暮らしの達人 > FX > MT4 > FX自動売買を提供しているFX業者の特徴をランキング形式で解説

FX自動売買を提供しているFX業者の特徴をランキング形式で解説

作成年月日 : 2019/07/31

FXのトレードには自身でトレードを行う「裁量トレード」、システムに任せる「自動売買」の2種類あります。PC環境やスマホアプリが進化し、兼業トレーダーも気軽にトレードができる時代になっていますが、仕事が忙しくてなかなか時間が取れない、と悩みを持っている人もいるかもしれません。

そのような多忙な人に向けて、いま「自動売買」が注目を浴びています。自動売買はトレーダーの代わりにシステムが売買してくれるので、忙しい人はもちろんFX初心者でも気軽にトレードができるようになりました。

自動売買でも利益を出すことができるの?と疑問を持つ人もいるかもしれませんが、正しく運用すればプラスにすることは可能です。むしろ裁量トレードをしなくとも、自動売買をうまく選定するだけで利益を上げ続けている人が存在しています。

今でこそ注目されている自動売買ですが、以前はFX業者が提供する自動売買サービスはあまりありませんでした。しかしながら、各FX業者が自動売買のサービスの開発に力を入れ始め、現在ではそれぞれ独自性のあるサービスを展開するまでに至っています。

今回の記事では、FX自動売買を検討している人向けに、FXの自動売買のメリットとデメリットの紹介、自動売買サービスを提供するFX業者についてランキング形式で解説していきます。

FX自動売買の種類とメリット・デメリット

ひとえに自動売買といっても、FXの自動売買に様々な種類があります。代表的な自動売買の種類を以下に記載してみました。

  • FX業者独自のリピート系システム
  • 成績の良いトレーダーや自動売買システムを自身で選択するタイプ
  • FX業者があらかじめ用意したエキスパートアドバイザー(EA)を選択して利用する
  • EAを自身で用意し、MT4にセットアップする

リピート系システムとは?

リピート系システムとは、いわゆるナンピン系のロジックを利用している自動売買のことです。ナンピンは取引手法の一種で、ナンピン買い・ナンピン売りという手法があるのを覚えておきましょう。

ナンピン買いは、買いポジションを持っている状態で価格下落が発生した場合、さらに買い増しを行い、平均取得単価を下げる方法です。例えば、ドル円の現在価格が110円だとして、110円で買いポジションを持ちましたが、価格が逆行し109.5円まで下がって、その時に買い増し(買いポジションを増やす)ます。そうすると以下の平均取得単価になることがわかります。

110円+109.5円÷2ポジション=109.75円の平均取得単価

その一方で、ナンピン売りは、売りポジションを持っている状態で価格下落が発生した場合、さらに売り増しを行い、平均取得単価を下げる方法になります。買いナンピンの逆バージョンと理解すればわかりやすいかと思います。

ナンピン売買の概要

ナンピンを行うと、平均取得単価が下がるため、少しの値戻しで損失分を回避することができ、さらに利益を大きく出すことが可能になります。しかし、その半面、価格が逆行した場合はよりマイナスを増やしてしまう可能性もあることは忘れないようにしましょう。

また、ナンピンはスワップ金利もあるので注意が必要です。ポジションを持った営業日内で決済ができればスワップ金利は発生しませんが、翌日以降もポジションを持ってしまった場合はスワップ金利が付与されます。例えば、ドル円の場合、買いポジションはプラススワップ(利益の金利)、売りポジションはマイナススワップ(損失の金利)が付与されるので各通貨ペアのスワップポイントは覚えておいたほうが良いでしょう。

うまくナンピンができれば良いですが、ルールを決めておかないと思いがけない損失が生まれてしまうのもナンピンです。相場格言には「下手なナンピン、素寒貧(すかんぴん)」という言葉もあるくらい、下手なナンピンを打ってはいけないということがわかるかと思います。

リピート系自動売買が強い相場は?

リピート系自動売買の強い相場は、レンジ相場です。レンジ相場はある程度の価格レンジ(範囲)の中で行き来するのでロング(買い)でもショート(売り)でも利益を積み増ししやすいです。その半面、トレンドが強い相場には弱くなるので注意しましょう。

FX自動売買のメリット・デメリット

FX自動売買にはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。私が考えるそれぞれのメリット・デメリットを以下に記載してみました。

FX自動売買のメリット
24時間稼働してくれるのでパソコンやスマホにずっと張り付かなくて良い
自動取引のため感情やメンタルを排除したトレードが可能
資金管理さえできればテクニカル分析の知識がなくても利益を出すことが可能
国内FX業者の場合は口座に入金さえすれば始めることができる自動売買サービスが充実
FX自動売買のデメリット
要人発言や経済指標のようなファンダメンタルで動く相場に弱い
エントリーから決済まですべて自動で行うためFXトレードのスキルは身につかない
自動売買のロジックによって弱い相場がある(トレンド相場に強いかレンジ相場強いか)
国内FX業者が無料提供する自動売買サービスでは、裁量トレードよりもスプレッドと手数料が高くなる

デメリットがあるとはいえ、自動売買を行うことによって時間の確保ができるというメリットが最も大きいかと思います。資金管理を徹底すれば利益を積み増しできるのも魅力的です。

FX自動売買を提供しているFX業者を紹介

各社によりFX自動売買の特色が違います。各社とも面白いサービスを展開していますが、独断と偏見でFX自動売買を提供しているFX業者をランキング形式で紹介していきます。

1位.インヴァスト証券:シストレ24

  • タイプ:システム選択型
  • スプレッド:あり(スプレッドは高めに設定されている 例:USDJPY→3.6pips)
  • 手数料:なし

シストレ24は業界内でも評価の高いインヴァスト証券が提供しています。シストレ24の最大の特徴は、無料で6000種類以上のストラテジーを選択できるところです。ストラテジーを選択するだけで取引を行うことが可能になるので自動売買初心者にもわかりやすいと好評です。

他のトレーダーで優秀な成績を出している設定をシェアできる「俺のフルオート」機能や、優秀なストラテジーをランキング形式で見ることが可能なため、あなたに合った設定ができること間違いなしです。

FX自動売買最大手のシストレ24 | インヴァスト証券

引用元:FX自動売買最大手のシストレ24 | インヴァスト証券(2019年7月31日取得)

そして、成績や設定をスマホでもチェックしやすいのもありがたいです。

9月30日までに新規口座を開設すると最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンもあるので、ぜひおすすめします。

インヴァスト証券に申し込む

2位.外為オンライン:iサイクル2取引

  • タイプ:リピート系
  • スプレッド:あり(スプレッドは通常の取引のスプレッドと同じになるので狭め)
  • 手数料:あり(1万通貨→往復で400円、1,000通貨→往復で40円)

外為オンラインでも「iサイクル2取引」というリピート系自動売買のサービスを提供しています。iサイクル2取引の強みは、リピート系自動売買の弱みであった「トレンド相場」に対応する機能があることです。トレンド転換をシステムが自動で判断し、上昇トレンドの場合は「買いポジション」、下降トレンドの場合は「売りポジション」に切り替える機能が搭載されています。

[24時間、あなたに代わって賢くトレード。]iサイクル2取引™・サイクル2取引™|外為オンライン

引用元:[24時間、あなたに代わって賢くトレード。]iサイクル2取引™・サイクル2取引™|外為オンライン(2019年7月31日取得)

無料セミナーも全国で開催されているので、サポート体制も充実しているといえます。

新規口座開設者に向け口座開設完了から90日間は取引手数料が無料という太っ腹なキャンペーンを行っています。この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

外為オンラインに申し込む

3位.FXブロードネット:トラッキングトレード

  • タイプ:リピート系
  • スプレッド:あり(スプレッドは通常の取引のスプレッドと同じになるので狭め)
  • 手数料:あり(1万通貨→往復で400円、1,000通貨→往復で40円)

FXブロードネットが提供するトラッキングトレードは、リピート系の自動売買を行います。ポジションを持つ価格帯を決めて、「指値で買いポジションを持つ→決済」というのを繰り返すことにより、利益をコツコツ積み重ねていきます。(設定で売りポジションを持つことも可能です)

詳しくは以下の動画をご覧いただけると理解が深まるかと思います。

【FXブロードネット】自動で簡単!トラッキングトレード | YouTube

トラッキングトレードは他社の自動売買と違い、デモ体験が可能です。いきなり自動売買で取引するのが怖い人はデモ版で体験してから取引してもOKです。

ただいま往復手数料が半額になるキャンペーン中を行っているので、リピート系でコツコツトレードしてみたい人はFXブロードネットのトラッキングトレードはおすすめです。

FXブロードネットに申し込む

番外編①Forex Exchange:俺のEA

  • タイプ:MT4 EA選択型
  • スプレッド:あり(スプレッドは通常の取引のスプレッドと同じになるので狭め)
  • 手数料:あり(使用手数料は3円〜5円/1,000通貨)

有料販売されているEAを無料で利用してみたい、そのようなFX業者といえばForex Exchangeです。Forex Exchangeは俺のEAというサービスを展開しています。

Gogo Jungleで販売されている厳選された15種類のEA+19種類(2019年7月27日より追加)の計34種類のEAが使用可能、といった一風変わったサービスです。

ポジション

ポジション

画像引用元:EA紹介 | MT4でFXを始めるならFOREX EXCHANGE(2019年7月30日取得)

EAの自動売買の場合はVPSの別途契約が必要になるので、ここでは番外編とさせていただきましたが、「Gogo Jungleで販売されているEAを色々試してみたい」という人はForex Exchangeがおすすめです。

Forex Exchangeに申し込む

番外編②エキサイトワン:Macaso

  • タイプ:MT4 EA選択型
  • スプレッド:あり(スプレッドは高めに設定 例:USDJPY→3.0pips以上)
  • 手数料:なし

Macasoはエキサイトワンが提供する新しいサービスです。マカソムリエの中から成績の良いトレーダーのコピートレードを行うという独自のサービスです。マカソムリエとは、世界中の3万超のトレーダーやシステムの中から厳選された約100人のトレーダーのことです。優秀なトレーダーのコピートレードを自動的に行うという海外での手法を日本国内に合わせたサービスになります。

マカソムリエのページに飛ぶとマカソムリエの実際のトレードの成績を見ることができるので、あなたにあったマカソムリエを見つけるのも面白いでしょう。

macaso

引用元:macaso(2019年7月31日取得)

またMacasoではデモ口座での体験もできるので、デモ口座で試してから実際のトレードをしてみるのもありなのではないでしょうか。ここでは新しいサービスのため番外編にさせていただきましたが、Macasoの将来性と独自性から目が離せません。

エキサイトワンに申し込む

まとめ

FX自動売買についてまとめてみました。FX自動売買にはリピート系やシステムを選択するタイプ、EAを設定するタイプ、コピートレードなどあるので、色々な自動売買を試してみることをおすすめします。

自動売買で利益を出すためには、資金管理を徹底することとそれぞれの自動売買の特性を理解することも必要です。トレンドに強いのか、それとも、レンジ相場に強い自動売買なのか、という特徴も把握をするようにしましょう。

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

レバレッジ比較 取引手数料比較 通貨ペアで比較 DMM FX トルコリラ 南アフリカランド