暮らしの達人 > 格安SIM > 携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説

携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説

作成年月日 : 2020/05/14

携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説

携帯ブラックにも色々な種類(理由)があります。

  • クレジットカード料金の滞納や自己破産など金融事故を起こしてブラック入り
  • 携帯料金(通信料金)の未納が続いてブラック入り
  • スマホ本体の分割料金の未納が続いてブラック入り

このようにブラック入りする理由はそれぞれです。ただ、以上の理由で携帯ブラックになっている人も、格安SIMを契約できる可能性があります

この記事ではまず格安SIMの審査の仕組みを解説し、その上で携帯ブラックの人が格安SIMと契約する方法や注意点を解説していきます。

【この記事の内容まとめ】

  • 携帯ブラックの人が審査に落ちる理由は「携帯料金未納経験あり」と「個人信用情報に問題あり」の2点が主な要素だと考えられる
  • 「携帯料金未納経験あり」はTCAなどの組織によって情報が共有されているので、回避するのが難しい
  • 「個人信用情報に問題あり」はスマホを一括購入すれば信用情報を確認されることがないので回避できる
  • 以上の通り、携帯ブラックでも審査に通る可能性は高いと考えられる
  • 料金未納経験ありなら、今すぐ完済するか、解約から5年経過するのを待つ。もしくはダメ元でリンクスメイトに申し込む
  • 個人信用情報に問題ありなら、楽天モバイルでスマホの一括購入のうえ口座振り替えで支払うのがおすすめ

格安SIMにおける審査内容はあくまでも非公開です。そのためあくまで推測のうえでの解説ということをご留意ください。

結論:携帯ブラックでも格安SIMを契約できる可能性はある

結論から言うと、例え過去にクレジットカードを滞納してクレジットカードが作れなくなってしまったような人でも、格安SIMとの契約は可能である可能性はあると思われます。あくまでも推測になるので、必ずしも審査に通るとは言い切れませんが…。

いずれにしても、普通に申し込むだけでは難しいでしょう。携帯ブラックの人が審査に通るためには気をつけておきたいポイントがいくつか存在します。そのためまずは格安SIMとの契約で行われる審査について解説していきます。

目次へ戻る

格安SIMの契約で行われる審査

格安SIMでは主に2種類の審査が行われます。

  • SIM契約の審査:携帯会社と契約するときに行われる審査
  • スマホ本体分割契約の審査:スマホを分割契約した時のみ行われる審査

それぞれ詳しく見ていきます。

目次へ戻る

SIM契約の審査

SIMカード

まずは携帯会社が「この人に電話回線やネット回線を提供しても大丈夫かな?」という審査を行います。

この審査では、過去に虚偽の内容で申し込んだかどうか、過去に短期解約を繰り返した経験があるかどうか、そして携帯料金を長期間滞納した履歴がないかなどの審査を行うと考えられます。

特に最後の携帯料金の滞納については、TCA(電気通信事業者協会)やTELESA(テレコムサービス協会)という組織によって管理されていて、異なる携帯会社間で情報が共有されています

そのため例えばauで長期滞納して強制解約された人が、会社を変えてLINEモバイルに申し込んだ場合でも審査に落とされてしまいます

目次へ戻る

スマホ本体割賦契約の審査

iPhone7

もう1つの審査が、スマホ本体を分割購入するときに行われる審査です。

スマホの分割購入は信用購入と呼ばれて、信用購入ではその人の個人信用情報の確認が必要になります

個人信用情報は前述のTCAのようにCIC、JICC、全国銀行教会の3つの組織がそれぞれ管理していて、加盟会社の間で相互に情報の確認が可能です。

これらの組織は割賦販売だけでなく、消費者ローンやクレジットカードなど様々な業種の信用情報を管理しています

そのため、例えばクレジットカードの長期滞納履歴がある人は、携帯会社には迷惑をかけていないのに審査に落とされる、ということがあります。

なお、この審査は10万円を超える商品を割賦契約した時のみ行うことが義務付けられています。10万円以下の商品なら分割購入でも個人信用情報の参照手続きを省く場合があります。

目次へ戻る

携帯ブラックでも格安SIMと契約する方法

ここまでをまとめると、携帯ブラックの中でも「携帯代未払いによってTCAなどに問題がある人」「金融事故によってCICなどに問題がある人」の2種類に分類でき、格安SIMの審査ではそれぞれを確認して可否が決まると考えられます。

したがって、自分がどういう原因で携帯ブラックなのかがわかれば、対策することができます。ここからは審査対策についてまとめていきます。

TCAなどに問題がある人の審査対策
未納料金を完済する
強制解約から5年経過するのを待つ
TCAなどに加盟していないMVNOに申し込む
CICに問題がある人の審査対策
スマホを一括購入する
SIMカードのみで契約する

原因がわからない人は、全ての条件を満たすことで審査に通る確率が高まるでしょう。

目次へ戻る

未払い料金を完済する

現行で未払いが続いている人は、TCAやTELESAにその履歴が共有されるので、それぞれに加盟している格安SIM会社の審査に通ることができません

そのため、未払い分を完済するのが一番です。それが難しい場合は、5年経てば情報が自動的に消えるため、それだけ待ちましょう。

目次へ戻る

本体代を一括払いする

割賦契約の審査はスマホ料金を分割払いにすることで行われます。そのため、一括購入すれば割賦契約の審査自体が行われません

もしもクレジットカードの不払い経験や自己破産履歴などがある人は、スマホを一括購入することをおすすめします。

目次へ戻る

SIMカードのみで契約する

SIMカードのみを購入することで、本体代の一括購入と同じく割賦購入の審査を回避することができます

例えばスマホ自体は中古のものや、Amazon等で販売されているSIMフリー機種を購入し、格安SIMではSIMカードのみを契約する、といった方法が有効です。

目次へ戻る

格安SIMはクレジットカードなしでも契約可能

クレジットカード利用不可

直接審査とは関係ありませんが、格安SIMはその多くが契約にあたってクレジットカードが必要になります。

しかし携帯ブラックの人の中には、過去の金融事故によってクレジットカードを持つことができない、という人もいると思います。

そのような人は、楽天モバイルなど口座振替やデビットカードなどに対応していて、クレジットカードなしで契約できる会社に申し込みましょう。

目次へ戻る

携帯ブラックでも契約できる可能性がある格安SIM

携帯ブラックの人におすすめするのは、リンクスメイト楽天モバイルの2社です。

  • リンクスメイト:TCA、TELESAともに非加盟なので、過去に他社で滞納経験がある人でも審査に通る可能性がある
  • 楽天モバイル:口座振替やデビットカードでの支払いが可能なので、クレジットカードがなくても契約できる

それぞれ紹介していきましょう。

目次へ戻る

リンクスメイト:TCA、TELESA非加盟で滞納による携帯ブラックでも契約できる可能性あり

料金プラン|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

画像引用元:プラン・料金 | リンクスメイト -LinksMate-(2020年1月17日取得)

まずリンクスメイトを運営している株式会社LogicLinks(ロジックリンクス)はTCAにもTELESAにも加盟していないので、他社で滞納経験がある人でもリンクスメイトでは情報共有されません。

もしも過去にリンクスメイトで滞納した、短期解約を行った、などリンクスメイトに直接迷惑をかけた履歴がなければ審査に通る可能性があるでしょう。

スマホもHUAWEI P20 liteならば17,800円(税別)で購入できます。なお、リンクスメイトではそもそも分割払いができません。

もちろん必ずしも携帯ブラックでも審査に通るとは言い切れませんが、検討してみる価値はありそうです。

リンクスメイト
  • 月額500円(税別)の「カウントフリーオプション」追加でYouTubeや各種ゲームアプリの通信量が9割削減
  • ゲーム連携で、対象ゲームで使える特典が入手可能
  • データ容量に応じた33種類の料金プランあり
回線種類 ドコモ
縛り なし

リンクスメイトはTCAやTELESAに非加入であり、他社の情報が共有されない可能性あり。

お申込み

目次へ戻る

楽天モバイル:クレカ不要!口座振替やデビットカードで契約可能

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

楽天モバイルはTCAに加盟しているため、他社で滞納経験がある人が審査に通るのは難しいでしょう。

しかし金融事故によって個人信用情報に傷がある人なら、楽天モバイルをおすすめします。

その理由は前述の通り、スマホを一括払いするなら個人信用情報を確認されないことに加えて、楽天モバイルなら口座振替またはデビットカードで支払うことが可能だからです。

クレジットカード以外で支払い可能な格安SIM一覧

会社名 デビットカード 口座振替 目安料金プラン(税別) 縛り
可否 手数料
楽天モバイル
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
100円 2,980円/無制限※1
1年間無料
なし
UQモバイル ※2 なし 1,980円/3GB なし
LINEモバイル LINE Payカードのみ※3 × - 1,480円/3GB なし
mineo × - 1,600円/3GB※4 なし
ロケットモバイル × - 1,400円/3GB※4 1年(違約金9,500円)
ワイモバイル × ※5 なし 2,680円/3GB なし

※1:パートナーエリアでは月5GBまで。
※2:新規契約の場合、ショップ店頭でのみ手続き可能です(MNPの場合はオンライン上から手続き可能)。
※3:LINE Payカードは正式には、事前にチャージして使うタイプのプリペイドカードです。
※4:Dプランの料金です。
※5:ショップ店頭でのみ手続き可能です。

また、楽天モバイルはなんと1年間の料金が無料です。2年目から2,980円(税別)がかかりますが、縛りもないので、有料化する前に解約することも可能です。解約手数料もかかりません。

楽天モバイルの場合残念なのが、楽天回線に対応しているスマホでないと利用できないことです。楽天モバイルで販売されているスマホを見ると、最も安いものでもRakuten Miniの19,819円(税別)です。

ただし、スマホ購入代は口座振替やデビットカードでの支払いができず、代引きとなるのでご注意ください。

今楽天モバイルと契約すると、6,300円分の楽天ポイント+最大15,000円分の楽天ポイントももらえるので、実質的な負担額は下がります。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!
回線種類 楽天
縛り なし

2020年4月8日に楽天モバイルが格安SIMからキャリアにリニューアル!先着300万名には1年間料金無料という超絶お得なキャンペーン開催中。2年目からは2,980円(税別)。楽天回線エリア内なら無制限で通信可能(その他エリアは月5GB)

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大20,800ポイント還元!

  1. 開通日の翌月末までに、Rakuten Linkの利用登録とSMS認証が完了で6,300ポイント還元
  2. 楽天回線対応スマホの購入で最大14,500ポイント還元
お申込み

目次へ戻る

まとめ:携帯ブラックの人が格安SIMを契約する方法まとめ

以上の通り、携帯ブラックの人でも格安SIMを契約できる可能性はあると考えられます。最後に、審査通過の可能性を上げる方法をまとめておきます。

  • 携帯料金の滞納経験がある人は、完済するか解約から5年経過してから申し込む
  • 個人信用情報に問題がある人は、スマホの分割契約をしない
  • クレジットカードが持てない人は、クレカなしで契約可能な会社に申し込む

これらを踏まえて格安SIMにお申し込みください。

目次へ戻る

関連記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線