暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIM一覧 > 格安SIM一覧 > ahamoの特徴やドコモからの乗り換え時の注意点など徹底まとめ

ahamoの特徴やドコモからの乗り換え時の注意点など徹底まとめ

更新年月日 : 2021/09/21

ahamo

画像引用元:ahamo(2021年09月21日取得)

ドコモから登場した新しい格安プランのahamoについて、そのメリットデメリットや注意点を解説します。色々と覚えておくことは多いのですが、従来のドコモの料金と比較すると抜群に安く、しかも通信速度も速いので、満足して利用できると思います。

おすすめ携帯会社3選

データ無制限+通話無料

楽天モバイル 楽天モバイル

データ使用量が無制限でどれだけ使っても3,278円。さらにRakuten Linkからの発信で通話料無料。スマホとのセット契約で大量の楽天ポイントがもらえる

申込み

月額990円で使い放題

mineo mineo

音声通話+最大1.5Mbps(990円)/3Mbps(2,200円)で使い放題の「マイそく」プランが魅力。さらに今なら6ヶ月間330円引き。格安価格で使い放題になるのでコスパは良好。

申込み

携帯ブラックでもOK

イオンモバイル イオンモバイル

不払者情報を共有しないため、他社での強制解約履歴があっても審査に通る可能性あり。料金プランも500MBから50GBまで15種類ありいずれも比較的安い。

お申込み

ahamoとは?

ドコモが提供している格安料金の新プランです。ahamoは格安SIMと思われていることもありますが、携帯電話会社のドコモそのものが提供しています。

売りなのが、ドコモ本体のプラン料金よりも大幅にコストが抑えられている点です。プランはシンプルでたった一つしかなく、データ容量は20GBであり基本料金は税込みで月額2,970円になります。ちなみにドコモの毎月1GBから7GBまでの間で、使ったデータ量に応じてコストがかかる5Gギガライトプランの月額料金は税込み3,465円から6,765円です。したがってドコモの7GBまでのプランよりも、ahamoの20GBまでのプランの方が圧倒的に安いことになります。

ahamoには回線的な特徴もあります。格安SIMではなくキャリアに回線を借りているわけではありません。ドコモの自社の回線を利用できるため、速さや安定性もドコモそのものです。

ただ契約はオンライン専用であり、全国のドコモショップでは手続きなど無料のサポートが受けられないので注意する必要があります(有償サポートはあります。後ほど詳しく解説します)。

ahamo、povo、LINEMOのスペック比較

ブランド名 ahamo povo2.0 LINEMO
使用回線 ドコモ au ソフトバンク
プラン数 1種類 1種類※1 2種類
料金 3GB なし 990円※2 990円
20GB 2,970円 2,700円※2 2,728円
通話料金 22/30秒 22/30秒 22/30秒
かけ放題 5分間 無料 550円 550円※3
無制限 なし 1,650円 1,650円※3
超過後の通信速度 1Mbps 128kbps 1Mbps(ミニプランは300kbps)
その他特徴 海外ローミング20GBまで無料 トッピングなしだと月額無料 LINEのデータ通信無制限

※1データ通信量など全てオプション化
※2:有効期限は30日間
※3:今なら1年間550円引き

ahamo
  • ドコモの格安ブランド!オンラインでのみ契約可能
  • 20GBで2,920円(税込)の高コスパ
  • 新規契約・解約・SIM発行の手数料全て無料
回線種類 ドコモ
縛り なし

従来のドコモのプランと比較すると圧倒的に安い。回線速度が遅いなど格安SIMによくあるデメリットはない。料金を安くしながらも快適に通信できるのが魅力。ただし、安さを追求するならLINEMOなど他社のプランや、格安SIMに乗り換えた方が安いのでそれだけ注意しよう。

キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

お申込み

目次へ戻る

ahamoのメリット

ahamoと契約するメリットを5つご紹介します。回線や契約データ量超過後の速さ、さらには5分間の通話料無料など使い勝手の良さにも関わる部分なので要チェックです。

目次へ戻る

格安SIMと違って速い・安定

格安SIMはドコモなどのキャリアから回線を借りて運用しています。そのため各キャリア回線の一部しか使えないため、お昼休みの時間帯や夜など通信が混み合う時間帯は遅くなるなど不具合が生じることも珍しくありません。

一方のahamoは自社サービスであり、自社の回線を使っているので、ドコモ回線をフルに使えます。4Gと5Gの高速通信に対応しており、速度が早く安定しています。

また、時間帯による速度制限はないと謳われている点にも注目でしょう。ソフトバンクのLINEMOの場合は、「時間帯によって速度制御の場合がある」とされています。auのpovoに関しては「24時間データ使い放題オプションの利用時に大容量通信をすると制限がかかる可能性」が指摘されています。

つまりahamoはLINEMOやpovoと比較してもより自由に、そして快適にデータ通信ができる携帯会社と言えるわけです。

目次へ戻る

20GB超過後も最大1Mbpsの速度で利用可能

ドコモの従来プランの場合は、ギガを使い果たすと圧倒的な速度制限が科せられていました。その速度は128kbpsであり、テキスト程度のやり取りでなければスムーズに利用できなくなるほどです。動画はおろか、画像が多いサイトの場合も開くのに時間を要していました。

しかしahamoの場合は、仮に20GBを使い切ったとしても最大1Mbpsで通信を行えます。速度制限がかかったとしても、それだけのスピードが維持されるため、画像ベースのサイトでもある程度はサクサク見られるわけです。128kbpsと比較すると10倍近くにもなるため、データ容量の超過も怖くなくなるでしょう。ちなみに、制限された速度は翌月1日午前0時以降に自動的に解除されますよ

最大1Mbpsでも問題があると感じた場合は、データをチャージすることも可能です。チャージ1GBあたり税込みで550円になります。

目次へ戻る

5分間の国内通話料金無料

ahamoのプランには5分間のかけ放題が含まれているので、短時間の電話を数多く行うことが多い方にもおすすめです。特に回数の制限はないため、5分以内の電話を月に10回しようが50回しようが100回しようが、追加料金が取られることはありません。

ただ1回あたりの電話が5分を超過すると、通常通りに30秒ごとに22円の料金が発生するのでご注意ください。

1回あたり5分の通話無料は標準搭載ですが、かけ放題オプションも用意されており、月額税込み1,100円で利用できます。かけ放題プションを利用すれば、どれだけ電話を利用しても追加料金が発生することはありません。比較的、長時間の電話が多い方はかけ放題プションもご検討ください。

目次へ戻る

契約・解約時の手数料が無料

ahamoでは契約時にも解約時にも手数料が発生しません。縛りもないので、お試し感覚で短期間契約してみるのもおすすめです。

ahamoの各種手数料ですが、MNP転出手数料もかかりません。いつでも自由に契約および解約ができるのです。

ただ、解約月の基本料金は日割りにはならないのでご注意ください。オプションに関しても基本的に月割になるため、乗り換える場合はなるべく月末をイメージされるのがよろしいでしょう。

目次へ戻る

ドコモの契約年数を引き継げる

ドコモからahamoに乗り換える場合、ドコモ(dポイントクラブ)の契約年数を引き継げます。仮にギガホプランを1年間継続してからahamoに移行した場合は、1年間継続してきた契約年数は引き継ぎされるため、ahamoに移行したら13ヶ月めからスタートするのです。

契約年数がリセットされないことで、継続してドコモの特典である年1回のボーナスポイントおよびdポイントクラブのステージ優遇が持続することになります。特に4年以上ドコモを継続利用している人は、一般よりも高いステージにいますし、さらに上のステージも狙えるようになるのでahamo以外には乗り換えないほうが良いでしょう。

dポイントクラブの会員ステージには、プラチナ、4th、3rd、2nd、1stの全部で5段階あります。前述した4年以上ですが、1stから2ndに上がる条件の一つになります。また8年以上になると3rdになり、4thになるためには10年以上、プラチナの場合は15年以上となります。また、年数ではなく過去6ヶ月の累計dポイント獲得数でもステージをアップできます。600ポイント以上で2ndになり、1,800ポイント以上で3rdになり、3,000ポイント以上で4thになり、10,000ポイント以上でプラチナです。ただポイントで会員ステージを維持するのは難しいので、ドコモ回線の継続利用期間でのステージアップを狙うのがおすすめですよ。

dポイントクラブのステージ特典には様々なものが用意されており、会員ステージによっても異なります。ポイント特典やクーポン特典等様々なものが用意されており、プラチナになるとホテル宿泊やJALのおもてなし空間、およびテーマパーク優待券など最高級の特典を抽選で無料プレゼントしてくれます。すでに長期間ドコモの会員である方は、ahamoで会員期間を稼ぎプラチナを狙ってはいかがでしょうか。

ahamo公式サイト

目次へ戻る

ahamoのデメリット

ahamoのメリットをお伝えしましたが、残念ながらデメリットもあります。格安SIMと比較した場合の料金、および条件付きとはなりますがLINEMOおよびpavoと比較しても若干価格が高いのです。

こちらでは料金を中心に、ahamoのデメリットに迫ります。

目次へ戻る

格安SIMと比較すると若干高額

ahamoは従来のドコモと比較すると確実に安いことは確かですが、それでも格安SIMと比較すると、まだ若干高いことは事実です。

例えばIIJmioなら20GBで2,068円(税込)で契約できるので、ahamoの月額税込み2,970円と比較すると900円ほども開きがあることになります。年間で10,824円の差になるので、料金を重視する方にとっては、デメリットと捉えられるでしょう。

またahamoは20GBの1プランしか用意していないので、「20GBもいらない」という層にとっては割高感が出ることも事実です。格安SIMの中には20GBだけではなく、5GBや10GBなどより少量のプランを提供している会社もあります。

IIJmioですが、2GBプラン、5GBプラン、8GBプラン、15GBプラン、20GBプランを用意しています。2GBプランであれば月額税込み858円であり、4GBプランなら月額税込み1,078円です。8GBプランなら月額税込み1,518円であり、15GBプランなら月額税込み1,848円になります。仮に8GBプランで済む場合にahamoを利用するケースでは、一律で月に2,970円です。しかしIIJmioであれば8GBプランで1,518円なので、1ヶ月で1,452円もの差が出てしまいます。

20GBもいらないからもっと安くしたい、という人には不向きと言わざるを得ません。

格安SIM6社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 IIJmio
IIJmio
イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB - 803円 - - - -
1GB - 858円 1,078円 1,298円 - -
2GB 850円 968円 - - - -
3GB - 1,078円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 990円 1,188円 - - - -
5GB - 1,298円 - 1,518円 - -
6GB - 1,408円 1,870円 - - -
7GB - 1,518円 - - - -
8GB 1,500円 1,628円 - - - -
9GB - 1,738円 - - - -
10GB - 1,848円 - 1,958円 - -
12GB - - 3,740円 - - -
15GB 1,800円 - - - 2,728円 3,278円
20GB 2,000円 1,958円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - - 3,828円 4,158円
30GB - 3,058円 8,195円 - - -
40GB - 4,158円 - - - -
50GB - 5,258円 - - - -

目次へ戻る

5分かけ放題不要ならLINEMO、povoの方が安い

料金的なデメリットをお伝えしましたが、ahamoには5分かけ放題が標準装備されています。つまり料金に5分かけ放題が含まれていることになり、若干高めになるのは致し方ない、との見方も出来るわけです。

一方のpovoおよびLINEMOは5分かけ放題はオプション扱いなので、かけ放題をなくしてその分の料金を安くすることがでます。したがって、かけ放題が不要なのであれば、他社のほうがお得と言えます。

ahamo公式サイト

目次へ戻る

ドコモから乗り換える際の注意点

ahamoに関しては、ドコモからの乗り換えを検討している人が多いはずです。そこでここでは、ドコモから乗り換える際に注意してほしいことをまとめてみました。メールアドレスと手続き方法を徹底解説するので、実際に乗り換え検討中の方はチェックしていってくださいね。

目次へ戻る

キャリアメールが利用不可に

ahamoに乗り換えると、ドコモのキャリアメール(@docomo.ne.jp)は使えなくなります。普段から利用していた人は、別のフリーメールアドレスを取得したり、各サービスのメールアドレスの変更手続きを行ったりする必要があります。

ショッピングサイトの連絡先として、キャリアメールを利用しているケースも多いでしょう。手続きせずに乗り換えてしまうと、発送連絡などが確認できなくなる恐れもあるので、乗り換え検討中であれば、前もってフリーメールアドレスへの変更手続きをされるのがおすすめです。

中には「キャリアメールを追加できるオプションがあるんじゃないの?」と思っている人もいるかも知れませんが、まだそのようなオプションは用意されていません。ただ今後設定される可能性はゼロではないとされているため、どうしてもキャリアメールを使い続けたい人はもう少し待ってみても良いかもしれません。

目次へ戻る

手続きはオンライン専用

ahamoへの申し込み手続きはオンラインのみです。オンライン受付専用となるため、ドコモ利用時のようにドコモショップで無償対応をしてもらえません

ただ有償であればドコモショップでの対応をしてもらえます。2021年4月22日から開始されているのですが、ahamoのドコモショップにおける有償サポートが開始されているのです。料金は1回あたり税込み3,300円になります。

有償サポートの中身ですが、新規契約・機種変更・故障・各種変更などになります。ただ、わざわざ有償でサポートして貰う必要はないでしょう。そもそもサポートの内容は、一般的なプランのようにショップスタッフが手続きをすすめるものではありません。ユーザーがスタッフのアドバイスのもとで、ahamoサイト上での手続きの操作を自ら行うカタチになるからです。

目次へ戻る

ドコモからの乗り換えだとキャンペーン対象外

ahamoは新規契約でdポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。しかしこのキャンペーンの条件は「ドコモ以外から乗り換えること」なので、ドコモ→ahamoと乗り換えた場合はキャンペーンの対象外だ。この場合はLINEMOやpovoに乗り換えた方がお得なので注意しよう。

ahamo公式サイト

目次へ戻る

ahamoはどんな人におすすめ?

ドコモと4年以上契約しており、毎月3,000円以上の料金が発生している人におすすめです。4年以上であると、ahamoで会員を継続することでdポイントクラブのステージ特典が適用され続けるからです。

ただ4年未満の場合は、お得な特典があるわけではないので無理をしてahamoと契約する必要はありません。キャリア回線を利用している、LINEMOやpovoのほうが、月々の料金も安くおすすめです。

ahamo
  • ドコモの格安ブランド!オンラインでのみ契約可能
  • 20GBで2,920円(税込)の高コスパ
  • 新規契約・解約・SIM発行の手数料全て無料
回線種類 ドコモ
縛り なし

従来のドコモのプランと比較すると圧倒的に安い。回線速度が遅いなど格安SIMによくあるデメリットはない。料金を安くしながらも快適に通信できるのが魅力。ただし、安さを追求するならLINEMOなど他社のプランや、格安SIMに乗り換えた方が安いのでそれだけ注意しよう。

キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

お申込み

目次へ戻る

キャンペーン開催中のおすすめ携帯会社

携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
楽天モバイル
新規契約のうえ条件クリアで最大19,000円分のポイント還元
【iPhone激トク乗り換え開催中】MNP+Rakuten Link利用+iPhoneアップグレードプログラム利用で、最大24,000円相当のポイント還元!詳細はこちら
  1. 申し込みの翌月末までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上の通話で3,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット契約で最大16,000ポイントプレゼント!
未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
LINEMO
暮らしの達人経由での新規契約で最大10,000円相当のPayPayポイントプレゼント!or半年間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)
さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)
  • スマホプランでの乗換契約:10,000円相当還元
  • スマホプランでの新規電話番号発行:3,000円相当還元
  • ミニプランでの契約:PayPayポイント990円相当を6カ月間毎月プレゼント
未定
携帯会社 キャンペーン内容 期間 詳細
mineo
暮らしの達人経由で「マイそく(デュアルタイプ)」が6ヶ月間330円引き&「10分かけ放題」が6ヶ月間無料!
2022/08/31まで

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO