暮らしの達人 > FX > コラム > 【FXの危険性まとめ】初心者に知ってほしいFXで借金する理由と安全に取引する方法

【FXの危険性まとめ】初心者に知ってほしいFXで借金する理由と安全に取引する方法

作成年月日 : 2020/01/14

FXに関してどのようなイメージをお持ちですか?多くの人は「会社の金を横領してFX」「FXで借金して強盗」などというニュースを見て、「FXは怖い」というイメージをお持ちだと思います。その一方で「FXによってただの主婦が億万長者に!」なんて成功事例も出てくるので、結局は怖いながらも「自分もFXを初めてお金を儲けたい!」と考えているのではないでしょうか?

確かに、FXはやり方によっては地獄を見ることも天国を見ることもあります。しかし「FXで天国を見る方法」は再現性が低く、成功者の真似をしてもそう簡単にうまくいくものではありません。一方で「FXで地獄を見る方法」は再現性が高いのが特徴です。

つまりFXを始める際には「FXはどうしたら失敗するのか」を最初に身につけておくべきです。安心してトレードできるように、FXの危険性と失敗を防ぐ方法を解説していきます。

FXは手持ちのお金以上を扱うことができるので危険大

投資をするには手持ちの資金が大きければ大きいほど有利です。例えば1億円を投資して10%増えれば1,000万円が手に入りますが、100万円を投資した場合は10%増やしても10万円止まりです。同じ10%の利率でも手持ち資金によってリターン額が変わります。

したがって投資に使えるお金が少ない人は不利なのですが、そのハンデを解消できるのがFXです。FXは証拠金という担保を預けることで、手持ちの資金以上の取引が可能になります。これをレバレッジと言い、レバレッジがあるからこそ、得られる利益や失う損失も莫大になります。

最大限かけられるレバレッジは25倍までと法律で決まっています。例えば100万円の資金があれば2,500万円分のトレードができます(実際は少々異なりますが割愛します)。

2,500万円が10%値上がりすれば2,750万円。250万円が利益となり、元手の2.5倍の利益を得られます。一方で2,500万円が10%値下がりすれば、2,250万円となります。損失は250万円となり、元手を上回る損が発生するのです。

このレバレッジこそが、FXが危険と言われる大きな理由です。

というわけで初心者がFXで地獄を見ないように気をつけるポイントは簡単。レバレッジを抑えれば良いわけです。

ただしレバレッジは自分で「3倍!」などと選べるものではありません。証拠金と通貨単位を調節し、自分で計算して算出しなければいけません。面倒だと思いますが、初心者は下記のポイントに注意しながらレバレッジを抑えて取引できるよう注意してください。

レバレッジを抑える方法は「通貨単位を減らすこと」「証拠金を増やすこと」の2つ。FXでは取引所にもよりますが、基本的には最低0.1Lot=1,000通貨単位で取引します。例えば1ドル=110円のレートでドル円を取引する際には、110円×0.1Lot(1,000通貨)で110,000円が実際に必要な金額です。したがって110,000円以上の入金があれば、レバレッジを抑えて取引することができます。

なぜFXでは借金が発生する?その主な理由は追証とロスカット

もう1つ、FXの危険性として初心者が覚えておくべきなのは「追証とロスカット」です。似てるものなので1つにまとめて覚えておきましょう。

FX会社に入金すると証拠金維持率が表示されます。レバレッジを1倍に抑えてポジションを持つと、証拠金維持率は2,500%となります。

その後含み損が増えてきたり、ポジションを増やしたりすると、この必要証拠金維持率がどんどん下がっていきます。そしてFX会社が定めた維持率を下回ると追証とロスカットが発生します。

  • 追証:必要証拠金維持率が一定水準以下に達した時に発生。FX会社から、追加で証拠金を入金するよう求められる
  • ロスカット:必要証拠金維持率が一定水準以下に達した時に発生。保有ポジションが強制的に決済される

FX会社によって追証・ロスカットの水準はまちまちです。

主なFX会社の追証・ロスカットパターン一覧

会社名 追証基準 ロスカット基準
GMOクリック証券 100%以下 50%以下
DMM FX 100%以下 期限内に追証を解消できなければ発生
みんなのFX 規定なし 100%以下

このように追証が発生した場合、必要証拠金維持率を上げるためにFX会社に入金しなければいけません。つまり、FX会社への借金となります。

また、ロスカットされると損失が確定します。この損失額は証拠金から補填されますが、もしも証拠金を超えた損失を出した場合は、当然それも支払わなければいけません。これを不足金と言い、こちらもFX会社への借金です。

追証もロスカットも、それを防ぐには、常に必要証拠金維持率を気にかけ、追証・ロスカット水準に近づいてきたら、自分で損切りするしかありません。パッと見た感じだと「必要証拠金維持率:105%」などと表示されていると資金に余裕があるように見えますが、実際はロスカット目前です。「維持率はどれだけあると安心!」とは一概に言い切れませんが、せめて700%程度で推移できるよう、資金とポジションを管理しましょう。

追証・ロスカットの結果によっては、FX会社に対して借金を抱えることになります。これを発生させないようにするためには「必要証拠金維持率」が基準以下にならないように気をつける必要があります。

「必要証拠金維持率」は含み損が増えると下がっていく。そこで時にはそれ以上含み損が増えないように損切りすることで、追証・ロスカットの発生を防ぐことができます。

FXでは資金管理を適切に行うことが大前提

以上の通り、「レバレッジ」と「追証・ロスカット」に気をつけてトレードすることでその危険性をだいぶ下げることができます。

もちろんFXで利益を出すために、通貨の特徴やチャートの分析方法などを調べることも大事ですが、ここで解説した基礎知識をおざなりにしてしまうと、新聞で取り上げられるような地獄の事態に陥ってしまう恐れもあります。

したがってまずは失敗しづらい環境にした上で、取引の経験値を上げていくことをおすすめします。また、初心者に嬉しい特徴を持ったFX会社を2社紹介しますので、ぜひご覧ください。

SBI FXトレード:超少額取引が可能!初めてのFXにもってこいの初心者向け会社

FX(外国為替)ならSBI FXトレード | SBI FXトレード

画像引用元:FX(外国為替)ならSBI FXトレード | SBI FXトレード(2019年10月11日取得)

SBI FXトレードの最低取引通貨単位は、なんと1通貨です。先にも紹介した通り、多くの会社が最低1,000通貨としている中、SBI FXトレードはその1/1000の規模でトレードできます。つまり、元手が少額でも全くレバレッジをかけずに取引することが可能というわけ。

SBI FXトレードは証拠金維持率が50%を下回るとロスカットが発動します。この基準を下回らないように気をつけてトレードしましょう。

SBI FXトレード
SBI FXトレード

知名度抜群!人気のFX会社。1通貨単位で取引できるため、少額トレードが可能

口座開設のお申込みはこちら

アイネット証券ループイフダン:レバレッジが常時表示でわかりやすい!自動売買なので初心者にうってつけ

アイネット証券が提供している自動売買サービスのループイフダンも、個人的には初心者向きだと思います。

その理由は、実効レバレッジが常に表示されていること。これを見れば自分が今いくらのレバレッジをかけているのかが一目瞭然。管理のしやすさはダントツです。

とは言えレバレッジが常時表示される会社は他にもあります。その中でもアイネット証券は「ループイフダン」という自動売買システムを提供しているのが特徴です。自動売買とはその名の通り、プログラムが自動的にトレードしてくれるもの。プログラムと言っても、何か有能なAIがトレードしてくれる、というものではなく、「20銭下落する度に買う」などと1つのルールに基づいて24時間動いてくれる仕組みです。

取引はプログラムに任せて自分は資金管理に徹すれば良いので、ある意味役割分担をしながらトレードすることができます。

なお、ループイフダンで儲けるためには最初の設定も重要です。以下の関連記事では、初心者がループイフダンで40万円を投資して、1ヶ月で5,162円儲けた際の設定を紹介しています。参考になると思いますので、興味がある方はこちらもご覧ください。


暮らしの達人経由での新規口座開設で、口座開設完了日から30日以内に500万通貨以上の新規約定で達成で30,000円キャッシュバック!

口座開設のお申込みはこちら

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

土日取引可能 MT4使い方 MT4デモ口座 インジケーター厳選 自動売買