暮らしの達人 > 仮想通貨 > 審査 > GMOコインの審査が遅い理由と審査対策まとめ

GMOコインの審査が遅い原因と審査対策まとめ

更新年月日 : 2021/10/13

GMOコインの審査が遅い原因と審査対策まとめ

GMOコインは、申し込みから取引開始まで最短10分と宣伝しています。最短即日で取引できるため、早く取引を始めたい人には最適の仮想通貨交換業者でしょう。しかし、口座開設してみたものの審査結果が出るのが遅いケースもあります。どのような理由で遅くなるのか、そして遅い=審査落ちなのか、などについて解説していきます。

おすすめ仮想通貨交換業者3選

取引環境最強

ディーカレット ディーカレット

仮想通貨を売買する際には販売所ではなくレートが良い取引所を使うのが鉄則。ディーカレットには取引所があり、しかも12/3までは取引所の取引手数料・出金手数料が無料

申込み

手数料をもらいながら取引可能

GMOコイン GMOコイン

取引所あり。しかも指値注文の際にPost-Onlyオプションを使うと、約定金額の0.01%相当の取引手数料がもらえる。積立投資するならGMOコインで手数料をもらいながら積み立てよう。

申込み

仮想通貨がもらえるキャンペーンあり

ビットポイント ビットポイント

取引所があり取引手数料も無料。ビットポイントは口座開設キャンペーンを行っていて、新規口座開設で3,000円相当のJMYがもらえる

お申込み

GMOコインの審査が遅い理由

1.かんたん本人確認を使わなかった

GMOコインの最短10分口座開設は、「かんたん本人確認」と呼ばれるサービスを利用した場合のみです。

これを利用しなかった場合は、書類を受け取って本人確認完了となります。書類の準備や配送に時間がかかるため、申し込みから1週間程度はかかってしまいます。

もしかするとこのようにかんたん本人確認を利用しなかったことで遅くなっているのかもしれません。かんたん本人確認の詳細については下記公式サイトもご覧ください。

口座開設のご案内(24時間いつでも最短10分でお取引開始) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

目次へ戻る

2.単純に混み合っている

仮想通貨は大きな値動きがあると関心を持つ人が増え、申し込みが増えます。例えば「今ビットコインが大きく値上がりしてるみたいだから口座開設してみよう!」と考えているのなら、おそらく同じように考えている人がたくさんいるはずです。すると、申し込みが増えてしまって、口座開設に時間がかかってしまうことが考えられます。

審査が遅い=審査落ちではない:

GMOコインの審査は最短10分です。これは適当に審査をしているからではなく、自動的に審査結果がわかるようなシステムになっているからです。逆に言えば、審査に落ちるのならばその結果もすぐに出ます。それにもかかわらず時間がかかっているということは、何かチェックしておくべきポイントが見つかったんだと思われます。そのポイントに問題がなければ審査も通過できるでしょう。結局のところ、時間がかかっている=審査落ちとは言い切れません。

目次へ戻る

GMOコインの審査に落ちる主な理由

仮想通貨交換業者は、ユーザーにたくさん取引してもらうことで利益を得ます。たくさん資産を持っている人ほど利益を見込めるので、審査に通りやすくなるでしょう。

一方で資産が乏しければ大きな利益になりません。それだけでなく、資産が乏しいにもかかわらず仮想通貨に手を出すということは、仮想通貨をギャンブルと同様に考えている可能性があります。こういう人を審査に通してしまうと、生活資金にまで手をつけて生活が破綻してしまう恐れがあります。よって、生活を守るためにもあえて審査に落としてやることが考えられます。

また、特にGMOコインはレバレッジ取引も可能です。レバレッジ取引はよりリスクも高くなるので、求められる資産額も高額になると思われます。

証拠金取引可能な仮想通貨取引所比較

業者名 GMOコイン
GMOコイン
GMOコイン
GMOコイン
DMMビットコイン
DMMビットコイン
楽天ウォレット
楽天ウォレット
bitFlyer
bitFlyer
サービス名称 暗号資産FX レバレッジ取引 レバレッジ取引 証拠金取引 Lightning FX/Futures
取引方式 相対取引 板取引 相対取引 相対取引 板取引
レバレッジ 2倍 2倍 2倍 2倍 2倍
レバレッジ手数料 0.04% 0.04% 0.04% 無料 0.04%
ロスカット手数料 0.5% 無料 無料 無料 無料
追証未解消での強制決済手数料 0.5% 0.5% 無料 無料 無料
出金手数料 無料 無料 無料 300円
三井住友銀行の場合
3万円未満:220円
3万円以上:440円
三井住友銀行以外の場合
3万円未満:550円
3万円以上:770円
取扱銘柄
  • BTC
  • BCH
  • LTC
  • ETH
  • XRP
  • OMG
  • XEM
  • XLM
  • BAT
  • XTZ
  • BTC
  • XEM
  • ETH
  • XRP
  • BCH
  • LTC
  • XLM
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • BCH
  • LTC
  • XLM
  • ETC
  • XEM
  • ETC
  • XEM
  • BAT
  • QTUM
  • OMG
  • MONA
  • BTC
  • ETH
  • BCH
  • LTC
  • XRP
  • BTC

目次へ戻る

GMOコインの代わりにおすすめできる仮想通貨交換業者

GMOコイン以外にもおすすめの仮想通貨交換業者があるので紹介します。

目次へ戻る

ビットバンク:GMOコインと同じく手数料がもらえる

ビットバンク(bitbank) | ビットコインが購入できる暗号資産(仮想通貨)取引所

画像引用元:ビットバンク(bitbank) | ビットコインが購入できる暗号資産(仮想通貨)取引所(2021年10月13日取得)

ビットバンクの手数料はTaker0.12%、Maker-0.02%です。GMOコインと同じように、Makerになれば手数料を受け取れる仕組みです。

また、GMOコインと同じく常にMakerになれるPostOnlyオプションも利用可能です。GMOコインの代わりとしては最有力になるでしょう。

ただ、注意点として出金手数料の高さがあります。出金額が3万円未満なら550円、3万円以上の出金なら770円と他社に比べても高額なのでご注意ください。

目次へ戻る

コインチェック:取引手数料完全無料

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)(2021年1月8日取得)

  • 取引所あり!さらに取引所の取引手数料が無料
  • 最短即日で口座開設可能
  • 最小500円から買い付け可能

コインチェックはTakerもMakerも取引手数料が無料です。手数料をもらえるわけではありませんが、どうなっても支払う必要がないのは安心でしょう。

出金手数料は407円かかりますが、ビットバンクよりは安く利用可能です。

取引所のビットコイン取引手数料と出金手数料比較

業者名 Taker手数料 Maker手数料 出金手数料
コインチェック
コインチェック
無料 無料 407円
GMOコイン
GMOコイン
-0.01% 0.05% 無料
bitFlyer
bitFlyer
約定金額の0.01% ~ 0.15% 約定金額の0.01% ~ 0.15%
三井住友銀行の場合
3万円未満:220円
3万円以上:440円
三井住友銀行以外の場合
3万円未満:550円
3万円以上:770円
ビットポイント
ビットポイント
無料 無料 330円
Zaif
Zaif
0.1% 無料
  • 50万円未満:385円
  • 50万円以上:770円
SBI VCトレード
SBI VCトレード
無料 無料
住信SBIネット銀行の場合
無料
住信SBIネット銀行以外の場合
145円

知名度が高く、取引も活発なので迷ったら使ってみると良いでしょう。コインチェックももちろん最短即日での口座開設が可能です。

また、GMOコインと同じように自動積立投資や、貸仮想通貨にも対応しています。どちらも使い所は難しいサービスではありますが、興味があるのならコインチェックで試してみると良いでしょう。

コインチェック
  • 取引手数料無料!
  • 販売所・取引所両方あり!
  • 最短即日での口座開設に対応
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 407円
BTC取引手数料
販売所 取引所(Taker) 取引所(Maker)
無料 無料 無料

コインチェックは最短即日で口座開設可能。取引手数料も無料で、GMOコインと並んでおすすめしたい業者。貸仮想通貨に対応していて、保有している仮想通貨を預けて年利5%で増やすことができる。ただし、常に募集しているわけではない。

お申込み

目次へ戻る

GMOコインの審査が遅い場合は審査落ちの可能性あり!

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン

画像引用元:ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン(2021年1月21日取得)

「申し込んでみたけど10分過ぎても審査に通過できない!」という人は、少なからずもうちょっと待ってみる必要があります。結果審査に落ちてしまえば、ビットバンクやコインチェックなど別の業者を使うしかないでしょう。

個人的にはGMOコインは仮想通貨交換業者の中でも優れた業者だと思っています。そのためもしも審査に落ちてしまった場合、また保有資産などの状況が改善してから再申し込みすることをおすすめします。

GMOコイン
  • 取引所あり!手数料を払うのではなく受け取ることも可能
  • Post-Onlyを使って注文すれば常に手数料をもらえる
  • 自動積立購入や仮想通貨レンディングが可能
取引窓口 入金手数料 出金手数料
販売所・取引所 無料 無料
BTC取引手数料
販売所 取引所(Taker) 取引所(Maker)
無料 0.05% -0.01%

コインチェックは取引手数料が無料。GMOコインのように手数料をもらうことこそできないが、取引環境は優れていると言える。さらにGMOコインと同じく貸仮想通貨も利用可能。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規入会後、販売所で仮想通貨を1回以上購入した人の中から、毎日抽選で10名に現金1,000円をプレゼント!

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

キャンペーン開催中の仮想通貨交換業者

仮想通貨交換業者 キャンペーン内容 期間 口座開設
DMMビットコイン
暮らしの達人経由での新規口座開設で、もれなく2,000円プレゼント
期間未定
仮想通貨交換業者 キャンペーン内容 期間 口座開設
ディーカレット
【12月3日17時まで】Taker/Maker手数料、出金手数料が無料!
【1月9日まで】条件クリアで最大1,500円相当のビットコインがもらえる!
2021/12/03まで
仮想通貨交換業者 キャンペーン内容 期間 口座開設
BITPoint
暮らしの達人経由での新規口座開設で、もれなく3,000円相当のJMYをプレゼント!
期間未定

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

おすすめ業者 キャンペーン 取引所の使い方 即日口座開設 手数料比較 積立購入