暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIM(MVNO)のおすすめ業者はコレだ!料金・速度・キャンペーンを徹底比較

格安SIM(MVNO)のおすすめ業者はコレだ!料金・速度・キャンペーンを徹底比較

更新年月日 : 2020/08/12

格安SIM(MVNO)のおすすめ業者はコレだ!料金・速度・キャンペーンを徹底比較

この記事の内容まとめ

  • 格安SIMにもたくさんの種類があり、何を重視するかによって最もおすすめなものはどれかが変わる
  • 基本的には以下の3社から選べばOK
  • LINEモバイル:価格が安く、それでいて通信速度も速い。最もコスパに優れていて、格安SIM初心者におすすめ
  • UQモバイル:通信速度は格安SIM界随一。料金は少々高めだが、速度にこだわる人におすすめ
  • ワイモバイル:1回10分間の通話が無料。さらにオプションに加入することで時間制限なく無料に。たくさん電話をかける人におすすめ
  • 番外編で、楽天モバイルなら現在先着300万名まで1年間無料キャンペーン開催中なので、契約するのもアリ

格安SIM(MVNO)には多数の種類があり、これから申し込もうと考えている人は、どれを選んだら良いのか決めきれず悩んでしまうと思います。そこでこの記事では、MVNO歴5年のある程度ベテランユーザーが選んだ、おすすめ格安SIM業者を厳選して紹介していきます。

いずれも料金が安い、速度が速い、お得なキャンペーン(特典)があるなど、他社よりも優れた特徴を持っている業者です。これらの業者から選べば、満足できる可能性が高いと思います。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめMVNO業者3選

LINEモバイル

LINEモバイル LINEモバイル

ドコモ、au、ソフトバンクいずれの回線でも利用可能。最大2ヶ月間無料に加えて、LINEでのデータ利用が無制限。通信速度も速く、コスパは最高。

申込み

通信速度と低価格が魅力

UQモバイル UQモバイル

au回線で利用可能。通信速度はキャリア並みと評判。それでいて月額料金は格安SIMの中でも安く、このコスパの良さは多くの人たちにおすすめできる。

申込み

通信速度は格安SIMナンバーワン

ワイモバイル ワイモバイル

ソフトバンク回線で利用可能。通信速度では最速だと言われている格安SIM。しかし月額料金は格安SIMの中では高め。回線速度にこだわる人も納得できるはず。

申込み

注意:初めて格安SIM(MVNO)に申し込む人は回線の違いに気をつけよう

この記事を読んでいる人の多くが、キャリアから格安SIMに乗り換えることを検討していると思います。その際に、1つ大きな注意点があります。

格安SIM業者が扱っている回線には、ドコモ、au、ソフトバンクの3種類があります。もしもあなたがドコモで契約した携帯電話を使って格安SIMを利用したいのであれば、ドコモ回線を扱っている業者でなければ格安SIMを使うことができません。当然、auで契約した携帯電話であれば格安SIMもau回線にしなければいけません。

したがって、例えばソフトバンクで契約した携帯電話を持っている状態で「楽天モバイルが良いな」と思っても、楽天モバイルではソフトバンク回線を扱っていないので、利用できません。この場合は、下記のいずれかの手段を行なわなければいけません。

  • 端末のSIMロックを解除する(有料)
  • SIMフリーのスマホに買い換える
  • 格安SIMと同時に、その回線に対応したスマホをセットで契約する

当記事ではどの業者がどの回線を扱っているか、についても解説していくので、お間違えのないようご注意ください。

目次へ戻る

厳選:おすすめの格安SIM(MVNO)業者はコレだ!

LINEモバイル:低価格で高速通信!MVNO初心者ならココ!【ドコモ、au、ソフトバンク回線】

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

LINEモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3回線揃った取り扱いがあり、誰でもすぐに乗り換えることが可能です。

LINEモバイルのポイントは低価格と高速通信です。

まず料金プランについては以下の通りです。

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

主要格安SIMの料金を比較すると、いかにLINEモバイルが安いのかがよくわかります。

主要格安SIMの料金比較

会社名 音声通話SIM3GBプランの料金(税別)
LINEモバイル
LINEモバイル
1,480円
mineo
mineo(Dプラン)
1,600円
UQモバイル
UQモバイル
1,980円
ワイモバイル
ワイモバイル
2,680円

ただでさえ安いのに加えて、最大2ヶ月間料金無料といったキャンペーンもあるので、実質的にはさらに安くなります。キャンペーンを加味した料金を比較すると以下の通りです。

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(9/1時点)

MVNO キャンペーン内容 契約プラン条件 1年間の料金(税別) 初期費用(税別) 期限
楽天モバイル
楽天モバイル
1年間2,980円引き(無料) UN-LIMIT(先着300万名) 0円 3,000円 先着300万名
nuromobile
nuromobile
5ヶ月間半額(700円引き) 音声付きSIM 11,900円(Sプラン) 3,000円 未定
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
6ヶ月間900円引き(無料) 音声3GB以上 13,800円(音声3GB) 3,000円 11/3
LINEモバイル
LINEモバイル
3月間980円引き(無料) 音声3GB以上 13,340円(音声3GB) 3,000円 未定
IIjmio
IIjmio
6ヶ月間700円引き 通話定額オプション加入(通常税別830円のところ7ヶ月間無料) 13,400円(音声3GB) 3,000円 9/30

さらに、通信速度についても他社よりも優れているのが強みです。

主要格安SIMの通信速度比較(9/2時点)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
10.7Mbps 12.8Mbps 14.4Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
19.2Mbps 0.7Mbps 11.0Mbps
mineo
mineo(Dプラン)
5.5Mbps 0.3Mbps 6.1Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
8.5Mbps 0.3Mbps 5.9Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
1.8Mbps 1.6Mbps 10.2Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
12.8Mbps 0.3Mbps 5.7Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
15.5Mbps 0.9Mbps 7.9Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

主要格安SIMの通信速度比較(8/28-9/3の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
13.4Mbps 13.3Mbps 13.9Mbps 14.1Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
13.7Mbps 3.3Mbps 7.7Mbps 11.4Mbps
mineo
mineo(mineo)
5.4Mbps 1.7Mbps 2.4Mbps 5.9Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル
9Mbps 2.8Mbps 2.6Mbps 6.2Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
3.2Mbps 6.6Mbps 8.8Mbps 5.5Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
9.2Mbps 2.6Mbps 2.8Mbps 7.2Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
11.2Mbps 3.2Mbps 7.4Mbps 7.4Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能
回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

価格と速度という、2つの重要なポイントのバランスが優れている格安SIM。初心者は迷ったらこれでOK。申し込み時には必ず下記のキャンペーンコードを入力して、お得に契約しよう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

UQモバイル:auユーザーにおすすめ!キャリア並みの通信速度をお得に利用可能【au回線】

UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM(2020年2月18日取得)

UQモバイルは他のMVNOと比較して特別安いわけではありません。もっと安い会社は他にあります。

しかし、回線速度が非常に速いのが魅力です。これは株式会社イードが行っている「格安SIMアワード」でも、UQモバイルは2018上下半期、2019上半期と連続で通信速度部門の最優秀賞を獲得していることからもわかります。

また、下記の通りどの時間帯でも10Mbps以上を叩き出しており、もはやドコモやauなどキャリア並みの速度と安定性を誇ります。

主要格安SIMの通信速度比較(8/28-9/3の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
13.4Mbps 13.3Mbps 13.9Mbps 14.1Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
13.7Mbps 3.3Mbps 7.7Mbps 11.4Mbps
mineo
mineo(mineo)
5.4Mbps 1.7Mbps 2.4Mbps 5.9Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル
9Mbps 2.8Mbps 2.6Mbps 6.2Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
3.2Mbps 6.6Mbps 8.8Mbps 5.5Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
9.2Mbps 2.6Mbps 2.8Mbps 7.2Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
11.2Mbps 3.2Mbps 7.4Mbps 7.4Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

つまりUQモバイルなら格安SIMにありがちな、「格安SIMに乗り換えたけど速度が遅すぎて不満!乗り換えなければよかった!」と不満を抱く可能性が低いのです。

UQモバイルがこれほどの速度を維持できている理由は「企業努力」だと社長自ら明言しています。ただUQモバイルはauと同じくKDDIグループに所属しているため、他社よりも企業努力をやりやすい土壌が整っているのでしょう。

UQモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税別) ギガ不足時の最大速度
スマホプランS 3GB 1,980円 300Kbps
スマホプランR 10GB 2,980円 1Mbps

料金プランはシンプルな2パターンです。最も安い3GBプランなら月額1,980円(税別)で利用できます。10GBの場合はギガを使い果たしたあとも最大1Mbpsで通信できます。

UQモバイルのかけ放題オプション一覧

オプション名 月額料金(税別)
かけ放題(24時間いつでも) 1,700円(税別)
かけ放題(10分/1回) 700円(税別)
通話パック(月に60分までの通話料金が無料) 500円(税別)

また、UQモバイルには3種類のかけ放題オプションがあります。電話をたくさんかける人はこれらのオプションも検討しても良いでしょう。ただし、かけ放題については次に紹介するワイモバイルの方がおすすめです。

UQモバイル
  • 回線速度はキャリア並み!
  • 24時間かけ放題オプションあり
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
回線種類 au
縛り なし

通信速度を重視するならUQモバイル一択。料金は他社よりも多少高額だが、通信速度はぶっちぎりで速い。また、スマホプランRなら10GBを使い果たしても最大1Mbpsで通信できるので実質使い放題。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約で、最大10,000円キャッシュバック

  • SIMのみ新規契約:3,000円キャッシュバック
  • SIMのみMNP新規契約:10,000円キャッシュバック
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

ワイモバイル:ソフトバンクユーザーにおすすめ!キャリア並みの通信速度をお得に利用可能【ソフトバンク回線】

オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

画像引用元:オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで(2019年12月16日取得)

ソフトバンク回線を扱っているMVNOは少ないのですが、このワイモバイルは珍しくソフトバンク回線のみを扱っているMVNOです。

むしろワイモバイルはソフトバンクモバイルの商品であり、あのソフトバンクが展開する格安SIMサービスなのです。つまりソフトバンクではキャリアとしての「ソフトバンク」と、MVNOとしての「ワイモバイル」という2つの携帯ブランドを扱っているわけです。このようなMVNOのことをサブブランドと呼び、ワイモバイルと先に紹介したUQモバイルが該当します。

サブブランドは他のMVNOと比較すると、キャリア並みに速度が速いと言われています。通常、格安SIMはキャリアと比較すると回線速度が遅いのですが、サブブランドなら速度をある程度維持しつつ料金を抑えることができます。ワイモバイルも失敗の少ない格安SIMと言えるでしょう。

ワイモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税別) ギガ不足時の最大速度
S 3GB 2,680円 128Kbps
M 9GB 3,680円 1Mbps
L 14GB 4,680円 1Mbps

また、ワイモバイルはオプション不要で1回10分以内の電話がかけ放題になります。しかも他社とは違い、専用の電話アプリを使う必要なく、スマホのデフォルトの通話アプリを使った場合でもかけ放題の対象です。

ワイモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税別) ギガ不足時の最大速度
S 3GB 2,680円 128Kbps
M 9GB 3,680円 1Mbps
L 14GB 4,680円 1Mbps

ただし、ワイモバイルの料金はMVNOの中では少々高額です。最安の3GBプランでも2,680円(税別)です(6ヶ月間は1,980円)。節約効果は他社MVNOよりも薄いのでお気をつけください。

他にもワイモバイルならではの特典として、通常有料のYahoo!プレミアムに無料で加入できることが挙げられます。Yahoo!プレミアムになればヤフオクでの手数料が安くなるなどの特典を受けられます。また、話題のスマホ決済アプリPayPayもYahooのサービスであり、Yahoo!プレミアム会員ならばPayPay利用時の還元率が高くなるというメリットもあります。

ワイモバイル
  • ソフトバンクのサブブランド
  • 1回10分以内の国内通話が無料。専用アプリ不要
  • 縛りがないのでいつでも無料で解約可能
回線種類 ソフトバンク
縛り なし

通信速度が速い格安SIM。UQモバイルと似ているが、1回10分間の通話が無料になること、6ヶ月間700円引きになること、ヤフー系のサービスで優遇されることなどワイモバイルならではのメリットもあり。ソフトバンク回線を提供しているのも珍しい特徴。

キャンペーン情報

新規契約で6ヶ月間700円引き+月々のデータ容量が1年間増量
さらに事務手数料無料+他社からの乗り換えでスマホベーシックプランM/Rの契約ならPayPayボーナス6,000円相当プレゼント!

お申込み

目次へ戻る

楽天モバイル:先着300万名まで1年間料金無料!ただし楽天回線に注意

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年6月23日取得)

楽天モバイルは2020年4月にリニューアルされ、格安SIMからキャリアになりました。これに伴い、先着300万名まで、通常2,980円(税別)の料金が1年間無料になるキャンペーンを開催しています。この期間中に申し込めば、正真正銘1年間は無料でスマホを使うことができます。

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

しかも、データ通信は楽天回線エリアに限り無制限で利用できます。楽天回線エリア以外の場合は月5GBまでで、ギガを使い果たした場合は最大1Mbpsで通信可能です。

また、Rakuten Linkという楽天モバイル会員専用のアプリを使うことで、通話料金が無料になります。そして縛りもないので、有料化する前に無料で解約してしまうことができます

このようにメリットだらけの楽天モバイルですが、1点だけデメリットがあります。それは楽天モバイルに対応しているスマホが現時点ではわずかしかないことです。

SIMフリーのスマホでも楽天モバイルに対応していなければ使うことができません。iPhoneも動作保証対象外であり、最新機種であれば使うことはできるようですが、Rakuten Link非対応など、一部の機能が制限されます。

したがって、基本的には楽天モバイル対応回線とのセット契約が必要になります。

最もおすすめな端末は、OPPO A5 2020です。こちらは現在20,019円(税別)で販売されており、さらに今なら20,000円相当の楽天ポイントが還元されます。つまり実質19円(税別)で契約できるので、非常に安く購入できます。

また、楽天モバイルと契約すると、楽天市場で買い物した際に貯まるポイントが+1倍されます。この状態で楽天カードを使って楽天市場で支払いえば、最低でも100円の支払いにつき楽天スーパーポイントが4ポイント貯まります。

非常にお得ではありますが、まだ始まったばかりのサービスなので、今後の不安もあります。楽天モバイルのメリットデメリットをまとめた記事もありますので、興味がある方は下記の「詳細を見る」ボタンを押して、関連記事もご覧ください。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!
回線種類 楽天
縛り なし

第四のキャリアとして誕生した携帯会社。なんといっても1年間無料キャンペーンが超強力。タダで携帯が持てるのは物凄い。楽天回線エリアではデータ通信が無制限、Rakuten Linkアプリからの発信なら通話料金無料など、限界知らずのプランも驚愕。楽天モバイル対応スマホの種類が少ない点だけ非常に悔やまれる。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大26,300円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと6,300ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

目次へ戻る

イオンモバイル:データ通信量に応じて11通りのプランを用意!過不足ないプランが見つかる【ドコモ、au回線】

業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】(2020年1月29日取得)

イオンモバイルはあのイオンが運営しているMVNOであり、安心感も高いと思います。回線はドコモとauの2種類を扱っています。

イオンモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税別)
音声500MBプラン 500MB 1,130円
音声1GBプラン 1GB 1,280円
音声2GBプラン 2GB 1,380円
音声4GBプラン 4GB 1,580円
音声6GBプラン 6GB 1,980円
音声8GBプラン 8GB 2,680円
音声12GBプラン 12GB 3,280円
音声20GBプラン 20GB 4,680円
音声30GBプラン 30GB 5,680円
音声40GBプラン 40GB 6,980円
音声50GBプラン 50GB 8,980円

イオンモバイルの特徴は豊富なプランです。月500MBから50GBまで11通りのプランが用意されています。2GBや8GBなど、他社ではあまり見かけないプランを扱っています。自身の月間データ使用量を把握して、ちょうど良いプランを選べば節約につながると思います。

  • 他社のMVNO:1GB、3GB、5GB、10GBなど、4、5通りのプラン設定が普通
  • イオンモバイル:1GB、2GB、4GB、6GBと細かく11通のプランがある

また、イオンモバイルはセット販売しているスマホのバリエーションが多く、最も安いもので月々616円(税別)で契約できます。格安スマホとセットで契約できる、という点でもおすすめのMVNOです

イオンモバイル
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 500MBから50GBまで、幅広いプランあり
  • 料金は格安SIMの中でも安い
回線種類 ドコモ、au
縛り なし

料金プランが豊富で、自分に合ったプランを過不足なく契約できるのが魅力。格安スマホの取り扱いも豊富で、2万円以下でスマホを購入することも可能。普段そこまでスマホを酷使しない人におすすめ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのMNP契約で3,000円相当のWAONポイントプレゼント!さらに対象スマホとのセット契約で最大1万円引き!

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

リペアSIM:iPhoneの故障時に修理代金を全額キャッシュバック!【ドコモ、au、ソフトバンク回線】

料金プラン | RepairSIM(リペアSIM)

画像引用元:料金プラン | RepairSIM(リペアSIM)(2019年9月26日取得)

リペアSIMの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
1GB 1,280円
3GB 1,780円
5GB 2,180円
7GB 2,780円
10GB 3,480円
20GB 4,980円

リペアSIMは少し特殊なMVNOで、iPhoneユーザーに強くおすすめします。

その理由は、リペアSIMと契約すると、お持ちのiPhoneが故障した際に、修理代金を全額キャッシュバックしてくれるからです。キャッシュバックの適用条件は以下の通りです。

リペアSIMキャッシュバック適用要件

  • 修理時に、同時にリペアSIM新規音声プランにお申込のお客様。
  • リペアSIM、音声プランをご契約後に初めて修理をご利用のお客様。
    店頭にて、ご契約状況の確認を行いますので、受付時にお客様マイページにログインして、ご契約情報のご提示をお願い致します。
    (画面破損等でログイン出来ない場合は、修理完了後にお願い致します。)
  • 修理後、6か月以内に新規で音声プランをご契約のお客様。
    修理完了報告書をご提示ください。(この場合、ご契約時から10か月後のキャッシュバックとなります。)

引用元:サービス紹介 | RepairSIM(リペアSIM)(2019年9月26日取得)

特に面倒な制約はなく、単純にリペアSIMの音声プランを契約していれば条件クリアとなるようです。なお、データ通信専用プランの場合はキャッシュバックの対象外です。

修理内容に関する規定はここでは細かく書かれていませんが、例として画面割れ、電池交換が挙がっています。ただし、修理を受けるには「iPhone修理アイサポ」というお店を利用しなければいけません。AppleStore等で修理した場合は無効となるようなのでお気をつけください。

キャッシュバックの時期について

  • キャッシュバック対象の修理完了日から10か月後に、ご登録メールアドレスへリペアSIMサポートデスクからご案内が届きます。
  • ご案内後、期間内にお手続きを完了されない場合、キャッシュバックが無効となりますのでご注意ください。
  • キャッシュバック対象月までに解約された場合、キャッシュバックが無効となります。

引用元:サービス紹介 | RepairSIM(リペアSIM)(2019年9月26日取得)

また、キャッシュバックは修理完了日から10か月後に受け取ることになります。かなり期間が空きますが、受け取り手続きを行わないと無効になってしまいますので、忘れずにしておきましょう。2度目以降の修理は毎回10%引きになります。

リペアSIM
リペアSIM

リペアSIMとの契約中にiPhoneを修理した場合、修理代金をキャッシュバック!iPhoneユーザーにおすすめ

お申込みはこちら

目次へ戻る

ロケットモバイル:低価格な料金が魅力【ドコモ、au、ソフトバンク回線】

IOT特化型の格安SIM | ロケットモバイル<

画像引用元:IOT特化型の格安SIM | ロケットモバイル(2020年2月18日取得)

知名度は低い業者ですが、ロケットモバイルはいずれのプランも他社より比較的低価格で、コストを抑えたい人におすすめのMVNOです。回線は3種類扱っていますが、ソフトバンクのみ通話プランの扱いがありませんのでご注意ください。

ロケットモバイルのプランの中でも、特に3GBプランがお得です。MVNOの中でも有名なmineoの3GBプランの場合、ドコモ回線なら1,600円(税別)で、au回線なら1,510円(税別)です。比較すると、ロケットモバイルの方がいずれも数百円お得です。しかも契約初月はいかなるプランでも無料で利用できます

また、注意点として、直近3日間のデータ通信量に応じて、通信速度規制がかかる場合がありますので覚えておきましょう。ギガを使い果たした際に規制がかかるのはどの業者でもそうですが、わずか数MBで通信規制がかかる格安SIMはちょっと珍しく、ロケットモバイルのデメリットです。

直近3日間のデータ通信量が規定値を超えた場合、ご利用の通信速度を200kbpsに制限させていただく可能性があります。

1GBプラン(360MB/3日間)、2GBプラン(360MB/3日間)、3GBプラン(500MB/3日間)、5GBプラン(800MB/3日間)、7GBプラン(1GB/3日間)、20GBプラン(3GB/3日間)。

引用元:ロケモバ – 格安SIMが業界最安級!! | ロケットモバイル(2019年10月14日取得)

また、アンケート回答や資料請求などでロケモバポイントが貯まり、貯まったポイントで支払い可能です。しかし手間のかかる作業ですので、先に紹介した楽天モバイルのように、ガンガン貯めてガンガン使う、ということは難しいでしょう。あまり期待しない方が良いと思います。

ロケットモバイル
ロケットモバイル

月額298円(税別)で運用可能な「神プラン」が魅力!

お申込みはこちら

目次へ戻る

おすすめMVNOに乗り換えて、携帯代を節約しよう!

以上、おすすめの格安SIMを紹介してきました。いずれの格安SIM業者も速度などは契約してみないとわからないところもありますが、料金に関しては確実にキャリアよりも圧倒的にお得になると思います。

また、楽天モバイルとワイモバイルに関しては、いつ解約しても手数料や違約金などはかかりません。もしも契約してみて、もしも気に入らなければ解約することが可能です。

他にもmineoは「mineoプチ体験」と呼ばれるお試しプランをドコモ、au、ソフトバンク回線それぞれで提供しており、事務手数料500円(税別)+SIMカード発行料400円(税別)+最大2ヶ月間は月額300円(税別)で契約することが可能です。2ヶ月以内の解約なら契約解除料不要ですし、気に入ればそのまま継続して使用することも可能です。もちろん契約プランを無料で変更することもできます。

「初めての格安SIMでちょっと不安…。」と思っている人でも、これらの特典を使えば安心して利用することができるでしょう。ぜひ格安SIMに乗り換えて、月々の携帯代の節約にチャレンジしてみてください。

おすすめMVNO業者3選

LINEモバイル

LINEモバイル LINEモバイル

ドコモ、au、ソフトバンクいずれの回線でも利用可能。最大2ヶ月間無料に加えて、LINEでのデータ利用が無制限。通信速度も速く、コスパは最高。

申込み

通信速度と低価格が魅力

UQモバイル UQモバイル

au回線で利用可能。通信速度はキャリア並みと評判。それでいて月額料金は格安SIMの中でも安く、このコスパの良さは多くの人たちにおすすめできる。

申込み

通信速度は格安SIMナンバーワン

ワイモバイル ワイモバイル

ソフトバンク回線で利用可能。通信速度では最速だと言われている格安SIM。しかし月額料金は格安SIMの中では高め。回線速度にこだわる人も納得できるはず。

申込み

目次へ戻る

新着記事一覧

ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 最強の格安SIMはコレだ!料金・速度などベストな特徴を持つ会社を紹介 最強の格安SIMはコレだ!料金・速度などベストな特徴を持つ会社を紹介 LINEモバイルのおすすめ回線は?ドコモ・ソフトバンク・au回線の違いを徹底比較 LINEモバイルのおすすめ回線は?ドコモ・ソフトバンク・au回線の違いを徹底比較 通信制限なしでLINEが使えるLINEモバイルとは?特徴を解説 通信制限なしでLINEが使えるLINEモバイルとは?特徴を解説 キャッシュバックがすぐもらえるWiMAXはコレ!面倒な条件がない会社で契約しよう キャッシュバックがすぐもらえるWiMAXはコレ!面倒な条件がない会社で契約しよう 【2020年】WiMAXの機種はどれがおすすめ?違いや選び方を徹底解説 【2020年】WiMAXの機種はどれがおすすめ?違いや選び方を徹底解説 WiMAXホームルーターを比較!機種選びで迷った人に向けておすすめ機種を徹底解説 WiMAXホームルーターを比較!機種選びで迷った人に向けておすすめ機種を徹底解説 WiMAXとポケットWi-Fiの違いを比較!それぞれの特徴を覚えて自分にあったネット回線を手に入れよう WiMAXをお試しできる会社はココ!速度やエリアを確かめてから契約する方法を解説 格安SIM初心者におすすめする会社と基礎知識を徹底解説!携帯料金は簡単に節約できる 格安SIM初心者におすすめする会社と基礎知識を徹底解説!携帯料金は簡単に節約できる ギガ不足になったらどうする?おすすめの対策方法を解説 ギガ不足になったらどうする?おすすめの対策方法を解説 iPhone SE(第2世代)を安く買う方法を解説!格安SIMなら月々4,000円以内で運用可能 iPhone SE(第2世代)を安く買う方法を解説!格安SIMなら月々4,000円以内で運用可能 WiMAXとポケットWi-Fiの違いを比較!それぞれの特徴を覚えて自分にあったネット回線を手に入れよう WiMAXとポケットWi-Fiの違いを比較!それぞれの特徴を覚えて自分にあったネット回線を手に入れよう

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線