暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIM比較 > 【デメリット紹介】ドコモから格安SIMへの乗り換え前に読んでほしい記事

【デメリット紹介】ドコモから格安SIMへの乗り換え前に読んでほしい記事

更新年月日 : 2021/10/11

NTTドコモ ホーム

画像引用元:NTTドコモ ホーム(2021年10月11日取得)

ドコモから格安SIMに乗り換えることで、月々のスマホ料金を大幅に節約できます。ただし、格安SIMに乗り換えることでいくつかのデメリットもあります。特にこれから初めて格安SIMに乗り換える、という人に向けて注意点を紹介していきます。

おすすめ携帯会社3選

データ無制限+通話無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天回線エリア内ならデータ使用量が無制限でどれだけ使っても3,278円。さらにRakuten Linkからの発信で通話料無料。スマホとのセット契約で大量の楽天ポイントがもらえる

申込み

審査なしでブラックOK

pocket-mobile だれでもモバイル

審査がないので、18歳以上で身分証と銀行口座があれば誰でも契約可能。クレジットカードが持てない人や、携帯ブラックの人に最適

申込み

8ヶ月間実質無料!

LINEMO LINEMO

月間3GBで990円のミニプラン契約で、8ヶ月間990円相当のPayPayポイントがもらえる。料金はPayPayポイントで支払い可能。さらに5分間かけ放題が1年無料。契約・解約手数料も無料!

お申込み

ドコモから格安SIMに乗り換える主なデメリット3つ

キャリアとは異なり通信速度が遅い、クレジットカードが必要などのデメリットがあることも確かです。料金的にはお得ですが、人によっては乗り換えのメリットをあまり感じられないこともあるため、まずはデメリットを把握し、その上で本当に格安SIMに乗り換えるのかを検討されるのがよろしいでしょう。

目次へ戻る

通信速度がドコモよりも遅い

格安SIMはドコモなどの大手キャリアから回線の一部をレンタルして提供しています。したがって、ドコモよりも遅く、特に昼など混み合う時間帯は通信速度が悪化するのでご注意ください。

ただ、使い方によってはほとんどデメリットに感じない人がいることも確かです。高画質の映像を観たり、大容量のファイルを送信したりする場合でも混み合う通勤・通学時やお昼の時間帯を避ければ問題ありません。そもそも高画質の映像や高用量のファイルを利用しないのであれば、遅さ自体を感じないかもしれません。

また家にWi-Fi環境があるのであれば、動画視聴やアプリのダウンロードなどは自宅で行い、外出先ではSNSのチェックやテキスト記事程度を読む、といった対応方法もあります。

目次へ戻る

クレジットカードが必要

格安SIMと契約するには、クレジットカードが必要となるケースがほとんどです。口座振替を利用できないところがほとんどなので、カードを保有していない人は新たに作成しなければなりません。

クレジットカードに関しては、VISA・MasterCard・JCB・American Express・ダイナースクラブの5大ブランドのカードであれば利用できることがほとんどです。

クレジットカードの作成となると、審査に通過しなければなりません。審査にはクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれるカード履歴が大いに関わっており、これまでのクレジットカードやカードローンの利用実績が大いに関わってきます。したがって、返済に遅れた経験が何回もあるような方はかなり厳しい結果が待っているのです。特に自己破産のような債務整理や長期滞納による強制退会を経験している方は、ブラックリスト状態になっているため、どのカードの審査を受けても落ちる可能性が高いです(時効まで5年から10年程度かかります)。

目次へ戻る

LINEのID検索ができない可能性がある

格安SIMの多くはLINEのID検索ができません。そもそもLINEのID検索をするためには年齢認証をしなければなりません。年齢認証は大手携帯会社のドコモ、au、SoftBankと連携して行われるため、大手キャリアを利用している方はできます。一方で格安SIMのほとんどでは年齢認証が出来ないため、ID検索が利用できないことに…。

もちろんLINEで友達になる方法はID検索だけではないので、QRコードの読み取りやフルフルで対応できるのであれば問題ないでしょう。ただ、ID検索で友達になるケースが多い人は注意が必要です。

目次へ戻る

ドコモから乗り換えのにおすすめの格安プラン・格安SIM

通信速度が優秀であったり、クレジットカードが不要であったり、LINEのID検索が可能であったりする、ドコモからの乗り換えに最適な格安プラン・格安SIMを2つご紹介します。気になるものがあったら、ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

ahamo:最もデメリットが少なく節約できる

ahamo

画像引用元:ahamo(2021年09月21日取得)

  • 格安料金でドコモの回線が使える
  • 5分間の無料通話がプランに含まれている
  • 契約から解約まで一切の手数料無料
お申込みはこちら

ドコモの格安プランであり、携帯代を節約するために乗り換えを検討しているならまずはahamoがおすすめです。ahamoは、先に紹介した3つのデメリットのいずれにも該当しません。さらにSIMカードはドコモのものをそのまま引き継げるため、わざわざ配送してもらうこともありません。つまりはすぐに乗り換えできるのです。

まずは通信速度ですが、ドコモと同じものを使っているので同等です。昼間のアクセスが集中する時間帯でもネットがサクサクと動くので、昼間に動画や重いファイルの送受信をすることが多い方でも安心です。

ahamo:7-9月の平均通信速度平均

-Pingダウンロードアップロード
朝(5:00~8:59) 50.16ms 156.09Mbps 14.51Mbps
昼(12:00~12:59) 48.01ms 93.75Mbps 12.41Mbps
夜(20:00~22:59) 48.37ms 121.27Mbps 14.74Mbps

:データ出典元:ahamoの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく)

クレジットカードも不要であり、口座振込みによる支払いができるので、クレカの作成が難しい方でも問題ありません。

ドコモと同様に利用者情報が提供されるのでLINEの年齢確認が可能です。したがって、LINEのID検索検索が利用できるのです。ちなみにahamoから年齢認証を行う場合ですが、携帯キャリア選択の画面でドコモの既存プランと同様に、「NTT docomo」を選択すればOKです。あとは指示された手続きを行って認証を行いましょう。

ahamoの強みとして、ドコモショップで乗り換え手続きの相談が出来る点が挙げられます。ただし税込み3,300円がかかるので、できればネット上で手続きを完結するのがおすすめです。

最後に料金についてお伝えします。プランはたったの1つのみであり、データ容量は20GBで国内通話料金5分間無料の設定がついてきます。その料金は月額税込み2,970円であり、月間20GBの容量を超えた場合は速度制限最大1Mbpsとなります。容量超過後でも、それなりにサクサクと動くので容量については心配ないでしょう。一方で、小容量のプランがないので1ヶ月で10GB以内で十分、という方にとっては若干高さを感じてしまうかもしれません。ただ、それでもドコモの既存のプランよりも安いのでお得です。

ahamo
  • ドコモの格安ブランド!オンラインでのみ契約可能
  • 20GBで2,920円(税込)の高コスパ
  • 新規契約・解約・SIM発行の手数料全て無料
回線種類 ドコモ
縛り なし

ahamoはドコモが提供する格安プランなので、最もスムーズで簡単に乗り換えられる。従来のドコモのプランとは違って、20GBで2,920円(税込)とわかりやすい料金体系なのも魅力。色々悩んでしまうくらいなら、ahamoに乗り換えておけば問題ないだろう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約+ahamo大盛りオプションの追加で、12月まで利用月数×1,980円相当のdポイント(期間・用途限定)をプレゼント!

キャンペーン期日:2022/12/31

お申込み

目次へ戻る

イオンモバイル:イオンでスタッフのサポートを受けられる

イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

画像引用元:イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】(2021年4月19日取得)

  • 不払者情報の交換に加盟していないので、他社でのブラック情報が審査に影響しない
  • 17通りのプランあり
  • 全国にイオンモバイル店舗があるので、店舗スタッフと相談しながら契約可能
お申込みはこちら

スタッフと相談しながら手続きを進めたいのであれば、格安SIMのイオンモバイルがおすすめです。全国各地のイオンの店内にショップが有り、その数は200店舗とされています。イオンモバイル専用の店舗であるため、相談費用もかかりません。近くにイオンがある方であれば、買い物ついでにサポートを受けることも可能です。

店舗での契約方法ですが、まずは気になる端末やプランを店舗スタッフに相談してください。様々な説明を受けプランが決定すると、申込書に必要事項を記入します。この時に運転免許証が必要になるため、事前に準備されておくことおすすめします。また現在使っている番号を引き継ぎたい(MNP)方は、MNP予約番号も事前に用意しておきましょう。あとはSIMの開通を待つだけであり、時間としては1時間から2時間程度になります。その間はイオン店内で買い物をするなどして時間をつぶすのがおすすめです。SIMが開通したら、端末を受け取って終了です。

通信速度に関しては格安SIMなので、ドコモよりも劣ることは確かです。だからといって遅いわけではなく、時間帯によって若干混み合う程度になります。

イオンモバイル:7-9月の平均通信速度平均

-Ping ダウンロード アップロード
朝(5:00~8:59) 87.35ms 66.73Mbps 12.28Mbps
昼(12:00~12:59) 163.17ms 9.6Mbps 12.66Mbps
夜(20:00~22:59) 91.93ms 61.47Mbps 13.96Mbps

:データ出典元:イオンモバイルの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく)

LINEのID検索に対応しているところは大きなアピールポイントになるでしょう。2021年3月29日から、イオンモバイルにて年齢確認するために必要となる年齢情報通知ができるようになったのです。まずはLINEを起動しホームをタップ、さらに歯車のカタチをした「設定」をタップし、その上で「年齢確認」をタップしてください。年齢確認がでてくるので「その他の事業者をご契約の方」をタップします。そうするとmineo・IIJmio・AEONMOBILEの3つが出てくるので、もちろん「AEONMOBILE」をタップします。次にイオンモバイルのお客様ID検索とパスワードを入力します。年齢認証する回線(電話番号)を選択し「選択」をタップすると年齢確認が完了し、LINEでのID検索に検索ができるようになります。

ahamoの20GBの月額料金は税込みで2,970円であるため、イオンモバイルの方は800円近くも安いことになります。また容量のバリエーションも豊富であり、特に10GB以下のプランも充実しているので、小容量での契約を考えている方にもおすすめです。

イオンモバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ容量 月額料金(税込)
500MB 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円
20GB 1,958円
30GB 3,058円
40GB 4,158円
50GB 5,258円
イオンモバイル
  • 不払者情報の共有に不参加!携帯ブラックでも審査に通る可能性あり
  • 500MBから50GBまで17通りのプランあり
  • 余ったデータは翌月繰越可能
回線種類 ドコモ、au
縛り なし

ahamoよりももっと節約したい!という人にはイオンモバイルがおすすめ。プランは500MBから50GBまで17通りあり、特に1〜10GB間は1GB刻みなので、自分にぴったりのプランを選べる。格安SIM他社と比較しても料金が安いのも魅力。そしてなによりイオンの携帯なので、イオン店舗内でサポートを受けられるのが嬉しい。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのMNP契約+条件クリアで最大10,000WAONポイントプレゼント!

  • 契約完了で2,000ポイント獲得
  • 月額料金をイオンカードでの支払いで3,000ポイント獲得
  • Xiaomi Redmi Note 11など指定スマホの購入で5,000ポイント獲得

キャンペーン期日:2022/11/30

お申込み

目次へ戻る

ドコモから格安SIMへの乗り換えはデメリットあるけど節約効果は抜群!

ドコモから格安SIMに乗り換えた人の中でよくある不満は速度に関することです。一方で格安プラン・格安SIMに乗り換えたほうが料金は確実に安くなるのことも確かです。

回線スピードを重視されるのであれば、ドコモの格安プランであるahamoへの乗り換えを検討しましょう。格安SIMに比べて安くはありませんが、ドコモよりは安く、その上で回線環境はドコモと同様なのでマイナスの影響を受けにくい、とのメリットがあります。

一方で回線スピードにこだわりがなく、料金を重視したいのであればイオンモバイルがおすすめです。イオンモバイルはLINEの年齢認証もできるので、使い勝手も悪くありません。注意すべきは回線速度ですが、混み合うお昼の時間を避ければ大きな問題はありませんよ。

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめ携帯会社

会社名 おすすめポイント 申込
楽天モバイル
楽天モバイルは楽天回線エリア内に限りデータ容量無制限で通信可能。料金は最大3,278円(税込)なので、大容量SIMとしてはもちろん、テザリングやポケットWiFiを使って自宅回線の代わりとしても使える。契約・解約手数料が一切無料なのも嬉しい。また条件クリアで楽天ポイントが大量にもらえるキャンペーンも開催中。端末だけ購入もOK。
会社名 おすすめポイント 申込
LINEMO
月額990円(税込)/3GBのミニプランが今なら8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)!契約・解約手数料も無料でソフトバンク同等の回線なので通信速度の不満もない。コスパが高く、迷ったらコレで十分。
会社名 おすすめポイント 申込
mineo
「マイそく」という独特のプランが特徴。スタンダードは最大1.5Mbps使い放題で月額990円(税込)、プレミアムは最大3Mbps使い放題で月額2,200円(税込)。どちらも容量に上限がなく、制限速度の範囲内で使い放題だ。

おすすめ携帯会社解説

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO