暮らしの達人 > 格安SIM > ドコモ回線が使える格安SIM業者まとめ!ドコモユーザーならSIMロック解除なしで今すぐ乗り換え可能

ドコモ回線が使える格安SIM業者まとめ!ドコモユーザーならSIMロック解除なしで今すぐ乗り換え可能

更新年月日 : 2020/08/26

ドコモ回線が使える格安SIM業者まとめ!ドコモユーザーならSIMロック解除なしで今すぐ乗り換え可能

この記事の内容まとめ

  • 格安SIMにはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線を取り扱っているものがある
  • ドコモで契約したスマホは、ドコモ回線を扱っている格安SIMで契約するとSIMロック解除が不要(一部除く)でスムーズ
  • おすすめなのは料金が安くて速度も速いLINEモバイル
  • スマホごと乗り換えるのなら1年間無料の楽天モバイルもおすすめ

現在ドコモと契約していて月々の料金に不満をお持ちの方は、格安SIMに乗り換えましょう。格安SIMに乗り換えるだけで、月々の携帯代を数千円に抑えることも可能です。

ドコモから格安SIMに乗り換える際のポイントは、ドコモ回線を使用している格安SIM会社に乗り換えることです。これならばSIMロックの解除と呼ばれる面倒な手続きが不要なので、お手持ちのスマホをそのままに乗り換えることが可能です。

この記事では、ドコモから乗り換えるのにおすすめな格安SIM会社について解説していきます。

ドコモユーザーにおすすめする携帯会社

ドコモで契約したスマホをお持ちの方には、ドコモ回線を使っている格安SIMに乗り換えることをおすすめします。

該当する会社の基本料金を比較すると、おすすめなのはLINEモバイルです。LINEモバイルは料金が優れているだけでなく、通信速度も速く、格安SIMの中でもトップクラスの数値を誇ります。

それではLINEモバイルについて紹介していきます。

目次へ戻る

LINEモバイル:コスパ最強!大きなデメリットなく料金を節約できる

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

LINEモバイルはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線全てを取り扱っています。いずれの回線を選んでも料金は変わりませんので、ドコモユーザーは安心してドコモ回線をお選びください。むしろ通信速度はドコモ回線が最も速いので、ドコモ回線が優れていると言えます。

LINEモバイルの料金プランはデータ通信量に応じたシンプルな4つのプランが用意されています。

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

だいたいの人は6GBプランを選ぶと良いでしょう。LINEモバイルのデータ容量には特徴があり、LINE利用時のデータ容量は消費量にカウントされません。つまりどれだけLINE通話、動画通話を利用してもデータ容量が減らないので、LINEでたくさん通話しても速度制限に引っかかりません。

さらに月額+280円(税別)の「SNSデータフリー」、+480円の「SNS音楽データフリー」に加入すれば、LINEだけでなくツイッターやインスタなど、SNSサービスを中心にデータ容量が無制限になります。利用用途に応じてオプション加入も検討しましょう。

このように格安SIMに申し込むことでキャリアと比較して携帯代を大幅に節約することができます。その一方で格安SIMのデメリットとしてよく指摘されるのが、通信速度が遅いこと。

LINEモバイルもドコモと比較すると残念ながら同等の速度が出るとは言えません。しかし格安SIMの中ではトップクラスの速度を誇ります。

主要格安SIMの通信速度比較(8/28-9/3の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
13.4Mbps 13.3Mbps 13.9Mbps 14.1Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
13.7Mbps 3.3Mbps 7.7Mbps 11.4Mbps
mineo
mineo(mineo)
5.4Mbps 1.7Mbps 2.4Mbps 5.9Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル
9Mbps 2.8Mbps 2.6Mbps 6.2Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
3.2Mbps 6.6Mbps 8.8Mbps 5.5Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
9.2Mbps 2.6Mbps 2.8Mbps 7.2Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
11.2Mbps 3.2Mbps 7.4Mbps 7.4Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

表にある通りUQモバイルの方がより速い速度で使うことができます。しかしUQモバイルはau回線だけしか扱っていないことと、料金は格安SIMの中では高い部類にあることから、ドコモユーザーにはLINEモバイルの方が適していると考えられます。

以上の通り、これから格安SIMに乗り換えるのならLINEモバイルを筆頭候補としてご検討ください。

LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!ドコモ回線ならSIMロック解除なしで乗り換え可能
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

ドコモユーザーが乗り換えるのにおすすめの格安SIMはLINEモバイル!料金が安く、さらに格安SIMの弱点である通信速度も業界トップクラスでコスパが高い。ドコモから乗り換えるだけでスマホ代を大幅に節約できるだろう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

お申込み

目次へ戻る

スマホごと乗り換えるなら楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

「ドコモで契約したスマホとは別に、新しくスマホを契約してのりかえたい」という人には楽天モバイルをおすすめします。

楽天モバイルは今なら先着300万名までは、通常2,980円(税別)の利用額が1年間無料というとんでもないキャンペーンを開催しています。

しかもデータ容量は月々5GBで、ギガを使い果たしても最大1Mbpsの速度で使い続けることができます。また、一部の都心部で提供されている楽天回線エリア内での通信なら、データ容量は無制限で利用できます。

さらに通話料金も、Rakuten Linkという楽天モバイル会員専用アプリを使うことで、無制限で無料になります。

縛りもなく、デメリットもないので、超絶おすすめの携帯会社です。

ただし、楽天モバイルは楽天モバイルに対応したスマホでなければ使うことができません。当然楽天モバイルで販売されているスマホは全て対応しています。しかもスマホとセットで契約すると、最大20,000円分の楽天ポイントがもらえます。

例えば20,019円(税別)で販売されているOPPO A5 2020なら、20,000ポイントもらえるので、実質19円+税別で購入することが可能です。さらにRakuten Linknの利用条件を満たせば6,300円分のポイントももらえるので、3,000円(税別)の事務手数料を差し引いても儲かる計算になります。

また、楽天モバイルで販売されていませんが、人気機種のiPhone SE(第二世代)も楽天モバイルを利用することができます(Rakuten Linkの通話料無料特典は対象外)。Google製の低価格スマホPixel 4aならば楽天モバイルをフルサービスで利用できるので、これらの機種で利用するのもおすすめです。

以上の通り、スマホごと乗り換えるのであれば楽天モバイルで契約することをおすすめします。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!
回線種類 楽天
縛り なし

先着300万名に限り、1年間の料金が無料になるとんでもないキャンペーン開催中。さらに対象スマホ購入+Rakuten Linkの利用で最大26,300円分の楽天ポイントがもらえる。iPhone SE(第二世代)やPixel 4αでも利用可能(iPhoneは一部サービス対象外)。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大26,300円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと6,300ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

ドコモから格安SIMに乗り換えよう!

こだわりがあってドコモと契約しているのならまだしも、特になんの理由もなくドコモを使い続けているのなら、今すぐ格安SIMにのりかえましょう。

ドコモなら月々の料金が5,000〜10,000円台になってしまうことも多いのですが、格安SIMなら2,000〜3,000円程度で済みます。年間にすると間違いなく1万円以上は節約できますので、ダラダラとドコモを使い続けるのは無駄でしかありません。

乗り換え方法は簡単ですので、ぜひさくっとのりかえて、スマホ代を節約しましょう。

目次へ戻る

関連記事一覧

ドコモ回線が使える格安SIM業者まとめ!ドコモユーザーならSIMロック解除なしで今すぐ乗り換え可能 ドコモ回線が使える格安SIM業者まとめ!ドコモユーザーならSIMロック解除なしで今すぐ乗り換え可能 ドコモからワイモバイルに乗り換えるとどれだけお得?料金シミュレーションと乗り換え方法を紹介 ドコモからワイモバイルに乗り換えるとどれだけお得?料金シミュレーションと乗り換え方法を紹介 ドコモから楽天モバイルに乗り換えるとどれだけお得?料金シミュレーションと乗り換え方法を紹介 ドコモから楽天モバイルに乗り換えるとどれだけお得?料金シミュレーションと乗り換え方法を紹介 ドコモからUQモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからUQモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからイオンモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからイオンモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからマイネオに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからマイネオに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからリンクスメイトに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからリンクスメイトに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからU-mobileに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからU-mobileに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからQTモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからQTモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからLINEモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからLINEモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからBIGLOBEモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからBIGLOBEモバイルに乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからIIJmio(みおふぉん)に乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説 ドコモからIIJmio(みおふぉん)に乗り換えると携帯料金はどれだけお得に?乗り換え方法を徹底解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線