暮らしの達人 > 格安SIM > 審査 > auの審査は甘いのか?その審査基準から推測

auの審査は甘いのか?その審査基準から推測

更新年月日 : 2021/04/08

auの審査は甘いのか?その審査基準から推測

auのスマホを契約する際、審査が行われます。その基準は他社と比較して甘いのか厳しいのかを解説します。また、審査が不安な人におすすめする対策方法も解説します。

auの審査基準が甘いとは断言できない理由

auの審査基準は、他の大手キャリア度と同様に詳細な基準はわかっていません。公式ページや規約等を見ても、明確な判断基準が示されていないのです。

「だったらどうすれば良いんだ」と思われるかも知れませんが、何が審査されるのかは分かります。落ちてしまう理由についても、大体の目星はつくのでそれほど心配する必要はありません。

目次へ戻る

auの審査基準

まず審査基準としてわかりやすいのが申込み内容でしょう。あなたが申込用紙などに記載した情報を元にau側が審査を実施します。そのうえで、現在利用している携帯の未払い履歴などのチェックを行うことに。

またスマホを分割で契約する際の割賦契約時にも、特別な審査が行われる件については知っておくと良いでしょう。

目次へ戻る

申込内容や未払い履歴に関する審査

まず1つ目の審査では、申込み時に答えた内容および携帯料金の未払い履歴の有無が審査されます。

申込み時に聞かれていない項目は審査に影響はありません。たとえば、カードローンを利用して借金をしていたとしても、申込み時に答えていなければ審査時にマイナスとはならないのです。

こちらの審査で極めて重要になるのが携帯料金の未納になります。未納の状態のままであるとauの審査はほぼほぼ落ちると思っていただいて問題ありません。未納情報がチェックされてしまい、「支払い能力なし」と判断されるからです。

携帯料金未納に関しては、口座残高がたまたま足りなかった、などのうっかりのケースでも起こり得ることです。その状態のまま審査を受けると、未納情報が掲載されたままとなるのでau側は警戒することに。

ただ未納状態が発生したとしても、すぐに支払いを行えば未納情報自体は消えます。したがって未納状態を解消した上でauに申込めばよいのです。

一方で、携帯電話解約後の未納があるケースも見受けられます。「もう解約しているから大丈夫だろ」と思う方もいるかも知れませんが、そう簡単にはいきません。携帯電話キャリア同士は顧客の未払い情報のデータを共有しており、支払いが済まない限りは情報が消えませんに。解約すれば問題なし、とはいかないのです。

もう一点、支払いができない状態が続くと強制解約されることになります。未納期間については、キャリアにもよるとされていますが一般的には3ヶ月から数ヶ月程度と言われています。強制解約されると、いわゆるブラック状態となりほとんどのキャリアで新規契約ができなくなります。時効はありますが、基本的には数年間形態の保有が難しくなるので注意してください。

目次へ戻る

割賦契約に関する審査

auの新規契約時には、スマホ本体も新たに購入することが多いでしょう。スマホの中には高額なものもあり、分割での購入を検討される方もいます。しかし分割購入になると、スマホ本体の購入に対する審査が加わるのです。

分割購入の場合で24回払いであると、24ヶ月先までau側に借金をしているのと同じ状態です。その分割払いの最中にあなたが支払えなくなると、au側は貸し倒れ状態となり損失が出ることに。リスクが生じることになるので、そのリスクをカバーするために信用調査が行われます。

いわゆる個人信用情報機関と呼ばれるところに対し、あなたの情報照会を実施します。そちらにはクレジットカードやカードローンの利用状況、さらには毎月の支払状況などが記されています。多数の借金を背負っていたり、毎月の支払いに遅れが散見されたりするようだと、あなたの評価は当然下がります。

ただ割賦契約(分割契約)であったとしても、必ず個人信用情報をチェックされるわけではありません。実は10万円にボーダーラインがあり、その10万円を超えるスマホの分割払いをした場合は個人信用情報を必ずチェックされます。一方で10万円以下である場合、個人信用情報をチェックするかしないかについてはキャリア側に判断が委ねられます。したがって、10万円以下のスマホであれば個人信用情報に問題があったとしても割賦契約できる可能性があるのです。

目次へ戻る

主な審査の仕組みは他社と違いなし

以上のauの審査の仕組みは、ドコモやソフトバンクといった大手キャリア、楽天モバイルやUQモバイルといった格安SIMと特に大きな違いはありません。したがって、auだからといって審査が甘いとか厳しいなどはないのです。

目次へ戻る

auの審査が不安な人におすすめする対策

auの審査は他社と比較して、甘くもなく厳しくもないわけですが、落ちてしまう方も少なくありません。審査に不安を覚える方も当然居るでしょう。そんな方にぜひ採用してほしい3つの対策方法をご紹介します。auにこだわりがないのであれば、他社との契約もおすすめなので参考にしてもらえたら幸いです。

目次へ戻る

未払履歴管理機関非加盟の携帯会社に申し込む

スマホの審査で落ちる主原因となる未払い履歴ですが、実は全てのキャリアが未払い履歴をチェックしているわけではありません。未払履歴管理機関非加盟の携帯会社もあるので、未払いの解消が難しい方は、その携帯会社に申込みましょう。

LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM(2020年5月26日取得)

お申込みはこちら

未払履歴管理機関非加盟の携帯会社の一つとして、格安SIMのリンクスメイトがあります。様々なメリットがある携帯会社としても知られており、人気が高まっています。もし未払い履歴があるのなら、リンクスメイトに申込みを検討されてはいかがでしょうか。

以下、リンクスメイトの特徴をいくつかご紹介します。

まずオプション費用がかかりますが、低コストでカウントフリーになる点は見逃せません。月額250円からの低価格プランも用意されているので、コスト重視の方にも適してます。またスマホゲームの特典が用意されているところにも注目でしょう。一方で、ドコモ回線しか利用できないなどのデメリットもあります。

カウントフリーオプションは月額550円(税込)になります。たったの500円で、様々なゲームのデータ容量がカウントフリーになります。グランブルーファンタジーや怪盗ロワイヤルなどの人気有名ゲームも含まれています。ABEMAやAWA、niconicoやファミ通.comもカウントフリーであり、SNSではTwitterにFacebook、そしてInstagramもカウントされません。カウントフリーオプションを使いこなせば、低用量のコースでスマホを十分すぎるほど使いこなせるでしょう。

リンクスメイトはとにかく料金プランが細かく設定されており、100MBから最大1TBプランまで用意されています。それぞれのプランに、データ通信のみ・SMS+データ通信・音声通話+SMS+データ通信のコースが用意されている点にも注目です。最安なのが100MBプランのデータ通信のみであり、月額税抜250円です。利用する方が多いと思われる3GBプランの音声通話+SMS+データ通信コースは、月額1,620円になります。

リンクスメイトはゲームに特化している格安SIMであり、該当するゲームと連携すると素敵な特典がゲットできます。ただカウントフリーオプションの利用が条件とされているので気をつけてください。特典には、連携するだけで貰える連携特典、毎月貰えるご利用特典、貯めて貰えるスタープレゼントの3種類があります。特典対象のゲームは6種類ずつです。

デメリットとしてあげられるのが、対応回線の制限です。リンクスメイトではドコモ回線しか利用できないため、ソフトバンク回線およびau回線の利用はできません。ただドコモ回線だからといって、遅いとかエリアが狭いなどことはありません。一方でauやソフトバンクのスマホであると、移行時に端末のSIMロック解除が必要になるのでちょっと手間は増えます。ただSIMロックの原則禁止が総務省より通達されるとの話も出ており、こちらのデメリット自体は今後なくなるかも知れません。

リンクスメイト
  • TCA、TELESA非加盟なので他社で未払履歴がある携帯ブラックの人でも審査に通る可能性あり
  • 月額550円(税込)の「カウントフリーオプション」追加でYouTubeや各種ゲームアプリの通信量が9割削減
  • データ容量に応じた33種類の料金プランあり
回線種類 ドコモ
縛り なし

リンクスメイトは携帯会社の中では珍しく、TCAやTELESAに加盟していない。つまり滞納情報が共有されないので、現役で未払い情報がある人でも審査に通る可能性がある。もしも携帯電話の審査になかなか通れないのなら、リンクスメイトに申し込んでみるのがおすすめ。また、料金プランがデータ容量に応じて細かく別れているので、自分にとって過不足ないプランを選べるのも魅力。

お申込み

目次へ戻る

スマホの分割契約をしない

スマホ本体の分割契約をすると個人信用情報の審査が行われる可能性が高く、年収や勤務先の申告が必要になります。

個人信用情報は未払い履歴よりも多くの情報が記されており、その内容によっては審査落ちの確率が高まるので要注意です。特にクレジットカードやカードローンの支払いの遅れであるとか、クレジットカードなどへの申込み情報などまで記載されているため、より審査は厳しくなる、と言っても過言ではありません。審査項目は多いより少いほうがより有利に進むことは言うまでもありません。審査が不安であれば、分割契約ではなく一括払いを検討しましょう。

ただ高額のスマホ本体を購入する場合は、一括が難しいので分割にせざるを得ないこともあります。特に機種にこだわりがないのであれば、なるべく低価格なものを選んではいかがでしょうか?特にiPhoneは本体価格が10万円を超えることも珍しくありません。分割払いしか選択肢がない方も出てくるでしょうし、10万円を超える割賦契約となると確実に個人信用情報のチェックが入ります。できれば低価格帯のAndroidスマホを選びましょう。中古などでスマホを安く手に入れ、その上でSIMカード契約のみを実施して携帯を利用するなどの方法も検討してはいかがでしょうか。

目次へ戻る

審査が甘い可能性が高い楽天モバイルに申し込む

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

お話してたように、基本的には大手キャリアも格安SIMも審査難易度は横並び状態です。ただ、若干の差があることも確かです。たとえば、auは落ちたけどLINEモバイルは契約できた、などの話を聞くこともあります。そこで気になるのが、審査基準に大きな差はないはずなのに、なぜ携帯会社によって結果が異なるのが、という部分。そこに関わってくるのが、会員募集に対する熱の入れ方です。

新規会員を大募集中の携帯会社であれば、審査で落としていたら意味がないので当然審査は易しくなりますよね。では、新規会員を大募集しているところはどこなのでしょうか?一つ上げるなら楽天モバイルです。楽天モバイルは後発のキャリアなので、無料キャンペーンを行ったり、乏しい回線設備を補うためauから借りたりと、大赤字を計上してでもユーザーを集めることを重視しています。

以下、楽天モバイルの特徴をいくつかご紹介します。

まずは料金プランが一種類であり、縛りがない点があります。海外で利用できる点も楽天モバイルをおすすめする理由の一つです。また実店舗があるので、直接サポートを受けたい場合にも活用してほしい携帯会社です。

料金プランはRakuten UN-LIMIT VIと呼ばれる1種類のみであり、複雑さは皆無です。ちなみに段階制の料金であり、月1GBまでであれば月額料金は無料です(1回線目のみ)。1GB超から3GBまでであれば税抜980円であり、3GB超から20GBまでは1,980円。20GB超はどれだけ使っても2,980円になります。ただパートナー回線は月に5GBまでであり、超過後は最大1Mbpsで使い放題となります。楽天回線エリアであれば、制限無しで高速ネット回線を楽しめます。

楽天モバイルの大きな魅力の一つが、海外でも利用できる点です。海外旅行や海外出張に行く機会が多い方は検討されてはいかがでしょうか。ちなみにRakuten Linkアプリを使うのが条件ですが、SMSと海外から日本への電話が無料になります。海外利用時の高速データ容量は2GBまでに限定されるので注意してください。

格安SIMとしては珍しい実店舗が非常に多く用意されている点も忘れてはなりません2021年2月現在で、全国約600店舗を展開中です。新規契約はもちろんですが、修理受付やSIMサイズ変更などのアフターサービスも受けられますよ。直接説明を聞きながら契約したい方でも楽天モバイルなら安心です。

楽天モバイル
  • 月間データ使用量が1GB以下なら料金無料
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは料金を無料化したり、データ通信を無制限にしたり、莫大な赤字を出してでも今はユーザーを集めにかかっている。つまり今なら審査が甘い可能性が高い。もちろん携帯代の節約に大きく貢献してくれる、という意味でもおすすめ。

キャンペーン情報

新規契約で3ヶ月間料金無料!
対象スマホの購入で最大25,000円分のポイント還元

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

auの審査は甘くないが対策しよう

auの審査は甘いわけではないので、がっかりした方も居るかも知れません。ただ未払い履歴がなく、個人信用情報に問題がなければ基本的には審査に通過できるはずです。

未払い履歴や個人信用情報に問題があっても、スマホの契約自体は可能です。未払い履歴をチェックしないリンクスメイトや、会員を大募集中の楽天モバイルあたりがターゲットになるでしょう。

審査に落ちてスマホの保有を諦めていませんか?対策をすれば、スマホを契約できる可能性も十分にあります。ぜひご紹介した方法をお試しください。

目次へ戻る

キャンペーン開催中のおすすめ携帯会社

携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
楽天モバイル
新規契約で3ヶ月間料金無料!
対象スマホの購入で最大25,000円分のポイント還元
  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
BIGLOBEモバイル
暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上新規契約で、初期費用無料、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが6ヶ月間無料!!

さらに対象端末とのセット契約で、最大20,000円相当のポイント還元!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
mineo
暮らしの達人経由でのデュアルタイプ5GB以上の新規契約で、3ヶ月間の料金が1,188円引き
2021/05/31まで

目次へ戻る

関連記事一覧

携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説 携帯ブラックでも契約できる格安SIMはある?携帯会社の審査の仕組みから徹底解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 使わない月は0円 携帯ブラックOK 楽天モバイル解説