暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > コインチェックの評判は?特徴やメリットデメリットを徹底解説

コインチェックの評判は?特徴やメリットデメリットを徹底解説

公開年月日 : 2021/03/03

コインチェックの評判は?特徴やメリットデメリットを徹底解説

仮想通貨取引でよくおすすめされる「コインチェック」。本当にコインチェックは優れた業者と言えるのでしょうか?そのメリットデメリットから評判までをまとめました。

コインチェックのメリット

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)(2021年1月8日取得)

有名仮想通貨交換業者であるコインチェックのメリットを5つにまとめてみました。取引所があり、手数料がお得である点、さらには自動積立投資に対応していたり貸仮想通貨サービスに対応していたりなど枚挙に暇がありません。一つずつ詳しく解説するので、口座開設の判断基準として役立ててもらえたら幸いです。

目次へ戻る

取引所がある

各業者には販売所と取引所の2つの仮想通貨の購入窓口があります。どちらを選ぶかで頭を悩ませる方も多いと思いますが、取引所を利用するのがおすすめです。その理由に、購入価格及び売却価格があります。

取引所はユーザー同士が取引をするため、お得な価格で売りに出されていることも少なくありません。一方で販売所の場合は、取引相手が業者になるので、業者側が有利な価格を掲示します。FXで言うところのスプレッドのようなものが設定されるのです。

たとえば2021年2月24日のビットコインの取引所におけるレートは536万5,434 円です。しかし、販売所では購入レートが552万7,304 円であり、売却レートは520万4,538 円に設定されています。つまり取引所であれば1BTC当たり536万円前後で購入できるのに、販売所では552万円を超える価格で購入しなければなりません。一方で売る場合は520万円程度となるため、仮に買ってすぐに売るようなことがあると30万円を超えるマイナスに…。どちらのほうが儲かりやすいかは一目瞭然でしょう。

コインチェックであれば、ビットコインをお得に売り買いできる取引所が用意されているため利益が上げやすい取引環境が整っています。中には、取引所が用意されていない仮想通貨交換所もあるので気をつけてくださいね。

目次へ戻る

取引手数料が無料

取引所があるというだけであれば、コインチェック以外にも多数の仮想通貨交換業者が対応しています。そこで注目なのが、取引手数料になります。確かに取引所における仮想通貨の取引はお得ではありますが、その代わりに取引手数料がかかるのが一般的。つまりお得に売り買いできても手数料が上乗せされるので、結果として販売所に近いような価格で売買することも考えられるのです。

しかしコインチェックは、その取引所における取引手数料が発生しません。Taker 手数料は0%ですし、Maker 手数料も0%なので正真正銘の手数料無料なのです!コスト環境は他社と比較しても最強と言って差し支えありません。

ちなみに販売所での取引を考えている方もいるかも知れないので、そちらの手数料もお教えすると取引手数料自体は無料になります。ただ手数料相当額として0.1%から5.0%の、いわゆるスプレッドが設定されているのです。たとえば1BTCあたり500万円であるとすると、0.1%は5,000円になり、5.0%は25万円になります。その範囲内で売り買いの価格差が設定されるのです。さらに価格の急変時や市場の流動性によっては、設定以上の高率の手数料相当額が発生することも。2021年に入ってからは、ビットコインの変動率が極めて高いため今後も5.0%を超えることはあると考えられます。販売所自体の取引を否定するわけではありませんが、利用する場合は売りと買いの価格差を確認する癖をつけましょう。

目次へ戻る

自動積立投資に対応

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引自体は始まったばかりであり、分析するためのデータも揃っていません。さらにビットコインは史上最高値を更新し続けています。つまり値動きに関して予測するのは不可能といっても差し支えないのです。仮想通貨取引を1年以上している方でも、いつ買い時でいつが売り時であるかはよく分かっていないのが本音です。

今後上がるか下がるかわからない仮想通貨を購入するのは怖いと思いますが。リスクを大幅に減らしてくれる買い方として自動積立投資があります。その名のとおりに毎月など自動的に仮想通貨を積み立てていくものであり、購入価格が平均化される特徴があります。

例えば、1BTCが550万円のときに購入して、その後200万円下がり350万円になったとします。350万円のときにも購入していると、購入平均価格は425万円です。550万円でしか買っていないと、550万円を超えなければ儲けは出ませんが、積み立てであれば425万円を超えていれば利益が上がる計算になります。

特に下降トレンドに入っている場合は、なかなか価格が持ち直さないことも考えられます。自動積立投資を活用すれば、下降トレンドにもうまく順応でき、価格が上がってくるのを待てるわけです。

ちなみにコインチェックでは月々1万円から自動積立してくれる、「Coincheckつみたて」に対応しています。2つのプランが用意されており、月に1回だけ買い付けを行う「月イチつみたてプラン」および1ヶ月の積立額を日割り計算した「毎日つみたてプラン」があります。リスクを少しでも減らしたいのであれば、リスクをより分散できる毎日つみたてプランを利用しましょう。

Coincheckつみたては、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨に対応しています。イーサリアムやビットコインキャッシュ、さらにはネムやリスクも自動積立できるのです。ビットコインが天井に達していると感じている方は、他の仮想通貨を狙ってみても面白いと思いますよ。

ただこちらのサービスには1点だけ注意点があり、販売所の価格での購入となるのです。つまりスプレットが設定されているため、レートとしては不利になります。その点を理解した上で利用するか判断してください。

目次へ戻る

貸仮想通貨サービスに対応

お伝えしているように、仮想通貨取引に関してはまだ分析するほどのデータが揃っていません。つまりいつ売り時がきているのかがわからないので、購入しても保有したままになりがちなのです。

仮想通貨をただ持っているだけではなんにもなりません。そこでコインチェックの貸仮想通貨サービスの利用をおすすめします。

コインチェックの貸仮想通貨サービスは「Coincheck貸仮想通貨サービス」とのネーミングで行われているサービスであり、あなたが保有している仮想通貨をコインチェック側に貸し付けることで手数料をもらえるものです。

貸出期間によって受け取れる手数料は異なりますが、最大年率は5.0%にもなります。売却せずに遊ばせている仮想通貨を持っているのであれば、Coincheck貸仮想通貨サービスをうまく活用することでさらに大きな利益を上げることも可能というわけ。

ビットコインだけではなく、すべての仮想通貨に対応している点にも注目です。イーサリアム、リップル、ファクトム等の通貨も貸付けできます。

Coincheck貸仮想通貨サービスの利用には特に条件はなく、Coincheckの口座を持っていて仮想通貨を保有している場合は面倒な手続き不要で申込むだけですぐに使えます。

途中解約ができないところには注意が必要です。貸付期間は、14日間・30日間・90日間・180日間・365日間の中から選べますが、設定した期間中に価格が暴落してもそのままとなります。価格が急騰して売りたくなったとしても、途中解約できないのでそのままとなります。

以上のリスクを把握した上で、貸仮想通貨サービスを利用するか考えましょう。

目次へ戻る

最短即日での口座開設が可能

史上最高値を日々更新するコインチェックを見て、すぐに取引したい、と考える方も少なくありません。しかし、中には即日口座開設に対応していない業者もあります。

その点、コインチェックであれば最短即日の口座開設はもちろん、最短即日取引も可能になります。

コインチェックの最短即日口座開設の方法は簡単であり、オンライン本人確認を利用すればOKです。そうすることで郵送物の受け取りが不要になり、全てオンライン上で申込みや手続きを完了させられます。郵送物が届かないため、家族などに仮想通貨の取引を知られる心配もありませんよ。

以下、コインチェックにおける最短即日の口座開設の流れについてご紹介します。

まずはコインチェックの公式サイトのトップページにアクセスしてください。次に申し込みのために、メールアドレスとパスワードの入力を実施します。入力情報を確認し、送信すると入力したメールアドレス宛にメールが送られてくるのでチェックしてください。

送られてきたメールにはURLが記載されているはずなので、そのURLへアクセスしましょう。アクセス先では氏名や住所などの個人情報を入力します。以上が終わるとアカウントの作成が完了となります。

アカウントの登録が終わったら、次にSMS認証を実施します。

SMS認証の手続きを行うと、携帯電話番号あてに認証コードが送られてきます。そちらをコインチェックのサイト上で入力すればSMS認証は完了します。

次に行われるのが本人確認書類の提出であり、ここで即日口座開設が出来ることもあれば、数日かかることになることもあります。即日口座開設を望むのであれば、「iOS/Androidアプリからでのお申し込み」を選択してください。もう一つ「Webからのお申し込み」もありますが、そちらを選んでしまうと、ハガキによる本人確認が行われてしまい口座開設には数日かかります。「iOS/Androidアプリからでのお申し込み」であれば、スマホのアプリで本人確認書類と顔写真と動画の撮影ができ、さらに送信もできます。インターネットのみで口座開設の手続きが完結できるのです。

ちなみに本人確認書類として利用できるのは以下のものです(いずれか1つでOK)。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ)

書類が届くとコインチェック側が確認し、口座開設手続きが完了するとメールでお知らせがあります。あとは解説した口座に入金を実施すれば取引が可能になります。入金に関しては銀行振込、コンビニ入金、クイック入金が用意されていますが、どれも即日対応してもらえるので即日取引が十分に可能です。ちなみにクイック入金とはペイジー決済のことであり、ネットバンキング(PC、スマホ)・ATMから料金の支払いができるサービスです。

目次へ戻る

コインチェックのデメリット

5つものコインチェックのメリットをあげたので、リスクがないと感じている方も居るかも知れません。確かに素晴らしい仮想通貨交換所ではありますが、デメリットがないわけではありません。出金手数料およびスマホ取引にちょっとした問題があります。

ここではコインチェックのデメリットを3つご紹介します。

目次へ戻る

出金手数料が有料

取引手数料や入金手数料(銀行振込の場合)は無料ですが、出金時のみ手数料が発生します。

出金時にかかる手数料は、1回あたり407円になります。出金上限額は1回あたり5,000万円であり、1日あたりの上限はありません。高額の出金も出来るので、小刻みではなくまとめての出金がお得です。

例えば10万円の出金を1万円ずつに分けて10回実施すると、総額4,070円の手数料が発生します。しかし1回10万円の出金で済ませると、発生する手数料は407円で済むわけです。

目次へ戻る

スマホからだと販売所しか使えない

仮想通貨の取引はレートがお得な取引所がおすすめですが、コインチェックの場合はスマホアプリ対応は販売所のみとなります。スマホによる取引を考えている方は、不利なレートでの取引になる可能性が高いため注意が必要です。

ただ、ブラウザであれば取引所による取引が可能であるため、パソコン等をお持ちであればそちらの利用を検討しましょう。ちなみにコインチェックではGoogle Chrome、Firefoxの最新版を推奨ブラウザとしています。

目次へ戻る

過去にハッキング事件が起きた

覚えている方も多いと思いますが、コインチェクは過去にハッキング事件にあい約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出させています。ビットコイン取引所の「マウントゴックス」で約470億円分のビットコインの流出が起こった事件もありましたが、それを大きく超える被害額となり各方面に大きな衝撃を与えました。

コインチェックでは補償対応をしており、NEMの保有者全員に日本円でコインチェックウォレットに返金しています。補償額は88.549円×保有数(約460億円)となりました。

ハッキング事件が起こった背景としては、セキュリティの脆弱性が挙げられます。ネットと隔離した「コールドウォレット」ではなく、常時接続している「ホットウォレット」で管理していたのです。

ただ、現在ではマネックスグループの傘下に入ることでセキュリティは圧倒的に強化されました。実際にその後は問題を起こしていません。

目次へ戻る

コインチェックの評判まとめ

メリットもあればデメリットもあるコインチェックですが、実際に利用している方はどのように感じているのでしょうか。コインチェックの評判をいくつか掲載するので参考にしてもらえたら幸いです。

目次へ戻る

【30代男性の口コミ】

僕のコインチェックを利用している一つの理由が、取り扱い仮想通貨の多さです。全部で15種類も取り扱っており、他社ではなかなか見かけないものも。ファクトムなんかは、他社ではほとんど見かけたことはありません。

ビットコインもよいのですが、メジャー仮想通貨であり値動きもあまりに激しくて危険だと思ったのです。他の仮想通貨であれば、資産運用の一環として、長期保有しても特に問題はないと判断しました。実際に、今のところ大きな落ち込みはなく、安定した資産運用ができてます。

目次へ戻る

【40代女性の口コミ】

日本円で仮想通貨が変えるのがコインチェックのメリットかと。過去に利用していた仮想通貨業者は、アルトコインの取引の場合に日本円から直接購入するのではなく、一旦ビットコインに交換してからアルトコインの売買をしていました。ビットコインに日本円を交換する際にも手数料が発生するため、損するように感じていたのです。

でもコインチェックは日本円から直接、仮想通貨の売り買いが出来るので、余計な手数料は一切かかりません!それが私がコインチェックを利用する理由です。

目次へ戻る

【50代男性の口コミ】

ユーザーインターフェースが優れていると感じている。他の仮想通貨系業者を利用していたこともあったが、なんだかごちゃごちゃして見ずらいものばかり。その点、コインチェックは簡単な操作でチャートを表示させられ価格変動の状況や取扱通貨の現在の価格が一画面で見られる。初心者でも、使いこなせるだろう。

目次へ戻る

【30代女性の口コミ】

自動積立と貸仮想通貨を活用しています。自動積立で購入したビットコインをいつ売ればよいのか分からずに放置していましたが、貸仮想通貨を利用すれば増えることに気が付きました。年率も高く、資産運用先としてかなりおすすめと感じています。

以上のようにコインチェックを評価する声を多く発見できました。ちなみに悪評もないわけではありませんが、マネックス傘下になる前のものばかりです。マネックス傘下になる前と後ではサービス内容も変化しているので切り離してチェックする必要があります。

こちらではマネックス傘下以降の口コミのみを集めてみたので、参考にしてもらえたら幸いです。

目次へ戻る

コインチェックの評価とおすすめな人

これから仮想通貨取引と始めようと思っている人はコインチェックで問題ありません。多数のメリットがあり、初心者にも活用できるものばかりです。

コインチェックを利用する際の注意点としては、販売所の利用がありますがそちらさえ使わなければ取引環境が優れているのでおすすめです。手数料的にもお得であり、ユーザーインターフェースも優秀。使わない理由はない仮想通貨交換所です。

コインチェック
  • 取引手数料無料!
  • 販売所・取引所両方あり!
  • 最短即日での口座開設に対応
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 407円
BTC取引手数料
販売所 取引所(Taker) 取引所(Maker)
無料 無料 無料

取引手数料無料で取引所が使えるため、最も有利な環境で仮想通貨を取引できるのが魅力。自動積立や貸仮想通貨にも対応している。これから仮想通貨を取引するならまずコインチェックで問題なし。

お申込み

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

おすすめ業者 キャンペーン 取引所の使い方 即日口座開設 手数料比較 積立購入