暮らしの達人 > 格安SIM > 審査 > auの審査は甘いのか?その審査基準から推測

auの審査は甘いのか?その審査基準から推測

更新年月日 : 2021/09/13

auの審査は甘いのか?その審査基準から推測

auのスマホを契約する際、必ず審査が行われます。しかし審査と言ってもとても簡単で、借金あり、低年収、自己破産履歴あり、といった人でも問題なく審査に通る可能性が高いでしょう。

ただし、審査が不安ならauよりも格安SIMに申し込む方がおすすめです。その理由を含め、auの審査について詳しく解説していきます。

auの審査が不安な人におすすめする携帯会社

イオンモバイル
  • 不払者情報の共有に不参加!携帯ブラックでも審査に通る可能性あり
  • 500MBから50GBまで17通りのプランあり
  • 余ったデータは翌月繰越可能
回線種類 ドコモ、au
縛り なし

イオンモバイルは携帯会社の中では珍しく不払者情報の共有に参加していない。つまり、過去に携帯料金を滞納したことがある「携帯ブラック」な人でも、イオンモバイルならそれが理由で審査に落ちる可能性が低い。審査が不安な人には最適な携帯会社と言えるだろう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのMNP契約で5,000WAONポイントプレゼント!

お申込み

おすすめ携帯会社3選

無料で使える超低コスト携帯

楽天モバイル 楽天モバイル

今なら他社からの乗り換えでiPhoneが22,000円引き!楽天モバイルは月間のデータ使用量が1GB以下なら無料で20GBを超過しても3,278円(税込)で打ち切り。

申込み

悩んだらコレでいい

linemo LINEMO

キャリアなので通信速度・安定性は抜群。20GB+5分かけ放題で2,728円(税込)と、ahamo・povoと比較しても料金が安い。迷ったらこれで十分。

申込み

豊富なプランから選択可能

イオンモバイル イオンモバイル

500MBから50GBまで、データ容量に応じて17種類のプランあり。たくさん使う人も少量で使いたい人も検討してみよう。料金自体も他社と比較して安め。

お申込み

auの審査基準が甘いとは断言できない理由

詳細な審査基準は公表されていません。しかし、何が審査されるのかは分かります。また、審査に落ちてしまう理由についても、大体の目星はつくのでそれほど心配する必要はありません。

目次へ戻る

auの審査基準

それではauがどういう仕組みで審査を行い、どういう基準で当落を判断するのかを解説します。

目次へ戻る

申込内容や未払い履歴に関する審査

そもそもauは何を元に審査を行うのか。この答えは「申込内容+強制解約履歴」です。まず申込内容については、申し込み時に入力した情報のみに基づいて行われます。auの場合、名前や住所くらいしか入力するものはありません。つまり、年収や借金の有無、勤続年数などは考慮されません

そして「強制解約履歴」についても確認されます。実は携帯料金を滞納して強制解約されると、その履歴がTCAやTELESAという機関によって記録されます。しかもそれぞれの機関に加盟している携帯会社間で共有されます。例えばソフトバンクで強制解約された人は、それが原因でauの審査に落ちるのです。

「強制解約」がポイントなので、「数日支払いが遅れちゃった」みたいなのは余裕でセーフだよ。

補足の達人

目次へ戻る

割賦契約に関する審査

上記の審査に加えて、スマホ本体を分割契約する際にはそれが可能かどうかを判断する審査も行われます。

この審査は、クレジットカードやキャッシングの審査と同じような基準で行われます。申し込みの際には年収や勤務先の記載が必要になり、また、クレジットカードやキャッシングの支払い履歴や自己破産の有無が記載された個人信用情報というデータを審査の際に確認されます。

ただし、この審査はあくまでも分割契約を認めるかどうかの審査なので、落ちたとしても携帯会社と契約できなくなるわけではありません。スマホを分割契約できないだけなので、一括で契約するか、SIMのみ契約にすれば問題ありません。

目次へ戻る

主な審査の仕組みは他社と違いなし

以上のauの審査の仕組みは、ドコモやソフトバンクといった大手キャリア、楽天モバイルUQモバイルといった格安SIMと特に大きな違いはありません。したがって、auだからといって審査が甘いとか厳しいとかはほとんどありません。

上記の通り、審査の甘さは「あまり変わらん」というのが結論なんだけど、実は格安SIM業者の中には「強制解約された経験がある人でも審査に通る」会社があります。これについては後述します。

補足の達人

目次へ戻る

auの審査が不安な人におすすめする対策

auの審査は他社と比較して、甘くもなく厳しくもないわけですが、万が一落ちてしまった場合には他社に申し込むことで、携帯の契約ができる可能性があります。

目次へ戻る

未払者情報の共有に参加していない携帯会社に申し込む

先ほどちょっと触れたように、実は格安SIMには強制解約された履歴があっても審査に通る可能性がある業者があります。思い当たる経験があるのなら、以下で紹介するイオンモバイルなどの会社に申し込みましょう。

イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

画像引用元:イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】(2021年4月19日取得)

お申込みはこちら

イオンモバイルはTELESAに加盟しているものの、「不払者情報の交換」に参加していません。つまり、審査時に強制解約された履歴を共有しないため、心当たりがある人には最もおすすめの携帯会社です。

さらにイオンモバイルは料金面でもメリットがあります。主要な格安SIM会社の料金を比較すると、以下の通りほとんどのプランでイオンモバイルが最安です。

格安SIM5社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB 803円 - - - -
1GB 858円 1,078円 1,298円 - -
2GB 968円 - - - -
3GB 1,078円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 1,408円 - - - -
5GB 1,298円 - 1,518円 - -
6GB 1,408円 1,870円 - - -
7GB 1,518円 - - - -
8GB 1,848円 - - - -
9GB 1,738円 - - - -
10GB 1,848円 - 1,958円 - -
12GB 1,958円 3,740円 - - -
14GB 2,068円 - - - -
15GB - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,178円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - 3,828円 4,158円
30GB 4,378円 8,195円 - - -
40GB 5,258円 - - - -
50GB 6,358円 - - - -

審査に通りやすいだけでなく料金的にも安いため、auから乗り換えれば十分節約につながります。例えばauの格安プランpovoは20GBで2,728円(税込)ですが、イオンモバイルは20GBでも2,398円(税込)です。また、イオンモバイルはau回線に対応しているので、auのSIMロックがかかっている端末でも、SIMロック解除せずに利用できる可能性があります

イオンモバイル
  • 不払者情報の共有に不参加!携帯ブラックでも審査に通る可能性あり
  • 500MBから50GBまで17通りのプランあり
  • 余ったデータは翌月繰越可能
回線種類 ドコモ、au
縛り なし

イオンモバイルは携帯会社の中では珍しく不払者情報の共有に参加していない。つまり、過去に携帯料金を滞納したことがある「携帯ブラック」な人でも、イオンモバイルならそれが理由で審査に落ちる可能性が低い。審査が不安な人には最適な携帯会社と言えるだろう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのMNP契約で5,000WAONポイントプレゼント!

お申込み

目次へ戻る

審査が甘い可能性が高い楽天モバイルに申し込む

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

審査が不安な人には楽天モバイルをおすすめします。なぜなら楽天モバイルは赤字覚悟でユーザーを集めている状態なので、多少問題があろうと審査に通す可能性があるからです。

例えば楽天モバイルの料金は月間のデータ使用量に応じて変動します。1GB以下の場合はなんと無料です。また、楽天モバイル会員限定アプリのRakuten Linkから電話をかけた場合は通話料金も無料です。つまり、月々の通信量を1GB以下に抑えれば無料で使い続けることができるのです。

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

こんなとんでもないプランを提供していることからも、楽天モバイルがユーザー集めに躍起になっていることがわかります。

ただし、楽天モバイルはエリアによって電波が入りにくいなどデメリットもあります。下記関連記事で詳しく解説しているので、こちらの記事も参考にしてください。

楽天モバイル
  • 月間データ使用量が1GB以下なら料金無料
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要
回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは料金を無料化したり、データ通信を無制限にしたり、莫大な赤字を出してでも今はユーザーを集めにかかっている。つまり今なら審査が甘い可能性が高い。もちろん携帯代の節約に大きく貢献してくれる、という意味でもおすすめ。

キャンペーン情報

新規契約で3ヶ月間料金無料!さらに条件クリアで最大25,000円分のポイント還元
今なら乗り換えで各種iPhone22,000円引き

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
  3. 他社から乗り換えで15,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

auの審査は甘くないが選ぶ理由もない

auの審査は特別甘いわけでも厳しいわけでもありません。しかしauは今やあまりお勧めできない携帯会社です。格安SIMを利用した方が圧倒的に料金を節約できます。したがって、特にauでなければダメな理由がなければ格安SIMと契約することをおすすめします。もしくはauが提供している格安プランのpovoを選びましょう。

オンライン契約専用なのでショップで手続きすることはできませんが、20GBを2,728円(税込)で利用できます。格安SIMよりも多少高額ですが、その分auの回線が使えるので快適度は高いはずです。

他にも月額0円で運用可能な楽天モバイルなども候補になるでしょう。おすすめの携帯会社については下記記事でまとめているので、こちらの記事も参考にしてください。

目次へ戻る

キャンペーン開催中のおすすめ携帯会社

携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
楽天モバイル
新規契約で3ヶ月間料金無料!対象スマホの購入で最大25,000円分のポイント還元!他社からの乗り換えでiPhone22,000円引き!
  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
  3. iPhoneとのセット購入で最大15,000ポイントプレゼント!
  4. 他社から乗り換えでSIMのみ契約なら15,000ポイントプレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
UQモバイル
au、povo以外からののりかえ(MNP)でSIMのみ契約で、最大10,000円相当のauPAY残高プレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
ワイモバイル
事務手数料無料+ソフトバンク、LINEMOまたはソフトバンク回線を利用したMVNO以外からののりかえ(MNP)で最大10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
BIGLOBEモバイル
暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上新規契約で、初期費用無料、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが6ヶ月間無料

SIMのみ契約ならクーポンコード【SMC】入力で3,000円相当のポイント還元!
対象端末とのセット契約ならさらに、最大20,000円相当のポイント還元!
2021/10/17まで

各キャンペーンには細かい条件もあります。下記関連記事や公式サイトをご確認ください。

目次へ戻る

関連記事一覧

J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説 携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説 携帯審査に通るか確認する方法を解説携帯審査に通るか確認する方法を解説 携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説 携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説 携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 ブラックでも携帯分割できる!審査が不安な人必見のスマホ契約方法を解説 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 携帯ブラックでも契約できる格安SIMを3社紹介!なぜブラックでも契約できるのか理由を教えます 携帯ブラックでも契約できる格安SIMを3社紹介!なぜブラックでも契約できるのか理由を教えます

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO