暮らしの達人 > FX > MT4 > MT4対応のおすすめVPSを比較!FX自動売買に適した選び方をプロトレーダーが解説

MT4対応のおすすめVPSを比較!FX自動売買に適した選び方をプロトレーダーが解説

更新年月日 : 2022/11/24

MT4対応のおすすめVPSを比較!FX自動売買に適した選び方をプロトレーダーが解説

MT4を使って自動売買を行う場合、PCをつけっぱなしにしなくてはいけません。しかしVPS(Virtual Private Server)と呼ばれる仮想サーバーを用意しすることで、PCの電源をオフにしても24時間自動売買プログラムを稼働させることが可能になります。また、スマホからでもVPSにアクセスすればMT4を触れるというメリットもあります。

この記事ではFX自動売買でVPSを検討している人向けに、VPSの選び方のコツとおすすめVPS業者を解説していきます。

お名前.com デスクトップクラウドfor MT4
  • キャンペーン中!1.5GBプランが初回990円(税込)で契約可能
  • FX専用VPSであり、MT4がプリインストール
  • 回線速度は10Gbpsで高速
お申込み

おすすめFX会社3選

迷ったらコレ!

みんなのFX みんなのFX

スワップ、スプレッド共に高水準。1,000通貨からの少額取引も可能なので、初心者に最もおすすめしたいFX会社だ。通貨強弱や売買比率など独自のツールが使えるのも魅力。

申込み

最強スプレッド

FXTF FXTF

12/30まで1取引するだけで現金3,000円もらえるドル円スプレッドは0.1銭で原則固定。主要通貨のスプレッドの狭さは業界随一。MT4が利用可能で、40種類以上のインジケーターが無料。

お申込み

まさかのスプレッド0銭!

マネーパートナーズ マネーパートナーズ

1回1万通貨の取引ならドル円・ユーロ円・豪ドル円・ポンド円のスプレッドが0銭!。さらに1万通貨以上の取引で1,000円もらえる。

申込み

VPS業者を選ぶ4つのポイント

VPSには種類のVPSが存在しており、サーバーの種類や価格、メモリなど総合的に見て判断する必要があります。それぞれ説明していきます。

目次へ戻る

サーバーの種類はWindows Server一択

FX専用VPS【国内最安値クラス】VPSならお名前.com デスクトップクラウド

画像引用元:FX専用VPS【国内最安値クラス】VPSならお名前.com デスクトップクラウド(2022年06月22日取得)

まずサーバーの種類は、自動売買EAを利用する場合は必ず「Windows OSが搭載されているVPS」を選択しましょう。実はVPSには種類がたくさんあり、Linux OSが搭載されているVPSもあったり、プランによっては「VPS」とだけ表示されているものもあります。

大事なのは、WindowsOSが搭載されているVPSである、ということです。あくまでもMT4はWindowsに対応しているソフトということを忘れてはなりません。自動売買EAを稼働させるためにはWindowsのVPS(クラウド上のデスクトップ)が必要になるため、契約前に必ず確認することを忘れないようにしましょう。

また、Windows Serverも年式があります。現在使われているのは、2008・2012・2016・2019・2022の5種類で、2008はほとんど使われなくなってきています。2022が最も新しいのですが、2019でも十分速度が早いため、できれば2019を利用したいところですが、VPS業者によっては2019を提供していなかったり、あったとしても料金体系が変わってくる業者もあるので、料金体系をしっかりと把握しましょう。

目次へ戻る

MT4稼働数が少ない場合は1GBメモリで十分

次に価格とメモリについてです。メモリはCPUが処理を実行するための作業スペースのことで、メモリ容量が多いほど同時に立ち上げ可能なソフトも多くなります。多くの国内VPS業者では1GBメモリを最低スペックにしていて、メモリ容量が多いほど価格が上昇していきます。

そのため、あなたがMT4をどれだけ稼働させるかによってメモリ数を決めると良いでしょう。私が基準としているメモリとMT4稼働数は以下の通りです。

  • MT4同時立ち上げ3つまで→1GBメモリ
  • MT4同時立ち上げ6つまで→2GBメモリ

私は1GBあたりMT4を3つまでとしています。それ以上動かすとメモリが80%近く(まれに100%近くなることも)なり、固まることが何度もあったからです。それでも固まるときもあるので、自動売買が動かない土日などにたまに再起動することをおすすめします。ちなみに1GBメモリのVPSでMT4を2個稼働した場合の使用メモリは約60%でした。

多くのチャートに自動売買EAを稼働させる場合、この基準よりも稼働できるMT4が少なくなりますが、実際にMT4を稼働させてみてメモリ使用量が逼迫していないかチェックしましょう。

目次へ戻る

HDDよりもSSD

ほとんどのVPS業者がSSDのみで提供しています。しかしABLENETのように、HDDも選択できることがあります。

HDDの方が保存できる容量が多くそれでいてSSDよりも安いのですが、その代わりSSDよりも動作スピードが劣ります。そもそもMT4を動かすのが目的なら大容量である必要はないでしょう。少しでもケチりたいというのでなければSSDを選んだ方が賢明です。

目次へ戻る

利用期間に合わせて契約期間を考えよう

各VPS業者も、お得なキャンペーンを開催しています。しかしこのキャンペーンは初回の契約期間のみで、更新後には正規料金になってしまうのでご注意ください。

長期間使うことが初めからわかっているのなら、1年払いなど長期間の契約をすることでよりたくさん割引を受けることができます。各VPS業者によって詳細が異なるので、後ほど各業者を紹介する際に説明します。

目次へ戻る

MT4対応おすすめVPSを3社を比較

続いてVPS業者の中からおすすめできる3業者+1の契約プランと料金をまとめたので紹介します。

VPS業者の料金とスペック比較表(2022年06月22日時点)

VPS業者名 メモリタイプ 初期費用(税込) 初回1か月払いの
月額料金(税込)
更新後1か月払いの
月額料金(税込)
特徴
お名前.com デスクトップクラウド for MT4 1.5GB〜 無料 990円〜 2,310円〜
  • MT4プリインストール
  • 稼働率99.99%
  • Windows Server 2019利用可
Conoha for Windows Server(Conoha) 1GB~ 無料 1,100円〜 1,100円〜
  • 1か月に満たない利用時間の場合は時間料金のみ請求
  • 7日間無料クーポンあり
  • Windows Server 2019利用可
ABLENET 2GB~ 無料 1,540円〜 2,179円〜
  • 10日間の無料お試し期間あり
  • 高速回線使用
  • Windows Server 2022利用可
使えるねっと 2GB~ 2,200円 3,278円〜 3,278円〜
  • アメリカ設置のVPSも選択できる

使えるねっとに関しては最低2GBのプランからとなります。また初期費用が発生するのと、他社のようなキャンペーンもありません。選択肢からは外しても良いでしょう。

残りの3社でどのような特徴があるのかを比較して紹介していきます。

目次へ戻る

お名前.com デスクトップクラウド for MT4:コストパフォーマンスはベスト

【稼働率99.99%以上】FX専用VPS | お名前.com デスクトップクラウド

画像引用元:【稼働率99.99%以上】FX専用VPS | お名前.com デスクトップクラウド(2022年11月24日取得)

お申込みはこちら

ドメイン取得でおなじみのお名前.comでは、「お名前.com デスクトップクラウドfor MT4」というVPSサービスを提供しています。

お名前.com デスクトップクラウドfor MT4の強みは「信頼性」であると言えます。実際にお名前.com デスクトップクラウドfor MT4は、FX自動売買系のVPSの中でも最も多いアカウント数を誇っており、自動売買EAユーザーのほとんどが利用しているのは信頼性が高い証拠です。

そしてなによりお名前.com デスクトップクラウド for MT4はMT4に特化したVPSで、MT4がプリインストールされていることに加えて、余分なアプリがなく動作が軽いというメリットがあります。さらにWindows Server 2019にも対応しているので、動作はサクサクです。

料金プランはメモリ別に1.5GB・2.5GB・4GB・8GBに分かれていて、さらに契約期間が1ヶ月契約・6ヶ月契約・12ヶ月契約・24ヶ月契約・36ヶ月契約から選択できます。

いずれのプランも初月無料です。さらに1ヶ月契約なら初月は割引料金が適用されます。

管理画面も他社より使いやすく、初めてVPSを利用する人でも使いやすいかと思います。料金こそ、次に紹介するConohaの方が安いのですが(ただしメモリは1GBにダウン)、まずはFX専用VPSのお名前.com デスクトップクラウドfor MT4を使ってみることをおすすめします。

お名前.com デスクトップクラウドfor MT4
  • FX専用VPS!アカウント保持数も多く人気大
  • Windows Server 2019対応
  • 回線速度は10Gbpsで高速
お申込み

目次へ戻る

Conoha for Windows Server:1GBプラン979円(税込)で激安!お試しに最適

WEB広告限定キャンペーン| Windows VPSならConoHa

画像引用元:WEB広告限定キャンペーン| Windows VPSならConoHa(2022年11月24日取得)

お申込みはこちら

Conoha for Windows Server(Conoha)は比較的新しいVPS業者です。実は前述のお名前.comと同じく大手のGMOインターネットが運営しています。ConohaのWindows VPSを推す理由はとにかく価格です。

WEB広告限定キャンペーン| Windows VPSならConoHa

画像引用元:WEB広告限定キャンペーン| Windows VPSならConoHa(2022年06月22日取得)

Conohaの料金設定が他社よりも格安に設定されている点であり、1GBプランをなんと1,100円(税込)で利用できます。キャンペーンではなく正規料金が1,100円(税込)なので格安と言えるでしょう。

WEB広告限定キャンペーン| Windows VPSならConoHa

画像引用元:WEB広告限定キャンペーン| Windows VPSならConoHa(2022年06月22日取得)

さらに3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月のいずれかの契約期間を選ぶと、月額料金が最大11%オフになります。例えば1GBプランの36ヶ月契約なら月額979円(税込)と超格安料金になります。ただし途中解約ができなくなるので、プラン選びの際は慎重に行いましょう。

逆に、「とりあえずお試しで使ってみたい」というニーズに合わせて、利用時間に合わせた従量制も取り入れています。1GBプランなら1時間あたり2.3円で使うことができます。また、新規契約キャンペーンによって最大700円分のクーポンももらうことができ、今なら最大7日間は無料で使うことができます。

Conoha for Windows Server
  • 通常料金でも月額1,100円(税込)と安い
  • 最大7日間無料で使える700円分クーポンをプレゼント
  • 利用料金が月額料金に満たない場合は、時間単位の課金で安心
お申込み

目次へ戻る

ABLENET:レイテンシが高くスキャルピングEAにおすすめ

《公式》ABLENET® VPS|レンタルサーバー

画像引用元:《公式》ABLENET® VPS|レンタルサーバー(2020年6月23日取得)

お申込みはこちら

ABLENET(エイブルネット)は20年以上サーバーホスティングを行っている老舗であるケイアンドケイコーポレーションが運営しています。以前までは公式サイトの案内表示が分かりづらかったのですが、最近刷新されて見やすくなりました。

ABLENETの強みは「回線速度」にあります。他社の場合は100Mbpsがほとんどですが、ABLENETでは200Mbpsの高速回線を敷いています。相場は刻々と変化するため「レイテンシ」と呼ばれるデータが転送される間に生じる遅延はFXでは命取りとされています。このレイテンシを抑えるためには、高速回線が必要になるので、高速回線にこだわりたい人はABLENETがおすすめです。

料金は先の2社と比較すると少し高く、1GBプランの1ヶ月契約なら通常2,179円(税込)、現在キャンペーン中で更新までは1,375円(税込)で契約することができます。

ご利用料金|ABLENET® 仮想デスクトップ・VPSプラン

画像引用元:ご利用料金|ABLENET® 仮想デスクトップ・VPSプラン(2022年11月24日取得)

Win1とWin2のプランでは最新のWindowsServer2022を利用可能です。

ABLENETではVPSを「10日間無料お試し」をすることが可能です。もちろん一度限りのお試しになってしまいますが、実際の動きを見て試せることができるのはABLENETのみと言えるでしょう。

ABLENET
  • 月額料金は最安1,265円(税込)
  • 今なら初回割引適用
  • メモリ増量!1GB→2GB、2GB→3.5GBに
お申込み

目次へ戻る

VPS業者の料金とスペック比較表(2022年06月22日時点)

VPS業者名 メモリタイプ 初期費用(税込) 初回1か月払いの
月額料金(税込)
更新後1か月払いの
月額料金(税込)
特徴
お名前.com デスクトップクラウド for MT4 1.5GB〜 無料 990円〜 2,310円〜
  • MT4プリインストール
  • 稼働率99.99%
  • Windows Server 2019利用可
Conoha for Windows Server(Conoha) 1GB~ 無料 1,100円〜 1,100円〜
  • 1か月に満たない利用時間の場合は時間料金のみ請求
  • 7日間無料クーポンあり
  • Windows Server 2019利用可
ABLENET 2GB~ 無料 1,540円〜 2,179円〜
  • 10日間の無料お試し期間あり
  • 高速回線使用
  • Windows Server 2022利用可
使えるねっと 2GB~ 2,200円 3,278円〜 3,278円〜
  • アメリカ設置のVPSも選択できる

目次へ戻る

おすすめFX会社

会社名 おすすめポイント 申込
マネーパートナーズ
パートナーズFX nano口座の場合、なんと1回1万通貨以下での取引なら、ドル円スプレッドが0銭!つまりスプレッドなしの環境で取引可能。取引手数料も無料なので、完全に勝率50%の世界で取引可能。
会社名 おすすめポイント 申込
FXTF
ドル円スプレッドが0.1銭原則固定。常に狭いスプレッドで取引できる。取引ツールはMT4を採用していて、口座開設すると取引タイミングを知らせるインジケーターなど40種類を無料で利用可能
会社名 おすすめポイント 申込
JFX
スワップ、スプレッド共に高い水準にあるFX会社。目立つ特徴があるわけではないが、平均点が高く初心者向きのFX会社郵送物なしでの口座開設にも対応。また通貨強弱が見れるのが珍しい特徴。

FXドル円スプレッドランキング

会社名 USDJPY EURUSD EURJPY GBPJPY AUDJPY
マネーパートナーズ
マネーパートナーズ パートナーズFXnano
0.0 0.1 0.1 0.0 0.0
FXTF
FXTF
0.1 0.2 0.3 0.6 0.4
SBI FXトレード
SBI FXトレード
0.19〜7.80 0.38~12.80 0.40~15.80 0.90~18.80 0.58~12.80

:時間や取引量の条件あり。詳しくはこちら

目次へ戻る

MT4に関する記事一覧

FXで自動的にトレンドラインを引いてくれる無料インジケーター「SHI Channel Fast」を使う方法 FXで自動的にトレンドラインを引いてくれる無料インジケーター「SHI Channel Fast」を使う方法 MT4のデモ口座が使える国内おすすめFX業者を紹介!無期限で使える業者やデモ口座の注意点も徹底解説 MT4のデモ口座が使える国内おすすめFX業者を紹介!無期限で使える業者やデモ口座の注意点も徹底解説 MT4のおすすめインジケーター8選(無料5つ+有料3つ)!おすすめの理由、使い方も徹底解説! MT4のおすすめインジケーター8選(無料5つ+有料3つ)!おすすめの理由、使い方も徹底解説! レンジとトレンドを見分けるインジケーターの使い方を紹介!相場の判断はツールに任せてFXの勝率を高めよう レンジとトレンドを見分けるインジケーターの使い方を紹介!相場の判断はツールに任せてFXの勝率を高めよう MT4対応会社の主要通貨スプレッドを比較!計測してわかった、本当にスプレッドが狭い業者をプロトレーダーが解説 MT4対応会社の主要通貨スプレッドを比較!計測してわかった、本当にスプレッドが狭い業者をプロトレーダーが解説 【5分以内で完了】MT4を日本時間に変更する方法を解説!説明通りにインジケーターを導入すれば簡単に設定できます 【5分以内で完了】MT4を日本時間に変更する方法を解説!説明通りにインジケーターを導入すれば簡単に設定できます FXのおすすめスキャルピングEAを紹介!短期で利益を出したい人が選ぶべき自動売買ツール3つをプロトレーダーが解説 FXのおすすめスキャルピングEAを紹介!短期で利益を出したい人が選ぶべき自動売買ツール3つをプロトレーダーが解説 MT4インジケーターのGMMAとは?プロトレーダーが実践する、GMMAを使った勝率を高めるトレード手法を公開 MT4インジケーターのGMMAとは?プロトレーダーが実践する、GMMAを使った勝率を高めるトレード手法を公開 MT4アプリのスマホ(iPhone・Android)での使い方まとめ!トレード方法からPC版との違いまで徹底解説 MT4アプリのスマホ(iPhone・Android)での使い方まとめ!トレード方法からPC版との違いまで徹底解説 FXおすすめEA4選!MT4で使える自動売買ソフトの解説と、EAの選び方まとめ FXおすすめEA4選!MT4で使える自動売買ソフトの解説と、EAの選び方まとめ MT4のEAを無料で入手する方法から使い方まで、画像付きで徹底解説 MT4のEAを無料で入手する方法から使い方まで、画像付きで徹底解説 MT4が使えるおすすめVPS業者を徹底比較!プロトレーダーが注目するFX用VPSの選び方も解説 MT4が使えるおすすめVPS業者を徹底比較!プロトレーダーが注目するFX用VPSの選び方も解説 MacでMT4(メタトレーダー4)を使う3つの方法を解説!実は無料のものや、VPSなど難しい設定なしで利用できるものなどもあります MacでMT4(メタトレーダー4)を使う3つの方法を解説!実は無料のものや、VPSなど難しい設定なしで利用できるものなどもあります FX取引ツール「MT4(メタトレーダー4)」の使い方まとめ!Windowsパソコンへのインストール方法から注文方法まで、画像付きで徹底解説 FX取引ツール「MT4(メタトレーダー4)」の使い方まとめ!Windowsパソコンへのインストール方法から注文方法まで、画像付きで徹底解説 MT4対応のおすすめ国内FX業者を紹介!NDD方式のものや無料でEAを使えるものなど、+αのメリットがある業者を徹底解説 MT4対応のおすすめ国内FX業者を紹介!NDD方式のものや無料でEAを使えるものなど、+αのメリットがある業者を徹底解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

FX始め方 スプレッド比較 スワップ比較 即日口座開設 MT4 スキャルピングOK