暮らしの達人 > FX > MT4 > FXで自動的にトレンドラインを引いてくれる無料インジケーター「SHI Channel Fast」を使う方法

FXで自動的にトレンドラインを引いてくれる無料インジケーター「SHI Channel Fast」を使う方法

作成年月日 : 2020/05/22

FXで自動的にトレンドラインを引いてくれる無料インジケーター「SHI Channel Fast」を使う方法

FXの分析手法には様々なものがあります。その中でも比較的ポピュラーであり、尚且つFX初心者でも扱いやすいのがトレンドラインを使った分析方法だと思います。

トレンドラインを引く機能はいずれのFX会社にも標準装備されていて、簡単に思い絵描いた通りにラインを引くことができます。しかし、毎回毎回ラインを引いているうちにだんだん思ってくるはずです「この作業、自動化できないかな…」と。

実はトレンドラインの自動化は難しいことではありません。インジケーターと呼ばれるツールを導入することで誰でも実現できるので、FX初心者の方に向けて詳しく解説していきます。

【この記事の内容まとめ】

  • トレンドラインはインジケーターを使うことで自動化できる
  • インジケーターを使うにはMT4を提供しているFX会社の口座が必要
  • 多数あるインジケーターの中でも、「SHI Channel Fast」がおすすめ
  • トレンドラインだけでなくチャネルラインも一緒に引いてくれる
  • ただし、自動化=融通が効かず確実性は低いので、ラインだけを根拠にトレードするのではなく、他の根拠と組み合わせて取引しよう

自動的にトレンドラインを引いてくれるインジケーターを使う方法

今回必要になるのは「MT4」と「インジケーター」の2種類。それぞれ説明していきます。

目次へ戻る

MT4が必要なので、MT4対応のFX会社での口座開設が必須

MT4のダウンロード

まずMT4とは、海外製のFX取引ツールのことです。FXTF外為ファイネストなどが採用していて、これらのFX会社で口座開設すると、MT4が使えるようになります。

このMT4にはインジケーターと呼ばれるオプショナルツールがあります。例えると、MT4がスマホで、インジケーターがアプリみたいなイメージです。

インジケーターは世界中に無数のものがあります。そして中にはトレンドラインを自動で引いてくれるものもあるというわけです。

口座を開設したら、MT4をダウンロードうえ、ログインすることで利用を開始できます。

FXTF MT4
FXTF MT4

暮らしの達人経由での新規口座開設+取引量に応じて最大で55,000円キャッシュバック!

口座開設のお申込みはこちら

目次へ戻る

MT4に「SHI Channel Fast」を導入する

MT4を導入したら、続いてトレンドラインを引いてくれるインジケーターを導入します。

前述のように、同じような機能を持つインジケーターはたくさんあるのですが、私は「SHI Channel Fast」を好んで使っています。

SHI Channel Fastをダウンロードする

このインジケーターはトレンドラインだけでなくそれに平行するライン、いわゆるチャネルラインを自動的に引いてくれます

SHI Channel Fastをこちらからダウンロードのうえ、MT4にインストールします。やり方は簡単ですが、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

目次へ戻る

チャートに応じて設定を変更する

以上が完了すると、チャート上にチャネルラインが常時自動的に表示されます。

SHI Channel Fastでは2つの項目を任意に設定することができます。

  • AllBars:数字を大きくするとラインが長くなる
  • BarsforFract:数字を大きくするとラインの幅が大きくなる

チャート画面

基本的にはデフォルトの数値でも問題ないと思います(というか随時設定を変えるくらいなら最初から自分で引いた方が早い)。個人的にも数字は変更せず使っています。

目次へ戻る

補足:MT4でチャートを見て他社で取引するのもあり

FXTF

画像引用元:メタトレーダー4[MT4]で24時間取引可能!口座開設なら【ゴールデンウェイ・ジャパン】(2019年10月10日取得)

さてここまで読んで気づいた方もいらっしゃると思います。

この自動でトレンドラインを引く方法はあくまでMT4で機能するものです。つまり、MT4に対応しているFX会社でしか利用することができません

例えばあなたがDMM FXで取引している場合、MT4対応口座に乗り換えるか、MT4で分析してDMM FXで取引する、というように使い分ける必要があるのでご注意ください。

特に今お使いのFX会社にこだわりがあるわけでないのなら、FXTFに乗り換えることをおすすめします。

この会社はMT4を採用していて、しかもドル円スプレッドが0.1銭なのをはじめ、多くの通貨で他社よりも狭いスプレッドを提供しています

また、口座開設すると40種類以上のインジケーターが無料で使えるので、様々な分析ツールを試してみることが可能です。

ぜひFXTFでの口座開設も検討してみてください。

FXTF
  • ドル円スプレッドは0.1銭と最狭レベル
  • 取引ツールはMT4。口座開設で40種類以上のインジケーターを利用可能
  • 1,000通貨単位での取引が可能
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 30 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.1銭 0.4銭 0.7銭
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

SHI Channel Fastの注意点

続いてSHI Channel Fastを使う上での注意点を3つ紹介します。

  • スマホでは使えない:SHI Channel Fastに限らず、外部から追加したインジケーターはPCでしか使えません
  • チャートごとに設定が必要:インジケーターは1つのチャートにしか適用されません。例えばドル円とユーロ円のチャートに表示させるには、それぞれのチャートで設定が必要です
  • 機械的にラインを引いているので信憑性は高くない:AIなどが判断しているわけではなく、機械的に高値や安値を繋いでいるだけなので、必ずしもトレンドラインとして正確に機能するわけではありません

目次へ戻る

スマホでは使えない

MT4はスマホでも使うことができますが、SHI Channel Fastのように外部から追加したインジケーターはPCでしか使うことができません

スマホでの取引が主な人は、使うことができないので諦めましょう。

目次へ戻る

チャートごとに設定が必要

SHI Channel Fastに限ったことではありませんが、インジケーターの設定は個別にしか行えません。そのため、複数の通貨ペアをウォッチしている方は、それぞれのチャートに対してインジケーターを設定しなければいけません。

しかしご安心ください。MT4には設定の保存と呼び出し機能があります。これを使えば、ボタン1つで同じ環境を別のチャートにも適用させることができます。

目次へ戻る

機械的にラインを引いているので信憑性は高くない

たくさんのライン

最後に最も大切なことを。

SHI Channel Fastはどんなチャートでもほぼ必ずラインを引いてくれます。中にはトレンドラインとして機能していないこともあるので、SHI Channel Fastのラインだけをみてトレードするのはおすすめしません。

例えば水平線を引いたり、本末転倒になりますが自分でトレンドラインを引いてみたり、いくつかの根拠と組み合わせることが有効だと思います。

目次へ戻る

SHI Channel Fastでラインを引く作業を自動化しよう!

FXで自動的にトレンドラインを引いてくれる無料インジケーター「SHI Channel Fast」を使う方法

以上、自動でトレンドラインを引いてくれるSHI Channel Fastを紹介しました。

MT4を使わなければいけないという制約だけありますが、MT4は今回のように様々なインジケーターを導入することで取引を助けてくれるので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

記事の途中ではMT4が使えるFX会社としてFXTFを紹介しましたが、それ以外にもMT4を使えるFX会社はいくつかあります。下記の記事でMT4対応のFX会社をまとめていますので、こちらも参考にしてください。

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る