暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIM比較 > ワイモバイルとUQモバイルを比較!ほぼ違いはないがキャンペーンに要注意

ワイモバイルとUQモバイルを比較!ほぼ違いはないがキャンペーンに要注意

更新年月日 : 2021/10/01

ワイモバイルとUQモバイルを比較!ほぼ違いはないがキャンペーンに要注意

ワイモバイルとUQモバイルはどちらもサブブランドと呼ばれ、キャリアが提供している格安SIMです。その性質からどちらも通信速度が他の格安SIMと異なり、キャリア並みに速いスピードで通信できます。一方で料金は格安SIMの中ではちょっと高めという特徴も同じです。

ではそれぞれを比較したときにどっちの方が優れていると言えるのかを詳しく解説していきます。

おすすめ携帯会社3選

無料で使える超低コスト携帯

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天モバイルは月間のデータ使用量が1GB以下なら無料で20GBを超過しても3,278円(税込)で打ち切り。スマホとのセット契約で最大25,000円相当の楽天ポイントがもらえる

申込み

悩んだらコレでいい

linemo LINEMO

キャリアなので通信速度・安定性は抜群。20GB+5分かけ放題で2,728円(税込)と、ahamo・povoと比較しても料金が安い迷ったらこれで十分

申込み

豊富なプランから選択可能

イオンモバイル イオンモバイル

不払者情報を共有しないため、他社での強制解約履歴があっても審査に通る可能性あり。携帯審査が不安な人におすすめの格安SIM。料金プランも500MBから50GBまで17種類あり、比較的安い。

お申込み

結論:迷ったら料金が安いUQモバイルがおすすめ

ワイモバイルUQモバイルを比較してみると、ほとんど違いがないことが分かります。通信速度が早く安定しているところも一緒ですし、格安SIMの中では若干高めの料金設定であるところも一緒です。ただ料金については全く同じというわけではなく、若干UQモバイルのほうが安い、との特徴があります。したがって、料金が少しでも安いほうが良いのであればUQモバイルをおすすめします。

UQモバイル公式サイト

目次へ戻る

ワイモバイルとUQモバイルのプランを比較

ワイモバイルとUQモバイルには特に大きな違いはありませんが、若干の違いがある料金について詳しくお伝えします。割引等にも違いがあるので、それらも含めて、自身にとってどちらのほうがお得かを考えていだければ幸いです。その他、使い勝手にも大きく関わるデータ容量、および通信速度・5Gについても比較するのでチェックしてみてください。

ワイモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) ギガ不足時の最大速度
S 3GB 2,178円 300Kbps
M 15GB 3,278円 1Mbps
L 25GB 4,158円 1Mbps

UQモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) ギガ不足時の最大速度
くりこしプランS 3GB 1,628円 300Kbps
くりこしプランM 15GB 2,728円 1Mbps
くりこしプランL 25GB 3,828円 1Mbps

目次へ戻る

安いのはUQモバイル

UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM(2020年2月18日取得)

  • 通信速度は格安SIM業界トップクラス
  • 基本料金はワイモバイルよりも安い
  • 3種類のかけ放題オプションあり
お申込みはこちら

格安SIM6社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 IIJmio
IIJmio
イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB - 803円 - - - -
1GB - 858円 1,078円 1,298円 - -
2GB 858円 968円 - - - -
3GB - 1,078円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 1,078円 1,188円 - - - -
5GB - 1,298円 - 1,518円 - -
6GB - 1,408円 1,870円 - - -
7GB - 1,518円 - - - -
8GB 1,518円 1,628円 - - - -
9GB - 1,738円 - - - -
10GB - 1,848円 - 1,958円 - -
12GB - 1,958円 3,740円 - - -
14GB - 2,068円 - - - -
15GB 1,848円 - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,068円 2,178円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - - 3,828円 4,158円
30GB - 4,378円 8,195円 - - -
40GB - 5,258円 - - - -
50GB - 6,358円 - - - -

料金を比較するとUQモバイルのほうが500円前後安いのが分かります。

たとえば3GBのプランを比較すると、ワイモバイルは月額税込み2,178円ですがUQモバイルは月額税込み1,628円です。15GBのプランの場合はワイモバイルは月額3,278円ですが、UQモバイルは2,728円です。25GBのプランの場合のワイモバイルは月額4,258円ですが、UQモバイルは3,828円です。

単純に料金比較をするだけではなく、双方の割引にも注目する必要があります。中には、あなたが利用できるものもあるかもしれません。

ワイモバイルには家族割があり、2回線目以降は圧倒的にお得になります。3GBのプランの2回線目以降は月額990円であり、15GBプランは月額2,090円、25GBプランは月額2,970円です。1回戦目と比較すると1,000円前後割り引かれることになるため、家族みんなで同じ格安SIMに乗り換えを検討しているのであれば、検討する価値は十分です。

家族割が使えなかったとしても、自宅の固定回線をソフトバンク提供のサービスに切り替えることで、毎月1,000円ほどの割引が適用されることもありますよ。

一方のUQモバイルも割引サービスを用意しており、自宅セット割と呼ばれるプランが提供されています。auでんきに加入または対象のインターネットサービス(ネット+電話)またはau ホームルーター 5Gへの加入が条件であり、データ容量3GBのプランは1人あたり月額税込み990円になります(通常は月額税込み1,628円)。

学生に対する割引もUQには用意されていました(UQ学割)。UQ学割は人気の高いキャンペーンであったので、今後復活する可能性も十分です。学生にとってかなりお得な割引であるため、該当する方は定期的にチェックされると良いでしょう。

UQモバイル
  • 回線速度はキャリア並み!
  • くりこしプランM/Lならギガを使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  • 基本料金はワイモバイルよりも安い
回線種類 au
縛り なし

基本料金を比較すると、同一条件でもワイモバイルよりもUQモバイルの方が安い。そのためこの2社で迷ったら、より料金が安いUQモバイルと契約するのがおすすめ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのSIMのみ契約で、最大10,000円相当のau PAY残高キャッシュバック!さらにeSIMでの契約なら+3,000円増額!

  • 新規でくりこしプラン+5G(S/M/L)と契約:3,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G(S)と契約:6,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G( M/L)と契約:10,000円相当キャッシュバック

※auまたはpovoからの乗り換えは除く

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

データ容量や通信速度、5Gはほぼ同じ

通信速度に関しては、スペック上はUQモバイルのほうが早いですが、体感的には大きな違いはありません。双方ともに大手キャリアの回線をそのまま利用しており、混み合う時間帯もネットがサクサク楽しめます。

主要格安SIMの通信速度比較(8/27-9/2の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
14.5Mbps 13Mbps 13.1Mbps 15.3Mbps
mineo
mineo(ドコモ回線)
8Mbps 4.3Mbps 6.1Mbps 6.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
7Mbps 2.4Mbps 5.4Mbps 5Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
4.5Mbps 2Mbps 1.9Mbps 2Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
6.9Mbps 2.6Mbps 4.6Mbps 4.7Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
9.4Mbps 8.1Mbps 5.5Mbps 10.1Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

毎月のデータですが、きっちり使い切る方は少ないでしょう。中には1GBや2GB、状況によっては4GBや5GBが余る時もあるのではありませんか。もし繰越しがなければ損した気分になってしまうかもしれませんが、ワイモバイルもUQモバイルも余ったギガを翌月に繰り越せるのでデータは無駄になりません。またデータ容量が増えるオプションも両方とも1年無料です。データ増量オプションを利用すると、どちらの会社も3GBのプランが5GBになり、15GBのプランは20GBになり、25GBのプランは30GBになりますよ。

高速・大容量ができる5Gに関しては、UQモバイルはauの対象エリア内で、ワイモバイルはソフトバンクの対象エリア内で無料で利用可能です。ただ、現状ではどちらも利用可能エリアは限られており、利用にあたっては5G対応スマホも必要になるのでまだ重視する必要はないでしょう。もう少し対応範囲が広がり、さらに対応スマホが増えてきたら比較対象とされてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

UQモバイルのメリット

UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM(2020年2月18日取得)

  • 通信速度は格安SIM業界トップクラス
  • 基本料金はワイモバイルよりも安い
  • 3種類のかけ放題オプションあり
お申込みはこちら

ワイモバイルと比較して、UQモバイルのメリットと言えるものを2つご紹介します。UQモバイルには、節約モードおよびかけ放題の強みがあるので、魅力に感じられた方は契約をご検討されてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

UQモバイルのみ節約モードあり

UQモバイルのみ、通信スピードを抑える代わりにデータ消費がカウントされないモード、いわゆる節約モードが用意されています。節約モードとは、データ消費なしで通信できるモードのことを指しています。ただ上限速度が制限されているので、動画サイトの利用であるとか、画像の多いサイトの表示には時間がかかる恐れもあります。一方で、SNSなどテキストベースのページを見る分には節約モードでも十分なので、うまく活用することでデータ消費のかなりの部分を抑えられることも事実です。

節約モードの最大速度はプランによって異なっており、3GBのプランSの場合は最大300kbpsであり、15GBと25GBのプランMとLについては最大1Mbpsになります。1Mbpsについては比較的高速であり、ほとんどのページをストレスなく鑑賞できるはずです。ただプランSの場合は、最大速度にやや難があるため、人によっては使い勝手的に悪い可能性もあるのでご注意ください。

目次へ戻る

かけ放題を考慮しても安い

UQモバイルにもワイモバイルにもかけ放題サービスはありますが、どちらも同料金なので結局はUQモバイルのほうが安いです。ただ、かけ放題の種類についてはワイモバイルは2種類のみで、UQモバイルは3種類あるので、その点もメリットと言えます。

ワイモバイルのかけ放題ですが、「だれとでも定額」と「スーパーだれとでも定額(S)」の2つになります。「だれとでも定額」については、1回10分以内の国内通話が無料になるプランであり、契約の料金プランに月額税込み770円をプラスすることで利用できるオプションサービスです。「スーパーだれとでも定額(S)」は、何時間でも、何回でも、国内電話がかけ放題の、通話完全定額サービスになります。オプション料金は月額税込み1,870円です。

UQモバイルのかけ放題オプション一覧

オプション名 内容 月額料金(税込)
かけ放題(24時間いつでも) 時間・回数制限なしでかけ放題 1,870円
かけ放題(10分/回) 10分間の国内通話無料 770円
通話パック(60分/月) 月に60分までの通話料金が無料 550円

UQモバイルのかけ放題ですが、「かけ放題(10分/回)」と「通話パック(60分/月)」の2つに2019年12月より「かけ放題(24時間いつでも)」の提供が開始されました。「かけ放題(10分/回)」は、1回あたり120分までの国内通話がかけ放題となるオプションで、月額税込み770円です。「通話パック(60分/月)」は、1ヶ月の国内通話が最大60分まで定額で利用できるオプションで月額税込み550円になります。そして新たに加わった「かけ放題(24時間いつでも)」は、国内通話がかけ放題となるものでオプション料金は月額税込み1,870円です。

ワイモバイルのかけ放題オプション一覧

オプション名 内容 月額料金(税込)
だれとでも定額 10分間の国内通話無料 770円
スーパーだれとでも定額(S) 時間・回数制限なしでかけ放題 1,870円

UQモバイルの「通話パック(60分/月)」は、月額550円と10分のかけ放題オプションよりも安く設定されています。そんなに頻繁ではないけども月に1時間程度は電話をする、といった方向けのオプションです。

UQモバイル
  • 回線速度はキャリア並み!
  • くりこしプランM/Lならギガを使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  • 基本料金はワイモバイルよりも安い
回線種類 au
縛り なし

基本料金を比較すると、同一条件でもワイモバイルよりもUQモバイルの方が安い。そのためこの2社で迷ったら、より料金が安いUQモバイルと契約するのがおすすめ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのSIMのみ契約で、最大10,000円相当のau PAY残高キャッシュバック!さらにeSIMでの契約なら+3,000円増額!

  • 新規でくりこしプラン+5G(S/M/L)と契約:3,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G(S)と契約:6,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G( M/L)と契約:10,000円相当キャッシュバック

※auまたはpovoからの乗り換えは除く

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

ワイモバイルのメリット

月々のスマホ代がおトク!使い方かんたん!ワイモバイルのSIMカード |Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

画像引用元:月々のスマホ代がおトク!使い方かんたん!ワイモバイルのSIMカード |Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで(2020年1月29日取得)

  • キャリア並みの通信速度
  • シンプルプランM/Lならギガ超過後も最大1Mbpsで使い放題
  • 自動的にYahoo!プレミアム会員が無料適用
お申込みはこちら

UQモバイルと比較して、「ワイモバイルのメリットと言えるものを1つご紹介します。ヤフーショッピングの利用頻度が高い方、PayPayのキャンペーンに注目されている方は要チェックです。

目次へ戻る

Yahoo!プレミアム会員特典がある

ワイモバイルと契約すると、Yahoo!プレミアム会員になれます。様々な嬉しい特典があり、うまく活用すると大きな節約につながることも少なくありません。

Yahoo!プレミアム会員は、通常月額税込み508円を支払って利用できる有料サービスになります。しかしワイモバイルと契約すると、月額利用料は発生しません。つまりワイモバイルの会員になるだけで無料でYahoo!プレミアム会員になれるのです。

Yahoo!プレミアム会員になると様々な特典が受けられ、注目なのがYahoo!ショッピング、PayPayモールでの買い物です。通常は1.0%相当のポイント還元となりますが、Yahoo!プレミアム会員になると、Tポイント1%+PayPayボーナス2%と最大3%相当が還元されるのです。月にYahoo!ショッピングとPayPayモールで合計1万円お買い物をしている人は、毎月300円分のポイントが還元されることになります。合計5万円の買い物をしている人であれば、還元額は1,500円相当にもなります。

他にもYahoo!プレミアム会員には注目の特典が多数あり、読み放題プレミアムにも注目でしょう。追加料金不要で雑誌110誌以上が読み放題になる特典も用意されているのです。ファッション誌や美容雑誌、ビジネス誌や週刊誌など幅広いジャンルを取り扱っています。仮に読み放題プレミアムに対応している雑誌の中に、毎週、または毎月購入しているものがある場合は大きな節約になるでしょう。

ヤフオクユーザーにもYahoo!プレミアム会員資格は魅力です。特に出品者にとっては、落鉄システム利用料の優遇特典がうれしいでしょう。プレミアム会員以外は落札価格の10%を支払わなければなりませんが、プレミアム会員であると8.8%と低くなるのです。月に10万円の落札がある方であれば1,200円もお得になる計算です。

ワイモバイル
  • スマホベーシックプランM/Rでの契約ならギガ消費後も最大1Mbpsで通信可能
  • 余ったデータ容量は翌月に繰越可能
  • 縛りがないのでいつでも無料で解約可能
回線種類 ソフトバンク
縛り なし

基本料金はUQモバイルに劣るが、家族割など割引プランあり。また、Yahoo!プレミアム会員になれるのでヤフー系列のサービスで様々な優待を受けられる

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約+条件クリアで最大10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント!さらに事務手数料無料!

  • 【SIMのみ】シンプルSへの乗り換え契約:3,000円相当
  • 【SIMのみ】シンプルMへの乗り換え・新規契約:5,000円相当付与
  • 【SIMのみ】シンプルLへの乗り換え・新規契約:7,000円相当付与
  • 【スマホセット】シンプルS/M/Lへの乗り換え・新規契約:7,000円相当付与

さらに対象者限定で、キャンペーンにエントリーのうえ契約するとシンプルSなら500円相当、シンプルM/Lプランなら3,000円相当がもらえる。

※ソフトバンク、LINEMOまたはソフトバンク回線を利用したMVNO各社からのりかえは対象外

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

ワイモバイルとUQモバイルのキャンペーンを比較

どちらも最大1万円相当の還元が受けられます。現金キャッシュバックを望んでいる人も多いと思いますが、現在では双方ともにQRコード決済のポイントとなります。

キャンペーンの条件は、どちらも複雑なので前もって確認しておく必要があります。たとえばUQモバイルの場合、auからUQモバイルへの移行はキャンペーン対象外です。ワイモバイルの場合も、ソフトバンクからワイモバイルの移行はキャンペーン対象外となります。満額受け取りたういのであれば、auの方はワイモバイルへの移行、ソフトバンクの方はUQモバイルへの移行をおすすめします。

以下、それぞれのキャンペーンについて個別に解説していきます。

まずワイモバイルです。契約特典で最大10,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントしてもらえるキャンペーンを実施中です。契約内容によって、PayPayボーナスの金額が異なる点に注目です。SIMカード・eSIMの場合は合計最大10,000円相当の対象となりますが、iPhone・スマホの場合は合計最大8,555円相当になります。満額のPayPayボーナスを受け取るためには、ワイモバイルオンラインストアから手続きする必要もあるので、前もって確認されると良いでしょう。

上記のワイモバイル特典ですが、選択するプランによってもPayPayボーナスの金額が異なります。

ワイモバイルの新規契約キャンペーン

契約プラン S M L
新どこでももらえる特典※1 500円相当 3,000円相当 3,000円相当
SIM契約特典※2 3,000円相当※3 5,000円相当 7,000円相当
スマホ契約特典※2 7,000円相当 7,000円相当 7,000円相当

※1:エントリー必須。またエントリーした場合は基本料1カ月無料キャンペーン対象外に。
※2:ソフトバンク・LINEMOまたはソフトバンク回線を利用したMVNO各社からのりかえは対象外。
※3:のりかえ契約の場合のみ。

プランSの場合はエントリーが必要な新どこでももらえる特典が500円相当であり、SIM契約特典は対象外になります。さらにスマホ契約特典が5,555円相当になるため、合計で6,055円相当が最大獲得額になります。

プランMの場合は新どこでももらえる特典が3,000円相当であり、SIM契約特典が5,000円相当、スマホ契約特典が5,555円相当になります。プランMでSIM契約をした場合は8,000円相当のPayPayボーナスが獲得でき、スマホ契約の場合は8,555円相当のPayPayボーナスが獲得できるのです。

プランLの場合は新どこでももらえる特典が3,000円相当であり、SIM契約特典が7,000円相当、スマホ契約特典が5,555円相当になります。プランLでSIM契約した場合は、契約キャンペーン最大額の10,000円相当のPayPayボーナスが獲得できます。スマホ契約の場合は、8,555円相当になります。

ワイモバイル
ワイモバイル

暮らしの達人経由での新規契約+条件クリアで最大10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント!さらに事務手数料無料!

お申込みはこちら

UQモバイルの場合は、最大で10,000円相当のauPAY残高をキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。契約の内容によってキャシュバック額が異なるのでご注意ください。

  • 3,000円キャッシュバック:新規でSIMのみ、くりこしプラン(S/M/L)のいずれかと契約
  • 6,000円キャッシュバック:au、povo以外からののりかえでSIMのみ、くりこしプラン(S)と契約
  • 10,000円キャッシュバック:au、povo以外からののりかえ(MNP)でSIMのみ、くりこしプラン(M/L)のいずれかと契約

新規契約でSIMのみを購入すると3,000円相当のキャッシュバックとなり、au、povo以外からののりかえであると、プランによって6,000円相当のキャッシュバックになるか10,000円相当のキャッシュバックになるかが変わってきます。

UQモバイル
UQモバイル

暮らしの達人経由でのSIMのみ契約で、最大10,000円相当のau PAY残高キャッシュバック!さらにeSIMでの契約なら+3,000円増額!

お申込みはこちら

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(1/3時点)

MVNO キャンペーン内容(SIMのみ契約) 契約プラン条件 1年間の実質料金(税込) 初期費用(税込) 期限
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
事務手数料無料&初月無料&1年間割引&5,000円相当ポイント 音声通話SIM 3,470円(音声3GB) 0円 1/31
楽天モバイル
楽天モバイル
3ヶ月無料&5,000円相当のポイント Rakuten Linkの利用条件クリア 9,702円(毎月3GB使った場合) 0円 未定
イオンモバイル
イオンモバイル
3,000WAONポイントプレゼント MNP契約+対象端末購入 9,936円(音声3GB) 3,300円 1/11
UQモバイル
UQモバイル
最大1万円相当のauPAY残高プレゼント こちら参照 13,536円(音声3GB) 3,300円 未定
ワイモバイル
ワイモバイル
最大1万円相当のPayPayプレゼント こちら参照 22,636円(音声3GB) 無料 未定

目次へ戻る

ほぼ違いはないので料金が安いUQモバイルの方が良い

ワイモバイルとUQモバイルの違いを比較してきましたが、大きな違いがないことが分かってもらえたと思います。各種サービスやキャンペーンの内容も似通っており、細かな差でどちらにするか決める他ありません。

その中でも特に重視すべきは、月々の基本料金でしょう。1ヶ月あたりの価格差は500円程度であり、UQモバイルのほうが有利です。月々500円はわずかな差ですが、1年、5年、10年と使っていくことを考えると、大きな差になります。

とりあえずUQモバイルを契約し、具合を確かめられてはいかがでしょうか。違約金もなければ縛りもないので、駄目なら駄目で他に乗り換えればよいのです。難しく考える必要はありませんよ。

UQモバイル
  • 回線速度はキャリア並み!
  • くりこしプランM/Lならギガを使い切っても最大1Mbpsで通信可能
  • 基本料金はワイモバイルよりも安い
回線種類 au
縛り なし

基本料金を比較すると、同一条件でもワイモバイルよりもUQモバイルの方が安い。そのためこの2社で迷ったら、より料金が安いUQモバイルと契約するのがおすすめ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのSIMのみ契約で、最大10,000円相当のau PAY残高キャッシュバック!さらにeSIMでの契約なら+3,000円増額!

  • 新規でくりこしプラン+5G(S/M/L)と契約:3,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G(S)と契約:6,000円相当キャッシュバック
  • MNPでくりこしプラン+5G( M/L)と契約:10,000円相当キャッシュバック

※auまたはpovoからの乗り換えは除く

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

キャンペーン開催中のおすすめ携帯会社

携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
楽天モバイル
新規契約で3ヶ月間料金無料!さらに条件クリアで最大25,000円分のポイント還元
【iPhone激トク乗り換え開催中】新規契約+Rakuten Link利用+iPhoneアップグレードプログラム利用で、最大30,000円相当のポイント還元!詳細はこちら
  1. 新規契約でもれなく5,000ポイントプレゼント!
  2. さらに対象のAndroidスマホとのセット購入のうえ、申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話とメッセージの送信を行うと最大+20,000ポイントプレゼント!
  3. もしくは他社から乗り換えのうえ、同条件クリアで+15,000ポイントプレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
UQモバイル
au、povo以外からののりかえ(MNP)でSIMのみ契約で、最大10,000円相当のauPAY残高プレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
ワイモバイル
事務手数料無料+ソフトバンク、LINEMOまたはソフトバンク回線を利用したMVNO以外からののりかえ(MNP)で最大10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
BIGLOBEモバイル
暮らしの達人経由での音声通話SIMの新規契約で、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが2ヶ月間無料!さらに契約時の条件に応じて特典あり!
  1. SIMのみ契約:クーポンコード【SMC】入力で5,000円相当のポイント還元!さらに初期費用無料!
  2. 対象端末とのセット契約:最大20,000円相当のポイント還元!
2022/01/31まで

各キャンペーンには細かい条件もあります。下記関連記事や公式サイトをご確認ください。

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO