暮らしの達人 > 格安SIM > ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説

ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説

作成年月日 : 2020/09/17

ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説

個人信用情報に問題がある人のことを、「ブラックリストに載った」と呼び、それを縮めて「ブラック」と言い表すことがあります。

ブラックの人はクレジットカードやキャッシングの審査に通ることが難しくなってしまいます。そしてさらに注意したいのが分割契約です。スマートフォンなどを分割契約する際、個人信用情報を審査します。したがってブラックの人だと、分割契約の審査で問題ありとなり、審査に落とされてしまうことがあります

しかし、実はブラックの人でも携帯を分割契約する方法がありますので、紹介していきます。

結論:ブラックでも10万円以下のスマホなら分割契約できる可能性あり

結論から言うと、ブラックの人でも本体代が10万円以下の商品なら分割契約できる可能性があります。

実際に、日本政府広報オンラインでは割賦販売法の例外措置を解説しています。

消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

画像引用元:消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン(2020年9月17日取得)

この通り、10万円以下の商品であれば割賦販売法の例外となり、個人信用情報の審査が省略されます。そのため、ブラックでも審査に通る可能性があると言えるのです。

ただし、これはあくまでも審査の義務の例外となるだけであり、結局のところ任意で審査が行われる可能性はあります。必ずしも「10万円以下のスマホなら審査が行われなくなる」というわけではないのでご注意ください。

目次へ戻る

ブラックでも契約できる携帯会社

また、ブラックの人の場合はクレジットカードを持つことができないと思います。そのため、携帯会社と契約する際には「クレジットカードがない」ことがネックになることもあります。

そんな人におすすめなのが、クレイットカード以外で支払い可能な携帯会社です。ここで紹介している2社ならクレジットカードなしで契約することが可能なので、クレカを持てないブラックの人でも契約することが可能です。

目次へ戻る

楽天モバイル:デビットカードや口座振替で契約可能!さらに1年間料金無料

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

楽天モバイルは銀行口座振替または、楽天銀行デビットカードもしくはスルガ銀行デビットカードでの支払いが可能です。

クレジットカード以外で支払い可能な格安SIM一覧

会社名 デビットカード 口座振替 目安料金プラン(税別) 縛り
可否 手数料
楽天モバイル
楽天モバイル
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
100円 2,980円/無制限※1
1年間無料
なし
UQモバイル
UQモバイル
※2 なし 1,980円/3GB なし
LINEモバイル
LINEモバイル
LINE Payカードのみ※3 × - 1,480円/3GB なし
mineo
mineo
× - 1,600円/3GB※4 なし
ロケットモバイル
ロケットモバイル
× - 1,400円/3GB※4 1年(違約金9,500円)
ワイモバイル
ワイモバイル
× ※5 なし 2,680円/3GB なし

※1:パートナーエリアでは月5GBまで。
※2:新規契約の場合、ショップ店頭でのみ手続き可能です(MNPの場合はオンライン上から手続き可能)。
※3:LINE Payカードは正式には、事前にチャージして使うタイプのプリペイドカードです。
※4:Dプランの料金です。
※5:ショップ店頭でのみ手続き可能です。

スマホを購入した際にも、代引きで支払うことができるので、クレジットカードを持っていない人でも問題なく契約することが可能です。

それだけでなく、楽天モバイルは先着300万名までに限り、通常2,980円(税別)の携帯料金が1年間の携帯料金が無料というとんでもないキャンペーンを開催しています。

また、Rakuten Linkと呼ばれるアプリを利用し、そちらから通話することで通話料金が無料になります。月々の料金も、通話料金も無料になるため、携帯料金の大幅な節約が期待できます。今最もおすすめする携帯会社です。

月々のデータ通信量は5GBまでです。ただし、楽天回線エリアと呼ばれる一部エリア内では無制限に通信可能です。

一方で注意したいのが、楽天モバイルで使えるスマホには制限があることです。例えSIMフリーの機種であっても、楽天モバイルに対応していなければ使うことができません

楽天回線対応製品 | 製品 | 楽天モバイル

したがって、新しいスマホを購入して利用することになります。Galaxy A7、AQUOS sense3 lite、OPPO A5 2020あたりは2万円前後で購入することができ、さらに簡単な条件をクリアすれば楽天ポイントがもらえるキャンペーンもあるので、価格を抑えたい人はこれらのスマホを契約することをおすすめします。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • クレジットカードなしでも契約が可能
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは銀行口座・デビットカードでの支払いに対応しているので、携帯ブラックの人でも契約が可能。しかも今なら1年間の携帯料金が無料。携帯料金を大幅に節約できるので今イチオシの携帯会社だ。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大26,300円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと6,300ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

LINEモバイル:5分で作れるLINE Payプリペイドカードで引き落とし可能!

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

LINEモバイルはLINE Payプリペイドカードというもので支払うことができます。このプリペイドカードはLINEアプリ上から5分程度で発行することが可能です。カードを発行するとアプリ内でカード番号などの情報が生成されるので、その情報を携帯契約の際に入力することで、LINE Payプリペイドカードを支払先に登録することができます。

プリペイドカードなのでSuicaのように事前にチャージする必要があります。同じくアプリ上から、銀行振り込みでのチャージして使用することができます。毎月利用金額分をチャージするので手間はかかりますが、疑似的に銀行引き落としできるのでクレジットカードを持てない人にもおすすめします。

また、LINEモバイルは先に紹介した楽天モバイルとは異なり、基本的にはいずれのスマートフォンでも利用することができます。特にドコモ、au、ソフトバンクの全ての回線を扱っているので、例えばドコモで契約したSIMロックがかかっているスマホでも、ドコモ回線で契約することで問題なく利用することができます。

料金、回線速度のバランスも良く、低価格高品質です。

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

主要格安SIMの通信速度比較(10/3-10/9の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
14.3Mbps 12.9Mbps 14.9Mbps 15.0Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
7.1Mbps 1.4Mbps 6.1Mbps 8.9Mbps
mineo
mineo(ドコモ回線)
5.2Mbps 1.1Mbps 2.7Mbps 5.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
6.1Mbps 1.2Mbps 2.2Mbps 4.7Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
4.0Mbps 8.4Mbps 5.2Mbps 4.7Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
5.0Mbps 1.2Mbps 2.4Mbps 4.7Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
6.8Mbps 3.0Mbps 9.0Mbps 6.7Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

楽天モバイルにピンとこなかった人は、LINEモバイルを契約すると良いでしょう。

LINEモバイル
  • LINEアプリから即時発行できるプリペイドカードでの支払いが可能
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

対象のプリペイドカードでの支払いが可能なので、クレジットカードが不要。また、料金が他社よりも安く、通信速度は他社よりも速め。コストパフォーマンスが高いので、今後長く使っていきたい人におすすめ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

お申込み

目次へ戻る

信用情報に傷があるブラックの人でも携帯は持てる!

以上の通り、携帯電話は個人信用情報に問題があるブラックの人でも契約することが可能ですし、分割契約できる可能性もあります。

もしも分割契約の審査が通らなかった場合は、会社を替えてみるか、もしくは残念ながら一括払いするしかないでしょう。

また、携帯会社の審査に落ちるには別の要因もあります。もしも審査になかなか通らなければ、以下の記事で解説している内容もご確認ください。

目次へ戻る

関連記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線