暮らしの達人 > 格安SIM > 審査 > ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説

ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説

更新年月日 : 2022/10/01

ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説

ドコモを契約する際には、必ず審査が行われます。ではこの審査では何を見て、どういう人が落ちるのでしょうか?

ドコモの審査では主に「申し込み情報に間違いがないか」「過去に(他社を含めて)強制解約された経験がないか」を見ます。例えば「無職」「収入が低い」「借金がある」「クレジットカードの滞納経験がある」といった人でも審査に通ります。

これはドコモに限らず他の携帯会社も同じです。携帯会社の審査はどの会社も甘く、落ちることはほとんどないでしょう。

心配な人はそのまま申し込めば良いし、一方でもしも審査に落ちた経験があるのなら、これから紹介する携帯会社に申し込んでみるのがおすすめです。

強制解約された経験がないのに審査に落ちた場合、書類不備が原因のことが多いです!特にMNPの前後で住所が異なるとか、そんなだけでも審査に落ちるケースがあるので注意してみて

補足の達人

\最大24,000円相当のポイント還元中/

楽天モバイルに申し込む

おすすめ携帯会社3選

データ無制限+通話無料

楽天モバイル 楽天モバイル

楽天回線エリア内ならデータ使用量が無制限でどれだけ使っても3,278円。さらにRakuten Linkからの発信で通話料無料。スマホとのセット契約で大量の楽天ポイントがもらえる

申込み

審査なしでブラックOK

pocket-mobile だれでもモバイル

審査がないので、18歳以上で身分証と銀行口座があれば誰でも契約可能。クレジットカードが持てない人や、携帯ブラックの人に最適。だれでもモバイルのメリット・デメリットはこちらで解説

申込み

8ヶ月間実質無料!

LINEMO LINEMO

月間3GBで990円のミニプラン契約で、8ヶ月間990円相当のPayPayポイントがもらえる。料金はPayPayポイントで支払い可能。さらに5分間かけ放題が1年無料。契約・解約手数料も無料!

お申込み

ドコモで審査落ちする理由と対策

ドコモで審査落ちする原因は、先の通り「強制解約履歴がある」「書類不備」のどちらかがほとんどです。強制解約履歴がある人は強制解約履歴があっても審査に通る携帯会社に申し込めば良いでしょう。

強制解約履歴がない場合、書類不備の可能性が高いので再申し込みするのが良いでしょう。しかしどれだけ確認しても審査に通らない場合は何か別の原因があるかもしれないので、諦めて別の携帯会社に申し込んでみるとスムーズだと思います。

それぞれ詳しく解説します。

目次へ戻る

強制解約履歴があるならイオンモバイル

イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

画像引用元:イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】(2021年4月19日取得)

  • 15通りのプランあり
  • 通話料金がキャリアの半額
  • 全国にイオンモバイル店舗があるので、店舗スタッフと相談しながら契約可能
お申込みはこちら

携帯料金を長期滞納して解約された場合、その情報が携帯会社間で共有されるため、申し込む携帯会社を替えても審査に通らなくなります。

しかし、イオンモバイルは強制解約情報を他社と共有しません。つまり、他社での強制解約情報が審査に影響しないので、他社で強制解約された人でもイオンモバイルの審査に通る可能性があります。該当する人はイオンモバイルへの申し込みを検討しましょう。

またイオンモバイルは格安SIMの中でも料金がシンプルに安いという特徴もあります。

格安SIM5社の音声通話SIM料金比較(税込)

データ容量 イオンモバイル
イオンモバイル
mineo
BIGLOBEモバイル
mineo
mineo
UQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
ワイモバイル
500MB 803円 - - - -
1GB 858円 1,078円 1,298円 - -
2GB 968円 - - - -
3GB 1,078円 1,320円 - 1,628円 2,178円
4GB 1,408円 - - - -
5GB 1,298円 - 1,518円 - -
6GB 1,408円 1,870円 - - -
7GB 1,518円 - - - -
8GB 1,848円 - - - -
9GB 1,738円 - - - -
10GB 1,848円 - 1,958円 - -
12GB - 3,740円 - - -
15GB - - - 2,728円 3,278円
20GB 1,958円 5,720円 2,178円 - -
25GB - - - 3,828円 4,158円
30GB 3,058円 8,195円 - - -
40GB 4,158円 - - - -
50GB 5,258円 - - - -

通信速度はお昼の時間帯は他社に劣るものの、それ以外の時間帯は十分なパフォーマンスだと言えます。

イオンモバイル:7-9月の平均通信速度平均

-Ping ダウンロード アップロード
朝(5:00~8:59) 87.35ms 66.73Mbps 12.28Mbps
昼(12:00~12:59) 163.17ms 9.6Mbps 12.66Mbps
夜(20:00~22:59) 91.93ms 61.47Mbps 13.96Mbps

:データ出典元:イオンモバイルの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく)

イオンモバイル
  • 強制解約履歴があっても審査に通る可能性あり
  • 500MBから50GBまで15通りのプランあり
  • 通話料金は30秒ごとに11円でドコモやauよりも安い
回線種類 ドコモ、au
縛り なし

イオンモバイルは携帯会社の中では珍しく、強制解約情報を他社と共有しない。つまり過去に滞納や強制解約された人でもイオンモバイルの審査に通る可能性がある。もしも強制解約の経験があるのなら、ドコモではなくイオンモバイルで検討しても良いだろう。シンプルに月額料金も安い。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由でのMNP契約+条件クリアで最大10,000WAONポイントプレゼント!

  • 契約完了で2,000ポイント獲得
  • 月額料金をイオンカードでの支払いで3,000ポイント獲得
  • Xiaomi Redmi Note 11など指定スマホの購入で5,000ポイント獲得

キャンペーン期日:2022/11/30

お申込み

目次へ戻る

審査が不安なら楽天モバイル

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

  • 月間データ使用量に応じて料金が1,078円〜3,278円に変動
  • Rakuten Linkからの通話で通話料金無料
  • 楽天回線エリア内ならデータ容量使い放題
お申込みはこちら

楽天モバイルは新しいキャリアなので、とにかくユーザーを集めてドコモ、au、ソフトバンクと肩を並べたいという戦略を行なっています。参入当初は他社よりも圧倒的に安く、しかも一時期にはプラン料金を無料にして赤字覚悟でサービスを提供していました。

以上のことから、楽天モバイルは携帯会社の甘い審査の中でも、特に甘い審査が行われている可能性が高いと考えられます。強制解約履歴、書類不備、どちらにも該当しない可能性が高いのに審査に落ちてしまった場合は、楽天モバイルに申し込んでみると良いでしょう。

また、楽天モバイルクレジットカード払い以外にも対応しており、デビットカードや口座振替、そして楽天ポイントで支払うことも可能です。毎月の料金を支払うのに楽天ポイントは難しいと思うので、クレジットカードを保有してない方であれば、デビットカードか口座振替を利用することになるでしょう。

クレジットカード以外で支払い可能な格安SIM一覧

会社名 デビットカード 口座振替 縛り
可否 手数料
楽天モバイル
楽天モバイル
  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
110円 なし
LINEMO
LINEMO
× なし なし
UQモバイル
UQモバイル
なし なし
mineo
mineo
× - なし
ロケットモバイル
ロケットモバイル
× - 1年(違約金10,450円)
ワイモバイル
ワイモバイル
× なし なし
だれでもモバイル
だれでもモバイル
× なし 翌日末日

:新規契約の場合、ショップ店頭でのみ手続き可能です(MNPの場合はオンライン上から手続き可能)。

楽天モバイルの料金は、利用するデータ使用量に応じて以下の通りに決まります。

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

月間データ使用量 月額料金(税込)
3GB以下 1,078円
20GB以下 2,178円
20GB以後 3,278円

なお、地方など一部エリアでは「パートナー回線」と呼ばれるものに切り替わり、月間5GBまでしか使えません。ただし容量を超過しても最高1Mbpsで使い続けることはできます。エリアの判定は下記公式サイトから確認できます。

通信・エリア | 楽天モバイル

またRakuten Linkアプリを使って電話をかけると通話料金が無料になることも大きなメリットです。

楽天モバイル
  • 月間データ容量使い放題
  • Rakuten Linkアプリからの発信で通話料金無料
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要
回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルはとにかくユーザーを集め、他社キャリアに規模感で並びたいという意図がある。そのため今なら審査も甘くなっている可能性が高い。また、口座振替やデビットカードでの支払いもできるので、クレジットカードが持てないブラックの人もOKだ。

キャンペーン情報

新規契約のうえ条件クリアで最大19,000円分のポイント還元

【iPhone激トク乗り換え開催中】MNP+Rakuten Link利用+iPhoneアップグレードプログラム利用で、最大24,000円相当のポイント還元!詳細はこちら

  1. 申し込みの翌月末までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上の通話 で3,000ポイントプレゼント!
  2. 対象のAndroidスマホとのセット契約で最大16,000ポイントプレゼント!

キャンペーン期日:未定

お申込み

目次へ戻る

どうしても審査に通らないならだれでもモバイル

イオンモバイル楽天モバイルも審査に通らない場合は、最後の砦となるのがだれでもモバイルです。

この会社は審査なしを明言していて、18歳以上で身分証と銀行口座さえ持っていれば誰でも契約できます。強制解約履歴があっても問題ありません。

一方で月額料金が最安3GBで5,500円(税込)と高額です。

だれでもモバイルの料金一覧(税込)

データ容量 3GB 5GB 10GB 20GB
初月 無料 無料 無料 無料
2ヶ月目 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円
3ヶ月目以降 5,500円 6,160円 7,810円 11,110円

:基本料金は前払い。例えば12月分の料金は11月27日に引き落とされる

さらに初期費用が6,050円(税込)かかり、また保証金として契約プランの1ヶ月分の料金もかかります。1万円弱はかかってしまいます。

目次へ戻る

補足:ドコモの審査は厳しくないがahamoの方がおすすめ

というわけでドコモを含め、携帯会社の審査は厳しいものではないので、そこまで心配する必要はありません。ドコモと契約したいなら、ドコモに申し込んでみれば良いでしょう。

ただし、ドコモは月額料金が割高という別の問題があります。ドコモと契約するのなら、ドコモが提供している格安プランのahamoの方がおすすめです。

20GBで月額2,970円(税込)と、ドコモの従来のプランと比較すると遥かに安いのでどうせならこちらに申し込んでみましょう。

ahamo
  • ドコモの格安ブランド!オンラインでのみ契約可能
  • 20GBで2,920円(税込)の高コスパ
  • 新規契約・解約・SIM発行の手数料全て無料
回線種類 ドコモ
縛り なし

ドコモが提供する格安プラン。20GBで2,920円(税込)はかなり割安。容量も20GBあれば十分なので、月末に制限がかかるようなこともほとんどないだろう。契約・解約手数料が無料なのも嬉しいポイント

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規契約+ahamo大盛りオプションの追加で、12月まで利用月数×1,980円相当のdポイント(期間・用途限定)をプレゼント!

キャンペーン期日:2022/12/31

お申込み

\最大24,000円相当のポイント還元中/

楽天モバイルに申し込む

目次へ戻る

もしもまだ申し込むべき会社が決まらないなら、下記記事も参考にしてください!

補足の達人

おすすめ携帯会社

会社名 おすすめポイント 申込
楽天モバイル
楽天モバイルは楽天回線エリア内に限りデータ容量無制限で通信可能。料金は最大3,278円(税込)なので、大容量SIMとしてはもちろん、テザリングやポケットWiFiを使って自宅回線の代わりとしても使える。契約・解約手数料が一切無料なのも嬉しい。また条件クリアで楽天ポイントが大量にもらえるキャンペーンも開催中。端末だけ購入もOK。
会社名 おすすめポイント 申込
LINEMO
月額990円(税込)/3GBのミニプランが今なら8ヶ月間実質無料!(ソフトバンク・ワイモバイルからののりかえは対象外)さらに契約から1年間は5分かけ放題が無料(通常550円/月)!契約・解約手数料も無料でソフトバンク同等の回線なので通信速度の不満もない。コスパが高く、迷ったらコレで十分。
会社名 おすすめポイント 申込
mineo
「マイそく」という独特のプランが特徴。スタンダードは最大1.5Mbps使い放題で月額990円(税込)、プレミアムは最大3Mbps使い放題で月額2,200円(税込)。どちらも容量に上限がなく、制限速度の範囲内で使い放題だ。

おすすめ携帯会社解説

目次へ戻る

関連記事一覧

J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説J:COMモバイルの審査は厳しくない!しかしブラックだと厳しい理由を解説 携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説携帯の分割審査は10万以下ならブラックでも通るのかを解説 携帯審査に通るか確認する方法を解説携帯審査に通るか確認する方法を解説 携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説携帯料金未払いでも他社と契約する方法を解説 携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説携帯電話のブラックリストを解除する2つの方法と1つの裏技を解説 携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介携帯審査が甘い会社はココ!審査が不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説携帯ブラックリストは完済しないと消えない?携帯審査に通る方法を解説 携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説携帯強制解約されても再契約可能?再びスマホを持つ方法を解説 携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット携帯契約できない人でもプリペイド携帯なら可能?審査なし携帯のメリットとデメリット 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯の審査に通る方法は?不安な人におすすめする携帯会社を紹介 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 携帯電話の一括契約でも審査に通らない理由と対策方法を解説 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 auの審査は甘いのか?その審査基準から推測 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ドコモの審査は甘いと言える?審査基準や落ちる理由を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 ソフトバンクは審査が甘い?基準や審査が不安な人の対策方法を解説 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? 携帯審査に通る方法を解説!無職でも破産歴ありでもスマホは持てる? nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 nuroモバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人のための審査対策 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 審査甘い格安SIM(MVNO)はコレだ!審査基準で選んだおすすめ携帯会社を徹底解説 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ 楽天モバイルの審査に落ちる理由を解説!審査が不安な人必見の対策方法まとめ LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 LINEモバイルの審査に落ちた人必見!その理由を審査基準から考察 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 携帯の審査は「SIMのみ契約」なら落ちない!?その理由とSIMのみ契約の注意点を解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 格安SIMにも審査がある!審査基準から審査が不安な人におすすめのMVNOまで徹底解説 mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ mineoの審査に落ちる理由を徹底解説!審査基準から必要日数までをまとめ ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! ワイモバイルの審査に落ちる原因や審査日数を徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! UQモバイルの審査に落ちる理由やどれくらいの日数がかかるかを徹底解説! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 審査なしで契約できる格安SIM(スマホ)はある?審査不安な人におすすめする携帯会社はココだ! 携帯ブラックでも契約できる格安SIMを3社紹介!なぜブラックでも契約できるのか理由を教えます 携帯ブラックでも契約できる格安SIMを3社紹介!なぜブラックでも契約できるのか理由を教えます

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

使わない月は0円 携帯ブラックOK iPhoneSE 楽天モバイル LINEMO