重な業者。知名度が高く注文が多いのも魅力。販売所では27銘柄の取り扱いがあり種類も豊富。まずはここで良いだろう。
GMOコイン
取引所ではMakerになると手数料を払うのではなくもらえる。出金手数料も無料なので取引するだけでプラスになる珍しい業者だ。
ビットバンク
こちらも取引所取引でMakerになると手数料がもらえる。手数料率は-0.02%なのでGMOコインよりも高い。新規口座開設+エントリーで現金1,000円がもらえる

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

おすすめ業者 キャンペーン 取引所の使い方 即日口座開設 手数料比較 積立購入