暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIM比較 > おすすめ格安SIM・携帯会社はこの4社!携帯使用料3,000円以上の人は乗り換えるだけで安くなる

おすすめ格安SIM・携帯会社はこの4社!携帯使用料3,000円以上の人は乗り換えるだけで安くなる

更新年月日 : 2022/08/31

おすすめ格安SIM・携帯会社はこの4社!携帯使用料3,000円以上の人は乗り換えるだけで安くなる

たくさんの種類がある格安SIM・格安プランの中でも、「自分が申し込むならここを選ぶ」という基準で選んだおすすめ携帯会社を紹介します。

プランにもよりますが、ここで紹介している携帯会社に乗り換えれば、月々の通信費用は0〜3,240円以内に収まると思います。つまりそれ以上払ってる人は、ぜひ乗り換えてね。

補足の達人

\今なら3GBプランが8ヶ月間実質無料!/

LINEMOに申し込む

おすすめ携帯会社3選

データ無制限+通話無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天回線エリア内ならデータ使用量が無制限でどれだけ使っても3,278円。さらにRakuten Linkからの発信で通話料無料。スマホとのセット契約で大量の楽天ポイントがもらえる

申込み

審査なしでブラックOK

pocket-mobile だれでもモバイル

審査がないので、18歳以上で身分証と銀行口座があれば誰でも契約可能。クレジットカードが持てない人や、携帯ブラックの人に最適。だれでもモバイルのメリット・デメリットはこちらで解説

申込み

8ヶ月間実質無料!

LINEMO LINEMO

月間3GBで990円のミニプラン契約で、8ヶ月間990円相当のPayPayポイントがもらえる。料金はPayPayポイントで支払い可能。さらに5分間かけ放題が1年無料。契約・解約手数料も無料!

お申込み

自分ならここから選ぶ!おすすめ格安SIMと選んだ理由

LINEMO:迷ったらこれでOK!手数料無料+3GBプラン990円+速度も速い

【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド(2020年1月29日取得)

  • ahamoよりも料金が安い
  • LINEのデータ消費が無制限
  • 契約から解約まで一切の手数料無料
お申込みはこちら

最もおすすめするのはLINEMO。なぜならLINEMOはソフトバンクが提供している格安プランなので、一般的な格安SIMよりも通信速度が速いから。しかもデータ容量は20GBと多く、それでいて料金は2,728円(税込)。コストパフォーマンスが高く、アレコレ悩むくらいならLINEMOで十分でしょう。

また、LINEMOと同じようにドコモにはahamo、auにはpovoという格安プランがあります。料金を比較すると、ahamoよりもLINEMOとpovoの方がわずかに安いです。

ahamo、povo、LINEMOのスペック比較

ブランド名 ahamo povo2.0 LINEMO
使用回線 ドコモ au ソフトバンク
プラン数 1種類 1種類※1 2種類
料金 3GB なし 990円※2 990円
20GB 2,970円 2,700円※2 2,728円
通話料金 22/30秒 22/30秒 22/30秒
かけ放題 5分間 無料 550円 550円※3
無制限 なし 1,650円 1,650円※3
超過後の通信速度 1Mbps 128kbps 1Mbps(ミニプランは300kbps)
その他特徴 海外ローミング20GBまで無料 トッピングなしだと月額無料 LINEのデータ通信無制限

※1データ通信量など全てオプション化
※2:有効期限は30日間
※3:今なら1年間550円引き

5分無料通話を考慮すると、LINEMOだと550円のオプションに加入する必要があるのでahamoよりも高額になります。しかし今なら契約から1年後まではこのオプション料金が無料になり、20GB+5分無料通話を2,728円で1年間使えるため、LINEMOが最もおすすめだと言えます。

LINEMOの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) 制限時の通信速度
ミニプラン 3GB 990円 300kbps
スマホプラン 20GB 2,728円 1Mbps

また、LINEMOには3GBで990円のミニプランも用意されているので、あまりデータを使わない時はミニプランに変更することで料金をさらに抑えることもできます。このような柔軟性があることからも、ahamopovoよりおすすめです。

とはいえahamopovoも決して見劣りしません。例えば現在ドコモと契約しているのなら、ahamoにのりかえた方がSIMロック解除の手続きをしなくて良いので簡単だと思います。いずれにしても、これから格安SIMに乗り換えるのならLINEMOをはじめ、ahamopovoが最有力候補になるでしょう。

また、この3社は契約から解約まで一切の手数料が無料です。縛りもないので、もしものりかえて不満があれば解約すれば良いでしょう。

「20GBも使わない」って人もいるかもしれませんが、これだけあると安心感が違います。通信速度も申し分ないので、特にこだわりがなければまずLINEMO、ahamo、povoのいずれかで十分!

補足の達人

LINEMO
  • 3GBプランが半年実質無料!オンラインでのみ契約可能
  • 20GBで2,728円と3GBで990円の2つのプランを切り替え可能
  • 新規契約・解約・SIM発行の手数料全て無料
回線種類 ソフトバンク
縛り なし

LINEMOahamopovoと比較して料金が安い。しかも5分通話のオプション料金が5年間無料で、3GB990円のミニプランに切り替えも可能。契約・解約の手数料も無料。LINEMOはオンライン契約専用プランなので、ソフトバンクの店舗では契約できない点だけ注意しよう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約で最大13,000円相当のPayPayポイントプレゼント!or8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)
さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)

  • スマホプランでの乗換契約:13,000円相当還元
  • スマホプランでの新規電話番号発行:3,000円相当還元
  • ミニプランでの契約:PayPayポイント990円相当を8カ月間毎月プレゼント

キャンペーン期日:2022/12/04

お申込み

目次へ戻る

IIJmio:格安SIMの中では料金がトップクラスに安い

格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio(2021年4月19日取得)

  • 料金は格安SIM業界でもトップクラスの安さ
  • eSIM対応!eSIMプランが激安
  • 通話料金が30秒ごとに11円(税込)
お申込みはこちら

IIJmio(みおふぉん)は若干知名度が低いのですが、シンプルに料金が激安なのでおすすめです。主要な格安SIM業者と比較すると一目瞭然です。

格安SIM6社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 IIJmio
IIJmio
イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB - 803円 - - - -
1GB - 858円 1,078円 1,298円 - -
2GB 850円 968円 - - - -
3GB - 1,078円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 990円 1,188円 - - - -
5GB - 1,298円 - 1,518円 - -
6GB - 1,408円 1,870円 - - -
7GB - 1,518円 - - - -
8GB 1,500円 1,628円 - - - -
9GB - 1,738円 - - - -
10GB - 1,848円 - 1,958円 - -
12GB - - 3,740円 - - -
15GB 1,800円 - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,000円 1,958円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - - 3,828円 4,158円
30GB - 3,058円 8,195円 - - -
40GB - 4,158円 - - - -
50GB - 5,258円 - - - -

特に8GBで1,500円(税込)はコスパが高く、多くの人におすすめできます。通信速度に関しては格安SIMなので爆速とは言えませんが、快適に使えるレベルだと思います。実際に私はIIJmioを契約して利用していますが、特に問題はありません。

主要格安SIMの通信速度比較(5:00~8:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 39.21ms 60.0Mbps 16.57Mbps
UQモバイル 48.36ms 56.45Mbps 10.83Mbps
BIGLOBEモバイル 56.36ms 56.36ms 24.9Mbps
IIJmio 73.8ms 55.02Mbps 10.25Mbps
OCNモバイルONE 52.77ms 78.97Mbps 13.29Mbps
mineo 60.38ms 64.22Mbps 9.51Mbps
イオンモバイル 66.0ms 73.87Mbps 12.52Mbps
リンクスメイト 59.5ms 65.39Mbps 11.5Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

主要格安SIMの通信速度比較(12:00~12:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 39.31ms 39.31ms 45.46Mbps
UQモバイル 48.98ms 48.98ms 40.97Mbps
BIGLOBEモバイル 72.66ms 7.0Mbps 6.67Mbps
IIJmio 94.79ms 94.79ms 50.13Mbps
OCNモバイルONE 54.17ms 54.17ms 41.67Mbps
mineo 66.06ms 66.06ms 43.38Mbps
イオンモバイル 104.1ms 10.95Mbps 7.89Mbps
リンクスメイト 75.27ms 5.61Mbps 4.88Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

主要格安SIMの通信速度比較(20:00~22:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 40.37ms 52.95Mbps 14.05Mbps
UQモバイル 50.54ms 43.48Mbps 9.62Mbps
BIGLOBEモバイル 53.37ms 53.37ms 16.31Mbps
IIJmio 74.55ms 49.88Mbps 10.47Mbps
OCNモバイルONE 52.5ms 85.24Mbps 10.15Mbps
mineo 68.51ms 30.32Mbps 9.02Mbps
イオンモバイル 71.15ms 71.15ms 56.47Mbps
リンクスメイト 53.4ms 107.4Mbps 15.46Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

また、通話料金が通話料金が30秒ごとに11円(税込)という特徴を持ちます。ドコモなど一般的な携帯会社の半額です。専用アプリの使用やオプション契約なども不要で、何もせずにただ通話料が安くなるのでおすすめです。

IIJmio
  • 月々の料金がシンプルに安い
  • 通話料金がキャリアの半額
  • iPhoneSEや12の取り扱いあり

IIJmioの料金一覧(税込)

容量 音声 SMS データのみ eSIM
2GB 850円 820円 740円 440円
4GB 990円 970円 900円 660円
8GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

回線種類 ドコモ、au
縛り なし

LINEMOよりももっと安く!」「20GBもいらない!」という人におすすめなのがIIJmio料金は8GBでも1,500円(税込)と安い。さらに通話料が30秒ごとに11円(税込)と他社の半額。コストパフォーマンスに優れた格安SIMだ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約で、6ヶ月間440円割引!さらに初期費用3,300円→1,650円に!
また他社からの乗り換えで対象スマホが1,980円!(※一人一台まで)

キャンペーン期日:2022/11/30

お申込み

目次へ戻る

楽天モバイル:スマホを安く買うならまずココ

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年6月23日取得)

  • 月間データ使用量に応じて料金が1,078円〜3,278円に変動
  • Rakuten Linkからの通話で通話料金無料
  • 楽天回線エリア内ならデータ容量使い放題
お申込みはこちら

楽天モバイルのおすすめポイントは2つあります。1つ目は、新規契約のうえスマホを購入すると、大量の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを開催していることです。これを活用すれば実質的に通常価格よりもかなり安くスマホを購入できるため、新しいスマホが欲しい場合にも楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

キャンペーン内容は都度変更されるため、下記公式サイトをご覧ください。

スマホトク得乗り換え!Android製品が最大19,000円相当分おトク!

2つ目のメリットは、データ容量を無制限に使えることです。なお、楽天モバイルの料金は毎月のデータ使用量に応じて決まりますが、20GBを超えて使った場合はどれだけ使っても3,278円(税込)です。

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

つまり月額3,278円(税込)で使い放題だと言えます。「動画をたくさん見たいから無制限のSIMが欲しい」という人に最適でしょう。ただし、楽天モバイルは通信エリアによっては月に5GBまでしか使えません。自分の利用地域が楽天回線エリア内かどうかは下記公式サイトのエリアマップをご覧ください。

通信・エリア | 楽天モバイル

他にも他社とは異なる特徴や注意点もあります。より詳しい情報は以下の関連記事もご覧ください。

ただし、楽天モバイルも契約かや解約まで一切の手数料が無料です。したがってまず楽天モバイルと契約してみて、回線品質に不満があれば解約する、というやり方でも良いと思います。

楽天モバイル
  • 月間データ容量使い放題
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

回線種類 楽天
縛り なし

新規契約で楽天ポイント還元+月間のデータ容量が使い放題なのが大きな魅力。一方で電波の入りにくさなど回線品質には不満もある。手数料は無料なので、お試しで使ってみてダメならのりかえてしまっても良い。

キャンペーン情報

新規契約のうえ条件クリアで最大19,000円分のポイント還元

【iPhone激トク乗り換え開催中】MNP+Rakuten Link利用+iPhoneアップグレードプログラム利用で、最大24,000円相当のポイント還元!詳細はこちら

  1. 申し込みの翌月末までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上の通話 で3,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット契約で最大16,000ポイントプレゼント!

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

povo:迷いすぎたらとりあえずpovo

povo2.0始動!! 基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|povo2.0

画像引用元:povo2.0始動!! 基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|povo2.0(2021年10月08日取得)

  • 使わない月は0円
  • 20GB2,700円(税込)/30日間
  • 通話回線専用として契約することも可能
お申込みはこちら

先ほど迷ったらLINEMOと紹介しましたが、LINEMOと契約するのにも躊躇するようなら、一旦povoにするのもおすすめです。なぜならpovoは契約・解約手数料無料で、さらに月額0円で利用できるからです。

povoは月額0円で通話だけできるSIMです。そのままだとほぼデータ通信はできませんが、高速データ通信がオプション化されていて、好きなタイミングで課金することで高速データ通信が使えるようになる仕組みです。

pov2.0のデータトッピング一覧

トッピング名 料金(税込) 期限
データ使い放題 330円 24時間
データ追加1GB 390円 7日間
データ追加3GB 990円 30日間
データ追加20GB 2,700円 30日間
データ追加60GB 6,490円 90日間
データ追加150GB 12,980円 180日間

以上の通り、普段は0円で維持しつつ、使いたい時に使いたいだけ課金して柔軟に利用できるのがpovoの特徴です。したがって、「どれだけデータ容量が必要かわわからない」「とりあえず電話できればOK」という場合は、まずpovoと契約しておけば最低限の利用ができつつ、次に乗り換えるべき会社をじっくり探すことができます。

povo
  • トッピングなしなら月額0円
  • 欲しいデータ容量に合わせていつでもプランをカスタマイズできる
  • 通話かけ放題専用回線として運用が可能
回線種類 au
縛り なし

自分のタイミングで欲しい容量を購入して使える珍しいタイプのプラン。契約・解約手数料は無料なので、とりあえず契約してみても余計なコストは発生しない

キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

キャンペーン期日:-

お申込み

目次へ戻る

まとめ:今ならLINEMOが最もおすすめ

改めて、ここまで上記4社を紹介してきました。そして今なら、自分の場合はLINEMOに申し込むと思います。

なぜなら3GBのミニプランが半年間無料だからです。携帯代0円になるのはかなり強力なメリットです。自分の場合は月々のデータ容量も3GBで十分だし、契約・解約手数料が無料なのも大きな特徴です。

目次へ戻る

格安SIMのおすすめな選び方

最後に格安SIMの選び方について紹介していきます。もしもここで紹介した携帯会社に魅力を感じなかった場合、この選び方を考慮して自分に合った携帯会社を探してみてください。

目次へ戻る

料金で比較する

格安SIMに乗り換える最大の理由が携帯料金の節約だと思います。したがって、まずは料金で比較して業者を選びましょう

また、その際にはいくらのデータ容量が必要かも考えましょう。5GBあれば十分なのか、20GB必要なのか、それによっても異なります。

「普段どれくらいの容量を使っているかわからない!」という人でも、だいたいの場合20GBもあれば十分だと思います。また、iPhoneでもAndroidでもデータ通信量を確認することが可能です。どれくらい使っているのかを確認して、それに適した容量のプランの料金で比較して、業者を選びましょう。

格安SIMとの契約で発生する費用:

格安SIMと契約する際には、3,300円の初期費用がかかることがほとんどです。しかし、ahamopovoLINEMO楽天モバイルは初期費用が無料で、他にもキャンペーンで無料になる業者もあります。

また、解約時にも手数料がかかったり、今は各社撤廃傾向にありますが縛りを設けていたりすることもあります。こうした手数料でもしっかり比較しておきましょう。

目次へ戻る

通信速度で比較する

格安SIMのデメリットとしてよく挙げられるのが通信速度です。格安SIMはキャリアから回線を借りて提供するので、その借りる量によっては通信環境が弱く、昼や夕方など利用者が増える時間帯は速度が低下してしまう傾向にあります。

主要格安SIMの通信速度比較(5:00~8:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 39.21ms 60.0Mbps 16.57Mbps
UQモバイル 48.36ms 56.45Mbps 10.83Mbps
BIGLOBEモバイル 56.36ms 56.36ms 24.9Mbps
IIJmio 73.8ms 55.02Mbps 10.25Mbps
OCNモバイルONE 52.77ms 78.97Mbps 13.29Mbps
mineo 60.38ms 64.22Mbps 9.51Mbps
イオンモバイル 66.0ms 73.87Mbps 12.52Mbps
リンクスメイト 59.5ms 65.39Mbps 11.5Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

主要格安SIMの通信速度比較(12:00~12:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 39.31ms 39.31ms 45.46Mbps
UQモバイル 48.98ms 48.98ms 40.97Mbps
BIGLOBEモバイル 72.66ms 7.0Mbps 6.67Mbps
IIJmio 94.79ms 94.79ms 50.13Mbps
OCNモバイルONE 54.17ms 54.17ms 41.67Mbps
mineo 66.06ms 66.06ms 43.38Mbps
イオンモバイル 104.1ms 10.95Mbps 7.89Mbps
リンクスメイト 75.27ms 5.61Mbps 4.88Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

主要格安SIMの通信速度比較(20:00~22:59)

会社名 Ping ダウンロード アップロード
ワイモバイル 40.37ms 52.95Mbps 14.05Mbps
UQモバイル 50.54ms 43.48Mbps 9.62Mbps
BIGLOBEモバイル 53.37ms 53.37ms 16.31Mbps
IIJmio 74.55ms 49.88Mbps 10.47Mbps
OCNモバイルONE 52.5ms 85.24Mbps 10.15Mbps
mineo 68.51ms 30.32Mbps 9.02Mbps
イオンモバイル 71.15ms 71.15ms 56.47Mbps
リンクスメイト 53.4ms 107.4Mbps 15.46Mbps

:6月〜8月の平均値です。
:データ出典元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

したがって、通信速度でもよく比較すると失敗を防げるでしょう。

通信速度が速い携帯会社の選び方:

先の通りキャリアから回線を借りている格安SIMは、どうしても回線設備が弱くなりがちです。通信速度を重視するなら、やはりLINEMOなどキャリアから選ぶべきでしょう。また、UQモバイルワイモバイルといった、キャリアのサブブランドも通信速度が速いのでおすすめです。また、楽天モバイルも自社回線を使っているので速度自体は速いのですが、電波が入りにくい地域もあるのでご注意ください。

目次へ戻る

キャンペーンで比較する

ミニプラン半年実質無料のLINEMOや、スマホ契約で楽天ポイントがもらえる楽天モバイルなど、契約するおkとで強力なキャンペーンが適用される携帯会社もあります。

基本的には1社につき初めて契約する時にだけしか適用されませんが、こうしたキャンペーン目当てに乗り換えを続けるのも悪い選択肢ではありません。キャンペーン情報は公式サイトが一番正確で最新なので、キャンペーンについては必ず公式サイトを確認して比較してください。

目次へ戻る

キャリアから格安SIMに乗り換えると確実に安くなる!

長々説明しましたが、おそらくどの格安SIM業者を選んでも、携帯代の節約には繋がります。そもそもキャリアの従来プランの料金は高すぎるので、とにかくのりかえてみるのは大事です。

その上で、通信速度だったりデータ容量だったり不満が出てくるようなことがあれば、もっとじっくりと比較してより良い業者に乗り換えてみると良いでしょう。とにかく「いろいろ検討したけどめんどくさいからキャリアを使い続ける」というのが最悪の考えです。めんどくさがらず、のりかえを進めてみましょう。

\今なら3GBプランが8ヶ月間実質無料!/

LINEMOに申し込む

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめ携帯会社

会社名 おすすめポイント 申込
楽天モバイル
楽天モバイルは楽天回線エリア内に限りデータ容量無制限で通信可能。料金は最大3,278円(税込)なので、大容量SIMとしてはもちろん、テザリングやポケットWiFiを使って自宅回線の代わりとしても使える。契約・解約手数料が一切無料なのも嬉しい。また条件クリアで楽天ポイントが大量にもらえるキャンペーンも開催中。端末だけ購入もOK。
会社名 おすすめポイント 申込
LINEMO
月額990円(税込)/3GBのミニプランが今なら8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)!契約・解約手数料も無料でソフトバンク同等の回線なので通信速度の不満もない。コスパが高く、迷ったらコレで十分。
会社名 おすすめポイント 申込
mineo
「マイそく」という独特のプランが特徴。スタンダードは最大1.5Mbps使い放題で月額990円(税込)、プレミアムは最大3Mbps使い放題で月額2,200円(税込)。どちらも容量に上限がなく、制限速度の範囲内で使い放題だ。

おすすめ携帯会社解説

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO