暮らしの達人 > 格安SIM > 格安SIM比較 > 【デメリットまとめ】ソフトバンクから格安SIMへの乗り換え前に覚えておくべき注意点

【デメリットまとめ】ソフトバンクから格安SIMへの乗り換え前に覚えておくべき注意点

更新年月日 : 2021/10/12

オンラインショップ | ソフトバンク

画像引用元:オンラインショップ | ソフトバンク(2021年10月12日取得)

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えようと考えている人に向けて、注意しておくべきデメリットを紹介していきます。

おすすめ携帯会社3選

データ無制限+通話無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天回線エリア内ならデータ使用量が無制限でどれだけ使っても3,278円。さらにRakuten Linkからの発信で通話料無料。スマホとのセット契約で大量の楽天ポイントがもらえる

申込み

審査なしでブラックOK

pocket-mobile だれでもモバイル

審査がないので、18歳以上で身分証と銀行口座があれば誰でも契約可能。クレジットカードが持てない人や、携帯ブラックの人に最適

申込み

8ヶ月間実質無料!

LINEMO LINEMO

月間3GBで990円のミニプラン契約で、8ヶ月間990円相当のPayPayポイントがもらえる。料金はPayPayポイントで支払い可能。さらに5分間かけ放題が1年無料。契約・解約手数料も無料!

お申込み

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える主なデメリット3つ

格安SIMに乗り換える際は料金ばかりに目がいってしまうはずです。3大キャリアと比較すると、格安SIMは半額から3分の1程度の料金で利用できることも少なくありません。しかし、使い勝手の面ではソフトバンクと比較して問題がいくつか指摘できるのです。

ここでは、事前に把握しておきたいソフトバンクから格安SIMへの乗り換えに関するデメリットを3つご紹介します。

目次へ戻る

通信速度がソフトバンクよりも遅い

格安SIMはソフトバンクなどのキャリアの回線を借りてユーザーに提供しています。したがって、キャリアと比較して格安SIMの回線速度は遅い傾向にあり、時間帯によってはイライラする事も少なくありません。

特に注意すべきはお昼休みの時間帯です。利用者が一斉に増え回線が混み合うことになり、スムーズなネットが楽しめないことが多いのです。したがって、速度重視の方には格安SIMはおすすめしにくいのが現状です。

目次へ戻る

クレジットカードが必要

格安SIMのほとんどがクレジットカードでの支払いとなります。振り込みや引き落としには対応していないところがほとんどなので、クレジットカードを保有していないと利用できないことが多いです。

目次へ戻る

LINEのID検索ができない可能性がある

格安SIMのほとんどは、LINEのID検索に対応していません。そもそもLINEのID検索は年齢認証をしなければ利用できないものです。しかし、その年齢認証は大手携帯会社のdocomo、au、ソフトバンクと連携して行われているので、格安SIMでは対応できないことに…。

現段階ですが、LINEはほとんどの格安SIMと連携を行う意思はないとされています。したがって、LINEの一部の機能が使えないので、その点を理解した上で利用するか決められると良いでしょう。

もちろんLINEの友達追加はID検索のみではないので、LINE自体の使い勝手が格段に悪くなるわけではありません。QRコードを利用する方法、フルフルを利用する方法、専用URLを発行して友達に送信する方法などです。

目次へ戻る

ソフトバンクから乗り換えのにおすすめの格安プラン・格安SIM

回線速度的に有利、クレジットカードが不要、LINEのID検索を検索ができる、などのいずれかの特徴を持つソフトバンクからの乗り換え先としておすすめの格安プラン・格安SIMを3つご紹介します。それぞれのプラン料金も明らかにするので、乗り換え先選びに役立ててもらえたら嬉しいです。

目次へ戻る

LINEMO:安くて速い!最も無難な乗り換え先

【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド(2020年1月29日取得)

  • ahamoよりも料金が安い
  • LINEのデータ消費が無制限
  • 契約から解約まで一切の手数料無料
お申込みはこちら

LINEMOはソフトバンクの格安プランなので、乗り換え先として最初に思い浮かぶのではありませんか?

格安SIMのデメリットである通信速度にも優れており、クレジットカードも不要で口座振替による支払いもできます。そもそもLINEはソフトバンク系列であり、LINEのID検索も利用できるので、前述した格安SIMのデメリットをすべてクリアしていることになります。

ただSIMカードを受け取る必要があるため、配送期間には注意しなければなりません。最短翌日で届くこともありますが、1週間程度かかることもあるとされているため、タイミングを合わせて申し込みを行いましょう。

LINEMOの特徴として把握しておきたいのが、ドコモの格安プランであるahamoよりも料金が安く設定されている点です。

ahamo、povo、LINEMOのスペック比較

ブランド名 ahamo povo2.0 LINEMO
使用回線 ドコモ au ソフトバンク
プラン数 1種類 1種類※1 2種類
料金 3GB なし 990円※2 990円
20GB 2,970円 2,700円※2 2,728円
通話料金 22/30秒 22/30秒 22/30秒
かけ放題 5分間 無料 550円 550円※3
無制限 なし 1,650円 1,650円※3
超過後の通信速度 1Mbps 128kbps 1Mbps(ミニプランは300kbps)
その他特徴 海外ローミング20GBまで無料 トッピングなしだと月額無料 LINEのデータ通信無制限

※1データ通信量など全てオプション化
※2:有効期限は30日間
※3:今なら1年間550円引き

若干の差ではありますが、月々の料金がなるべく安いところを利用したい場合にもLINEMOはおすすめです。

povoには劣るものの、povoの料金は30日間なので、365日換算で計算するとLINEMOの方が安いことになります。

また1年間は5分以内の国内通話のオプションが無料でついてきます。13ヶ月目以降は月額税込み550円発生しますが、1年分の6,600円(税込み550円×12ヶ月)が浮くことになるわけです。

ただ、ソフトバンクからLINEMOに乗り換える場合、「PayPayボーナスキャンペーン」は対象外となります。

LINEMO
  • ソフトバンクの格安ブランド!オンラインでのみ契約可能
  • 20GBで2,728円と3GBで990円の2つのプランを切り替え可能
  • 新規契約・解約・SIM発行の手数料全て無料

LINEMOの通話SIMの料金一覧

プラン名 月間データ容量 月額料金(税込) 制限時の通信速度
ミニプラン 3GB 990円 300kbps
スマホプラン 20GB 2,728円 1Mbps

回線種類 ソフトバンク
縛り なし

LINEMOはソフトバンクの格安プランであり、ソフトバンクの回線をそのまま使っているので通信速度にデメリットがない。それでいて料金は安くギガも十分あるので、迷ったらこれで十分。ソフトバンクからLINEMOに乗り換える場合は乗り換えキャンペーンの対象外になるのでそれだけ要注意だ。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約で最大13,000円相当のPayPayポイントプレゼント!or8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)
さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)

  • スマホプランでの乗換契約:13,000円相当還元
  • スマホプランでの新規電話番号発行:3,000円相当還元
  • ミニプランでの契約:PayPayポイント990円相当を8カ月間毎月プレゼント

キャンペーン期日:2022/12/04

お申込み

目次へ戻る

mineo:SIMロック解除なしでも乗り換え可能

UQ mobile(mineo)お申し込みサイト | 格安スマホ・格安SIM

画像引用元:mineoならあなたのスマホそのままで通信料が安くなる!月額1,310円(税抜)から! |mineo(マイネオ)(2019年12月18日取得)

  • ドコモ・au・ソフトバンクいずれの回線の扱いもあり
  • フリータンク制度でギガをあげる・もらうことが可能
  • 月額385円(税込)でパケットPlusに加入すると最大1.5Mbpsで使い放題
お申込みはこちら

数年前にソフトバンクを契約し、そこでスマホを購入した人はSIMロックが掛かっている可能性があります。SIMロック自体はオンライン上で無料で簡単に解除できますが、よく分からない方も少なくありません。そんな方におすすめしたいのが、mineoです。

mineoはソフトバンク回線を扱っているので、SIMロック解除なしでも使える可能性があります。特に古いスマホを使っている方は候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

mineoではLINEのID検索が可能です。2021年3月から実施されており、LINEのID検索の利用頻度が高い人にとってはおすすめの格安SIMです。通常の格安SIMでは出来ない年齢確認が出来るもので、その方法も簡単です。まずはLINEアプリの「設定」をタップします。「年齢確認」をタップし、「その他の事業者をご契約の場合」をタップしてください。そしてmineoのバナーをタップし、画面の指示に従って年齢確認するだけです。たったそれだけでID検索ができるようになるんですよ。

一方で、回線速度に関しては多くの利用者からマイナスの指摘をされています。特に昼間の通信速度の遅さについては多くの指摘があり、問題視している方が少なくありません。ただmineoにもユーザーの声は届いているようであり、2021年4月より一定の改善は見られています。ページの読み込み速度は2021年3月以前より40%ほど改善したとの話もあり、いずれは遅さを指摘されることもなくなるかもしれません。

mineo:7-9月の平均通信速度平均

-Ping ダウンロード アップロード
朝(5:00~8:59) 59.88ms 61.67Mbps 9.04Mbps
昼(12:00~12:59) 109.08ms 7.32Mbps 8.54Mbps
夜(20:00~22:59) 70.2ms 28.17Mbps 8.23Mbps

:データ出典元:mineo(マイネオ)の速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく)

料金プランもチェックしてみましょう。

マイネオの通話SIMの料金一覧(税込)

月間データ容量 月額料金
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円

LINEMOの場合は、20GBで月額税込み2,728円なので1ヶ月あたり500円以上も有利になります。

mineo
  • 3回線対応!SIMロック解除なしで利用可能
  • 20GBでも2,178円(税込)と比較的安い
  • 月額385円(税込)でパケットPlusに加入すると最大1.5Mbpsで使い放題
回線種類 au、ドコモ、ソフトバンク
縛り なし

mineoはソフトバンク回線を扱っているため、SIMロックがかかっているスマホでもそのままmineoに乗り換えられる可能性が高い。10GB未満のプランの場合はオプション契約が必要だが、パケット放題Plusに加入すると最大1.5Mbpsの速度で使い放題になるのも魅力。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約で、かけ放題料金が1年間最大220円引き

  • 10分かけ放題:110円引き
  • 無制限かけ放題:220円引き

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

OCNモバイルONE:安くて速い

OCN モバイル ONEでおトクに格安スマホに乗り換えよう! | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

画像引用元:OCN モバイル ONEでおトクに格安スマホに乗り換えよう! | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま(2021年4月19日取得)

  • 料金プランは格安SIMの中でも安い
  • 通話料金が通常の半額!
  • スマホ1円などセールが頻繁
お申込みはこちら

SIMロックを解除できる端末を利用しているのであれば、mineoよりも安くて速いOCNモバイルONEの方がおすすめです。特にお昼の時間帯でも速度が低下しにくいとされ、多くのユーザーから高く評価されています。安さおよび速度重視の方はぜひ乗り換え先の候補とされてはいかがでしょうか。

OCNモバイルONE:7-9月の平均通信速度平均

-Ping ダウンロード アップロード
朝(5:00~8:59) 54.89ms 60.36Mbps 15.48Mbps
昼(12:00~12:59) 56.16ms 38.01Mbps 10.49Mbps
夜(20:00~22:59) 52.04ms 63.4Mbps 10.31Mbps

:データ出典元:OCN モバイル ONEの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく)

料金プランについては、音声対応SIMカードの場合4つのコースが用意されています。

OCNモバイルONEの通話SIMの料金一覧(税込)

容量 月額料金(税込)
500MB 550円
1GB 770円
3GB 990円
6GB 1,320円
10GB 1,760円

mineoの場合5GBで1,518円(税込み)ですが、OCNモバイルONEは1,320円(税込み)なので1ヶ月で200円近く安いことになります。価格を最も重視して乗換先を探しているのであれば、OCNモバイルONEがおすすめです。

ただ最大容量のプランが10GBであるため、月間で20GBや30GB、さらには50GB以上の利用を考えている方にとっては選びにくいかもしれません。ちなみに追加容量は1GB当たり税込み550円なので、15GBや20GB以上を確実に使い方にはさすがにおすすめできません。

OCNモバイルONE
  • 通信速度が比較的速い!お昼時でも快適通信
  • 通話料は11円/30秒!一般的な料金の半額でかけ放題もあり
  • MNPでスマホ1円など激安キャンペーンの開催が多い
回線種類 ドコモ
縛り なし

安くて速いのがOCNモバイルONEの特徴。ソフトバンクで購入したスマホを引き継いで使う場合はSIMロックの解除が必要なので注意。ただOCNモバイルONEはMNP契約時にスマホを割引価格で購入できる。これを利用すれば新しいスマホを安く購入できるので、どうせならスマホごと乗り換えてしまうのが良いだろう。

キャンペーン情報

現在開催中のキャンペーンはありません。

キャンペーン期日:-

お申込み

目次へ戻る

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えはデメリットもあるが節約効果は高い

ソフトバンクの料金は高く、継続に難しさを感じている方も多いと思います。しかし、ほとんど同じような質のサービスを提供してくれる格安SIMもあります。また一定の制約はあるものの、大幅に節約ができる格安SIMもあるのです。

今回は、3つの格安SIMをご紹介しましたが、どこか気になるところはあったでしょうか?サービスの質を重視するのであればLINEMOがおすすめであり、節約効果を重視するならmineoとOCNモバイルONEがおすすめです。特にOCNモバイルONEは速度も優秀ですし価格も圧倒的安さを誇ります。悩んでいるのであれば、ぜひ一度利用されてみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめ携帯会社

会社名 おすすめポイント 申込
楽天モバイル
楽天モバイルは楽天回線エリア内に限りデータ容量無制限で通信可能。料金は最大3,278円(税込)なので、大容量SIMとしてはもちろん、テザリングやポケットWiFiを使って自宅回線の代わりとしても使える。契約・解約手数料が一切無料なのも嬉しい。また条件クリアで楽天ポイントが大量にもらえるキャンペーンも開催中。端末だけ購入もOK。
会社名 おすすめポイント 申込
LINEMO
月額990円(税込)/3GBのミニプランが今なら8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)!契約・解約手数料も無料でソフトバンク同等の回線なので通信速度の不満もない。コスパが高く、迷ったらコレで十分。
会社名 おすすめポイント 申込
mineo
「マイそく」という独特のプランが特徴。スタンダードは最大1.5Mbps使い放題で月額990円(税込)、プレミアムは最大3Mbps使い放題で月額2,200円(税込)。どちらも容量に上限がなく、制限速度の範囲内で使い放題だ。

おすすめ携帯会社解説

目次へ戻る

おすすめ記事一覧

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO