暮らしの達人 > FX > おすすめFX会社をランキングで紹介!FX会社はどれも似たようなものなので、初心者は低リスクなトレードができる会社から始めるべき

おすすめFX会社をランキングで紹介!FX会社はどれも似たようなものなので、初心者は低リスクなトレードができる会社から始めるべき

作成年月日 : 2016/03/25更新年月日 : 2019/04/01

FXを始めるにはFX会社に申し込んで、口座を開設しなければいけません。初心者の方はどの会社に申し込むべきか悩むことも多いと思います。そこでこの記事では暮らしの達人スタッフが独断と偏見で選んだおすすめFX会社をランキング形式で紹介していきます。

申し込み時に関して覚えておくポイントは3つあります。

  1. FX会社には、スプレッドの広がり具合やスリッページ発生率など、実際に使ってみないとわからないこともあります
  2. 審査があるので、落ちる場合もあります
  3. 申し込みは完全無料で、開設後全く使わなかったとしてもデメリットはありません

以上を踏まえると、初心者であれば細かいことを気にするよりも、ランキング上位の会社をさっさと開設してくことをおすすめします(乱暴な言い方ですみませんが…)。 それではランキングをご覧ください。

おすすめFX会社ランキング

【1位】SBI FX トレード:米ドル/円スプレッドが0.27銭と狭い!約4円から取引可能なのでローリスク

SBI FX トレードの魅力は、何と言ってもスプレッドが狭いことです。中でも米ドル/円のスプレッドは原則固定で0.27銭です(1万通貨まで)。国内FX会社のほとんどが0.3銭なので、SBI FX トレードは頭1つ抜けて狭いスプレッドを提供しているわけです。スプレッドは実質的な手数料なので狭ければ狭いほど優れているため、米ドル/円でトレードする予定の人はSBI FX トレードをおすすめします。

もう1つの魅力は、約4円から取引ができることです。FXは会社ごとに最低取引単位が決まっていて、1,000通貨、10,000通貨の場合がほとんどです。しかしSBI FX トレードは1通貨から取引できます。その結果、必要証拠金は約4円からでトレードを開始できます。

目安:最小取引単位別の必要証拠金の違い(USD/JPYで1ドル=100円の場合)

取引単位 レバレッジ1倍の必要証拠金 レバレッジ25倍の必要証拠金
1通貨 100円 4円
1,000通貨 100,000円 4,000円
10,000通貨 1,000,000円 40,000円

このようにSBI FX トレードなら、本番環境を使ってローリスクでトレードできるというメリットがあります。「初心者だから最初は少額でトレードしたい…」という人には、SBI FX トレードが最もおすすめでしょう。

SBI FX トレードに申し込む

【2位】GMOクリック証券(FXネオ):大人気FX会社!高評価な口コミが豊富

第2位として紹介するのが、GMOクリック証券です。FX取引高は7年連続世界一を誇り、これはたくさんのトレーダーが活発に利用している結果だと言えます。

GMOクリック証券の何が優れているのかと言うと、実はスペック面で特筆することはありません。スプレッドは米ドル/円が0.3銭、ユーロ/円が0.5銭、オーストラリアドル/円が0.7銭です。低いことは低いのですが、SBI FX トレードのように単独1位というわけでもなく、同率1位という感じです。

最小取引単位は1万通貨と大きめなので、最初に必要な証拠金は4万円〜100万円が必要です。初心者の方はちょっとハイリスクかもしれません。

それでも人気が高い理由は、口コミを見るとわかってきます。例えば、スプレッドはどの会社でも原則固定されていますが、社会情勢の変化や経済指標の発表時には広がってしまうことがあります。このスプレッドの広がり具合や、収束具合は会社によって異なります。その中でもGMOクリック証券はスプレッドが広がりにくく、元に戻るのも早いと評判です。

他にもツールの使いやすさやにおいて、他社よりも高評価の口コミを見かけます。

このように、見栄えの良い数字で宣伝していたとしても、実際に使ってみるとその数字が適用されないこともあります。また、利用者が少ないとなかなか注文が通らなかったりすることがあります。

しかしGMOクリック証券ならばその辺りでも多くの高評価を獲得しており、そして何よりFX取引高7年連続世界1位という経歴がそれを裏付けています。

GMOクリック証券(FXネオ)に申し込む

【3位】DMMFX:FX口座数国内1位!人気の高さがランキング上位の秘訣

DMMFXは、口座数で国内1位のFX会社です。つまり今日本で1番申し込まれているFX会社です。

ではDMMFXも他社と比較してすごいスペックのFX会社なのかというとそんなことはなく、米ドル/円が0.3銭、ユーロ/円が0.5銭、オーストラリアドル/円が0.7銭と、GMOクリック証券と全く変わりません。

それでも人気が高い理由は、GMOクリック証券と同じく、使い勝手の良さが評価されているようです。特にスマホでの取引のしやすさをメリットに上げている口コミが多く、短期トレーダーに好評です。

また、システムの安定性が好評で、安定したサービスを提供しています。不安定だと取引したいときに取引できなかったり、予想しなかった金額で約定してしまったりするため、システムの安定性もまたFX会社選びで重要な項目です。

メイン口座としてはもちろん、メイン口座になにかあった時のサブ口座としても重宝するFX会社です。

DMMFXに申し込む

【4位】みんなのFX:スワップポイントが高く、スワップ狙いのトレードに最適

みんなのFXはまず最低取引単位が1,000通貨単位で、初心者でも比較的ローリスクでトレードしやすい会社です。スプレッドは米ドル/円が0.3銭、ユーロ/円が0.4銭、オーストラリアドル/円が0.6銭です。先に紹介したGMOクリック証券やDMMFXと比較すると、よりスプレッドが低いためお得に利用することができます。

また、みんなのFXはスワップポイントが高いこともメリットです。特に新興国におけるスワップポイントが高く、スワップ狙いの取引で利益を伸ばすことができます。

トルコリラ/円
1Lot(10,000通貨)あたり
120円
メキシコペソ/円
10Lot(100,000通貨)あたり
160円
南アフリカランド/円
10Lot(100,000通貨)あたり
150円

みんなのFXに申し込む

【5位】YJFX!:1万通貨取引ごとにTポイントが1ポイント貯まる

YJFX!はYahoo!JAPAN FXの略称でヤフーが運営するFX会社です。ヤフーという馴染みの大企業が運営しているFX会社ということもあり、とっつきやすい良いイメージがあると思います。

この会社も1,000通貨単位で取引可能で、スプレッドも狭めと基本的な部分は抑えています。そしてさらにYJFX!ならではの特徴が、1万通貨の取引ごとにTポイントが1ポイント貯まることです。さらに前月の約定回数または取引数量に応じて、1〜3ポイントに獲得レートがアップします。

  • ランク名/スタンダード/プラス/ロイヤル
  • 前月の約定回数 0/20回以上/300回以上
  • 前月の取引数量 0/100万通貨以上/500万通貨以上
  • 1万通貨ごとに/1ポイント/2ポイント/3ポイント

【6位】FXブロードネット:初心者向けの自動売買ツール「トラッキングトレード」が使える

FXブロードネットは、公式サイトで「FXブロードネットが選ばれる5つの理由」として、以下の5項目をアピールしています。

  1. 取引コストが安い(スプレッドが狭い)
  2. 使いやすい取引ツール
  3. 話題の自動売買
  4. 4,000円から取引可能
  5. 安心の100%信託保全

3以外は他社でもよく見られる特典であり、FXブロードネットならではの強みかと言えばそんなことはありません。(そもそも信託保全なんてのは金融庁がFX会社に義務づけているものなので、本当に選ばれる理由になってるのかどうか疑問です…。)

3番目の「話題の自動売買」こそがFXブロードネットの1番の特徴でしょう。FXブロードネットは「トラッキングトレード」と呼ばれる自動売買システムを提供していて、誰でも使うことができます。手数料については以下の通りです。

トラッキングトレードの手数料はいくらですか?

トラッキングトレードの1ロットあたりの手数料は以下のとおりです。
1ロット=10,000通貨の場合、新規注文約定毎に手数料400円(新規手数料200円と決済手数料200円)が発生いたします。
ただし、現在は、キャンペーンにより、手数料は半額の200円となります。
1ロット=1,000通貨の場合、新規注文約定毎に手数料40円(新規手数料20円と決済手数料20円)が発生いたします。
ただし、現在は、キャンペーンにより、手数料は半額の20円となります。

引用元:トラッキングトレード|よくあるご質問|FXブロードネット(2019年3月21日取得)

自動売買ツールにはどのようなロジックで動いているのかわからないものや設定が難しいものもありますが、トラッキングトレードはシンプルなルールで、初心者でも扱いやすく、ほっといても勝手に動いてくれるので「FXに興味はあるけど自分で運用するのは難しそう…」という人におすすめです。

FXブロードネットに申し込む

【7位】LION FX(ヒロセ通商):50種類の豊富な通貨ペアでトレード可能

ヒロセ通商のLINE FXでも、1,000通貨単位からトレードが可能です。

またヒロセ通商では50種類もの通貨ペアを扱っています。他社の場合は20種類程度がほとんどです。マイナー通貨でのトレードに挑戦したい人にもおすすめできます。

独特なキャンペーンを定期的に行っているのも特徴で、指定の通貨ペアで条件をクリアするとキャッシュバックされるものをはじめ、食品がもらえるキャンペーンなども行われています。うまく使えば、株主優待のように使うことができる可能性もあります。

ただスプレッドが広がりやすい、という批判もよく見かけます。マイナー通貨トレードをしたい人や、キャンペーン狙いで取引したい人におすすめします。要するに、メイン口座ではなくサブ口座としての使い方が良いと思います。

LION FX(ヒロセ通商)に申し込む

目次へ戻る

目的・機能で選ぶFX

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

レバレッジ比較 取引手数料比較 通貨ペアで比較 DMM FX トルコリラ 南アフリカランド