暮らしの達人 > 格安SIM > iPhoneと格安SIMをセットで購入できるおすすめ会社はこれだ!月々の料金が安い会社から新機種の取り扱いがある会社まで紹介

iPhoneと格安SIMをセットで購入できるおすすめ会社はこれだ!月々の料金が安い会社から新機種の取り扱いがある会社まで紹介

更新年月日 : 2020/07/31

iPhoneと格安SIMをセットで購入できるおすすめ会社はこれだ!月々の料金が安い会社から新機種の取り扱いがある会社まで紹介

「少しでも安くiPhoneを手に入れたい」「iPhone11でなくても良いから、新品のiPhoneが欲しい!」そんな人には「格安SIM業者」からiPhoneを購入することをおすすめします。

残念ながらいずれの会社でも最新機種の取り扱いはありませんが(もしくは在庫切れ)、iPhone7〜XS頃の機種ならば、一部の格安SIM業者で購入が可能です。

iPhoneと格安SIMを同時に契約することができ、月々の料金もかなり抑えることができます。取り扱い機種と月々の料金のモデルケースを紹介するので、参考にしてください。

LINEモバイル:取り扱いはiPhone7のみだが一括29,800円(税別)で購入可能

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

取り扱っているのはiPhone7と旧世代のものですが、Apple Payが使える、防水対応など、現在のiPhoneの基礎機能が標準搭載されたiPhoneでもあります。

販売価格は32GBモデルが29,800円(税別)、128GBモデルが35,800円(税別)です。どちらも一括購入のみで、分割購入することはできません

そしてLINEモバイルの料金プランは以下の通り。

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

ここから、3GBプランで契約した場合のモデルケースを紹介します。

契約モデルケース
iPhone7(32GB):29,800円(税別)
音声通話SIM3GB:1,480円(税別)
合計:月々1,480円(税別)+29,800円(税別)

iPhone7は一括契約のみですが、仮に12回払いだとして計算すると、1年間月々3,963円(税別)で運用できる計算です。

ただし、注意したいのがLINEモバイルで扱っているiPhoneはソフトバンク回線のSIMロックがかかっていることです。ソフトバンク回線以外では使えませんので、LINEモバイルとの契約時にもソフトバンク回線を選びましょう

LINEモバイルは新規契約時にキャンペーンコードを入力することで、携帯料金の支払いに使えるLINEポイントがもらえるキャンペーンを開催していることがあります。よりお得に契約できるので、見逃さないようお気をつけください。

LINEモバイル
  • iPhone7のセット契約が可能
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能
回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

iPhone7を29,800円(税別)で販売中。支払方法は一括のみ。LINEモバイルは格安SIMの中でも月額料金が安価なので、携帯代の節約に最適。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

お申込み

目次へ戻る

mineo:iPhoneXSにXR、8も!新機種を使いたい人におすすめ

mineoならあなたのスマホそのままで通信料が安くなる!月額1,310円(税抜)から! |mineo(マイネオ)

画像引用元:mineoならあなたのスマホそのままで通信料が安くなる!月額1,310円(税抜)から! |mineo(マイネオ)(2019年12月18日取得)

お申込みはこちら

先に紹介したように、格安SIM業者が扱っているiPhoneは旧機種がほとんどです。しかしこのmineoは、iPhoneXSとiPhoneXRという新しめの機種の取り扱いもあります

  • iPhone 8(256GB):2,350円(税別)×24回(総額56,400円)
  • iPhone XR(64GB):2,700円(税別)×24回(総額64,800円)
  • iPhone XS Max(64GB):4,500円(税別)×24回(総額108,000円)
  • iPhone11等の取り扱いもありましたが、現在在庫切れ

料金プランは以下の通り。au回線を使ったAプランが最も安いので、特にこだわりがなければAプランで良いでしょう。

マイネオの通話SIMの料金一覧(税別)

Aプラン(au回線) Dプラン(ドコモ回線) Sプラン(ソフトバンク回線)
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円(1,460円) 1,600円(1,550円) 1,950円(1,900円)
6GB 2,190円(2,090円) 2,280円(2,180円) 2,630円(2,530円)
10GB 3,130円(2,980円) 3,220円(3,070円) 3,570円(3,420円)
20GB 4,590円(4,290円) 4,680円(4,380円) 5,030円(4,730円)
30GB 6,510円(6,060円) 6,600円(6,150円) 6,950円(6,500円)

:エココース選択時はカッコ内の料金が適用。

また、エココースならより安く契約できますが、以下の通り通信速度が犠牲になるのでお気をつけください。

エココースとは
月〜金の下記時間帯で最大速度200kbpsの速度制限が行われる代わりに割引が受けられるプラン。該当時間帯に使用する見込みがない方におすすめ。
  • 7:30〜8:30
  • 12:00〜13:00
  • 18:00〜19:00

土曜日・日曜日の速度制限はなし

取り扱っているiPhoneの中でもおすすめなのはiPhone XRです。この機種はiPhone XSの廉価版という位置づけですが、iPhoneXから続くホームボタンなしのデザインを踏襲しています。

ただし、背面カメラは1つだけであり、流行りの2眼、3眼カメラではないのでご注意ください。

契約モデルケース
iPhoneXR(64GB):2,700円(税別)×24回(総額52,800円)
Aプラン3GB:1,510円(税別)
合計:月々4,210円(税別)
mineo
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで利用可能
  • 新型iPhoneの取り扱いあり!
回線種類 au、ドコモ、ソフトバンク
縛り なし

mineoは最もiPhoneの取り扱いが豊富。iPhoneXRやXSなど、他社があまり扱っていない新しめの機種も契約可能。現在は在庫切れだが、iPhone11も一時期扱っていた時期あり。iPhoneで契約したい人は要チェックの格安SIM会社。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由で乗り換え(MNP)で、デュアルタイプかつ3GB以上のコースに申し込むと、6ヶ月間基本料金が800円引き!さらにデータ容量が+1GB増量!

お申込み

目次へ戻る

格安SIMのiPhoneは在庫に注意

ここまで紹介してきたように、iPhoneを扱っている格安SIM業者は多くなく、また在庫も限定的なので、今日買えるiPhoneが明日も買えるとは限りません。

結構流動的なので、欲しいと思ったらすぐに確保しておくことをおすすめします。

目次へ戻る

iPhone SE(第二世代)+格安SIMでもお得

iPhoneに格安SIMのSIMカードを挿して使う場合、Apple Storeで購入したiPhoneでも利用可能です。

例えばApple Storeで販売中のiPhone SE(第二世代)を購入してLINEモバイルで使う、ということも可能です。

契約モデルケース
iPhone SE(第二世代):2,053円(税別)×24回(総額44,800円)
音声通話SIM3GB:1,480円(税別)
合計:月々3,533円(税別)

iPhone SE(第二世代)はデザインこそiPhone8を継承していますが、iPhone11と同様のチップを搭載していて、性能は最新レベルです。

それでいてこの5万円を切る価格ですので、コストパフォーマンスは良好。Apple Storeでの購入でも最短翌日で届けてくれます。ぜひご検討ください。

目次へ戻る

iPhoneは格安SIMでお得に運用しよう!

以上の通り、格安SIM業者でもiPhoneを利用できることがお分かり頂けたと思います。

実際自分もiPhone+格安SIMでここ数年ずっと運用しています。iPhoneは当然のこと、格安SIMに関しても全く不満はありません。

単価が高いiPhoneなので、せめて月々の通信料金は格安SIMを使って節約することをおすすめします。

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線