暮らしの達人 > 格安SIM > 楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能!その方法と注意点を紹介

楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能!その方法と注意点を紹介

作成年月日 : 2021/01/07

楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能!その方法と注意点を紹介

格安SIMの多くはクレジットカードがなければ契約することができません。しかし、楽天モバイルはクレジットカードなしでも契約することが可能です。楽天モバイルは1年間無料なので、例えクレジットカードを持てない人であっても、携帯料金を大幅に節約することが可能です。

楽天モバイルはクレジットカードなしで契約できる

楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能であり、支払いについては口座振替およびデビットカードにも対応しています。ここでは口座振替とデビットカードで支払う方法、および注意点について詳しく解説します。

目次へ戻る

口座振替で支払う方法と注意点

月額料金や各種手数料については、銀行口座からの引き落とし(口座振替)に対応しています。ただし、利用可能な金融機関には限りがあるので前もって確認しておきましょう。対応している有名な金融機関を上げると楽天銀行・三菱東京UFJ銀行みずほ銀行、三井住友銀行・りそな銀行などがあります。

口座振替にすると、引き落としのたびに税別100円の手数料がかかる点には注意です。ただ楽天モバイルは手数料も1年間の費用も無料なので、実際に引き落とされることはありません。

口座振替で楽天モバイルに登録する場合は、申込みの際に「口座振替」を選択する必要があります。「お支払い方法の選択」画面には、「クレジットカード/デビットカード」「口座振替(月々のお支払い)…」などが掲載されているはずなので、口座振替にチェックを入れましょう。そして対象の銀行口座が登録できるかをチェックし、口座振替情報を登録してください。対象の金融機関については、一覧で表示されるのでその中から該当するものをクリック(タップ)しましょう。あとは口座番号や口座名義人等の情報を入力すればOKです。

楽天モバイルの公式ページには、楽天銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の4つの金融機関における口座情報登録の流れが記載されています。該当する金融機関での口座振替を検討している方はそちらの確認もおすすめします。

目次へ戻る

デビットカードで支払う方法と注意点

デビットカードとは、銀行にお金を預け、そのお金の範囲内でカードを使って買い物やサービスの利用ができるものです。つまり銀行にお金があることが前提であり、お金が足りない場合は買い物等ができません。前払い式であるプリペイドカードに似通ったサービスと言っても良いでしょう。審査も行われないのが一般的なので、過去にクレジットカードの滞納を長期間行っていたり、カードローンの返済ができずに債務整理したりした経験があったとしても保有できます。ただデビットカード対応の金融機関に口座がなければなりません(デビットカードと口座開設の同時申し込みも可能です)。

楽天モバイルでは、すべてのデビットカードに対応しているわけではありません。支払いに利用できるのは、楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードの2つのみです。ちなみにどちらのデビットカードを使ったとしても、手数料がかかることはありません

製品代金の支払いにも対応しているところも、楽天モバイルの支払いでデビットカードを利用するメリットの一つです。一括払いしか対応していませんが、端末も一緒に購入しようと考えている方にもデビットカードの利用が適しています(口座振替では端末料金の支払いはできません)。

問題は楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードのどちらを利用するかですが、当サイトでおすすめしているのは楽天銀行デビットカードです。完全に審査無しで発行できるのはもちろん、利用時に楽天ポイントが貯まるなどの嬉しいメリットもあります。100円に付き1ポイント貯まる設定であり、1ポイントは1円相当として楽天銀行等での買い物に利用できます。

ただ国際ブランドによってはポイントが付与されないケースもあるので注意してください。ポイント付与対象なのがJCBのカードであり、MasterCardブランドおよびVisaブランドのカードはポイント対象外です。

楽天モバイル
  • クレカ不要!口座振替・デビットカードでの支払いが可能
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルはクレジットカードなしでも契約でき、しかも1年間無料なので例えクレジットカードを持つことができない人でも月々のスマホ代を圧倒的に節約できる。契約時・解約時の手数料は不要で、通話料金もRakuten Linkを使えば無料。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大25,000円分のポイント還元!
今ならRakuten Handが実質0円

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

関連1:ブラックでも契約できるクレジットカードはある?

仮にブラックリストに掲載されていたとしても、時効になる5年から10年を待てばクレジットカードが保有できるようになります。

ブラックリストに掲載される条件は様々ですが、カードの利用料を長期間滞納する、キャッシングやカードローンの返済を長期間滞納する、債務整理を行う等です。クレジットカードのショッピング枠現金化も、各クレジットカードの規約に禁止事項として掲載されていることであり、発覚すると強制退会となりブラック入りする可能性もあります。

デビットカードであれば、審査無しで保有できるため現在進行系でブラックであったとしても問題はありません。デビットカードには、JCBやVisaなどの国際ブランドが付帯しているため、各国際ブランドの加盟店であればクレジットカードと同様に利用できる使い勝手の良いものです。

また近年注目されているKyashを利用する手もあります。Kyashとは、プリペイド式のカードであり国際ブランドにVisaがついているため、Visaの加盟店であれば利用可能です。つまりクレジットカードと使い勝手はほとんど変わらず、前もってチャージしておけば良いだけなのです。

Kyashはプリペイド式でありながら、クレジットカードと同等のポイント還元率を誇ります。カードタイプのKyash Cardのポイント還元率は、楽天銀行デビットカードと同じく1.0%であり、還元上限は月々1,200ポイントです。Kyashにはカードを発行しないKyash Card Virtualと呼ばれるインターネット決済に使えるバーチャルカードもありますが、こちらの還元率は0.5%です。もう一つ本人確認なしで発行できるKyash Card Liteと呼ばれるカードも存在しますが、こちらも還元率は0.5%になります。

楽天モバイルを利用する場合は、13ヶ月目以降は月々料金が発生します。Kyashを利用するのであれば、ポイント還元率が高いカードタイプのKyash Cardをおすすめします。

目次へ戻る

関連2:クレジットカードなしでも契約できる格安SIM

楽天モバイル以外にもクレジットカードなしで契約できる格安SIMはあり、その一つがLINEモバイルです。

格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

画像引用元:格安スマホキャンペーン・お得情報|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM(2020年1月29日取得)

お申込みはこちら

LINEモバイルは、Visa LINE Payプリペイドカードにて契約可能です。Visa LINE Payプリペイドカードとは、LINEモバイルで発行できるアプリタイプのバーチャルカードです。事前にチャージした分だけ利用できるもので銀行口座やセブン銀行ATM、ファミリーマートにあるFamiポートや東急線券売機などを利用して入金できます。基本的にオンラインショッピングで利用できるものであり、Visaのオンライン加盟店にて決済できるものです。ちなみに手数料および年会費は一切かかりません。

LINEモバイルのメリットとしてあげられるのが、主要3回線の全てに対応しているところです。ドコモもauもソフトバンクの回線も利用できるため、どの大手キャリアを利用していたとしても簡単に乗り換えられます。

またLINEデータフリーにも対応しており、LINE利用時のデータ通信量がカウントされません。LINEをハードに利用している方にとってはかなり使い勝手が良い格安SIMです。

もう一つLINEに関わるメリットに、ID検索および年齢認証があります。格安SIMを利用するとLINEのID検索や年齢認証ができないのが一般的です。しかしLINEモバイルはLINEの運営元でもあるためID検索と年齢認証にも対応しており、LINEをより効率的に利用できます。

LINEモバイルでは現在、非常に魅力的なキャンペーンを実施中です。キャンペーン期間中(2020年1月現在で終了日の指定なし)にベーシックプラン(音声通話SIM・3GB以上)の新規契約を行うと3ヶ月間980円も値引きしてもらえます。

たとえば、3GBのLINEデータフリーは月額税抜1,480円ですが980円値引きの対象となり、2ヶ月目から4ヶ月目までの3ヶ月間は税抜500円で利用できます(初月の月額基本料金は日割り計算)。3GBのSNSデータフリー(LINEだけではなくTwitterとFacebookもデータ量カウントなし)の通常料金は月額1,760円なので、2ヶ月目から4ヶ月目は780円で利用できます。

楽天モバイル以外も検討しようとしている方は、LINEサービスとキャンペーンに優れたLINEモバイルへの申し込みも考えてみてはいかがでしょうか?

LINEモバイル
  • LINE Payプリペイドカードでの引き落としが可能
  • 料金プランが他社よりも低価格
  • LINEのデータ容量が無制限!動画通話も無制限で利用可能

LINEモバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
縛り なし(ただし解約時には手数料として1,000円かかる)

楽天モバイルの場合、スマホの新規契約が必要になることもある。現在使用しているスマホをそのまま引き継ぎたいときは、LINEモバイルも検討しよう。LINEアプリ上から即時発行できるLINE Payプリペイドカードがあれば、LINEモバイルの引き落とし先に設定可能。プリペイドカードなのでチャージが必要だが、セブンイレブンのATMや提携銀行口座から簡単にチャージ可能。審査なしで発行できるので、ブラックでも持つことができる。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での音声通話SIM3GB以上の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間980円引き

詳細を見る お申込み

目次へ戻る

まとめ:楽天モバイルなら1年無料!乗り換えを検討しよう

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル(2020年4月1日取得)

お申込みはこちら

楽天モバイルはクレジットカードなしでも利用できる格安SIMです。口座振替およびデビットカードの支払いに対応できるので、ブラックなどの理由でクレジットカードの作成ができない方でも安心です。

楽天モバイルの大きな魅力として、1年間無料があります。通常のプラン料金は税抜2,980円ですが、先着300万名様が 1年無料で利用できるのです。つまり2,980円×12ヶ月なので、3万5,760円(税抜)もお得に!ここで気になるのが縛りですが、楽天モバイルには設定されておらず、無料期間が終わると同時に解約したとしてもペナルティはありません。格安SIMの利用経験がなく、一度お試ししてみたい方にもおすすめです。

楽天モバイルのメリットとデメリットについても簡単に触れさせもらいます。

メリットには、料金プランのシンプルさ、楽天ポイントの加算、楽天モバイルショップの存在、国内通話かけ放題等が挙げられます。

格安SIMのホームページをチェックするといろいろなプランが有り、どれが良いのか悩みがち。しかし楽天モバイルはシンプルに一つだけなので、悩む必要もありません。楽天ポイントが1%の還元率でゲットできるところにも注目でしょう。

さらに楽天モバイルで音声通話SIM利用者なら、楽天市場の買い物でポイントが2倍になるおまけ付きです。

実店舗を展開している点も楽天モバイルの強みです。全国各地に店舗を構えているので、なにか困った時は直接スタッフに対応してもらえます。店頭での申し込みに対応しているのでも、ネット申込みに不安を覚えている方にはぜひ利用してほしいところ。

特にオプションに加入することなく無料で通話できるのもメリットの一つです。楽天モバイルにはRakuten Linkと呼ばれる通話アプリが用意されており、そちらから発信すると、オプション利用無しで無料通話できます

デメリットには、楽天回線エリアが比較的狭いこと、動作保証外の端末が多いことが挙げられます。

楽天モバイルは楽天回線エリアでは完全に使い放題なのですが、まだまだ使える場所が限られているのが現状です。口コミ等を確認すると、地下や建物内に入ると特に楽天回線が入りにくいので結局はパートナー回線を利用することに。パートナー回線の上限は月に5GBなので要注意です(容量をオーバーしても最大1Mbpsで通信できます)。

動作保証の端末が少ない点もマイナスです。特にiPhoneシリーズだと、古い端末は保証外であるため、結局は新しい端末を購入しなければならないことに。ただ端末を購入することになっても、高額なポイント還元対象であるものが多いため実質的な負担額は少なく済みますよ。

楽天モバイル
  • クレカ不要!口座振替・デビットカードでの支払いが可能
  • 違約金、事務手数料、MNP転出手数料0円!契約から解約まで手数料一切不要
  • 通常2,980円(税別)の料金が1年間無料(先着300万名まで)

楽天モバイルの通話SIMの料金一覧

容量 月額料金(税別)
無制限/楽天回線エリア
5GB/パートナーエリア
1年間無料キャンペーン中(通常2,980円)

回線種類 楽天
縛り なし

楽天モバイルはクレジットカードなしでも契約でき、しかも1年間無料なので例えクレジットカードを持つことができない人でも月々のスマホ代を圧倒的に節約できる。契約時・解約時の手数料は不要で、通話料金もRakuten Linkを使えば無料。

キャンペーン情報

新規契約で先着300万名に限り1年間料金無料!さらに最大25,000円分のポイント還元!
今ならRakuten Handが実質0円

  1. 申し込み3カ月後末日までにRakuten Linkアプリを使って10秒以上通話、メッセージの送信を行うと5,000ポイントプレゼント!
  2. 楽天回線対応スマホのセット購入で最大20,000ポイントプレゼント!
お申込み

目次へ戻る

新着記事一覧

楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能!その方法と注意点を紹介 楽天モバイルはクレジットカードなしで契約可能!その方法と注意点を紹介 ドコモの新プラン「ahamo」と楽天モバイルはどちらがおすすめ?メリットデメリットを比較 ドコモの新プラン「ahamo」と楽天モバイルはどちらがおすすめ?メリットデメリットを比較 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 楽天モバイルおすすめ機種はコレだ!乗り換えるのにおすすめのスマホを紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 格安SIMの最安は?音声通話3GB以上で最安値運用できる携帯会社を紹介 ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット ワイモバイルの評判や特徴まとめ!契約前に知っとくべきメリットデメリット UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? UQモバイルの評判やメリットデメリットまとめ!どんな人におすすめ? LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット LINEモバイルの評判・特徴まとめ!検討している人に知ってほしいメリットデメリット ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルの通信速度をレビュー!体感、数値を他社と比較 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルから乗り換えるのにおすすめな携帯会社と注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 ワイモバイルのタイムセールならスマホが安い!注意点を解説 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【UQモバイルレビュー】4年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 【ワイモバイルレビュー】2年使ってわかったメリットデメリットまとめ 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう 最強コスパ!Pixel4aと楽天モバイルで節約しながら快適スマホ生活を送ろう ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつ? 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 1Mbpsで使い放題の格安SIMを比較!1Mbpsでできることを紹介 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 ワイモバイルでiPhoneを使おう!使い方からメリットデメリットまで詳しく解説 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルの節約モードはどれだけ使える?実用に耐えられるのかを検証 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 UQモバイルでもiPhoneは使える!利用方法からメリットデメリットまで徹底解説 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? 【実体験】UQモバイルの家族割サービス「UQ家族割」で実際にどれだけ節約できる? ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない ファーウェイは使ってて大丈夫?危険とは言い切れないが今から購入するのはおすすめしない 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ 携帯二台持ちでもコストは月々数百円!2回線目を持つなら楽天モバイルかLINEモバイルがおすすめ iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える iPadをLINEモバイルで使う方法と、気になる料金を紹介!月額1,700円で6GBが使える テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 テレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWi-Fiを紹介 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 iPhoneを安く買う方法を解説!iPhone7やXRなら月々4,000円程度で運用可能 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説 WiMAXと格安SIMを比較!違いから組み合わせて使うのが最もおすすめな理由まで解説

目次へ戻る

[PR]広告リンク募集中

[PR]広告リンク募集中

キャンペーン開催中 通信速度で比較 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線