暮らしの達人 > FX > FX会社 > LINE FXの評判と特徴まとめ!最大のメリットはLINEで届く価格通知!

LINE FX

お手持ちのLINEアプリからFX取引が可能に!価格変動時にLINEで教えてくれる機能が嬉しい

更新年月日 : 2020/11/18
LINE FX
取引手数料(新規/決済) 無料
取引通貨ペア数 10通貨ペア

主要取引通貨のスプレッド(原則固定)


米ドル/円

ユーロ/円

英ポンド/円

豪ドル/円

NZドル/円

スイスフラン/円

トルコリラ/円

ランド/円

ユーロ/米ドル

英ポンド/米ドル
0.1銭 0.3銭 0.6銭 0.4銭 0.9銭 取扱無 1.5銭 0.8銭 0.3pips 0.6pips

システム環境

スプレッドが狭い 通知サービスが充実 ロスカット機能搭載

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設&1取引完了で5,000円プレゼント!

口座開設のお申込みはこちら

LINE FX

画像引用元:LINE FX(2020年11月16日取得)

近年コミュニケーションだけでなく支払いや株式投資など様々なサービスが利用可能になり、スーパーアプリへと進化したLINEが、FXの提供も始めました。

LINEアプリ上から簡単に口座開設でき、アプリ上から手軽にトレードできます。しかし初心者にはおすすめしづらいデメリットもあります。メリットデメリットを中心に詳しく解説していきます。

LINE FXのメリット

もしもの時にLINE通知が届く、アプリから即日口座開設が可能などの注目すべきメリットを4つご紹介します。

目次へ戻る

急激な変動や指標発表時にLINE通知が届く

為替の急激な変動であるとか、主要国(主にアメリカ)の経済指標発表時などにLINE通知を受け取れます。急激な変動が起こった場合にも通知が届くので、うまく活用することで大きな利益が挙げられることもあるでしょう。事前にリスクを回避でき、損失額を縮小させられるかもしれません。

例えば、一定の値を突破するとレンジ相場からトレンド相場に切り替わることが一般的です。そこで、その一定の値を前もって設定しておき、実際に突破したことを通知で知ったら、為替の流れに沿ってポジションを保有していき利益を目指すことも可能なのです。

また、知らないうちにロスカットされ資産の大部分を失ってしまうようなことも減らせるはずです。

このようなサービスを利用するには、有料アプリを購入しなければならないこともあります。しかしLINE FXでは標準サービスに設定されており無料で通知を受け取れます。

ちなみにLINE FX利用者の中には、その通知だけのために口座開設をしている方もいます。もちろん口座開設のみであれば、特に費用は発生しません。通知サービスだけのためにLINE FXで口座開設するものありでしょう。

目次へ戻る

LINEアプリから最短即日で口座開設可能

LINE FXであれば、最短たったの3分で口座申込みができます。

まずLINE FXへのアクセスは、LINEアプリ内のウォレットタブからおこなえます。また、スマートフォンから「LINE FX」と検索してもOKです。

あとは「無料口座開設はこちら」をタップし、口座開設を申込むだけ。もちろん、口座開設には本人確認書類やマイナンバー書類が必要です。また自撮り写真を撮影して送付しなければなりませんが、かかったとしても多くの方は5分以内で終えられるでしょう。

すでにLINE証券の口座を持っている方であれば、その口座開設の時点で各書類は提出しているはずなのでLINE FX申込時の書類の提出は不要です。

各書類や入力した個人情報などに問題がなければ、最短即日で口座開設手続きが完了します。その日から取引できる可能性もありますよ。

口座開設がされると、LINE FX公式アカウントからメッセージが届くはずなので確認してください。メッセージにはリンクが設定されているので、そちらからアクセスするだけで取引が可能となります。

よりスピーディーな取引が行なえるLINE FXアプリもあるので、ぜひご活用ください。

目次へ戻る

お得な口座開設キャンペーンが開催されることが多い

LINE FXはキャンペーンにも力を入れており、特に口座開設系のキャンペーンを行っていることが多いです。他社よりも条件が簡単、そしてお得なものが多い印象です。

2020年11月15日現在で行われている口座開設系キャンペーンは、「LINE証券1周年記念キャンペーン」です。条件はキャンペーン期間内にLINE FXで新規口座開設を実施し、期間中に1取引するだけです。たったそれだけで、5,000円もプレゼントしてもらえるので参加しなければ損でしょう。

LINE FXでは10通貨ペアに対応していますが、どの通貨ペアの取引でもキャンペーンの条件を満たしたことなります。ちなみに最低取引単位は1万通貨なので、米ドル/円の場合は少なくても約4万円程度の証拠金が必要になります(1米ドル=100円として)。

条件を満たすと、LINE FXの口座へ5,000円が入金されます。しかし特典付与までに口座を閉鎖した場合は対象外となるので、キャンペーン目的の口座開設であったとしても振り込みが完了されるまでは口座を保有したままにしましょう。

他にも様々なキャンペーンが実施されており、「LINE FX友だち追加キャンペーン!」についてもこちらで紹介します。友だち追加キャンペーンはLINE FXに口座開設している必要はなく、まずはLINE FX公式アカウントを友だちに追加します。あとはキャンペーン通知設定をオンにすればLINEポイントを50ポイントもらえるというもの。LINEポイントの使いみちが特にない方であれば参加する必要はないかもしれませんが、特にデメリットはありません。せっかくなので50ポイント頂いてみてはいかがでしょうか?

キャンペーン通知設定をオンにするためには、LINEのトーク画面メニューの「各種通知設定」を選択してください。さらに「キャンペーン通知設定」を選択し、キャンペーン通知を受け取るに設定するだけです。「キャンペーン情報を受け取るよう設定しました」とメッセージが届けば完了です。

目次へ戻る

スプレッドが狭い

FX取引の実質的な手数料となるのが、各通貨の売値と買値の差であるスプレッドです。LINE FXであればそのスプレッドが狭く設定されているため、他社と比較しても有利な取引が可能です。

米ドル/円は0.1銭、ユーロ/円は0.3銭、英ポンド/円は0.6銭、豪ドル/円は0.4銭に設定されています。各スプレッドが狭く設定されていることで、特にスキャルピングやデイトレードなど多くの取引を行おうと思っている方にとってはかなり有利になります。スプレッドは取引1回毎に発生するものなので、狭く設定されれば負担感はなくなるからです。

目次へ戻る

LINE FXのデメリット

メリットの多いLINE FXですが、問題点があることも事実です。しかし問題点自体はしっかりと把握し、意識して利用すれば特に不安を感じることはありませんよ。

目次へ戻る

最小取引通貨量が1万通貨

LINE FXでは最小取引単位が1万通貨なので、米ドルを1ドル100円とすると最低でも約4万円の証拠金が必要になります(レバレッジは最高25倍)。ただ一般的にリスクも考えてレバレッジは数倍に設定するのが適切とされています。よって米ドルを取引する場合には、数十万円程度の証拠金が必要になると考えられるのです。

最近では、最小取引単位を1,000通貨に設定しているFX業者も出てきています。中には1通貨から取引できるところもあるため、LINE FXのほうが利用するにはある程度の資金が必要になるケースが多くなるでしょう。したがって、余裕資金が少ない方にはあまりおすすめできません

目次へ戻る

取り扱い通貨ペアが少ない

LINE FXの取り扱いペア数は10なので、他社と比較すると少なく感じると思います。

以下に、LINE FXの対応通貨ペアを掲載しておきます。

  • ・米ドル/円
  • ・ユーロ/円
  • ・英ポンド/円
  • ・豪ドル/円
  • ・NZドル/円
  • ・トルコリラ/円
  • ・南アフリカランド/円
  • ・ユーロ/米ドル
  • ・英ポンド/米ドル
  • ・豪ドル/米ドル

他社では、20通貨ペアから30通貨ペアを用意していることが一般的です。様々な通貨の取引がしたい、という方にはLINE FXは向いていません。

ただ、米ドルやユーロ、英ポンドや豪ドルなどのメジャー通貨はしっかりと抑えているので、それほど気にしない方が多いことも事実です。

目次へ戻る

スマホに最適化されているので選択肢がない

LINE FXはスマホアプリからの取引を前提としています。PCからでは利用できません。他社であればPCとスマホの取引ツールをそれぞれ用意しているので、PCでもスマホでも自分の好きなデバイスで取引することができます。しかしLINE FXではそのような選択肢が与えられないので、デメリットと言えるでしょう。

ただしLINE FXのスマホアプリは、他社のPC版取引ソフトと同等クラスの高機能チャートが利用できます。移動平均線やボリンジャーバンドなど、全部で11種類ものテクニカル指標を利用できるのです。

目次へ戻る

LINE FXの評判は?

実際に利用している方の口コミを3つ集めてみました。彼らの本音から、LINE FXの本当の評判に迫ります。

ライフスタイル上、FXはスマホで取引することが多いのですが、生活都合上、チャートと睨めっこできる時間も少ないためLINEでの通知機能がとても活躍してくれています。通知のパターンも多く、必要な情報だけに指定もできるので煩わしく感じることもありません。

(中略)

現在はキャンペーンで米ドルのスプレッドが0.1銭となっていて個人的にはかなりそこが嬉しいポイントでしたので今後のキャンペーンにも期待したいところです。

(中略)

10,000通貨からの取引となってしまうため、必要資金を抑えたいという方や取り敢えずFXを始めてみたいという初心者ユーザーからすると他の事業者がおすすめかもしれません。

引用元:価格.com – LINE FX(LINE証券)の評判・クチコミ|FX口座比較(2020年11月16日取得)



彼はLINEの通知機能をうまく活用しているようです。通知パターンをカスタマイズすることで自分の取引方法にマッチさせられれば、さらに取引しやすくなる事も考えられそうです。

一方で1万通貨からの取引という部分には、マイナスの意見を持っていることが伺えます。確かに1万通貨の取引だと、最低でも数万円のコストがかかるため一定の損失が発生する可能性も…。近年では裁定取引単位を1,000通貨や1通貨としているところも出ているため、今後の対応に期待したいところです。

1ロッドで5000円の為に始めました!
なかなか使いやすい
初めてすぐ下落して5000円マイナスになりました。なかなか難しいです。
でも三日間は、連続勝ちになってます
すぐ利益でたら売ることにしました、でも利益が少ない
利益を確定するタイミングがほんとわらない

引用元:価格.com – LINE FX(LINE証券)の評判・クチコミ|FX口座比較(2020年11月16日取得)



彼は5,000円の新規口座開設キャンペーンに参加する目的で、LINE FXの利用を開始したようです。ただ、5,000円のマイナスになったようなので、収支はプラスマイナスでしょうか。

彼の場合はFX初心者ということで、1万通貨からの取引はあまり向いていないかもしれません。高額取引を行うと、ちょっと相場が動くだけで大きな損失を背負うことも考えられるからです。ただLINE FXであればキャンペーンで5,000円が貰えるため、多少の損失につては気にしないで良いでしょう。

以下Twitterに掲載されている口コミです。

LINE FXはスキャルピング口座としての利用に適している、との指摘です。確かにスプレッドが狭く設定されているため、1日で何十回や何百回も取引する場合はかなり有利になるかと思われます。

一方で最低取引単位が1万通貨である点については、こちらの方も問題視しています。

UIですが「ユーザーインターフェース」のことを指しています。つまりパソコンやスマホに表示される取引画面が良い、と指摘しているわけです。実際にLINE FXのスマホの取引アプリは操作性や見やすさに定評があり、評判も上々です。

目次へ戻る

LINE FXの基礎知識

LINE FXに登録する前に知っておきたい基礎知識をいくつか掲載します。口座開設に必要な書類や審査基準、デモトレードの有無などを知りたい方は必見です。

目次へ戻る

口座開設に必要なもの

本人確認書類が必要になります。

  • 個人番号カード(顔写真付きのもの)
  • マイナンバー通知カード+運転免許証
  • マイナンバー記載の住民票の写し+運転免許証

以下のうち、いずれかの提出を行ってください。住民票の写し、住民票記載事項証明書(マイナンバー入り)は発行日から6ヶ月以内のものが有効とされます。

各書類の提出については、LINEアプリから画像アップロードで行なえます。ブレや明るさが足りないなどがあると認められない可能性もあるため、確認した上で送信してください(再提出を要請されることも)。

目次へ戻る

審査基準

日本国内の居住しており、20歳以上70歳以下で日本国籍を持っていることが最低条件です。他社では必要金融資産額を明確にしているところもありますが、LINE FXでは指定されていないためよく分かっていません。

ただ最短即日の口座開設もできるため、それほど審査難易度は高くないと考えられます。

目次へ戻る

デモトレード対応

残念ながらデモトレードには対応していません。

どうしてもデモトレードを利用したいのであれば、対応している会社の口座開設もして利用しましょう。

目次へ戻る

最大レバレッジ

25倍に設定されています。

1米ドルが100円の場合だと、最低取引単位が1万通貨であるため、その25分の1である4万円が最低でも証拠金として必要になります。ただレバレッジが高い状態で取引を行うと早い段階でロスカットされる恐れもあるので注意してください。

目次へ戻る

入金に関して

無料で入金できます。ただLINE PAYを使っての入金はできないので、LINEポイントは使用できません

入金方法には、クイック入金と銀行振込が用意されています。

クイック入金の場合は、提携金融機関のインターネットバンキングから即時入金してもらえます。入金画面で利用する金融機関を選択して金額等を設定するだけです。

銀行振込は、すべての銀行からあなたの専用入金口座へ振り込みしてくれるものです。店頭やATMからの入金も可能ですよ。

目次へ戻る

出金に関して

無料で出金できます。

出金はFXアプリまたはログイン後のLINE FXのサイトから行えます。営業日の15時までに受け付けた出金の依頼は、翌営業日に振り込まれる設定となります。

出金するためには、あらかじめ出勤口座を設定しておかなければなりません。初回出金の前に、まずはLINEアプリ内のメニューから「出金口座の設定」を選択し手続きをしてください。

出金手続きは、LINE FX専用アプリとLINE FXウェブサイトによって若干異なります。

目次へ戻る

取引時間

通常時は、月曜日は午前7時から翌日午前6時50分までで、火曜日から金曜日までは午前7時10分から翌日午前6時50分までです。

サマータイム適用期間(3月第2日曜日から11月第1日曜日)は、月曜日は午前7時から翌日午後5時50分までで、火曜日から金曜日は午前6時10分から翌日午前5時50分までです。

この他に、臨時メンテナンスが実施されることがあり、その時間帯は取引できません。メンテナンスに関しては、あらかじめLINEでお知らせされるので安心してください。

目次へ戻る

取引手数料

取引手数料はかかりません。口座維持手数料の不要です。

目次へ戻る

自動売買対応

対応していません。

目次へ戻る