暮らしの達人 > 格安SIM > 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ!

審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ!

更新年月日 : 2020/07/03

審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ!

携帯電話を契約する際には、審査が行われます。

そのため、自己破産した経験がある、過去に借金を滞納した経験がある、クレジットカードの強制解約になった、などなど、様々な事情から審査に不安を抱えている人も多いと思います。

しかしご安心ください。

格安SIM(「格安スマホ」や「MVNO」とも呼びます)では必ず審査はありますが、上記に挙げたような人でも、要点を守ることで審査に落ちることなく携帯電話を持てる可能性があります。詳しく解説していくので、不安な方は最後までご覧ください。

【この記事の内容まとめ】

  • 格安SIMの審査は大きく3種類あるが、最も重要なのは「割賦契約審査」
  • この審査は「スマホを分割購入」しない限り行われない
  • つまり、「本体一括購入」または「SIMのみ契約」であればほぼ審査に通る
  • また、クレジットカードがない人は口座振替やデビットカードに対応した格安SIMに申し込めばOK

口座振替またはデビットカードで支払い可能なおすすめ携帯会社

楽天モバイル
  • 対象のデビットカードで携帯料金を支払い可能
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
回線種類 楽天
縛り なし

対象のデビットカードがあれば、クレジットカードの代わりに利用可能。楽天モバイルは月々2,980円(税別)のプランを1年間無料で提供中。また、楽天回線エリア内ならデータ容量を無制限に利用可能。今イチオシの携帯会社。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに楽天回線対応スマホの購入で最大15,000ポイント還元!

詳細を見る お申込み

結論:格安SIMは「ほぼ審査なし」!恐れる心配なし

結論から述べると、格安SIMの契約には必ず審査があります。

審査なしで手に入る格安SIMはありませんので、まずはこの点を理解しなければなりません。

この審査の中で最も厳しいのが「割賦契約に関する審査」です。

しかし、割賦契約に関する審査は、スマートフォンの本体を分割購入する契約でしか実施されないものです。

つまり、スマートフォンを分割購入する契約さえしなければ、割賦契約に関する審査なしで格安SIMが契約できるのです。

この審査さえなければ、自己破産の経験や借金があったり、クレジットカードを持っていないなどの条件に当てはまる人でも、格安SIMを契約できる可能性は十分あります。

格安SIMの審査は「ほぼ」なしと考えて良いのです。

目次へ戻る

格安SIM契約時に行われる審査

格安SIMの契約時に行われる審査は大きく分けて2つです。

  • SIM契約の審査
  • 割賦契約の審査

以下ではそれぞれがどのようなものであるのかをご説明します。

目次へ戻る

SIM契約の審査

SIMカード

SIM契約の審査は、通信事業者と契約をするための審査です。

簡単なイメージを持ってもらうとすれば、格安SIM会社にとって迷惑な利用者ではないのかを確認する作業です。

迷惑な利用者の例としては、短期間に解約を何度も繰り返すなど手続きを煩雑化させるものが挙げられます。

解約するのは仕方がないことではありますが、それを何度も繰り返すとなるとわざと迷惑行為をかけていると判断されるのです。

また、今までに本人確認書類の偽造をしたなど、格安SIM会社の業務に大きな迷惑を与えた場合もこれに該当します。

他の観点からは、今までの携帯電話料金で未納があるかどうかについて確認されます。

携帯料金の支払い状況はTCAと呼ばれる仕組みでデータが共有されており、どこの会社を契約する場合にも状況が把握可能です。

自社のみならず他社の状況も確認できますので、どこかしらで携帯料金の未納がないか確認されます。

未納があった場合には、こちらも携帯会社に迷惑をかける利用者等と判断されてしまいます。

目次へ戻る

割賦契約の審査

スマホ本体

割賦契約の審査とはスマホ料金を分割払いした時に発生する審査です。

一般的には分割払いと呼ばれているものの、これは実際には割賦契約と呼ばれています。

この割賦契約をするにあたり審査があり、スマホ分割払いで購入するのであれば審査を受けなければならなくなるのです。

割賦契約の審査はクレジットカードなどと同様に、CICなどが提供する個人信用情報を利用しています。

個人信用情報機関が共有している情報には、過去クレジットカードや携帯電話本体料金の滞納が発生していないかが記載されています。

滞納が61日以上続いた場合には個人信用情報に間違いなく記録され、一般的にブラックリスト入りと呼ばれる状態になります。

ブラックリスト入りしてしまった状態では、基本的なスマホの分割払いの契約ができなくなります。

携帯会社の契約で審査に落ちる理由としては、大半でこのブラックリスト入りが関係しています。

目次へ戻る

格安SIM契約での審査落ちをなくすための方法

格安SIMの審査落ちをなくすためには対策方法があります。

必ず審査に通過できると断言できるわけではありませんが、審査落ちをなくすための実践方法をご説明します。

目次へ戻る

1.未納料金を完済する

SIM契約の審査は今までの携帯電話料金滞納が主な審査内容です。

そのため今までに滞納があり審査落ちの原因となる可能性がある場合は、すぐ返済することを心がけましょう。

もし仮に滞納があったとしても完済すれば問題の情報は消えます。

短時間で対応できる部分でありますので、まずはここから対応するようにしましょう。

また、TCAの加盟会社は公表されています。

公表内容を確認してイオンモバイルなど未加盟の会社に申し込みをするのも良いでしょう。

未加盟であれば情報が共有されることもありませんので、返済が完了しなくても審査に通過できる可能性があります。

目次へ戻る

2.スマホ本体は一括契約する

スマホ本体

画像引用元:端末一覧|SIMフリースマホ・タブレット|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年5月26日取得)

スマホ本体を一括契約とすることで審査に通過できる可能性もあります。

割賦契約で支払遅延を引き起こししまった場合、その事実は返済が完了してから5年間は記録されたままです。

そのためこの期間はスマホの分割払いができないケースが大半です。

しかし、たとえ過去に支払い遅延を引き起こしていようとも、スマホ本体を一括契約すれば審査されることがありません。

審査が減りますのでそれだけスマホを契約しやすくなるのです。

過去に支払い遅延を引き起こしている場合には、スマホを一括契約することで信用情報の参照を回避しましょう。

目次へ戻る

補足:10万円以下の端末なら分割契約でも審査に通る可能性あり

スマホ本体

画像引用元:消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン(2020年5月26日取得)

10万円以下の端末の場合、多少条件を満たせていない状況でも分割払いの審査に通過できる可能性はあります。

これは10万円以下の端末は信用情報の参照が義務化されていないからです。

信用情報を参照しない格安SIMであれば、仮に信用情報に問題があったとしても無事に契約できることがあり得るのです。

もちろん、端末料金が安ければ誰でも審査に通過できるわけではありません。

どのような場合でも審査に落ちてしまう可能性はありますので、料金の安い端末に過度な期待をしてはいけません。

目次へ戻る

この2点を守れば実質ほぼ審査なしでスマホの契約が可能

上記の条件さえ守ればスマホの契約にあたり審査はほぼありません。

もちろん何かしらの審査はされているものの、ほとんど気にしなくて良い状態となるのです。

特に分割払いが心配な場合は、一括で購入できるスマホ本体で妥協するなどの作戦を練ることで契約できる可能性が高まります。

目次へ戻る

SIMカードのみの申し込みもほぼ審査なし

SIMカードのみを契約する時もほぼ審査がありません。

こちらの契約の場合、審査の内容は支払遅延を引き起こしていないかなどが中心です。

支払遅延がある状態では契約が厳しくなりますが、支払遅延がなければほぼ審査なく契約できると考えられます。

また、SIMカードだけであれば本体を契約することもありません。

割賦払いの審査が発生することもありませんので、実質審査なしで契約できるのものです。

目次へ戻る

クレジットカードが持てない人はクレカ不要の格安SIMに申し込もう

クレジットカードが持てない人は、クレジットカード以外で支払いができる格安SIMがおすすめです。

クレジットカード以外で支払い可能な格安SIM一覧

会社名 デビットカード 口座振替 目安料金プラン(税別) 縛り
可否 手数料
楽天モバイル
楽天モバイル
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
100円 2,980円/無制限※1
1年間無料
なし
UQモバイル
UQモバイル
※2 なし 1,980円/3GB なし
LINEモバイル
LINEモバイル
LINE Payカードのみ※3 × - 1,480円/3GB なし
mineo
mineo
× - 1,600円/3GB※4 なし
ロケットモバイル
ロケットモバイル
× - 1,400円/3GB※4 1年(違約金9,500円)
ワイモバイル
ワイモバイル
× ※5 なし 2,680円/3GB なし

※1:パートナーエリアでは月5GBまで。
※2:新規契約の場合、ショップ店頭でのみ手続き可能です(MNPの場合はオンライン上から手続き可能)。
※3:LINE Payカードは正式には、事前にチャージして使うタイプのプリペイドカードです。
※4:Dプランの料金です。
※5:ショップ店頭でのみ手続き可能です。

そのような格安SIMの中でも今回オススメするのは以下の3社です。

  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • UQモバイル

それぞれの格安SIMについて、以下ではどのようなサービスであるのかをご紹介します。

目次へ戻る

楽天モバイル:口座振替または楽天デビットカードで支払い可能

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

楽天モバイルは月々2,980円で利用できる格安SIMです。

楽天銀行デビットカードもしくはスルガ銀行デビットカードがあれば、月々の携帯料金を支払うことができます。

現在はキャンペーン中であり先着300万名に限り1年間無料で契約が可能です。

違約金なども発生しませんので、キャンペーンが終了する前に解約してしまうことも可能です。

データ容量はエリアによって変動する仕組みとなっており、都心の一部地域が該当する楽天エリアであれば無制限で利用可能です。

ただ、このエリアは限られていますので実質的には楽天エリア外となり月5GBまで利用が可能です。

また、楽天モバイルを利用する場合には、楽天回線対応のスマホを利用しなければなりません。

対応しているスマホをSIMと同時に購入することも可能ですが、既存の端末を利用したいと考えている場合には注意が必要です。

楽天モバイル
  • 対象のデビットカードで携帯料金を支払い可能
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
回線種類 楽天
縛り なし

対象のデビットカードがあれば、クレジットカードの代わりに利用可能。楽天モバイルは月々2,980円(税別)のプランを1年間無料で提供中。また、楽天回線エリア内ならデータ容量を無制限に利用可能。今イチオシの携帯会社。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに楽天回線対応スマホの購入で最大15,000ポイント還元!

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

LINEモバイル:LINE Pay カード(プリペイドカード)で支払い可能

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

LINEモバイルは格安SIMの中でも料金が安く、3回線対応の魅力的な格安SIMです。

主要格安SIMの料金比較

会社名 音声通話SIM3GBプランの料金(税別)
LINEモバイル
LINEモバイル
1,480円
mineo
mineo(Dプラン)
1,600円
UQモバイル
UQモバイル
1,980円
ワイモバイル
ワイモバイル
2,680円

クレジットカードがなくても支払いができますが、対応しているのはプリペイドカードのLINE Payカードのみです。

LINE Payカードの発行はLINEアプリから簡単に手続きが可能で、銀行口座からチャージができる仕組みです。

クレジットカードのように難しい申し込みは必要なく、簡単に申し込みをしてチャージを済ませればLINEモバイルの契約が可能です。

LINEモバイル
  • LINE Pay カードがあれば支払いに利用可能
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

プリペイドカードのLINE Pay カードがあれば、クレジットカードの代わりに利用可能。LINE Pay カードはLINEアプリから簡単に発行可能。LINEモバイルは料金が安いのも強み。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が最大2ヶ月間無料

さらにキャンペーンコード入力で最大7,000円相当プレゼント!抽選で10人に1人に3,000円相当も当たる!
【LINE Pay残高で付与:PB071】
【LINEポイントで付与:LN071】

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

UQモバイル:MNP契約のみ口座振替で支払い可能

UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM(2020年2月18日取得)

お申込みはこちら

格安SIMの中でも通信速度にこだわる人におすすめなのがUQモバイルです。

主要格安SIMの通信速度比較(6/4時点)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
14.0Mbps 14.1Mbps 15.5Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
11.0Mbps 0.7Mbps 7.1Mbps
mineo
mineo(Dプラン)
5.2Mbps 0.7Mbps 6.8Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル
6.3Mbps 0.3Mbps 9.0Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
4.3Mbps 4.0Mbps 4.5Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
5.5Mbps 0.3Mbps 3.4Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
5.2Mbps 1.0Mbps 5.9Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

その料金は少々高めに設定されていますが、格安SIMでも失敗することがないと言えるものです。

支払いは基本的にクレジットカードですが、MNP契約の場合には口座振替も選択できます。

また、インターネットではなく店頭申し込みできる場合には、新規契約でも口座振替が可能です。

口座振替ですので自分の好きな銀行口座は利用できますが、口座振替が設定されるまでには1-2ヶ月が必要です。

その間は請求書が届くのでコンビニなどで支払いをする仕組みです。

UQモバイル
  • MNP契約なら口座振替での支払い手続きが可能
  • 回線速度はキャリア並み!
  • 24時間かけ放題オプションあり

UQモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税別) ギガ不足時の最大速度
スマホプランS 3GB 1,980円 300Kbps
スマホプランR 10GB 2,980円 1Mbps

回線種類 au
縛り なし

MNPの場合のみ、契約時に口座振替での支払い手続きが可能。新規契約の場合はショップでの受付に限られるので注意。通信速度は格安SIMの中でもダントツ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約で、最大10,000円キャッシュバック

  • SIMのみ新規契約:3,000円キャッシュバック
  • SIMのみMNP新規契約:10,000円キャッシュバック
お申込み

目次へ戻る

関連記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線