暮らしの達人 > 仮想通貨 > コラム > 仮想通貨の買い方・売り方を解説!知らないと損するビットコインの売買方法

仮想通貨の買い方・売り方を解説!知らないと損するビットコインの売買方法

公開年月日 : 2021/01/13

仮想通貨の買い方・売り方を解説!知らないと損するビットコインの売買方法

連日史上最高値を更新し、数年ぶりに大きな盛り上がりを見せるビットコイン。この流れに乗るべく、仮想通貨の売買を考えている人に向けて、その買い方と売り方を解説します。

前提:仮想通貨の買い方・売り方

仮想通貨の買い方や売り方を把握する前に、まずは販売所と取引所の違いについて把握しておく必要があります。手数料や約定のやすさにも違いがあるので、しっかりと確認した上でどちらを利用するか判断しましょう。

目次へ戻る

販売所と取引所の違いを覚えよう

販売所と取引所では、取引相手および手数料体系に違いがあります。販売所のほうが簡単に売買できるメリットがありますが、スプレッドが広いため利益を上げにくい、とのデメリットもあります。

一方の取引所は手数料的には優れているものの、注文画面や注文方法が販売所より難しいとのデメリットがあります。専門用語も多いので、あらかじめある程度は調べておく必要があります。

販売所は取引所を相手に売買するものでもあるため、あなたが得をすれば取引所が損をすることになります。そこでスプレッドと呼ばれる実質的な手数料を売買金額に含めて収益を得やすくしています。つまりスプレッドを20円に設定されている場合は、買値が100円である場合は売値が80円となるのです。したがって、設けるためにはスプレッドを超える利益額を得る必要があります。

取引所は一般的にトレーダー同士が売買するので、仮想通貨取引所では取引手数料を徴収して利益を得ています。つまりいくらで売買されようが取引所が損することはありません。

あなたは株取引をしたことがあるでしょうか?株取引に関してもトレーダー同士が注文を出しあって、合致した場合に取引が成立します。したがって、過去に株取引の経験がある方であれば、取引所のシステムは理解しやすいでしょう。

目次へ戻る

手数料で比較すると取引所での売買がおすすめ

基本的には取引所での取引をおすすめします。販売所よりも有利なレートで取引できるため利益が上げやすいからです。

しかし前述したように、取引所での取引は初心者には難しい部分があることも事実。まずは取引所のページを眺めて、わからない言葉等があったら調べることから始めてみましょう。わからない言葉がなくなってきたら、いよいよ取引所で本格的に取引してみるのがおすすめです。

目次へ戻る

仮想通貨の買い方

仮想通貨は実際にどのように購入したら良いのでしょうか。連日のように高値を更新し続けるビットコインですが、この機会に購入してみたいと思っても、買い方を知らなければビッグチャンスを逃すことにもなりかねません。

ここでは、仮想通貨の買い方をよりシンプルにお伝えするので是非参考にしてみてください。

目次へ戻る

取引所で口座開設し、入金する

仮想通貨は街中で売られているわけではなく、まずは取引所に口座開設をし、その上で入金する必要があります。ここまでが取引の準備段階にあたります。

仮想通貨の売買に必須なのが仮想通貨取引所の口座開設ですが、審査についてはとくに厳しいものではないので安心してください。クレジットカードやカードローンの作成ができない方でも、開設できた事例もあります。そもそも仮想通貨取引所の口座開設時の審査では、CICなどの個人信用情報機関をチェックしません。過去に借金をしていたり、自己破産などの債務整理をしていたりしている方でも問題なく口座開設ができるのです(信用取引の場合は、若干審査難易度が上がるとされています)。

口座開設の手順は取引所によっても異なりますが、以下に一般的な流れをご紹介します。

まずは取引所に対しアカウント登録を実施します。メールアドレスやパスワードを入力し、アカウント作成ボタン等を押すと、入力したメールアドレス宛に、メールが送られてきます。

メールにはURLが記載されているはずなので、クリックすれば認証が完了しアカウントが無事に作成されます。

次に電話番号などの個人情報を入力し、本人確認も実施します。本人確認には、運転免許証などの本人確認書類が必要ですが、最近では郵送なしでも対応してもらえることが増えてきました。たとえばスマホなどで本人確認書類を撮影し、その画像をアプリで取引所へ送信するのです。

以上の手続きが完了すると口座開設の審査が実施されます。先程述べたとおりに、仮想通貨取引所の口座開設審査の難易度は高いものではありません。メール等で口座開設のお知らせがあったら、いよいよ入金となります。

入金に関しては日本円でOKであり、銀行振込やコンビニ入金、クイック入金と呼ばれる即時対応の入金が用意されていることもあります。対応金融機関については、仮想通貨取引所によって異なるので確認しておきましょう。

金額については、自分に合わせた額を設定してください。ちなみにビットコインは1通貨あたりで2020年1月現在400万円を超えていますが、必ずしも1通貨から購入しなければならないわけではありません。数万円や数千円、中には数百円からの購入に対応している取引所もありますよ。

目次へ戻る

販売所の場合:購入したい数量を指定して買う

口座開設が完了し入金も終わったら、いよいよ仮想通貨を購入します。購入方法は販売所と取引時で若干異なっているので、個別に解説させていただきます。

販売所で購入する場合は、基本的に買いたい通貨の数量を指定するだけでOKです。例えばビットコインを購入する場合は、「0.001BTC」などと指定するだけです。

ちなみに1通貨400万円のビットコインを0.001BTC購入する場合の価格は4,000円です。このように比較的少額からでも購入できるので、高額資産がなかったとしても問題ありませんよ。

販売所では取引所相手に購入することになるため、確実に安心して仮想通貨を購入できます。手数料は若干高めなので、スプレッド等を確認した上で購入するか判断しましょう。

目次へ戻る

取引所の場合:購入したい金額と数量を指定して買う

取引所の場合は、トレーダー同士で取引することになるため、金額はもちろん数量も自分で選択できます。どのくらいの数をいくらで購入するかを指定してください。

相手のトレーダーにも希望があるため、必ずしも予定している価格で売ってくれるとは限りません。つまり注文が成立しない可能性もあるので、状況に合わせて柔軟に対応する必要もあります。

ちなみに仮想通貨の取引所を利用する場合は、売り手と買い手の双方は匿名状態です。なので、取引しているだけで個人情報が外部に漏れることはありません。

目次へ戻る

仮想通貨の売り方

仮想通貨の売り方もチェックしてみましょう。

買い方を知っていれば、売り方も同じなので特に難しさはありません。

目次へ戻る

買い方と同じ

売るときも買うときと同じように、販売所では数量を指定して購入します。

取引所では、数量だけではなく価格も指定して売るだけです。指定した価格で取引相手が見つからなければ取引が成立しない点も買いの時も一緒です。

目次へ戻る

利益が出たら出金しよう

利益が出たり、損をしてもう仮想通貨取引から足を洗いたかったりした場合は、出金して現金化しましょう。出金時には取引所により一定の手数料が発生することもあるので気をつけてください。出金方法によって、手数料が発生したりしなかったりすることもあります。

また一度に出金できる金額にも限りがありますが(5,000万円など)、一般的なトレーダーであれば気にする必要はありません。

目次へ戻る

手数料で比較したおすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨取引で利益にも大きく関わってくるかも知れないのが各手数料です。取引手数料も会社によって違いがあり、出金手数料も重要です。

ここでは、仮想通貨取引所の中でも特に手数料が優れているところを2つご紹介します。それぞれの特徴にも迫るので、口座開設の判断材料にしてください。

目次へ戻る

コインチェック:取引所でも買い方がわかりやすい

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

画像引用元:仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)(2021年1月8日取得)

銀行振込による入金手数料が無料であるため、銀行を介した資金移動がおすすめです。ただし出金手数料は407円かかります。

一般的な仮想通貨取引所の場合だと、取引所は上級者向けであり取引画面にはたくさんの情報が掲載されているだけではなく専門用語も使われています。初心者が取引するには難しいですが、コインチェックの場合は取引所でもチャート画面や取引画面が見やすいなどの嬉しい特徴があります。「日本で一番簡単にビットコインを買える取引所」と宣伝していましたが、その看板に偽りはありません。他社の取引所で挫折した経験がある方でも利用できた例はあるほどなので、ぜひチャレンジしてみてください。

初心者については情報を得やすいビットコインのみの取引がおすすめですが、上達してくれば自然と他の仮想通貨の取引にも惹かれるでしょう。コインチェックは全部で14種類もの仮想通貨を取り扱っているため、ビットコイン以外の取引もお手の物です。他社ではあまり取り扱いのないマイナー仮想通貨であるファクトム(FCT)やリスク(LSK)の取引も可能です。

ちなみに他の取引所だとビットコイン以外を取り扱っていても、ビットコインをまずは購入し、そのビットコインで他の仮想通貨を購入しなければならないことも。ビットコインを購入する時にもスプレッド(手数料)が発生しますし、他の仮想通貨を購入するときにもスプレッド(手数料)が発生することもあるのです。しかしコインチェックはビットコイン以外のすべての仮想通貨も日本円から直接購入が可能です。よりシンプルに売り買いできる点も、初心者および手数料重視の方におすすめする理由の一つです。

スマホアプリの使い勝手の良さにも注目してほしいところ。仮想通貨は基本的にはパソコンで取引するケースもあると思いますが、外出中に急激な変動が起こるかもしれません。家に帰ってパソコンを開いてみたら大損していた、なんてことになりかねないのです。コインチェックであれば、スマホアプリから取引できるのはもちろん、チャート画面や総資産画面も把握しやしです。あると助かるプッシュ通知機能やウィジェット機能もあるため、タイミングを逃すことなく取引できるのです。

コインチェック
  • 取引手数料無料!
  • 販売所・取引所両方あり!
  • 仮想通貨の自動積立や貸出して最大年利5%を得られるサービスあり

これから仮想通貨取引を始めるなら最もおすすめしたいのがコインチェック。販売所だけでなく取引所があり、取引手数料も無料、取引所を使えばほとんどコストをかけずに購入することが可能。また、仮想通貨の自動積立サービスや購入した仮想通貨を貸し出して金利を得るサービスもある。スマホからの申し込み手続きで最短即日での口座開設も可能。

お申込み

目次へ戻る

ビットポイント:新規口座開設で1,000円分のビットコインがもらえる

少額からスタート可能!暗号資産(仮想通貨)ビットコイン取引ならビットポイント | 【BITPoint】暗号資産(仮想通貨)ビットコイン取引ならビットポイント

画像引用元:少額からスタート可能!暗号資産(仮想通貨)ビットコイン取引ならビットポイント | 【BITPoint】暗号資産(仮想通貨)ビットコイン取引ならビットポイント(2021年1月18日取得)

出入金手数料はかかりませんし、現物取引であれば手数料もすべて無料です。販売所だけではなく取引所でも取引できるため、より低リスクで仮想通貨取引を行いたい、と考えている方に向いています。

「ビットコインがもらえる!~冬の新規口座開設キャンペーン~」を実施している点も触れなければならないでしょう。2021年2月1日の16時までに口座開設の申込みを実施し、審査に通過し口座開設完了通知メールが届くと、1,000円分のビットコインがもらえます

ビットコイン以外の仮想通貨も取り扱いがあり、ライトコイン・ビットコインキャッシュ・リップル・イーサリアム・ベーシックアテンショントークンのあわせて6つが取引できます。すべての通貨が現物取引およびレバレッジ取引ができる点にも注目でしょう。レバレッジ取引に関しては、1倍・2倍・4倍の3コースが用意されています。少ない資金で大きな勝負をしたい方は、リスクもありますがレバレッジ取引にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

またビットポイントでは取引ツールも充実しており、特にスマホから簡単に取引できることでも知られています。チャートはもちろん、各種分析ができる機能まで付加されています。初心者でも直感的に操作できる内容であるため、初めての仮想通貨取引で不安を抱えている方にもおすすめです。

ビットポイントでは、500円以下という少額からでも取引を開始できます。口座開設手続きも簡単であり、無理のない金額から始められるだけではなく1,000円のビットコインも付いてきます。大きな勝負を無理にする必要はないので、まずは口座開設だけしてみて様子を見るのもおすすめですよ。

ビットポイント
  • 入金手数料から取引手数料まで全ての手数料が無料
  • 取引所での取引が可能
  • レバレッジをかけた取引も可能

ビットポイントの魅力は、取引所が使えてさらに取引手数料も無料なこと。そしてさらに今なら、新規口座開設するだけでもれなく1,000円相当のビットコインがもらえる。1,000円相当とはいえノーリスクでビットコインがもらえるのは大きい。あまり有名な会社ではないが、キャンペーンを狙って口座開設しておこう。

キャンペーン情報

新規口座開設&現物取引量に応じて最大10,000円相当のビットコインプレゼント!

お申込み

目次へ戻る

新着記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

bitFlyer Zaif Binance ビットコイン イーサリアム リップル ビットコインキャッシュ