暮らしの達人 > FX > MT4 > MacでMT4(メタトレーダー4)を使う3つの方法を解説!実は無料のものや、VPSなど難しい設定なしで利用できるものなどもあります

MacでMT4(メタトレーダー4)を使う3つの方法を解説!実は無料のものや、VPSなど難しい設定なしで利用できるものなどもあります

作成年月日 : 2019/08/16

世界で最も使われているFXトレードソフトはMT4(MetaTrader4)ですが、MT4はもともとWindows専用に開発されています。Macを使っている人は、日本国内FX業者が用意しているMT4を使用ができないという理由から、Macユーザーの多くは、MT4がプラットフォームではない国内FX業者を選択している人が多いと思います。

実はMacでもMT4を使用する方法が存在します。今回の記事では、Macを普段使っているユーザーでMT4を使用したい人向けに、MacでもMT4を使うことができる方法を解説します。

MacでMT4を使うための3つの方法

MT4はWindows専用のソフトですが、MacでMT4を使うには下記の3つの方法があります。

  • FXTF(web版MT4)などのWeb上で使えるMT4を利用する
  • お名前.comなどのVPS(クラウド上のWindows)にMT4をインストールして利用する
  • Forex.comのホスティングサービスを利用する
  • Bootcampなどの仮想Windows環境を用意する

それぞれ導入ハードルが低い順に解説していきます。なお、BootcampについてはWindowsOSを用意しなければならないのと、導入が難しいので省きます。

【無料】MacでMT4を使う方法その1:FXTFなどのWeb版MT4を利用する

Webのみでの利用になってしまいますが、国内FX業者でFXTFだけがMacで取引可能なWeb版MT4を提供しています。Macユーザーにとってこの方法が最もお手軽な方法です。以下にメリット・デメリットを記載します。

【メリット】
口座開設をすれば無料で使える
直感的に操作が可能
インストール不要で取引可能
Web上のため、Macに負担がそこまでかからない
MT4のバージョンが自動アップデートされる
【デメリット】
オリジナルインジケーターを入れることができない
自動売買EAは入れることができない
FXTFでしか利用することができない
インジケーターの色設定は変更ができない

オリジナルのインジケーターや自動売買EAを導入することができませんが、通常のインジケーターしか利用しない人にとってはFXTFのWeb版MT4で十分です。

FXTFはキャッシュバックキャンペーンを行っています。初めて口座開設をして取引される人で最大21,000円のキャッシュバックがあるので、この機会に口座開設をしてみてください。

FXTFの口座を開設する

【有料】MacでMT4を使う方法その2:お名前.comなどのVPSを利用する

次におすすめする方法は「VPSというクラウド上のWindows Serverを使う方法」になります。VPSとは「クラウド上でのWindowsのデスクトップ」のことで、Virtual Private Serverの略されます。クラウド上のWindowsのデスクトップにMT4をインストールしておけば、MacでもWindowsの環境でMT4を使用することができるのでおすすめです。

以下にメリット・デメリットを記載します。

【メリット】
オリジナルのインジケーターを導入できる
自動売買EAでの取引が可能
MT4での取引に対応しているすべての国内FX業者で利用可能
リモートアクセスができる
有事の際(停電や災害)にも強い
【デメリット】
VPS導入の費用がどうしてもかかる
VPSの動作が重いときには再起動が必要
取引するためにはMac専用のアプリを使ってアクセスしなければならない(後述します)

どうしても費用がかかってしまうのがネックですが、Macの電源が入ってなくともMT4を稼働させ続けることができるので、VPS上にMT4を入れておけば停電時でも安心です。VPS上にMT4を入れておくことにより、インジケーターの売買サインをメールに飛ばしたり、EA(エキスパートアドバイザー)をセットすれば自動売買を行うことが可能になります。

主なWindowsサーバー用のVPSサービス提供会社

日本国内でVPSのサービス展開をしている会社は以下の4つになります。

大量のMT4をVPS上で動かすのであれば、メモリが大きいプランを選択すべきですが、3つ以下のMT4を動かす程度であれば、1GBのプランで十分です。VPSの費用ですが、メモリ1GBのプランで約2000円〜というところが多いです。これといって差はないので、お気に入りの会社で契約しましょう。

【無料】MacでMT4を使う方法その3:Forex.comのEAホスティングサービスを利用する

Forex.comでは世界でVPS提供実績のあるBeeks Financial Cloudと提携し、口座開設者限定でEAホスティングサービスを展開しています。このサービスを使えば条件付きになりますが、無料でVPSを利用することが可能になります。

【VPSを無料で利用する条件】
申請時点でForex.comの口座に30万円以上の残高があること
1ヶ月の取引量が往復50万通貨以上であること

→50万通貨以上の場合は翌月も無料利用可能
→50万通貨未満の場合は事前連絡の上、VPSが停止される

BeeksのVPSはメモリが2GBあるのでサクサク動きます。月間で50万通貨以上の注文〜決済をしなければならないのが少しハードルが高いですが、Forex.comなら無料でVPSを利用できるので非常におすすめです。

Forex.comの口座を開設する

MacでVPSにアクセスするためには専用のアプリを使う

WindowsではアプリがなくてもリモートデスクトップでVPSのアクセスができますが、Macで有料のVPSやForex.comの条件付き無料のVPSを使う場合は、Mac専用のアプリが必要になります。Macでは「Microsoft Remote Desktop」というアプリが必要になるのでインストールしておきましょう。

Microsoft Remote Desktop 10をダウンロードする

VPSごとに接続情報が付与されますが、以下のように複数のVPSも管理することができます。

Microsoft Remote Desktop 10のスクリーンショット

Microsoft Remote DesktopはMacユーザーでVPSを使用したい人にとっては必ず必要なアプリなので必ずMacにインストールしておきましょう。

MacでもMT4を使ってトレードしよう!

Macユーザーでも可能なMT4の利用方法についてまとめてみました。MT4はWindows専用ツールなので完璧に同じ使い方ができませんが、条件付きでMacでもMT4を使うことが可能です。

  • お手軽にWeb版MT4を使いたい人→FXTF(費用なし、カスタム性が低い)
  • 自動売買EAやオリジナルインジケーターを使用したい人→お名前.comなどのVPSサービス(費用あり、カスタム性が高い)
  • VPSを条件付き無料で抑えたい人→Forex.com(条件付きで費用なし、カスタム性が高い)

どれも一長一短ありますが、ただトレードをするだけであればFXTFで問題ありません。EAやオリジナルインジケーターを使用したい場合は、VPSサービスかForex.comを選択しましょう。

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

レバレッジ比較 取引手数料比較 通貨ペアで比較 DMM FX トルコリラ 南アフリカランド