暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIMの通信速度を徹底比較!今一番速い携帯会社をわかりやすく紹介

格安SIMの通信速度を徹底比較!今一番速い携帯会社をわかりやすく紹介

更新年月日 : 2020/08/10

格安SIMの通信速度を徹底比較!今一番速い携帯会社をわかりやすく紹介

格安SIMを比較するうえで重要になるのが通信速度です。

格安SIMはその仕組み上、キャリアのようにいつでも快適な通信環境を提供できるわけではありません。

そこでこの記事では、各格安SIMの通信速度を比較し、今最も速く通信できる格安SIM会社を紹介します。

格安SIMの通信速度比較

まずは主要格安SIMの通信速度比較をご覧ください。

主要格安SIMの通信速度比較(9/1時点)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
12.5Mbps 13.2Mbps 16.1Mbps
mineo
mineo(Dプラン)
4.5Mbps 0.7Mbps 6.0Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
5.5Mbps 0.3Mbps 4.6Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
1.9Mbps 1.8Mbps 2.1Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
8.8Mbps 3.8Mbps 4.5Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
11.3Mbps 10.5Mbps 7.0Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

1日の速度で比較すると、UQモバイルが最も優秀で、安定感でいえばワイモバイルも検討しています。

しかしこの2社以外だと昼の時間に極端に速度が落ちていることがわかります。

主要格安SIMの通信速度比較(8/27-9/2の平均)

会社名
UQモバイル
UQモバイル
14.5Mbps 13Mbps 13.1Mbps 15.3Mbps
mineo
mineo(ドコモ回線)
8Mbps 4.3Mbps 6.1Mbps 6.2Mbps
イオンモバイル
イオンモバイル(ドコモ回線)
7Mbps 2.4Mbps 5.4Mbps 5Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
4.5Mbps 2Mbps 1.9Mbps 2Mbps
IIJmio
IIJmio(タイプD)
6.9Mbps 2.6Mbps 4.6Mbps 4.7Mbps
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル(タイプD)
9.4Mbps 8.1Mbps 5.5Mbps 10.1Mbps

:データ出典元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

続いて一週間の平均速度を比較してみます。

これを見てもワイモバイルが最優秀であることがわかります。その他を見ると、やはりワイモバイルが安定していて、LINEモバイルも昼には落ち込むものの他社よりは悪くないかな、という印象です。

というわけで、結論を出すと、通信速度にこだわる人はUQモバイルが最もおすすめで、次いでワイモバイルとなります。

ではどうしてこの2社とそれ以外ではここまで差がつくのでしょうか?それも含めて、特にこの2社について紹介していきます。

目次へ戻る

通信速度が速い格安SIMならサブブランドが最適

なぜUQモバイルとワイモバイルは他社よりも通信速度が速いのか?その理由はこの2社がそれぞれキャリアのサブブランドだから、だと言われています。

サブブランドとは、キャリアが運営する格安SIM業者のことを指します。実はワイモバイルはソフトバンクモバイルが運営しており、ソフトバンクモバイルの中に、キャリアのソフトバンクと格安SIM業者のワイモバイルがあるイメージです。

UQモバイルにおいても、運営元がKDDIグループに所属しており、auとUQモバイルは同じグループ内の企業です(厳密に言えば同一会社ではないのでサブブランドの定義から外れますが、細かいことは見逃してください)。

通常の格安SIM業者はお金を払ってキャリアから回線を使わせてもらいます。サブブランドもその条件は同じなのですが、なんらかの優遇がされているため、他社よりも速度が速いのではないか、と言われています。

いずれのサブブランドも忖度が行われていることは否定していますが、確実に言えるのは、通常の格安SIMとサブブランドではこのように立っている土俵が違うのです。

  • 一般的な格安SIM業者:格安SIMの利用者が増えてもキャリアにはあまり関係ない
  • サブブランド:サブブランドの利用者が増えれば、キャリア自身またはそのグループ会社にとっての利益になる

以上の理由から、通信速度が速い格安SIM業者を探しているのなら、UQモバイルかワイモバイルを選ぶことをおすすめします。

目次へ戻る

auのサブブランド:UQモバイル

UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:UQ mobile(UQモバイル)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM(2020年2月18日取得)

UQモバイルはauのサブブランドであり、先程比較した通り、格安SIMの中でもぶっちぎりで速度が速いことがメリットです。

UQモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) ギガ不足時の最大速度
くりこしプランS 3GB 1,628円 300Kbps
くりこしプランM 15GB 2,728円 1Mbps
くりこしプランL 25GB 3,828円 1Mbps

料金プランは以上の通りシンプルです。月間のデータ使用量に応じてどちらかのプランを選択しましょう。

スマホプランRはデータ容量を使い切った後も、最大1Mbpsで通信できるので、こちらの方をおすすめします。

UQモバイル
  • 回線速度はキャリア並み!
  • 違約金0円!いつ解約しても手数料なし
  • 24時間かけ放題オプションあり
回線種類 au
縛り なし

通信速度を基準に格安SIMを選ぶなら、ダントツでおすすめなのがUQモバイル。比較表を見て貰えばわかる通り、一日を通じて10Mbps以上の速度で通信できるため、遅さを感じることが少ない。また、スマホプランRを選べば10GBを使い切っても最大1Mbpsで通信できる。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのSIMのみ契約で、最大10,000円キャッシュバック

  • 新規契約(くりこしプランS/M/L):3,000円キャッシュバック
  • MNP新規契約(くりこしプランS):6,000円キャッシュバック
  • MNP新規契約(くりこしプランM/L):10,000円キャッシュバック

※auまたはpovoからの乗り換えは除く
お申込み

目次へ戻る

ソフトバンクのサブブランド:ワイモバイル

UQモバイルには若干劣るものの、ワイモバイルも通信速度が安定していておすすめできる格安SIMです。

ワイモバイルの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) ギガ不足時の最大速度
S 3GB 2,178円 300Kbps
M 15GB 3,278円 1Mbps
L 25GB 4,158円 1Mbps

ワイモバイルはプランSでも2,680円(税別)かかるため、前述のUQモバイルには劣ります。

しかし、6ヶ月間は700円引きで利用できることと、1年間はデータ容量が増量されることで、UQモバイルよりも優位性があります。

また、ワイモバイルは1回10分以内の通話が無料になります。UQモバイルにも同様のオプションはありますが、あくまでもオプションなので別途料金がかかります。

他にも、ワイモバイルに乗り換えることでPayPayやヤフオク、Yahoo!ショッピングで優遇が受けられるなどの強みもあります。

速度と料金以外にも特典が豊富なので、気になるものがあればUQモバイルよりもワイモバイルを検討してください。

ワイモバイル
  • ソフトバンクのサブブランドであり回線速度は他社よりも速い
  • 余ったデータ容量は翌月に繰越可能
  • 縛りがないのでいつでも無料で解約可能
回線種類 ソフトバンク
縛り なし

今はUQモバイルに少し劣るものの、以前は通信速度が速い格安SIMといえばワイモバイルといえる存在だった。もちろん今でも、UQモバイル以外には優っていると言えるだろう。ワイモバイルはUQモバイルと料金もほぼ同じだが、かけ放題オプションをつけた場合はワイモバイルの方が安くなる。また、ワイモバイルと契約すると自動的にYahoo!プレミアム会員になれるので、PayPayなどヤフーやソフトバンク関連のサービスで優遇を受けられる。

キャンペーン情報

事務手数料無料+5のつく日or日曜日に申し込みのうえ条件クリアで最大7,000円相当のPayPayボーナスプレゼント

  • 【SIMのみ】シンプルSへの乗り換え契約:対象外
  • 【SIMのみ】シンプルMへの乗り換え・新規契約:5,000円相当付与
  • 【SIMのみ】シンプルLへの乗り換え・新規契約:7,000円相当付与
  • 【スマホセット】シンプルS/M/Lへの乗り換え・新規契約:5,555円相当付与
お申込み

目次へ戻る

注意:サブブランドは速度が速いが料金は高め

通信速度が速いことが魅力のサブブランドですが、料金面においては必ずしも優れているとはいえないのでご注意ください。

格安SIM5社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB 1,023円 - - - -
1GB 1,078円 1,078円 1,298円 - -
2GB 1,188円 - - - -
3GB 1,298円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 1,408円 - - - -
5GB 1,518円 - 1,518円 - -
6GB 1,628円 1,870円 - - -
7GB 1,738円 - - - -
8GB 1,848円 - - - -
9GB 1,958円 - - - -
10GB 2,068円 - 1,958円 - -
12GB 2,178円 3,740円 - - -
14GB 2,288円 - - - -
15GB - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,398円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - 3,828円 4,158円
30GB 4,378円 8,195円 - - -
40GB 5,478円 - - - -
50GB 6,578円 - - - -

比較してみると一発でわかります。実はこのように、サブブランドは他社よりも若干高額です。

もしもよりコストを追い求めるのであれば、最も速度と料金のバランスが良いのはLINEモバイルだと思います。

目次へ戻る

コストパフォーマンス重視ならLINEモバイルがおすすめ

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

LINEモバイルはサブブランド以外の格安SIMの中では比較的通信速度が速く、料金もサブブランドよりも安く済みます。

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税込)
500MB 1,210円
3GB 1,628円
6GB 2,420円
12GB 3,520円

よりコストパフォーマンスを追求するなら、サブブランドよりもLINEモバイルをおすすめします。

ただし、LINEモバイルの中にはドコモ、au、ソフトバンクのそれぞれの回線を使ったプランがあります。この中ではドコモ回線を使ったプランが最も速度が速いのでおすすめします。料金は変わりません。

キャンペーン開催中の格安SIMと実質料金比較(9/1時点)

MVNO キャンペーン内容(SIMのみ契約) 契約プラン条件 1年間の実質料金(税込) 初期費用(税込) 期限
BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル
事務手数料無料&初月無料&1年間割引&3,000円相当ポイント 音声通話SIM 5,470円(音声3GB) 0円 9/30
楽天モバイル
楽天モバイル
3ヶ月無料&5,000円相当のポイント Rakuten Linkの利用条件クリア 9,702円(毎月3GB使った場合) 0円 未定
IIjmio
IIjmio
初期費用1円 音声付きSIM 12,937円(音声4GB) 1円 10/31
イオンモバイル
イオンモバイル
10,000WAONポイントプレゼント MNP契約+対象端末購入 5,576円(音声3GB) 3,300円 9/30
UQモバイル
UQモバイル
最大1万円キャッシュバック こちら参照 13,536円(音声3GB) 3,300円 未定
ワイモバイル
ワイモバイル
最大1万円相当のPayPayプレゼント こちら参照 25,836円(音声3GB) 無料 未定

また、現在LINEモバイルではお得なキャンペーンを行なっている。キャンペーンを考慮した1年間の実質料金は1万円以下になり、非常にお得です。

LINEモバイル
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • 通信速度も他社よりも比較的速い
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能
回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

料金が安く通信速度もそこそこ速いので、コストパフォーマンス最も優れている格安SIMは、このLINEモバイルだと言えるだろう。お得な新規入会キャンペーンを行なっていることも多いので要チェックだ。

キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

お申込み

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 使わない月は0円 携帯ブラックOK 楽天モバイル解説