暮らしの達人 > 格安SIM > 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ

携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ

作成年月日 : 2020/08/14

携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ

この記事の内容まとめ

  • 携帯二台持ちするなら圧倒的におすすめなのが楽天モバイル
  • 1年間完全無料で、さらに通話料金も無料であり2回線目として完璧
  • ただし利用できるスマホの機種に制限がある
  • もしも楽天モバイルの条件が合わなければ、データ通信専用SIM500MBを600円(税別)持てるLINEモバイルもおすすめ

携帯二台持ちする際、どの携帯会社と契約すれば料金を抑えられるかお悩みの方にまずおすすめするのが楽天モバイルです。なんと今なら先着300万名に限り通常2,980円(税別)の月額料金が1年間無料になります。ランニングコストなしで1年間スマホを持ち続けることができるわけです。

他にもLINEモバイルも月額料金を抑えて契約することができます。携帯二台持ちしたい人に向けて、この2社について詳しく紹介していきます。

携帯二台持ちに最適!1年無料で使える楽天モバイル

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!
  • 端末とのセット購入で楽天ポイントを還元

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは今なら1年間料金無料。データ容量は月々5GBだが、一部エリアで提供されている楽天回線エリア内なら無制限で通信可能。さらにRakuten Linkアプリを使えば通話料金も無料に。1年間ほぼ無料で1回線を持つことができるので、2台持ちしたい人に最適の携帯会社。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大28,000円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと8,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
詳細を見る お申込み

携帯二台持ちに最もおすすめなのは楽天モバイル

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

携帯二台持ちを計画しているのであれば、圧倒的におすすめなのが楽天モバイルです。なぜならキャンペーンで月額料金が1年無料であり、最大28,000円相当の楽天ポイントがもらえ、通話料もRakuten Linkという専用アプリから発信することで無料になり、縛りがなく契約も解約も一切の手数料がかからないからです。

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(11/4時点)

MVNO キャンペーン内容(SIMのみ契約) 契約プラン条件 1年間の料金(税別) 初期費用(税別) 期限
楽天モバイル
楽天モバイル
1年間無料&8,000ポイント UN-LIMIT(先着300万名) 0円 0円 先着300万名
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
6ヶ月間1,200円引き 音声3GB以上 10,400円(音声3GB) 3,394円 未定
nuromobile
nuromobile
初月無料&3ヶ月間100円 音声付きSIM 11,500円(Sプラン/ドコモ回線) 3,000円 未定
LINEモバイル
LINEモバイル
3月間980円引き 音声3GB以上 13,340円(音声3GB) 3,000円 未定
IIjmio
IIjmio
6ヶ月間700円引き 通話定額オプション加入(通常税別830円のところ7ヶ月間無料) 15,000円(音声3GB) 1円 11/30

目次へ戻る

通常月額2,980円(税別)の料金が1年間無料

携帯二台持ちでネックになるのが料金ですが、楽天モバイルであれば通常月額2,980円(税別)かかるところ1年間無料で利用できます!2,980円(税別)が12ヶ月分なので、総額35,760円(税別)もお得になる計算です。

「使い勝手が悪いプラン何じゃないの?」と心配している方もいるかも知れませんが安心してください。楽天モバイルはドコモやソフトバンクなどに対抗するために、現在利用者を必死で集めている状況です。

したがって、赤字覚悟で莫大なキャンペーンを行ってその知名度や利用者を増やそうとしています。PayPayと似たような戦略を行っていると言えます。我々ユーザーにとってはメリットしかないので、乗っかってしまいましょう。

目次へ戻る

データ容量は月々5GB!楽天回線エリア内なら無制限に

通信・エリア | 楽天モバイル

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル(2020年6月5日取得)

楽天モバイルはエリアに応じて、楽天回線またはパートナー回線の2種類の回線を使い分けることになります。

楽天回線エリアであれば完全データ使いたい放題なので、該当エリアでスマホを利用する機会が多い方であれば、容量や速度を気にせず利用し続けられます。

一方でパートナー回線エリアの場合、データ容量は月間5GBまでですが、仮にデータを使い切ったとしても最大1Mbpsで利用できます。実質的にデータ制限がないプラン、と言っても過言ではありません。

残念ながら現状は圧倒的にパートナー回線エリアの方が広範囲です。楽天回線エリアは首都圏および地方の都市部に限られます。詳しくは公式サイトに載っているので、以下を参考にしてください。

通信・エリア | 楽天モバイル

目次へ戻る

Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金が無料

通話料にも優れているのが楽天モバイルです。Rakuten Linkアプリをインストールし、このアプリから電話をかけることで、通話料が無料になります

「相手がアプリを利用してなかったら通話料がかかるんじゃないの?」と思っている方もいるかも知れませんが、相手が楽天モバイルではなくても、固定電話であっても問題なく無料になります。

ただし、ナビダイヤルなどは対象外なのでご注意ください。

ちなみにRakuten Linkアプリとは、無料通話や無料SMS、そしてグループチャットやニュースの閲覧、そして支払い機能が備わっている楽天モバイルオリジナルのメッセージアプリサービスです。利用料は発生しないので安心して使えるはずです。

目次へ戻る

縛りなし!1年経過時には無料で解約可能

楽天モバイルには縛りがありません。つまり無料期間中に解約しても違約金などはかかりません。また、契約時の事務手数料もありませんし、MNP転出時の手数料もありません。契約も解約も一切の手数料がかかりません

なお、「楽天モバイルは縛りあり」と記載してあるサイトもあります。確かに2019年9月30日までは楽天モバイルにも縛り期間があり、プランによって12ヶ月未満の解約で9,8000円や24ヶ月未満の解約で12,000円などの違約金が発生していました。しかし2019年10月1日以降は、最低利用期間と違約金がなくなりましたので、ご安心ください。

目次へ戻る

楽天モバイルでもLINEの別アカウントを作成可能

少し話が逸れますが、携帯を2台持ちする理由の1つに「LINEアカウントを複数持ちたい」というものがあると思います。

LINEのアカウント作成にはFacebookアカウントか電話回線が必要になります。楽天モバイルなら電話回線が使えるので、既にLINEアカウントをお持ちの方も問題なく新規のLINEアカウントを持つことができます。

目次へ戻る

注意:楽天モバイルは利用可能なスマホに制限があるので、基本はスマホの購入が必要

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル

画像引用元:ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル(2020年6月5日取得)

楽天モバイルでは、利用できるスマホに制限があるため基本的にスマホの購入が必要になる点がデメリットとしてあげられます。例えSIMフリーの機種でも、楽天モバイル対象でなければ使えません。

特に注意したいのはiPhoneです。iPhoneはXS/XR以降の機種ならば、動作保証対象外ですが利用することができます。人気の機種iPhone SE2も利用可能です。iPhoneXやiPhone8は原則、利用することができません。

ちなみに「動作保証対象外」とは、「公式にはサポートしていないけど使える」という状態です。OSのアップデート等があると使えなくなってしまう可能性もあるので、注意しましょう。

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル

以上の理由から、楽天モバイルを契約する時には対象のスマホをセット契約するのがおすすめです。

特に今ならスマホとのセット契約で最大28,000円相当の楽天ポイントがもらえるので、実質負担を抑えることができます。

例えば中でもOPPO A5 2020は一括20,019円(税別)で23,000ポイントが獲得できます。差し引きすると、むしろ980円得することになります。

キャンペーンの詳細については随時変更されることがあるので、契約前には公式サイトもしっかりご確認ください。

楽天モバイル
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)
  • 楽天回線エリアならデータ容量無制限!
  • 端末とのセット購入で楽天ポイントを還元

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルは今なら1年間料金無料。データ容量は月々5GBだが、一部エリアで提供されている楽天回線エリア内なら無制限で通信可能。さらにRakuten Linkアプリを使えば通話料金も無料に。1年間ほぼ無料で1回線を持つことができるので、2台持ちしたい人に最適の携帯会社。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大28,000円分のポイント還元!

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと8,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入+上記の条件クリアで最大20,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

楽天モバイルが合わなければLINEモバイルで携帯二台持ちしよう

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

携帯二台持ちに最もおすすめなのは先に紹介した楽天モバイルですが、楽天モバイルは対象機種が限られているというのがネックです。そこで「既にお持ちのスマホを2台目として活用したい」「楽天モバイル対象外の機種で2台持ちしたい」などと考えている人は、LINEモバイルをおすすめします。

料金の安さや回線の柔軟性、ラインアカウントの作成のしやすさなどに魅力があるので紹介します。

目次へ戻る

データ専用SIMなら月額600円(税別)

二台目のスマホであれば、通話機能については不要と考えている方も多いはずです。LINEモバイルではデータSIMに力を入れており、低価格帯で提供しています。500MBの月額600円(税別)を筆頭に、3GBでも月額980円(税別)と1,000円を切っています。

ちなみにデータSIMとはいってもSMS認証機能はついているので、何らかのアカウントの作成など一定のやり取りはできるので安心してください。

以下に、LINEモバイルのデータSIMの月額基本料金を紹介します。

  • 500MB:600円(税別)
  • 3GB:980円(税別)
  • 6GB:1,700円(税別)
  • 12GB:2,700円(税別)

目次へ戻る

3回線対応

Softbank・ドコモ・auの3つのすべての回線に対応しているのも、LINEモバイルの大きな強みです。各社で使用していたスマホが利用できる可能性が高いため、契約時にわざわざ新しい機種を購入する必要は基本的にありません。

回線によって、一部提供するサービスが異なるケースもあるので注意しましょう。例えば留守番電話機能についてはドコモ回線とau回線は利用できませんが、ソフトバンク回線だと月額無料で利用できます。一方で転送電話や国際電話については、どの回線でも通話料および通信料以外は発生しません。

なお、特に希望がなければドコモ回線を選ぶことをおすすめします。その理由は、3回線の中でもドコモ回線が最も速いからです。



主要格安SIMの通信速度比較(11/6-11/12の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
11.7Mbps 13.6Mbps 12.3Mbps 11.9Mbps
LINEモバイル
LINEモバイル(ドコモ回線)
7.4Mbps 1.1Mbps 2.5Mbps 6.8Mbps
mineo
mineo(ドコモ回線)
5.3Mbps 0.9Mbps 2.5Mbps 5.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
4.0Mbps 1.0Mbps 2.5Mbps 4.0Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
6.1Mbps 14.2Mbps 5.1Mbps 6.0Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
5.3Mbps 1.2Mbps 2.2Mbps 5.0Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
7.3Mbps 1.7Mbps 3.0Mbps 5.2Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

目次へ戻る

データ専用SIMでもLINEの別アカウントの作成が可能

二台目の携帯を利用する目的として、LINEの別アカウント作成を上げる方も少なくありません。LINEのアカウント作成にはSMS認証やFacebook認証が必要ですが、LINEモバイルであればデータ専用SIMでもLINEアカウントが作成できます

LINEモバイルでのLINEアカウントの作成は、LINEアプリのインストールから始めます。インストールできたらLINEを起動してください。新規登録をタップして、そちらから電話番号を入力しますがAndroidを利用している場合は自動的に入力されるはずです。

そもそもLINEモバイルではデータSIMでも電話番号が付されているので、LINEにも簡単に登録できるわけです。データSIMで契約している場合はLINEモバイルに登録しているメールアドレス宛に認証番号が届くので確認し、その上で入力して名前の入力や友達の追加設定などをおこないましょう。

LINEモバイルからのラインアカウントの作成については、LINEモバイル公式ブログに詳しく書かれているのでそちらを参考にしていただければ幸いです。

目次へ戻る

LINE通話が無制限に使える

LINEモバイルを利用する最大のメリットは、LINE利用時のデータ通信量がゼロになるLINEデータフリーが無料で利用できるところです。もちろんLINE通話も対応していますし、メッセージのやり取りも対象です。

LINE専用の二台目の携帯がほしい方も多いのではありませんか?1日あたり数時間LINEを利用している方も少なくありません。LINEモバイルであれば、LINE利用料が実質無料なので、500MBのデータSIMであれば600円で利用し続けられるわけです。余計なコストも発生しないので、かなりの節約になるでしょう。

LINE以外にもTwitterやFacebookのデータ通信量がゼロになるSNSデータフリー(月額:280円)、Instagram、LINE MUSIC、Spotify、AWAも無料になるSNS音楽データフリー(月額:480円)も用意されています。

目次へ戻る

LINE Outで電話をかけることも可能

「データSIMの月額600円も魅力だけど、やっぱり通話機能もほしい」「LINEを利用していない人とも話をしたい」と思っている方も多いはずです。そんな時に活躍してくれるのが、国内外へ携帯・固定電話を問わず無料で通話できるLINE Outです。

LINEを利用していない人だけではなく、Wi-Fiにアクセスできない人とも無料で通話できます。日本、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド以外の国から通話するにはコールクレジット、または国や地域によって料金が異なる30日プランの購入が必要です。

LINE Outの無料通話時間は最大5分間ですが、国と地域によって異なります。

以下、国と地域別の固定電話における最大無料通話時間を紹介します。

  • 最大5分無料:アメリカ
  • 最大3分無料:カナダ、日本、メキシコ、キプロス、台湾、ポルトガル、プエルトリコ、スウェーデン、イタリア、ペルー、ハンガリー
  • 最大2分無料:イギリス、インド、カザフスタン、ノルウェー、デンマーク、ルーマニア、アルゼンチン、イスラエル、ニュージーランド
  • 最大1分無料:オーストラリア、アイスランド、オランダ、ポーランド、スイス、ドミニカ共和国

ちなみにLINE OutはLINEモバイルでなくても利用することはできます。

LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで乗り換え可能
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能
回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

LINEモバイルはデータ回線専用SIMなら月額600円(税別)で契約可能。データ容量は心許ないがLINEのサブアカウントを作成でき、さらにLINEのデータ容量が無制限なのでサブ垢用にもおすすめ。音声通話SIMの料金も安く、回線速度も速いのでメインスマホもサブスマホも両方LINEモバイルに乗り換えてしまうのもアリ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

お申込み

目次へ戻る

楽天モバイル・LINEモバイルと契約して携帯二台持ちをお得に!

携帯二台持ちがお得にできる携帯会社として、楽天モバイルとLINEモバイルをおすすめしました。双方ともに格安SIMであり、月額料金もお得です。

楽天モバイルであれば1年間月額基本料金が無料であり、端末とのセット契約で10,000円から20,000円相当のポイントがもらえるため実質無料で利用できます。無料期間終了後に解約しても違約金が発生しないところも大きなメリットでしょう。

LINEモバイルは、データ専用SIM(500MB)が月額600円で利用できるなど料金に優れています。無料オプションでLINEのデータ通信量がゼロになるところも見逃せません。LINEの利用頻度が高い方で二台目の携帯がほしい方はLINEモバイルを利用しましょう。

あなたは楽天モバイルとLINEモバイルのどちらに魅力を感じたでしょうか?まずは二台目の携帯に何を求めるかをしっかりと考え、その上で選択してくださいね。

目次へ戻る

新着記事一覧

楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線