暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIMおすすめ5選!自分なら絶対にこの中から選びます

格安SIMおすすめ5選!自分なら絶対にこの中から選びます

更新年月日 : 2021/08/25

格安SIMおすすめ5選!自分なら絶対にこの中から選びます

この記事の内容まとめ

  • 格安SIMは価格と通信スピードで選ぶのがおすすめ
  • とはいえ種類も多いので、悩みたくないならahamo(ドコモ)、povo(au)、LINEMO(ソフトバンク)のいずれかを選べば良い
  • この3つは20GB使えて回線も速く、そしてかけ放題オプションもつけられる
  • もうちょっと選びたいなら、料金が安い楽天モバイルIIJmioがおすすめ

格安SIM(MVNO)にはたくさんの種類があるので、これから申し込もうと思ってもどれを選んだら良いのか悩んでしまうと思います。そこでこの記事では、MVNO歴の長い自分が選んだ、おすすめ格安SIM業者を5社厳選して紹介します。「今から自分が申し込むならここを選ぶ」という基準で選びましたので、きっと参考になると思います。

厳密に言うとahamoや楽天モバイルは「格安SIM」ではないんですけど、料金が安いことに変わりはないので「格安SIM」として紹介しますね!

補足の達人

おすすめ携帯会社3選

無料で使える超低コスト携帯

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天モバイルの料金は1ヶ月間のデータ使用量で変動する。1GB以下ならなんと無料で、20GBを超過しても3,278円(税込)で打ち切り。Rakuten Linkからの発信なら通話料金も無料。

申込み

悩んだらコレでいい

linemo LINEMO

キャリアなので通信速度・安定性は抜群。20GB+5分かけ放題で2,728円(税込)と、ahamo・povoと比較しても料金が安い。迷ったらこれで十分。

申込み

豊富なプランから選択可能

イオンモバイル イオンモバイル

500MBから50GBまで、データ容量に応じて17種類のプランあり。たくさん使う人も少量で使いたい人も検討してみよう。料金自体も他社と比較して安め。

お申込み

目次へ戻る

自分ならここから選ぶ!おすすめ格安SIM5選と選んだ理由

早速おすすめできる格安SIM業者を5つ紹介していきます。

目次へ戻る

LINEMO:迷ったらこれでOK!ソフトバンクの格安ブランド

【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド(2020年1月29日取得)

  • ahamoよりも料金が安い
  • LINEのデータ消費が無制限
  • 契約から解約まで一切の手数料無料
お申込みはこちら

最もおすすめするのはLINEMO。なぜならLINEMOはソフトバンクが提供している格安プランなので、一般的な格安SIMよりも通信速度が速いから。しかもデータ容量は20GBと多く、それでいて料金は2,728円(税込)。コストパフォーマンスが高く、アレコレ悩むくらいならLINEMOで十分でしょう。

また、LINEMOと同じようにドコモにはahamo、auにはpovoという格安プランがあります。料金を比較すると、ahamoよりもLINEMOとpovoの方がわずかに安いです。

ahamo、povo、LINEMOのスペック比較

プラン名 ahamo povo LINEMO(スマホプラン)
使用回線 ドコモ au ソフトバンク
料金(税込) 2,970円 2,728円 2,728円
データ容量 20GB 20GB 20GB
無料通話 5分無料 +550円で5分通話無料 +550円で5分通話無料

5分無料通話を考慮すると、LINEMOだと550円のオプションに加入する必要があるのでahamoよりも高額になります。しかし今なら契約から1年後まではこのオプション料金が無料になり、20GB+5分無料通話を2,728円で1年間使えるため、LINEMOが最もおすすめだと言えます。

また、LINEMOには3GBで990円のミニプランも用意されているので、あまりデータを使わない時はミニプランに変更することで料金をさらに抑えることもできます。このような柔軟性があることからも、ahamo、povoよりおすすめです。

とはいえahamo、povoも決して見劣りしません。例えば現在ドコモと契約しているのなら、ahamoにのりかえた方がSIMロック解除の手続きをしなくて良いので簡単だと思います。いずれにしても、これから格安SIMに乗り換えるのならLINEMOをはじめ、ahamo、povoが最有力候補になるでしょう。

また、この3社は契約から解約まで一切の手数料が無料です。縛りもないので、もしものりかえて不満があれば解約すれば良いでしょう。

「20GBも使わない」って人もいるかもしれませんが、これだけあると安心感が違います。通信速度も申し分ないので、特にこだわりがなければまずLINEMO、ahamo、povoのいずれかで十分!

補足の達人

LINEMO
  • ソフトバンクの格安ブランド!オンラインでのみ契約可能
  • 20GBで2,728円と3GBで990円の2つのプランを切り替え可能
  • 新規契約・解約・SIM発行の手数料全て無料

LINEMOの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) 制限時の通信速度
ミニプラン 3GB 990円 300kbps
スマホプラン 20GB 2,728円 1Mbps

回線種類 ソフトバンク
縛り なし

LINEMOはahamo、povoと比較して料金が安い。しかも5分通話のオプション料金が5年間無料で、3GB990円のミニプランに切り替えも可能。契約・解約の手数料も無料。LINEMOはオンライン契約専用プランなので、ソフトバンクの店舗では契約できない点だけ注意しよう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのスマホプランでの新規契約で10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)
さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)

お申込み

目次へ戻る

楽天モバイル:節約派ならこれ!使わない月は無料

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年6月23日取得)

  • 月間データ使用量に応じて料金が0〜3,278円に変動
  • Rakuten Linkからの通話で通話料金無料
  • 楽天回線エリア内ならデータ容量使い放題
お申込みはこちら

料金の節約を徹底重視するのなら、なんと月額無料で契約することもできる楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルは月間で使用したデータ容量に応じて料金が決まります。

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

1GB以下なら無料なので、Wi-Fi環境下で使うことがほとんどならば、楽天モバイルと契約することで0円運用もできる可能性があります。

また、楽天モバイルユーザー専用のアプリ「Rakuten Link」を使って電話をかけると、通話料金が無料になります。ひと手間かかるものの、追加でのオプション料金などは不要です。データ消費を1GB以下に抑えることで、無料で電話かけ放題にすることも可能です。

一方で楽天モバイルにはいくつかデメリットもあります。特に回線品質については酷評されることも多くあります

実際楽天モバイルを使っていますが、繁華街の屋内だと電波が入りにくかったり、Rakuten Linkでの通話時に聞き取りにくいと言われたりすることがよくあります…。

補足の達人

他にも細かいデメリットや注意点もあります。より詳しい情報は以下の関連記事もご覧ください。

ただし、楽天モバイルも契約かや解約まで一切の手数料が無料です。したがってまず楽天モバイルと契約してみて、回線品質に不満があれば解約する、というやり方でも良いと思います。

楽天モバイル
  • 月間データ使用量が1GB以下なら料金無料
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
1GB以下 0円
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

回線種類 楽天
縛り なし

今なら3ヶ月間の料金無料!以降も月間のデータ使用量が1GB以下なら料金無料!さらにRakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料!コスト面では最強の携帯会社だ。しかし、電波の入りにくさなど回線品質には不満もある。手数料は無料なので、お試しで使ってみてダメならのりかえてしまっても良い。

キャンペーン情報

新規契約で3ヶ月間料金無料!さらに条件クリアで最大25,000円分のポイント還元
今なら各種iPhone22,000円引き

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
  3. 他社から乗り換えでSIMのみ契約なら15,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

IIJmio:格安SIMの中では料金がトップクラスに安い

格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio(2021年4月19日取得)

  • 料金は格安SIM業界でもトップクラスの安さ
  • eSIM対応!eSIMプランが激安
お申込みはこちら

IIJmio(みおふぉん)は若干知名度が低いのですが、シンプルに料金が激安なのでおすすめです。主要な格安SIM業者と比較すると一目瞭然で、IIJmioのプランがいずれも最安です。

格安SIM6社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 IIJmio
IIJmio
イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB - 1,023円 - - - -
1GB - 1,078円 1,078円 1,298円 - -
2GB 858円 1,188円 - - - -
3GB - 1,298円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 1,078円 1,408円 - - - -
5GB - 1,518円 - 1,518円 - -
6GB - 1,628円 1,870円 - - -
7GB - 1,738円 - - - -
8GB 1,518円 1,848円 - - - -
9GB - 1,958円 - - - -
10GB - 2,068円 - 1,958円 - -
12GB - 2,178円 3,740円 - - -
14GB - 2,288円 - - - -
15GB 1,848円 - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,068円 2,398円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - - 3,828円 4,158円
30GB - 4,378円 8,195円 - - -
40GB - 5,478円 - - - -
50GB - 6,578円 - - - -

20GBでも2,068円(税込)であり、LINEMOよりも安く利用できます。通信速度に関しては格安SIMなので爆速とは言えませんが、快適に使えるレベルだと思います。実際にIIJmioを契約して運用していますが、特に問題はありません。

主要格安SIMの通信速度比較(8/27-9/2の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
14.5Mbps 13Mbps 13.1Mbps 15.3Mbps
mineo
mineo(ドコモ回線)
8Mbps 4.3Mbps 6.1Mbps 6.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
7Mbps 2.4Mbps 5.4Mbps 5Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
4.5Mbps 2Mbps 1.9Mbps 2Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
6.9Mbps 2.6Mbps 4.6Mbps 4.7Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
9.4Mbps 8.1Mbps 5.5Mbps 10.1Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

回線種別もドコモ/auから選べます!

補足の達人

IIJmio
  • 月々の料金がシンプルに安い
  • eSIMでの契約なら料金激安
  • iPhoneSEや12の取り扱いあり

IIJmioの料金一覧(税込)

容量 音声 SMS データのみ eSIM
2GB 858円 825円 748円 440円
4GB 1,078円 1,045円 968円 660円
8GB 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15GB 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円 1,650円

回線種類 ドコモ、au
縛り なし

「LINEMOよりももっと安く!」「だけど楽天モバイルは不安!」という人におすすめなのがIIJmio。ドコモまたはau回線なので楽天モバイルよりも回線品質に安定感がある。さらに料金は20GBでも2,068円(税込)と安い。コストパフォーマンスに優れた格安SIMだ。

キャンペーン情報

今なら初期費用1円!さらに3ヶ月間は全プラン1GB増量

詳細を見る お申込み

また、IIJmioにはeSIM専用のプランがあります。これはデータ専用プランなんですが、先に挙げた楽天モバイルと組み合わせることで、データ通信はIIJmioで、通話は楽天モバイルで、というように使い分けることができ、月々の携帯料金1,650円(税込)で20GB+通話料無料という最強回線をゲットできます。詳しくは下記関連記事をご覧ください。

目次へ戻る

BIGLOBEモバイル:キャンペーンが強み!iPhoneSEも安く買える

BIGLOBEモバイル|あなたのスマホそのままで、SIMを差し替えて格安に!

画像引用元:BIGLOBEモバイル|あなたのスマホそのままで、SIMを差し替えて格安に!(2020年7月3日取得)

  • キャンペーンに強み!1年間割引料金が適用されてお得
  • iPhone SE2など人気スマホ購入で最大2万円相当還元
  • 月額308円のエンタメフリー・オプション加入でYouTubeのギガ制限なし
お申込みはこちら

BIGLOBEモバイルはキャンペーンを適用した時に1年間の料金がとても安くなります。また、iPhone SE(第二世代)を含め、様々なスマホの購入時に2万円相当のポイントがもらえるので、お得にスマホを購入できるのが強みです。

現在開催されているキャンペーンは以下の通り。

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上新規契約で、初期費用無料、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが6ヶ月間無料

SIMのみ契約ならクーポンコード【SMC】入力で3,000円相当のポイント還元!
対象端末とのセット契約ならさらに、最大20,000円相当のポイント還元!

お申込みはこちら

このキャンペーンを適用させると、1年間の料金は合計9,240円(3GBプランで契約した場合)となり、かなり安く契約できます。ただし2年目からは通常料金となるのでそれだけご注意ください。

もらったポイントは1ポイント=1円として毎月の支払いに充てることができるよ。

補足の達人

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(9/1時点)

MVNO キャンペーン内容(SIMのみ契約) 契約プラン条件 1年間の実質料金(税込) 初期費用(税込) 期限
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
事務手数料無料&初月無料&1年間割引&3,000円相当ポイント 音声通話SIM 5,470円(音声3GB) 0円 9/30
楽天モバイル
楽天モバイル
3ヶ月無料&5,000円相当のポイント Rakuten Linkの利用条件クリア 9,702円(毎月3GB使った場合) 0円 未定
IIjmio
IIjmio
初期費用1円 音声付きSIM 12,937円(音声4GB) 1円 10/31
イオンモバイル
イオンモバイル
10,000WAONポイントプレゼント MNP契約+対象端末購入 5,576円(音声3GB) 3,300円 9/30
UQモバイル
UQモバイル
最大1万円キャッシュバック こちら参照 13,536円(音声3GB) 3,300円 未定
ワイモバイル
ワイモバイル
最大1万円相当のPayPayプレゼント こちら参照 25,836円(音声3GB) 無料 未定

もしも目当てのスマホがあるのなら、BIGLOBEモバイルのキャンペーンを活用して契約することで、お得にスマホをゲットできるでしょう。

また、BIGLOBEモバイルは月額308円のオプション料金を払うことで、YouTube、ABEMA、U-NEXTなど対象サービスでデータ通信がカウントされない「エンタメフリー・オプション」を追加できます。動画サービスの利用が多い人はBIGLOBEモバイルを利用することで、データ容量を気にせず使えるでしょう。

BIGLOBEモバイル
  • 月額308円(税込)の「エンタメフリー・オプション」追加でYouTubeなどが無限に見れる
  • データ容量に応じて6種類の料金プランあり
  • お得なキャンペーンが常時開催される

BIGLOBEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税込)
1GB 1,078円
3GB 1,320円
6GB 1,870円
12GB 3,740円
20GB 5,720円
30GB 8,195円

回線種類 ドコモ、au
縛り サービス開始日~サービス開始日の翌月から12カ月間(音声通話SIMのみ)

スマホをセット契約する予定ならBIGLOBEモバイルで購入すると、最大2万円相当のポイントがもらえるのでお得。さらに料金割引もあるので、対象期間中は他社よりも安く維持することが可能。キャンペーンが続く限り、BIGLOBEモバイルも考慮に入れて良いだろう。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上新規契約で、初期費用無料、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが6ヶ月間無料

SIMのみ契約ならクーポンコード【SMC】入力で3,000円相当のポイント還元!
対象端末とのセット契約ならさらに、最大20,000円相当のポイント還元!

お申込み

目次へ戻る

リンクスメイト:100MBから1TBまで38通りのプランあり

LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM

画像引用元:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM(2020年5月26日取得)

  • データ容量は38通り、SIMタイプも合わせると全部で114通りのプランが魅力
  • 550円(税込)のカウントフリーオプション加入で対象ゲームアプリなどのデータ通信量が90%カット
  • さらに対象ゲームアプリで使える特典がもらえる
お申込みはこちら

最後に紹介するのはリンクスメイト。この会社こそ他サイトではほとんど紹介されないので、知名度は非常に低いはず。しかし、なんとプランは38通りもあり、100MBから1TBまで細かく選ぶことが可能です。

プラン・料金 | リンクスメイト -LinksMate-

「500MB」や「100GB」みたいに極端に小容量・大容量のプランは他社ではほとんど見かけないので、リンクスメイトならではの特徴だと言えます。

また、SIMカードを4枚まで追加発行することができ、最大5枚まで保有できます。追加発行の手数料は無料ですが、契約プランに応じて月額料金が発生します。

  • データ通信のみ:110円
  • SMS:242円
  • 音声通話+462円

例えば10GBで契約してSIMを3枚保有した場合、10GBを3枚で分け合う形になるよ。

補足の達人

リンクスメイトはサイバーエージェント系列の格安SIMだけあって、ゲーム関係の特典に強みがあります。月額550円のカウントフリーオプションに加入すると、対象のゲームアプリやサービスでの通信容量が90%カットされます。

対象アプリにはアイドルマスターやウマ娘、シャドウバースなど人気のゲームアプリが多くあります。公式サイトからチェックしてみてください。

カウントフリーオプションについて | リンクスメイト -LinksMate-

リンクスメイト
  • 月額550円(税込)の「カウントフリーオプション」追加で各種ゲームアプリの通信量が9割削減
  • ゲーム連携で、対象ゲームで使える特典が入手可能
  • データ容量に応じた38種類の料金プランあり
回線種類 ドコモ
縛り なし

リンクスメイトは38通りものプランがあるのが魅力。1GB以下の少量プランや100GBを超える大容量プランも契約可能。また、SIMカードの追加発行やゲームで使える特典がもらえるなど珍しいメリットもある。

お申込み

注意:初めて格安SIM(MVNO)に申し込む人は回線の違いに気をつけよう

この記事を読んでいる人の多くが、キャリアから格安SIMに乗り換えることを検討していると思います。その際に、1つ大きな注意点があります。

格安SIM業者が扱っている回線には、ドコモ、au、ソフトバンクの3種類があります。もしもあなたがドコモで契約した携帯電話を使って格安SIMを利用したいのであれば、ドコモ回線を扱っている業者でなければ格安SIMを使うことができません。当然、auで契約した携帯電話であれば格安SIMもau回線にしなければいけません。

したがって、例えばソフトバンクで契約した携帯電話を持っている状態で「楽天モバイルが良いな」と思っても、楽天モバイルではソフトバンク回線を扱っていないので、この場合は、下記のいずれかの手段を行なわなければ利用できません

  • 端末のSIMロックを解除する
  • SIMフリーのスマホに買い換える
  • 格安SIMと同時に、その回線に対応したスマホをセットで契約する

目次へ戻る

自分ならまず楽天モバイルと契約する理由

  • LINEMO:迷ったらこれでOK!ソフトバンクの格安ブランド
  • 楽天モバイル:節約派ならこれ!使わない月は無料
  • IIJmio:格安SIMの中では料金がトップクラスに安い
  • BIGLOBEモバイル:キャンペーンが強み!iPhoneSEも安く買える
  • リンクスメイト:100MBから1TBまで38通りのプランあり

改めて、ここまで上記5社を紹介してきました。自分ならこの中で楽天モバイルに申し込むと思います。

そまずコスト面では楽天モバイルが最強だからです。先の通り、まず新規契約で3ヶ月間無料です。それ以降も1GB以下の場合なら無料です。20GB以下の場合でも2,178円と安価です。そしてRakuten Linkでの電話なら通話料金は無料です。

一方で回線品質やエリアによって電波が入りにくいなどの問題もあります。契約・解約は手数料無料なので、まずは契約してみて、問題なければそのまま使い続ければ良いし、微妙だったならLINEMOIIJmioなど別の会社に申し込めば良いでしょう。

このように、手数料が無料である分、「おためし」できるのが楽天モバイルの魅力です。したがってまずは楽天モバイルで試してみることをおすすめします。

楽天モバイル
楽天モバイル

新規契約で3ヶ月間料金無料!さらに条件クリアで最大25,000円分のポイント還元
今なら各種iPhone22,000円引き

お申込みはこちら

目次へ戻る

格安SIMのおすすめな選び方

最後に格安SIMの選び方について紹介していきます。もしもここで紹介した5社に魅力を感じなかった場合、この選び方を考慮して自分に合った携帯会社を探してみてください。

目次へ戻る

料金で比較する

格安SIMに乗り換える最大の理由が携帯料金の節約だと思います。したがって、まずは料金で比較して業者を選びましょう

また、その際にはいくらのデータ容量が必要かも考えましょう。5GBあれば十分なのか、20GB必要なのか、それによっても異なります。

「普段どれくらいの容量を使っているかわからない!」という人でも、だいたいの場合20GBもあれば十分だと思います。また、iPhoneでもAndroidでもデータ通信量を確認することが可能です。どれくらい使っているのかを確認して、それに適した容量のプランの料金で比較して、業者を選びましょう。

格安SIMとの契約で発生する費用:

格安SIMと契約する際には、3,300円の初期費用がかかることがほとんどです。しかし、ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイル、リンクスメイトなどは初期費用が無料で、他にもキャンペーンで無料になる業者もあります。

また、解約時にも手数料がかかったり、今は各社撤廃傾向にありますが縛りを設けていたりすることもあります。こうした手数料でもしっかり比較しておきましょう。

目次へ戻る

通信速度で比較する

格安SIMのデメリットとしてよく挙げられるのが通信速度です。格安SIMはキャリアから回線を借りて提供するので、その借りる量によっては通信環境が弱く、昼や夕方など利用者が増える時間帯は速度が低下してしまう傾向にあります。

主要格安SIMの通信速度比較(9/1時点)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
12.5Mbps 13.2Mbps 16.1Mbps
mineo
mineo(Dプラン)
4.5Mbps 0.7Mbps 6.0Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
5.5Mbps 0.3Mbps 4.6Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
1.9Mbps 1.8Mbps 2.1Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
8.8Mbps 3.8Mbps 4.5Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
11.3Mbps 10.5Mbps 7.0Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

したがって、通信速度でもよく比較すると失敗を防げるでしょう。

通信速度が速い携帯会社の選び方:

先の通りキャリアから回線を借りている格安SIMは、どうしても回線設備が弱くなりがちです。通信速度を重視するなら、やはりLINEMOなどキャリアから選ぶべきでしょう。また、UQモバイルワイモバイルといった、キャリアのサブブランドも通信速度が速いのでおすすめです。また、楽天モバイルも自社回線を使っているので速度自体は速いのですが、電波が入りにくい地域もあるのでご注意ください。

目次へ戻る

クチコミ・評判を多少参考にする

料金や通信速度だけでなく、やはり口コミや評判についてもひと通り確認しておいた方が良いでしょう。ただし、特に格安SIMは利用する時間帯やエリア、端末によっても左右されます。必ずしも他人の口コミが自分にも当てはまるわけではないので、あまり過信しすぎるのもいけません。

目次へ戻る

キャリアから格安SIMに乗り換えると確実に安くなる!

長々説明しましたが、おそらくどの格安SIM業者を選んでも、携帯代の節約には繋がります。そもそもキャリアの従来プランの料金は高すぎるので、とにかくのりかえてみるのは大事です。

その上で、通信速度だったりデータ容量だったり不満が出てくるようなことがあれば、もっとじっくりと比較してより良い業者に乗り換えてみると良いでしょう。とにかく「いろいろ検討したけどめんどくさいからキャリアを使い続ける」というのが最悪の考えです。めんどくさがらず、のりかえを進めてみましょう。

目次へ戻る

キャンペーン開催中のおすすめ携帯会社

携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
楽天モバイル
新規契約で3ヶ月間料金無料!
対象スマホの購入で最大25,000円分のポイント還元
  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
  3. iPhoneとのセット購入で最大15,000ポイントプレゼント!
  4. 他社から乗り換えでSIMのみ契約なら15,000ポイントプレゼント!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
UQモバイル
au、povo以外からののりかえ(MNP)でSIMのみ契約で、くりこしプランM/Lなら10,000円、Sなら6,000円キャッシュバック!!新規契約の場合は3,000円キャッシュバック!
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
ワイモバイル
事務手数料無料+5のつく日or日曜日に申し込みのうえ条件クリアで最大7,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
  • 【SIMのみ】シンプルSへの乗り換え契約:対象外
  • 【SIMのみ】シンプルMへの乗り換え・新規契約:5,000円相当付与
  • 【SIMのみ】シンプルLへの乗り換え・新規契約:7,000円相当付与
  • 【スマホセット】シンプルS/M/Lへの乗り換え・新規契約:5,555円相当付与
期間未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
BIGLOBEモバイル
暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上新規契約で、初期費用無料、1年間割引適用&エンタメフリーオプションが6ヶ月間無料&セキュリティセット・プレミアムが6ヶ月間無料

SIMのみ契約ならクーポンコード【SMC】入力で3,000円相当のポイント還元!
対象端末とのセット契約ならさらに、最大20,000円相当のポイント還元!
2021/09/30まで

各キャンペーンには細かい条件もあります。下記関連記事や公式サイトをご確認ください。

目次へ戻る

新着記事一覧

J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説 携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説 携帯審査に通るか確認する方法を解説携帯審査に通るか確認する方法を解説 auの支払いが遅れたらどうなる?対処方法とリスクまとめauの支払いが遅れたらどうなる?対処方法とリスクまとめ ソフトバンクの強制解約はどれだけ滞納すると起こる?リスクを紹介ソフトバンクの強制解約はどれだけ滞納すると起こる?リスクを紹介 携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説 携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説 携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット 一番安い携帯会社でスマホを契約しよう!乗り換えでおすすめな会社を紹介一番安い携帯会社でスマホを契約しよう!乗り換えでおすすめな会社を紹介 携帯代が払えないから分割したい!そんな人に読んでほしい記事携帯代が払えないから分割したい!そんな人に読んでほしい記事 携帯料金が払えないとヤバい!滞納リスクと今すぐ返済する方法を紹介携帯料金が払えないとヤバい!滞納リスクと今すぐ返済する方法を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 すぐ使える格安SIMは?家にいながら即日開通できる携帯会社もある! すぐ使える格安SIMは?家にいながら即日開通できる携帯会社もある! 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能!その方法と注意点を紹介 楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能!その方法と注意点を紹介 ドコモの新プラン「ahamo」と楽天モバイルはどちらがおすすめ?メリットデメリットを比較 ドコモの新プラン「ahamo」と楽天モバイルはどちらがおすすめ?メリットデメリットを比較 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 使わない月は0円 携帯ブラックOK 楽天モバイル解説